UEFAスーパーカップは北アイルランドで開催、チェルシーとビジャレアルが激突

2021.06.04 11:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021年のUEFAスーパーカップに関して、北アイルランドで開催されることが決定した。

アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は3日、UEFAスーパーカップが8月11日に北アイルランドのベルファストにあるウィンザー・パークで行われることとなった。

UEFAスーパーカップは、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で優勝したチェルシーとヨーロッパリーグ(EL)で優勝したビジャレアルが対戦する。

開催地を巡っては、CL決勝のマンチェスター・シティvsチェルシーの一戦が、トルコのイスタンブールで開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の制限措置の影響でポルトガルのポルトへと変更。そのため、UEFAスーパーカップをイスタンブールで行う可能性が報じられていた。

しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)は、その変更なく、ベルファストで行われることを3日に決定した。

IFAのパトリック・ネルソンCEO(最高経営責任者)は「この件に関しては、UEFAのパートナーと緊密に連絡を取り合ったが、結果として試合がベルファストで行われることが確認された。とても嬉しい」とコメントしている。

関連ニュース
thumb

アジアサッカー連盟は2年に1度のW杯開催案を歓迎「積極的に関与していきたい」

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、ワールドカップ(W杯)の2年に1度の開催案を歓迎することを改めて発表した。 このプランは、今年5月にサウジアラビアが初めて提案した構想。国際サッカー連盟(FIFA)もこれに賛同し、元選手であるマイケル・オーウェンやヤヤ・トゥーレなどを起用して支持を表明し、ジャンニ・インファンティーノ会長は実現可能性を探っている段階だ。 一方で、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は猛反対。また、南米サッカー連盟(CONMEBOL)も反対の姿勢を示していた。 賛否両論分かれているこの件について、AFCは改めて賛同することを発表。「新たな国際試合のカレンダーを最適化するための選択肢を検討する上で、FIFAが主導してスタートさせた協議プロセスを歓迎します」としており、2年ごとの開催の実現可能性を検討するようだ。 AFCはこの案については「ビジョンとミッションの中で、アジアのチームと選手が世界の大舞台で輝き続けることを目指し、ワールドクラスの大会を開催するとともに、加盟協会の発展を促進するためのオーダーメイドのプログラムを提供するという明確な目標を掲げています」としている。 また「同時に、AFCは、サッカーがアジアで最も人気のあるスポーツであり続けることを目指して、世界最大のスタジアムであるアジアの熱狂的なファンとの連携を強化することに引き続き取り組んでいます」としている。 最後には「全てのステークホルダーとの連携を重視しており、多様なニーズを反映し、世界中の全ての地域にとって潜在的な利益を引き出すような、インターナショナル・マッチ・カレンダーの未来を形成するために、積極的に関与していきたいと考えています」とし、2年に1度の開催に限らず、カレンダーの変更に取り組みたいとした。 2021.09.14 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「W杯という宝石は、その希少性ゆえに価値がある」UEFA会長が改めて2年に1度のW杯開催構想に反対

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、改めて新たなワールドカップ(W杯)の構想に反対した。 来年11月に開幕するカタールW杯に向けて、各大陸で最終予選が行われている中、そのW杯に国際サッカー連盟(FIFA)が新たな変化をもたらせようとしている。 W杯は通常4年に1度行われる中、FIFAは2年に1度の開催に変更するというプランを立てている。 これは今年5月にサウジアラビアが初めて提案した構想。FIFAもこれに賛同し、元選手であるマイケル・オーウェンやヤヤ・トゥーレなどを起用して支持を表明し、ジャンニ・インファンティーノ会長は実現可能性を探っている段階だ。 そんな中、チェフェリン会長は当初から反対意見。ジュネーブで開催された欧州クラブ協会の160のクラブ代表の前で、改めて反対であることを主張した。 「ワールドカップという宝石は、その希少性ゆえに価値がある」 「2年に1度の開催では、正統性が失われ、ワールドカップそのものが希薄になる、全てのものには適切な期間があり、代表チームも食らうタガートも、その物理的・商業的な期間を十分に活用している」 「彼らは夏の期間を、リラックスしたり、回復したりするために使われるのではなく、大会のために使われることは必要としていない」 2021.09.07 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯が2年に1度開催? FIFAが推進するプランにUEFA会長が懸念「とても驚かされる」

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、国際サッカー連盟(FIFA)が考えているワールドカップ(W杯0の開催プランに懸念を示した。イギリス『ガーディアン』が報じた。 来年11月に開幕するカタールW杯に向けて、各大陸で最終予選が行われている中、そのW杯にFIFAが新たな変化をもたらせようとしている。 以前は出場国の数を大きく増加させるプランがあったが、カタールW杯を含めて32カ国のまま行われる。しかし、今回FIFAが考えているのは、「4年に1度」から「2年に1度」に変更するというプランだ。 2年に1度、つまり1年おきにW杯が開催されるというものだが、このプランにはかつてアーセナルで指揮を執ったアーセン・ヴェンゲル監督も支持をしているものとなっている。 一方で、現在はW杯の間に、ヨーロッパではユーロ、南米ではコパ・アメリカ、北中米カリブ海ではゴールドカップ、アフリカではアフリカ・ネーションズカップ、そしてアジアではアジアカップが開催されているが、W杯が1年おきに来ていては開催が不可能になる。 このプランを受けたチェフェリン会長は、フットボール・サポーターズ・ヨーロッパ(FSE)に宛てた手紙の中で、この件について「極めて妥当で重要な懸念を抱いている」と綴っていた。 またFSEのエグゼクティブ・ディレクターを務めるローナン・エヴァイン氏に対し「UEFAと各国協会は、FIFAの計画に関する報道について、深刻な懸念と重大な懸念を抱いている」と伝え、「UEFAが綿密に精査し、十分な説明責任を果たす」と役得した。 また「この重要な問題に対し、UEFAはあなた方とファンの皆さんの味方であることを約束します」としており「ゲームの利益を守り、主要なステークホルダーとしてのファンの立場を強化するため、我々は協力しなければなりません」と、FIFAの好きにさせないことを誓った。 この2年に1度のW杯開催は、今年5月にサウジアラビアが初めて提案した構想。FIFAもこれに賛同し、元選手であるマイケル・オーウェンやヤヤ・トゥーレなどを起用して支持を表明し、ジャンニ・インファンティーノ会長は実現可能性を探っている段階だ。 しかし、チェフェリン会長はこの構想がしっかりとした精査や議論がなされずに決定することに大きく困惑している。 「この改革がサッカーの組織全体に大きな影響を与えると考えると、連盟、各国協会、リーグ、クラブ、選手、監督、クラブ、そして全てのサッカー関係者にその提案がなされていないにも関わらず、FIFAがその提案を推し進めるPRキャンペーンを展開しているように見えることには、とても驚かされる」 世界一を決めるW杯は4年に1度の開催に価値があるような気がしてならず、大陸王者を決める大会が縮小する可能性や、代表チーム以外にも多大なる影響が出ることを考えると、この構想はどうなるのか。今後を見守る必要がありそうだ。 2021.09.04 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFA年間最優秀選手賞の最終候補3名が発表!

UEFA(欧州サッカー連盟)は19日、2020-21シーズンの年間最優秀選手賞の最終候補3名を発表した。 2020-21シーズンの男子の最終候補は、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ、同じくチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテの3名となった。 最終候補は、2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)のグループステージに出場した32チーム、およびUEFAヨーロッパリーグ(UEL)のグループステージに参加した48チームの合計80名の監督に加え、55人のジャーナリストが審査員となる。 それぞれが3選手を選び、1位に5ポイント、2位に3ポイント、3位が1ポイントを獲得。なお、監督は自チームの選手には投票できない。 UEFAは3名の最終候補について、それぞれ紹介している。 UEFAは3名の最終候補について、それぞれ紹介している。 ◆ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) マンチェスター・シティをプレミアリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグでも決勝進出に大きく貢献。 ◆ジョルジーニョ(チェルシー/イタリア) ユーロ2020ではイタリア代表として全試合に出場し優勝に貢献。優勝したUCLでも欠場は1試合のみだった。 ◆エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス) UCLで優勝し、準決勝のレアル・マドリー戦と決勝のマンチェスター・シティ戦では、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。 なお、UEFAはトップ10の選手も紹介している。 4位:リオネル・メッシ(バルセロナ-パリ・サンジェルマン/アルゼンチン)-148pt 5位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)-140pt 6位:ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン-パリ・サンジェルマン/イタリア)-49pt 7位:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)-31pt 8位:ラーヒム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)-18pt 9位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)-16pt 10位:アーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー)-15pt 最優秀選手賞は8月26日(木)にイスタンブールで行われるチャンピオンズリーグのドローで発表される。 2021.08.20 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「反応に感動した」 ユーロ2020を振り返るUEFA会長がエリクセン卒倒時を語る

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、ユーロ2020決勝を前に大会を振り返った。イギリス『BBC』が伝えた。 今大会は、従来であれば2020年に12カ国12都市で開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、1年延期となり、11カ国11都市で開催された。 残すところはイタリア代表vsイングランド代表の決勝のみとなった中、チェフェリン会長は『BBC』のポッドキャストで今大会を振り返った。 今大会を語る上で、忘れてはならないのはデンマーク代表。初戦のフィンランド代表戦で、MFクリスティアン・エリクセンが突如意識を失いピッチ上で倒れ込むアクシデントが発生。さらに心停止を起こし、ピッチ上で心肺蘇生法(CPR)などの救命措置が取られ、試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送された。 一命をとりとめたエリクセンだったが、その当時のチームメイトの振る舞いには称賛の声が集まり、特にキャプテンであるDFシモン・ケアーの対応が脚光を浴びた。 心臓発作の再発を防ぐべく植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術を受けたエリクセンはすでに回復。元気な姿を見せているが、チェフェリン会長はそのシーンに触れ、 「恐ろしい状況だった。みんな完全にショックを受けた。ただ、ある意味では、レベルの高いサッカーの試合で起きたことは良かったのかもしれない。救急隊員が20秒で駆けつけ、そのお陰で彼の命が救われたことは間違いない」 「神に感謝する。彼は大丈夫だ。彼と素晴らしい対応をしてくれた医師団には敬意を示すことが重要だった」 「あの事件の後、デンマークの選手たちがさらに団結するのを見た。彼らも素晴らしい反応を示した。特にキャプテン(シモン・ケアー)の反応には感動した」 2021.07.11 10:16 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly