ギュンドアンの男気!幼少期を過ごしたクラブにボーナスを寄付

2021.06.09 15:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティ所属のドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、幼少期に在籍していたへスラー06というクラブに金銭面の支援をしたそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

へスラー06はギュンドアンの故郷であるゲルゼンキルヒェンで活動するアマチュアクラブで、同選手は1993年から2004年の間、シャルケで過ごした1年を挟んで通算10年間在籍していた。

そのへスラー06は現在、新しい人工芝のピッチを建設している最中で、その費用は65万ユーロ(約8700万円)かかるのだそう。このうちの35万ユーロ(約4700万円)はゲルゼンキルヒェンの自治体が支払うことになっているのだが、30万ユーロ(約4000万円)はクラブ持ち。ギュンドアンはその大部分を、シティから受け取ったボーナスで賄うのだという。

ドイツ代表MFの叔父で代理人を務めるイルハン氏はこのように語っている。

「幼少の期のほとんどをここで過ごしたので、今でもこのクラブと密接な関係にある」

「ピッチが無いために多くの子供たちが加入できない事実を聞き、イルカイはとてもショックを受けていたよ」

2016年夏のシティ加入後、3度のプレミアリーグ優勝を含む8個の主要トロフィーを獲得してきたギュンドアン。今季はチーム最多の13ゴールを挙げて優勝に貢献しており、トータルのボーナスは莫大なものだろう。

しかしながら、男気溢れるギュンドアンの姿勢に、へスラー06のライナー・コーニェツカ会長は「イルカイがいなければ、このプロジェクトを始めることはできなかっただろう」と感謝の意を表している。

関連ニュース
thumb

シュツットガルト、ベテランFWアル・ガディウィとの契約を2022年まで延長!

シュツットガルトは13日、モロッコ人FWハマディ・アル・ガディウィ(30)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2019年にSSVヤーン・レーゲンスブルクから当時2部のシュツットガルトに加入したアル・ガディウィは、主に試合の流れを変えるジョーカーとして起用され、ブンデス2部で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録し、1部復帰に貢献。 今季は序盤から度重なるケガに苦しみ、ブンデスリーガ6試合の出場にとどまっていた。 新契約にサインしたアル・ガディウィは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シュツットガルト経営陣の信頼を得られたことをとてもうれしく思っているよ。チームはこの2年間で大きく成長しているね。ただ僕は、ケガの影響で思うようにチームの助けにはなれなかった。ここでは居心地の良さを感じるし、来季に向けて最高のモチベーションをもっている。ファンの前でプレーするのが待ち遠しいよ」 2021.06.14 00:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが主将クロスとの契約を2022年まで延長! 来季で11年目のシーズンに

アルミニア・ビーレフェルトは11日、ドイツ人FWファビアン・クロス(33)との契約を1年延長したことを発表した。新たな契約期間は2022年6月30日までとなる。 クロスは2011年夏に当時ドイツ3部リーグに属したビーレフェルトに加入。チームが2部昇格や3部再降格を経験しながら、2019-20シーズンのブンデスリーガ2部で21ゴールを挙げて得点王に輝き、チームの11年ぶりとなる1部昇格に貢献した。 今季もキャプテンとして残留を争うチームの支柱となり、センターFWとして前線のターゲット役としても奮起。得点こそ「5」にとどまったものの、空中戦の勝利数は2位のDFマッツ・フンメルス(ドルトムント)に70回以上の差をつける最多「242」を記録するなど、重要な役割を担った。 来シーズンで11年目を迎えるクロスは公式サイトで契約延長と来季への意気込みについて次のようにコメントしている。 「アルミニアでの次のシーズンを楽しみにしている。ブンデスリーガで、このクラブでもう1年間プレーできることを嬉しく思い、特にファンの前で再びプレーする機会が与えられたことを誇りに思う」 2021.06.12 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

偽名年齢詐称公表のシュツットガルトFWに3カ月の出場停止処分

先日に偽名および年齢詐称を公表したシュツットガルトのDRコンゴ代表FWサイラス・ワマンギトゥカ(22)改め、サイラス・カトンパ・ムヴァンパ(23)にドイツサッカー連盟(DFB)から処分が科されることになった。 サイラスは、2019年8月にパリFCからシュツットガルトへと加入。今シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し11ゴール5アシストを記録。チームの攻撃を牽引していた。 そのサイラスだが、元代理人の策略により、実は本名を偽っていたことをクラブに報告。クラブはこの問題に取り組み、同選手の母国であるコンゴ民主共和国から正式に書類を受け取ったことを発表した。 これを受けて、DFBスポーツ裁判所は11日、サイラスに対して3カ月間の出場停止処分と共に3万ユーロ(約400万円)の罰金を科すことを決定した。 一見すると、今回の処分は重いようにも思われるが、サイラスは今年3月に負ったヒザ前十字じん帯断裂のケガによって復帰時期は10月以降と見られており、9月11日までの処分期間中の復帰の可能性はほぼない。 そのため、シュツットガルトサイドも今回の温情裁定に感謝の意を表している。 2021.06.12 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、降格シャルケからドイツ代表MFセルダー獲得!

ヘルタ・ベルリンは11日、シャルケからドイツ代表MFスアト・セルダー(24)を完全移籍で獲得することを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、正式にヘルタの一員となる。 マインツの下部組織出身で2015-16シーズンにトップチームデビューを飾ったセルダーは、2018年夏にシャルケに完全移籍。セントラルMFや中盤の複数ポジションをこなすテクニックとダイナミズムに優れた万能型MFとして、在籍3年間で公式戦83試合11ゴール6アシストの数字を残していた。 2019年10月にドイツのA代表デビューも飾った逸材だが、シャルケのブンデスリーガ2部降格に伴い、ヘルタを新天地に選択した。 2021.06.12 00:33 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫勇也にライバル出現? 降格のブレーメンが2部得点王を獲得か

日本代表FW大迫勇也も所属するブレーメンはドイツ人FWセルダル・ドゥルスン(29)を獲得する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ハノーファーの下部組織出身であるドゥルスンは190cm越えの身長を生かしたヘディングや、思い切りの良いシュートを武器とするストライカー。2018年夏にダルムシュタットへと加入すると、3年目となった今シーズンはリーグ戦27得点を記録し、ブンデスリーガ2部得点王を獲得した。 そんなドゥルスンは、契約満了により今シーズン限りでダルムシュタットを退団。フリーとなった大物に、ブレーメンが関心を示しているようだ。 また、1日に招へいされたマルクス・アンファング監督は、ダルムシュタット時代にドゥルスンを指導した経験があり、それが獲得に向けプラス材料とも。加入が決まれば、大迫の立場にも影響を与えそうだ。 2021.06.11 16:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly