日本人MF西翼がCKのこぼれをアウトサイドでハーフボレー!今季3点目をマーク

2021.06.08 11:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
Kリーグ1の大邱FCに所属する日本人MF西翼が見事なゴールを決めた。

大学卒業後、Jリーグでのプレーを経ずに海外挑戦しポーランドに渡った西は、同国のクラブを渡り歩いた後、スロバキアのクラブを経由し、2018年夏に韓国の大邱FCに加入している。

直近のリーグ5試合で途中出場していた西は、6日に行われた第15節延期分のFCソウル戦でもベンチスタートとなると、0-0の59分に途中出場を果たす。

67分、大邱FCが左CKを獲得すると、キッカーがインスイングで入れたボールはニアサイドで相手DFにクリアされ、ボックス外に構えていた西のもとへ。西は上手くバウンドを合わせると、落ち際をダイレクトでハーフボレー。アウトサイドで捉えた強烈なシュートは、急激に右に曲がりながらゴール左のサイドネットへと突き刺さった。

西のゴールで先制した大邱FCだったが、その後追いつかれ、試合は1-1のドロー。それでも大邱FCは19試合を終えてリーグ4位の好位置につけている。

なお、西は今シーズンリーグ17試合に出場して3ゴール1アシストの成績を残している。



1 2
関連ニュース
thumb

空中戦&デュエルの勝率はともに100%! アーセナル2戦目の冨安健洋、好スタッツを叩き出す

アーセナル入りしたばかりの日本代表DF冨安健洋だが、2試合目でも見事なスタッツを叩き出した。 昨季プレミアリーグで失意の8位に終わり、逆襲を期す今季のアーセナルだが、開幕から3連敗。だが、第4節のノリッジ・シティ戦で初勝利を掴むと、18日に敵地で行われたバーンリー戦もノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FK弾で勝ち切り、2試合連続となる1-0の勝利で今季初連勝を成し遂げた。 その連勝に大きく貢献したのが冨安だ。デビュー戦のノリッジ戦でも攻守にインパクトを残した日本代表DFだが、次戦のバーンリー戦でも右サイドバックとして先発すると、存在感を発揮。デビュー戦よりもファイナルサードでの絡みこそ少なかったが、対人プレーやビルドアップの部分で大いに貢献度を高めた。 フットボールの様々な記録を扱うイギリス『Squawka』によると、その働きぶりは数字にも表れ、空中戦とデュエルの勝率はともに100%で、79回のタッチ数も最多。デュエル、リカバリー、クリアはいずれも5回で、空中戦も4回を数え、インターセプトとタックルもそれぞれ1回を記録したという。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』によると、アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、それぞれ4バックの一角で奮闘したブラジル人DFガブリエウと冨安について「2人とも素晴らしかったと思う。4バックは全体的に素晴らしかった」と賛辞を送っている。 2021.09.19 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがマネのメモリアル弾などで“お得意様”C・パレスに3発快勝!南野は出場せず《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するリバプールは18日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスとホームで対戦し、3-0で快勝した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 今季公式戦無敗のリバプールは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のミラン戦(3-2で勝利)から先発を6人変更。オリギやナビ・ケイタ、トレント・アレクサンダー=アーノルドらに替えてマネやチアゴ、ファン・ダイクに加え、デビュー戦のコナテらを先発で起用。南野は2試合連続でベンチスタートとなった。 前節のトッテナム戦で今季初勝利を飾ったクリスタル・パレスに対し、リバプールは開始早々にピンチを迎える。3分、左FKの二次攻撃からギャラガーがゴール前にロングパスを供給すると、これに反応したザハが決定機を迎えたが、シュートはGKアリソンが左手一本ではたくと右ポストに弾かれた。 肝を冷やす立ち上がりとなったリバプールだが、徐々にボールの主導権を握ると16分、ツィミカスのパスで左サイド深くまで侵入したマネのクロスをファーサイドのヘンダーソンがダイレクトシュートで狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 サイドを起点にした崩しから攻撃を仕掛けるリバプールだが、ボックス内で集中した守りを見せるクリスタル・パレス守備陣に苦戦しなかなか決定機まで至らず。 それでもリバプールは38分、ヘンダーソンの右クロスをゴール前に走り込んだチアゴがダイビングヘッド。さらに相手GKの弾いたボールをジョタが詰めるがシュートは枠に上に大きく外した。 この試合最初のビッグチャンスを逃したリバプールだが、2度目のチャンスを確実にモノにする。43分、ツィミカスの左CKをニアに走り込んだサラーがヘディングで合わせると、相手GKが弾いたボールをゴール前で拾ったマネが冷静に流し込んだ。 後半の序盤は1点を追うクリスタル・パレスがペースを握ったが、リバプールは68分にチャンス。途中出場のN・ケイタがミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをサラーが詰めたが、シュートはGKグアイタのブロックに防がれた。 なかなか攻撃のリズムを掴めないリバプールだったが、再びセットプレーからネットを揺らす。78分、ツィミカスの左CKがゴール前で競り合ったファン・ダイクの肩に当たると、流れたボールをファーサイドのサラーがダイレクトシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 さらにリバプールは、89分にも右CKのこぼれ球からペナルティアーク左横のN・ケイタがボレーシュートをゴール右に突き刺し、3点目を奪取。 その後は危なげない試合運びでゲームを締めくくったリバプールが3-0と快勝。マネのリバプール通算100ゴール目となるメモリアル弾などで今季無敗を維持している。 2021.09.19 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のアーセナルが2連勝! 攻撃低調もウーデゴールの圧巻FK弾を守り抜く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、バーンリーvsアーセナルが18日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は先発フル出場した。 アーセナルは前節、ノリッジとの裏天王山に1-0で競り勝って待望の今季初勝利を手にした。同じく下位に沈むバーンリーのホームに乗り込んだこの一戦では連勝を狙った。そのノリッジ戦からは先発2人を変更。メイトランド=ナイルズとサンビ・ロコンガに替えて今季初先発のトーマス、スミス・ロウが起用され、前節プレミアリーグデビューを飾った冨安は引き続き右サイドバックで起用された。 立ち上がりからボールを握るアーセナルは、スタートは[4-3-3]もスミス・ロウとウーデゴールのインサイドハーフに加え、左ウイングに入ったサカが内よりのポジションを取って中央で起点を作り、ティアニーが左サイドで高い位置を取る。6分にはティアニーがボックス左に抜け出し、早速際どいクロスでチャンスを演出する。 ただ、以降はダイレクト志向が強いバーンリーの肉弾戦に手を焼き、セットプレーやロングボール、シンプルなサイドからのクロスでバーンズ、ウッドの2トップにフィニッシュまで持ち込まれる場面が増えていく。また、攻撃でもビルドアップの局面でミスが目立ち、序盤のように相手陣内の深い位置までボールを運べない。 それでも、29分には久々に良い形でボールが繋がり中央でフリーとなったサカが果敢な仕掛けをみせ、ペナルティアーク付近の好位置でFKを獲得。そして、キッカーのウーデゴールが壁の上を越える見事な左足の直接FKを左隅に突き刺し、苦しい展開の中で先制点を奪った。 その後は再びバーンリーのロングボールに手を焼くが、ボックス内でのバーンズの決定機をDF冨安、DFガブリエウのコンビでブロックするなど、守備陣が身体を張って1点を守る。さらに、前半終了間際の45分にはボックス中央で右サイドからペペの折り返しを受けたスミス・ロウに絶好機が訪れるが、ここはシュートを枠に飛ばせず。 1点リードで試合を折り返したアーセナルだが、後半は立ち上がりから押し込まれる展開に。深い位置まで相手の侵攻を許すと、続けざまに与えたCKから決定機を作られる。 さらに、57分にバーンズとグズムンドソンを下げてヴィドラ、コルネを投入したバーンリーに対して、押し込まれるアウェイチームは59分にもボックス内で混戦を作られ、最後はボックス左で浮いたコルネに右足のシュートを許すが、ここはGKラムズデールの好守で凌いだ。 後半に入って防戦一方のアーセナルは、61分にスミス・ロウを下げてサンビ・ロコンガを投入。中盤の守備強度を高めて逃げ切りを意識した戦い方にシフト。だが、68分にはホワイトからGKラムズデールへの不用意なバックパスをヴィドラにかっさらわれてラムズデールが遅れて接触。このプレーでバーンリーにPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、当該プレーで接触がなかったとの判定で取り消しに。 VARに救われたアーセナルは自ら交代を要求したトーマス、足が攣ってしまったティアニーを下げてメイトランド=ナイルズ、ヌーノ・タヴァレスを続けて投入した。 試合終盤にかけては行ったり来たりの落ち着かない展開に。アーセナルとしては前がかりな相手を引っくり返したいところだったが、ポジティブトランジションの局面でミスが目立ち、追加点はおろかフィニッシュまで持ち込めない。 それでも、ここまで未勝利のバーンリーの拙攻にも救われたアーセナルは、何とかウーデゴールの虎の子の1点を守り切って開幕3連敗からの2連勝。ミッドウィークのEFLカップを挟んでトッテナムとのノースロンドン・ダービーに臨むことになった。 2021.09.19 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

奥川フル出場のビーレフェルト、ゴールレスドローで未勝利続く《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは18日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムをホームに迎え、0-0で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節ボルシアMG戦で今季初ゴールを決めた奥川。しかしチームは敗れ、3分け1敗と未勝利となっている中、[4-4-2]の右MFで奥川が先発となった。 1勝1分け2敗のホッフェンハイムに対しビーレフェルトは10分、ボックス左からハックの放ったシュートが右ポストに直撃した。 さらに13分、ビーレフェルトに再びチャンス。だが、クロスに決定機が訪れるも、GKとの一対一を決めきれない。 その後は膠着状態が続いた中、前半終盤の39分、クロスのヘッドが枠を捉えたが、GKの守備範囲だった。 ゴールレスで迎えた後半、一進一退の攻防で推移する中、ビーレフェルトは57分にピンチ。クラマリッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオルテガがセーブした。 ひやりとしたビーレフェルトは69分、クロスの落としに反応した奥川がボックス中央に進入してシュートに持ち込むも僅かに枠を捉えきれず。 終盤にかけては互いに決め手を欠いてゴールレス決着。ビーレフェルトの未勝利が続く結果となった。 2021.09.19 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田麻也にクラブ会長が契約延長の打診「2年間の延長に値する」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、クラブから2年契約の打診を受けたことを明かした。イタリア『Il Secolo XIX』のインタビューで答えた。 吉田は名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした後、2020年1月にレンタル移籍でサンプドリアへと加入。クラウディオ・ラニエリ監督の下で評価を高めると、2020年8月には完全移籍でチームに加入した。 サプドリア加入以降、チームの守備の要となると、ここまで51試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。 その吉田は、今夏はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選、そしてオーバーエイジとして東京オリンピックに参加。フル稼働したままチームに合流。ロベルト・ダヴェルサ監督が率いる新体制になった今シーズンも合流間も無く試合に出場していた。 9月の日本代表活動にも参加した吉田は、復帰後の初戦となったインテル戦では今シーズン初ゴールを記録。チームはまだ新体制でのセリエA初勝利を挙げていないが、徐々に戦えるようになっている。 その吉田に対して、サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長がインテル戦後に契約延長の打診を行ったと、吉田がインタビューで明かした。 「インテル戦のゴールの後に会長が言ったのは「さらに2年間の延長に値する」ということでした。彼がそういうなら、僕もそのつもりです」 クラブからの要請があればそれに応えるとした吉田。そのインタビューでは、東京オリンピックにも触れていた。 「自国でのオリンピックだったので、メダルを夢見ていましたが、ガッカリしたとは言えません」 「悪い結果ではなかったです。残念ながらファンはスタジアムにはいませんでしたが、テレビで僕たちを熱心に応援してくれました。日本のサッカー界の動きは、その恩恵を受けています」 また、その中でチームに即合流し、その後も代表活動に参加してからゴールを決めたことについても言及。プレーすることが大事だとした。 「夏の間はずっとプレーを続けており、オリンピックでは6試合に出場し、一度も休んでいないような状態でサンプドリアに戻りました」 「僕は1週間の休暇しか取れませんでしたが、それは本当の休暇というよりも回復のためのものでした」 「疲れたとは思いますが、足には正しいリズムが残っています。僕のような選手は、たくさんプレーして、体を鍛えることが大事です」 クラブからも信頼の厚い日本代表のキャプテン。サンプドリアを高みに導けるかに注目だ。 <span class="paragraph-title"> 【動画】2020-21シーズンの吉田麻也の輝かしいプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIR05UbUxyYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 12:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly