C・ロナウド経営のホテル「ペスタナCR7」がマドリッドでオープン!17億円を投資

2021.06.10 12:16 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが手掛けるホテル「ペスタナCR7グランビア」がオープンを迎えた。ポルトガル『レコルド』が伝えている。C・ロナウドはこれまでにも「ペスタナ」と手を組み、母国ポルトガルの出身地マデイラとリスボンで2軒の四つ星ホテルを経営。そして2018年にはスペインのマドリッド、アメリカのニューヨーク、モロッコのマラケシュにもホテルをオープンさせると発表していた。

元々マドリッドのホテルは2020年6月にオープンを迎える予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり延期しており、7日に正式にオープンとなった。

C・ロナウドはこのホテルに1300万ユーロ(約17億3000万円)を投資。10階建ての建物には168もの客室があり、そのうちの2つはバーテラスとスイミングプール付き。また、ホテル内のジムなど至る所に「CR7」の文字などC・ロナウドを思い出させる仕様がある。

気になる1泊の料金は1室1万4000円程度から。比較的良心的な価格設定になっておいるので、コロナ禍が終息してマドリッドへ観光に行く際には選択肢の1つに入れるのもありではないだろうか。

1 2
関連ニュース
thumb

トップチーム練習参加のユベントスFWアケがコロナ陽性に

ユベントスは3日、フランス人FWマルレー・アケ(20)が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。 今年1月、マルセイユからユベントスに加入したウインガーのアケは、今夏のプレシーズンではトップチームの練習に参加。1日に行われたモンツァとの練習試合にも帯同していた。 ユベントスはアケの陽性判定を受け、既に自己隔離に入っていることを発表している。 2021.08.03 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス凱旋のボヌッチ「いつもと同じ気持ちで新たなスタートを切った」

ユベントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、休暇を終えてチームに合流したことを自身の公式『インスタグラム』で明かした。 イタリア代表としてユーロ2020を制覇したボヌッチ。その後は束の間の休暇を取っており、今月2日にプレシーズンへの合流を果たした。 トリノに戻ってきたボヌッチは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で迎える新シーズンへの意気込みを記している。 「到着したよ。家に帰り、ユベントスのシャツを着て再び出発する時が来た。2カ月間の歓喜と努力の結果、アッズーリ(イタリア代表の愛称)のシャツを着てヨーロッパの頂に立つことができた」 「今日はユベントスでの素晴らしいシーズンに向け、明確な目標を持ち、いつもと同じ気持ちで新たなスタートを切った。このジャージを象徴するような勝利の主人公に戻り、僕らがさらなる高みへ行けるように最後まで努力する。なぜなら、勝利の感覚や感情は『もう一度勝ちたい』というただ一つの感情を抱かせるからね」 2021.08.03 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ロカテッリ代替案にバカヨコに注目か

ユベントスが、チェルシーのフランス人MFティエムエ・バカヨコ(26)に注目しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 中盤の補強としてサッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリの獲得を目指しているユベントス。今夏専らの噂で、一部のイタリアメディアによると、3500万ユーロ(約45億4000万円)の買い取り義務の付いた2年レンタルという条件で合意に近づいているようで、また、選手本人も移籍に前向きとも言われている。 しかし、主な見方は両クラブの間に未だ開きがあるというもので、そのための代替案としてバカヨコの名前が浮上している模様だ。 2017年夏にモナコからチェルシー移籍を果たしたバカヨコ。しかし、レギュラー確保に至らず、ここ3シーズンはミラン、モナコ、ナポリとレンタルを繰り返してきた。 昨季のナポリではセリエA32試合を含む公式戦44試合に出場し主力として活躍したが、高い評価をくれたジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が今夏に退任したため、完全移籍の可能性は消滅。チェルシーでもトーマス・トゥヘル監督の構想に入っていないことから宙ぶらり状態となっている。 ただ、チェルシーとの契約は残り1年を切っているため、移籍金を抑えることが可能。ロカテッリ獲得が失敗に終わった場合、報道通り、ユベントスの目が向くことになるかもしれない。 2021.08.03 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

スーパーカー好きのC・ロナウド、4800万円“カスタム車”との2ショットに「うらやましい」

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身の高級車コレクションの1つとの2ショットを自身のインスタグラムに掲載。相変わらずのカッコよさに多くの反響が集まっている。 言わずと知れたスーパースターのC・ロナウドだが、大の車好きとしても知られ、度々自身のコレクションをSNSで紹介している。そんなC・ロナウドが今回ピックアップしたのは、「ブラバス 800」というモデルの車種だ。 あまり聞きなれないかもしれないが、「ブラバス」はメルセデス・ベンツを中心とした高級車を独自にカスタムするドイツのメーカー。今回C・ロナウドが掲載した「ブラバス 800」は、メルセデス・ベンツGクラスにカスタムを加えたもので、36万6000ユーロ(約4800万円)の代物だ。 C・ロナウドは白のジャケットを身に纏いながら「ブラバス 800」に片手を置いて写真を撮影。背景の街並みも込みで絵になる1枚には「この車欲しい」「かっこいい」「うらやましい」など羨望の声が多く集まっている。 総額25億円を超えるほどの高級車コレクションを有しているC・ロナウドだが、この車はC・ロナウドが35歳の誕生日を迎えた際に、交際しているジョルジーナ・ロドリゲスさんからプレゼントされたものということもあり、お気に入りなのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】4800万円のブラバス 800とC・ロナウドのカッコよすぎる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSFR5TwrtnD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSFR5TwrtnD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSFR5TwrtnD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.03 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスと契約延長のキエッリーニ「キャリア晩年の一瞬一瞬を楽しんでいる」

2日にユベントスと2023年6月まで契約を延長したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(36)が心境を語っている。 6月30日にユベントスとの契約が満了を迎え、フリーの身となっていたキエッリーニ。契約延長に関しては自身のコンディションによる所が大きかったようだ。 「人生の重要なステップだ。キャリア晩年の一瞬一瞬を楽しんでいる。自分の力を発揮してチームがより多くのタイトルを取れるように頑張りたい。契約延長は形式的なものだ。自分の身体がまだプレーを続けられるとわかった時点でユーベとは契約延長する意思があった。様々な事情によりタイミングが遅れてしまったけどね。ユーベと自分の間には何よりも密接な関係がある。ここに残ることを疑っていなかったよ」 また、3季ぶりに復帰するマッシミリアーノ・アッレグリ監督については次のように語っている。 「彼は私やチームのみんなに大きなものを与えてくれた。監督と再会できて嬉しいよ。チームメートに聞いたけど、監督は気合いが入っているようだね。彼ならユーベをトップレベルのチームに戻し、新たなサイクルを生み出してくれるはずだ」 そして来年行われるワールドカップへの出場にも前向きな姿勢を見せた。 「あと1年ちょっとだね。私は常に今のことを考えているけど、仮にコンディションが良くワールドカップに参加できるならそれは幸せなことだよ」 2021.08.03 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly