日本人MF西翼がCKのこぼれをアウトサイドでハーフボレー!今季3点目をマーク

2021.06.08 11:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
Kリーグ1の大邱FCに所属する日本人MF西翼が見事なゴールを決めた。

大学卒業後、Jリーグでのプレーを経ずに海外挑戦しポーランドに渡った西は、同国のクラブを渡り歩いた後、スロバキアのクラブを経由し、2018年夏に韓国の大邱FCに加入している。

直近のリーグ5試合で途中出場していた西は、6日に行われた第15節延期分のFCソウル戦でもベンチスタートとなると、0-0の59分に途中出場を果たす。

67分、大邱FCが左CKを獲得すると、キッカーがインスイングで入れたボールはニアサイドで相手DFにクリアされ、ボックス外に構えていた西のもとへ。西は上手くバウンドを合わせると、落ち際をダイレクトでハーフボレー。アウトサイドで捉えた強烈なシュートは、急激に右に曲がりながらゴール左のサイドネットへと突き刺さった。

西のゴールで先制した大邱FCだったが、その後追いつかれ、試合は1-1のドロー。それでも大邱FCは19試合を終えてリーグ4位の好位置につけている。

なお、西は今シーズンリーグ17試合に出場して3ゴール1アシストの成績を残している。

1 2

関連ニュース
thumb

上田綺世が満面笑みでのユニ姿! メディカル合格で移籍が無事完了

セルクル・ブルージュは4日、鹿島アントラーズの日本代表FW上田綺世の完全移籍が完了したことを報告した。 上田は今夏の完全移籍が合意に至ったことが発表され、メディカルチェックを受けてから正式契約を結ぶとされていたが、無事に合格したようだ。 なお、チームへの合流は労働許可証が降りてからとなり、まだ合流はできないという。 そのセルクル・ブルージュは、クラブのTikTokで上田のメディカルチェックの様子を公開。トレーナーの指示の下、様々なテストを行う様子が見て取れる。 負荷のかかるテストのようで、上田の息もあがっている様子が見て取れる。 また、上田のユニフォーム姿の写真もSNSに出ており、笑顔がとても印象的だ。 <span class="paragraph-title">【写真】笑顔が素敵!上田綺世が緑の新ユニ着用でサムズアップ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/O6qDuBDj10">pic.twitter.com/O6qDuBDj10</a></p>&mdash; Cercle Brugge NWS (@CercleBruggeNWS) <a href="https://twitter.com/CercleBruggeNWS/status/1544044553166114817?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】上田綺世のメディカルチェックの様子!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@cerclebruggeofficial/video/7116605485154831621" data-video-id="7116605485154831621" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@cerclebruggeofficial" href="https://www.tiktok.com/@cerclebruggeofficial">@cerclebruggeofficial</a> Let’s have a look | The medicals of our new Japanese attacker Ayase Ueda! <a title="transfer" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/transfer">#Transfer</a> <a title="fy" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fy">#fy</a> <a title="japan" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/japan">#Japan</a> <a target="_blank" title=" Reflections on 52nd - Psyched on Sound" href="https://www.tiktok.com/music/Reflections-on-52nd-6777600386590050306"> Reflections on 52nd - Psyched on Sound</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.07.05 22:32 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田麻也のシャルケ入りが接近、ドイツ入りしメディカルチェックへ

日本代表DF吉田麻也(33)のシャルケ移籍が間近に迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 2021-22シーズン限りでサンプドリアを退団した吉田。セリエAに初昇格したモンツァやトルコのトラブゾンスポルからのオファーがある中、急転してドイツへの移籍が浮上した。 吉田の獲得に動いているのは、新シーズンからブンデスリーガに復帰したシャルケ。昨シーズンの2.ブンデスリーガで優勝を果たした中、主軸だった日本代表DF板倉滉の買い取りオプションを行使できずに手放すと、センターバックの補強が急務となっていた。 『ビルト』は4日に吉田に対してシャルケがオファーを出し、クラブのスポーツディレクター(SD)であるルベン・シュレーダー氏も獲得を認めた中、吉田がドイツ入りしたという。 『ビルト』によると、5日の朝に吉田はデュッセルドルフ空港に到着。メディカルチェックを受けるため、ゲルゼンキルヒェンに移動したという。 名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした吉田は、2020年1月にサンプドリアへとレンタル移籍で加入。ちょうど時を同じくして新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で蔓延。多くの感染者、被害者を出す中、新たな土地イタリアでのキャリアをスタート。半年のプレーでチームの信頼を得ると、そのまま完全移籍を果たした。 2年半の在籍で、セリエA72試合に出場し3ゴール6アシストを記録。チームの守備の軸としてプレーした一方で、今年1月の負傷後は低パフォーマンスもあり、序列が低下。シーズン終盤は満足にプレーせず、契約満了の6月30日をもって退団となった。 シャルケは板倉の他、吉田と親交が深い元日本代表DF内田篤人も所属し、愛され続けている。 自身初のドイツでのプレーとなる吉田。カタール・ワールドカップ(W杯)で対戦する国に乗り込み、半年でドイツ対策を練る準備ができそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】空港に到着した吉田麻也</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Bereit zum Medizincheck - Schalkes neuer Abwehr-Boss ist da! <a href="https://t.co/2jq2k7OaEi">https://t.co/2jq2k7OaEi</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BILDSport?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BILDSport</a></p>&mdash; BILD Sport (@BILD_Sport) <a href="https://twitter.com/BILD_Sport/status/1544254697527296000?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が古巣クラブを訪問、スタジアムで恩師と記念撮影「今後も一緒に何かを」

カルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司がドイツの古巣クラブを往訪。今後の活動に期待を抱かせた。 2011年1月に清水エスパルスからシュツットガルトへ加わり、マインツやレスター・シティなどを経て現在はスペインでの4季目を迎える岡崎。帰国中には地元・兵庫県にて、なでしこジャパンのMF中島依美らとトレーニングも行っていた。 日本を発った岡崎はドイツのラインラント=プファルツ州にも足を運んだ様子。マインツ時代の恩師、当時スポーツ・ダイレクター(SD)を務めていたクリスティアン・ハイデル氏と再会し、スタジアムにて記念撮影を行った岡崎は自身のツイッターで次のようなメッセージを残した。 「画像はシュツットガルトで苦戦してる時に自分を移籍金を払って獲得してくれたハイデルと。マインツの街やクラブ、ファンには感謝もあるし、今後も一緒に何かしたいと話しました。育成や地域密着のクラブとしてドイツでもトップのマインツと繋がる事でヨーロッパと日本の距離を縮めたい」 マインツの街と岡崎の関りは深く、滝川第二高校の先輩が代表を務めるFCバサラ・マインツ(現:ドイツ6部)の創設にも携わり、スーパーアドバイザーも務めるなどしている。 また、岡崎の獲得に尽力したハイデル氏は2016-17シーズンからシャルケのSDに就任していたが、2020年12月に再び古巣へ戻り、手腕を発揮。マインツの公式も「また会えて嬉しいよ、シンジ・オカザキ!!」と4日に同じ写真を投稿した。ファンからも再来を喜ぶ声や復帰を望むコメントが上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】マインツ時代の恩師とスタジアムで記念撮影した岡崎慎司</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">1. FSV Mainz 05(@1fsvmainz05)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「チームのためにゴールやアシストを」フライブルク加入の堂安律がファーストインタビュー! 覚えているドイツ語は?

フライブルクへの完全移籍が発表された日本代表MF堂安律が、クラブのファーストインタビューに応じた。 5日、PSVから完全移籍でフライブルクへと加入した堂安。アルミニア・ビーレフェルト時代以来、2年ぶりにブンデスリーガの舞台へと戻ってきた。 フライブルクは、2021-22シーズンのブンデスリーガで6位。DFBポカールで準優勝に終わったが、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得。ブンデスリーガだけでなく、ヨーロッパの舞台でもプレーできる。 その堂安律は、早速クラブのインタビューに応じ、全編英語で対応。クラブの印象や今シーズンの意気込みについて語った。 まず、フライブルクのユニフォームを手渡された堂安は「かなり気に入っています。強そうですね。このユニフォームを着てプレーするのが楽しみです」とコメント。PSVのユニフォームと似た赤と白のストライプのユニフォームは非常に似合いそうだ。 また、日本から長いフライトを経てフライブルクへとやってきた中、初日の印象については「僕はここに来るので少し疲れましたが、今は疲れていないです。とても良い気分で、ここにいられて幸せです」とコメント。新たな本拠地を訪れ、疲れも吹き飛んだようだ。 2020-21シーズンはブンデスリーガでも戦った堂安。フライブルクの印象については「ビーレフェルト時代にフライブルクと対戦し、良い印象を抱いていました」とコメント。また、クリスチャン・シュトライヒ監督との会話をした印象についても語り、「監督と話をしました。すぐに良い感触を得ましたし、彼の情熱と姿勢が好きです」と、好印象を持ったようで、「彼のために勝ちたいです」と意気込みを語った。 またチームでの目標については、「次のステップに一緒に進みたいです」と語り、「僕はチームのためにゴールやアシストをしたいです。自分のためではなく、クラブや素晴らしいサポーターのためにです」と目標を語った。 話題は日本代表にも及び、カタール・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表と同居していることが話題に。堂安は難しいグループだとしながらも、今はクラブのために活躍することを考えているとした。 「勝利するためには、強いチームと自信が必要です。僕たちのグループには、強いスペインと素晴らしいドイツがいます。ワールドカップは簡単ではありません」 「ただ、今はこのクラブ、監督の下で良いプレーをしなければなりません。そうすれば、これからのワールドカップが楽しみになります。今はワールドカップについてあまり多くのことを考えていません」 最後に、ドイツ語はまだ覚えていますか?という質問を投げかけられ「『お元気ですか?』や『どうぞ』という一言です」とコメント。「あとは汚い言葉で、カメラの前では言えません」と笑顔で答え、色々と悪い言葉を教わっていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】全て英語!スタジアムでファーストインタビューに応じる堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/video.php?height=314&href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSCFreiburg%2Fvideos%2F417327323741576%2F&show_text=false&width=560&t=0" width="560" height="314" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share" allowFullScreen="true"></iframe> 2022.07.05 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト遠藤航がチームに合流、期待と歓迎の声多数「おかえりレジェンド」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航の新シーズンが始動した。 5月14日に昨季ブンデスリーガの最終節で劇的な残留を決め、2年連続でリーグのデュエル最多数を記録した遠藤。日本代表の6月シリーズにも全4試合で先発出場を果たし、ようやくのオフ期間には所属したJクラブや恩師の元を訪ねるなどしていた。 フル稼働が続いていた戦士は束の間の休息を経て、再びドイツへ。クラブ公式ツイッターが4日に合流した旨を投稿。「#LegEndo」のタグを付け、パフォーマンステストを行う遠藤の様子を公開した。 遠藤自身も動画を引用し、「ドイツに帰ってきました〜!新シーズンに向けて良い準備を」と綴れば、国内外のファンからも「おかえりレジェンド」、「新シーズンも活躍楽しみにしてます」、「VfBを上位に導いてください」など、期待のこもった声が寄せられた。 遠藤と同じくして初の日本代表活動を経験したDF伊藤洋輝もチームに合流した。U-21チームにはDFチェイス・アンリに続き、DF岡田怜が加入し、日本からの注目度も高まるシュツットガルト。率いる遠藤はドイツ1部での3シーズン目でどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトに合流し、パフォーマンステストを行う遠藤</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> 18 km/h <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://t.co/JBDL5qvRVC">pic.twitter.com/JBDL5qvRVC</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543896542989500424?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/LegEndo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LegEndo</a> <a href="https://t.co/z5BhqBSyUI">pic.twitter.com/z5BhqBSyUI</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543903986499174400?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】チームに合流した遠藤と伊藤、ベヤズを交えた3ショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Zurück bei der Mannschaft:<a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a> <br>Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> <a href="https://twitter.com/omerfabeyaz?ref_src=twsrc%5Etfw">@omerfabeyaz</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> <a href="https://t.co/8qgQL7GYkH">pic.twitter.com/8qgQL7GYkH</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1543958816479395840?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 19:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly