グアルディオラ監督が3度目のプレミアリーグ最優秀監督に輝く! ルベン・ディアスとW受賞

2021.06.05 20:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは5日、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が2020-21シーズンの年間最優秀監督に選ばれたことを発表した。

2016年夏の就任から5シーズン目を迎えていたグアルディオラ監督。今季はクリスマスの時点で8位に甘んじていたものの、そこから2月半ばにかけて15連勝を達成し一気に首位へ。最終的に2位のマンチェスター・ユナイテッドに12ポイントの差をつけて、ここ4年で3度目の優勝に導いた。

連覇した2017-18、18-19シーズンにも最優秀監督に選ばれていたスペイン人指揮官は、これでアーセン・ヴェンゲルとジョゼ・モウリーニョに並ぶ3度目の受賞に。サー・アレックス・ファーガソンは11回にも及ぶ。

その他の候補者では、マルセロ・ビエルサ(リーズ・ユナイテッド)、デイビッド・モイーズ(ウェストハム)、ブレンダン・ロジャーズ(レスター・シティ)、オーレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド)が名を連ねていた。

なお、最優秀選手にはシティのポルトガル代表DFルベン・ディアスが輝いており、DFとして4人目、ポルトガル人として2人目の快挙となった。

関連ニュース
thumb

マンチェスター・シティがアウェイユニを発表!“水”をイメージした虹色が特徴に

マンチェスター・シティとサプライヤーのプーマは29日、2021-22シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 新ユニフォームは水の消費量を抑える特別な染料と製造過程が用いられており、クラブの世界的な慈善事業『Cityzens Giving』への敬意を表すとともに、サッカーを通じて世界へ安全な水への意識と関心を高めることが意識されている。 そのデザインは、白基調のユニフォームに対し、クラブのエンブレムやスポンサーのロゴはピンクから水色に変化するようなグラデーションに。これは光が水滴に当たった時の虹色をイメージしているという。 ショーツとソックスについても白基調でエンブレムなどが虹色になり、シャツと同じ配色だ。 シティとクラブ公式パートナーである『ザイレム』は、プーマと協力して、水や衛生に関する教育と困っているコミュニティへのきれいな水を得ることに苦労しているコミュニティへの水の供給を融合させた世界的なプログラムを開始しており、マンチェスター、サンパウロ、ブエノスアイレス、ムンバイを中心に、3大陸で10,000人以上の若い人々に届けることを目標としているという。 このユニフォームは、8月7日に行われれレスター・シティとのコミュニティシールドでお披露目となる予定だ。 <span class="paragraph-title">マンチェスター・シティの2021-22シーズンホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzN1lXQ0lWeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_4.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_5.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_6.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/city_away_7.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.07.30 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーリッシュ狙うシティ、114.9億円の1stオファー?

マンチェスター・シティがアストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)に対する1stオファーを打診するようだ。 今夏の移籍市場でバルセロナにフリー移籍したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わるストライカーの獲得を目指すシティ。その動きと平行して、ジョゼップ・グアルディオラ監督も長らく称賛するグリーリッシュにも目を光らせているといわれる。 そんなシティはイギリス『デイリー・メール』いわく、昨夏もマンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰されながら残留を決断したビラのシンボルプレーヤーを狙って、移籍金7500万ポンド(約114億9000万円)+ボーナスという1stオファーを提示するという。 だが、ビラはイングランド史上最高額の移籍金1億ポンド(約153億2000万円)のオファーが届かない限り、売る気がなく、昨年9月に締結した2025年まで残る契約の更新を検討。週給15万ポンド(約2200万円)以上の個人条件を含めた新契約で引き留めを狙う模様だ。 なお、シティは1億5000万ポンド(約229億8000万円)の移籍金が必要とされるトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインにも関心。ポルトガル代表MFベルナルド・シウバら数名の売却で補強費調達の調達を検討しているとみられる。 2021.07.29 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、守護神エデルソンと新たに2028年まで契約か…さらなる延長画策

マンチェスター・シティがブラジル代表GKエデルソン(27)とのさらなる契約延長を画策しているようだ。 2017年夏にベンフィカから加入して以降、シティの絶対的守護神に君臨するエデルソン。最後の砦としてはもちろん、11人目のフィールドプレーヤーとしても卓越したキックセンスを武器にビルドアップにも積極的に加わっていけるなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督のポゼッション戦術を体現する上でもはや欠かせぬピースだ。 そんなエデルソンはシティ加入から1年後の2018年夏に2025年までの新契約を締結。その猶予がまだ残っているが、シティはさらに将来を確固たるものにしようとしている模様だ。 イギリス『The Athletic』の記者を務めるサム・リー氏によると、シティは今夏、新たに3年延長オファーを用意。形になれば、現行のものとあわせ、2028年までの長期契約なる。 そんな昨季のプレミアリーグ王者は今夏、エデルソン以外にも主力数名との契約更新を検討。今夏の移籍も噂されるアルジェリア代表FWリヤド・マフレズ(30)やイングランド代表FWラヒーム・スターリング(26)のほか、同代表MFフィル・フォーデン(21)、同代表DFジョン・ストーンズ(27)らがその候補に挙がっているという。 2021.07.29 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

PL王者シティがマフレズの圧巻FK弾などでPSM初戦で快勝!

マンチェスター・シティは27日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドとのプレシーズンマッチに臨み、2-0で勝利した。 昨シーズンのプレミアリーグ王者であるシティは、リーグ連覇と昨季あと一歩まで迫ったチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指す。その新シーズンに向けたプレシーズンマッチ初戦ではプレストンと対戦した。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に多くの主力選手を送り出した中、ジョゼップ・グアルディオラ監督はこの初戦に向けてMFフェルナンジーニョ、FWリヤド・マフレズ、DFバンジャマン・メンディ、DFジョアン・カンセロと前述の大会に不参加だったメンバーと、ユーロ決勝トーナメントで早い段階でチームが敗退となったDFルベン・ディアス、DFナタン・アケがスタメンで起用された。 立ち上がりから押し気味に試合を進める中、若手が前線に並んだ影響もあり、決定機まであと一歩という状況が続く。だが、25分にはボックス手前右の好位置で得たFKをキッカーのマフレズが見事な左足のシュートを右上隅の完璧なコースに突き刺し、先制に成功した。 以降も主導権を渡さないシティはカンセロ、マフレズ、メンディの鮮やかな連携から最後はゴール前のMFコール・パーマーに2点目のチャンスが訪れるなど、相手ゴールに迫ったが、1点リードで試合を折り返した。 後半は前述の主力を下げてほぼ若手主体のメンバー構成で臨んだ中、64分にはMFジェームズ・マカティーのラストパスに反応したMFサミュエル・エドジーがゴール左から冷静にニア下にシュートを流し込み、追加点を奪い切った。 その後、相手の反撃を危なげなく抑え込んだシティが2-0のスコアでプレシーズンマッチ初戦を快勝で飾った。 なお、グアルディオラ監督は試合後、クラブ公式サイトを通じて今回の一戦を以下のように振り返っている。 「我々はトップチームから3、4人しか出ていない中で適応しなければならなかった」 「毎週、プレーヤーがやってくる。願わくば、彼らができるだけ早く戻ってきて、トレーニングし、休んだり隔離したりする必要がないようにしたい」 「11日後にはコミュニティ・シールドがあるから、時間がないことはわかっているよ」 「(全体のパフォーマンスに関して)本当に良かった。本当に嬉しいよ」 「トップチームの数人のプレーヤーが、たった2回のトレーニングに参加しただけだった」 「セカンドチームのほとんどのプレーヤーは(コロナウイルスの感染防止対策で)10日間隔離されていたため、信じられないほどの準備不足だったが、彼らは本当によくやってくれたよ」 なお、クラブ内で新型コロナウイルスの陽性判定者が出た影響でフランスへの遠征を中止したシティは、今週末にチャンピオンシップのバーンズリーとのプレシーズンマッチに臨む。 マンチェスター・シティ 2-0 プレストン 【マンチェスター・シティ】 マフレズ(25分) エドジー(64分) 2021.07.28 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ所属のFW食野亮太郎、新シーズンもポルトガル1部でプレーへ

マンチェスター・シティに所属するFW食野亮太郎(23)だが、新シーズンもポルトガルでプレーを続けるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ガンバ大阪の下部組織出身の食野は、2017年2月にトップチーム昇格。2019年8月にその才能が認められ、マンチェスター・シティへと移籍した。 移籍加入と同時にスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)へとレンタル移籍。公式戦21試合に出場し3ゴール1アシストを記録すると、2020-21シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへとレンタル移籍する。 リオ・アヴェでは公式戦24試合で4ゴールを記録。チームは残留争いをする中、プレーオフで敗れて降格が決定。食野はハーツに続き2年連続で降格を味わった。 東京オリンピック世代の食野は最終選考となった6月のU-24日本代表の活動に招集されるも、五輪メンバーからは落選。新シーズンの去就が注目されていた。 『O Jogo』によると、食野の獲得に動いているのは新シーズンから昇格するエストリルとのこと。すでにシティとエストリルは食野のレンタル移籍で合意しているとのこと。近日中に正式発表されるとのことだ。 2021.07.27 11:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly