スペツィア、セリエA残留に導いたイタリアーノ監督と契約延長

2021.06.03 01:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペツィアは2日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督(43)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日までとなる。

イタリアーノ監督は現役時代にMFとしてエラス・ヴェローナやキエーボ・ヴェローナで活躍。監督転向後はトラパーニで指揮を執った後、2019年6月に当時セリエBに所属していたスペツィアの指揮官に就任。

就任1年目の昨季はセリエBを3位でフィニッシュし、昇格プレーオフを勝ち抜いて初のセリエA昇格に導くと、今季は初挑戦となったセリエAを15位で終え、チームを残留に導いていた。

そのイタリアーノ監督には、新監督を探しているラツィオやサッスオーロが関心を示していたが、スペツィア残留を決断した。

なお、新契約にサインしたしたイタリアーノ監督の年棒は、イタリアメディアによると100万ユーロ(約1億3400万円)以上になる見込みだという。

関連ニュース
thumb

オシムヘンが4戦連発含むドッピエッタ! スペツィアに快勝のナポリが暫定2位に浮上!《セリエA》

セリエA第35節、スペツィアvsナポリが8日に行われ、アウェイのナポリが1-4で勝利した。   カリアリ相手に終了間際被弾でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に後退したナポリ(勝ち点67)は、残留争いに身を置く16位スペツィア(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨んだ。   立ち上がりから押し込む入りを見せたナポリは早い時間帯にスコアを動かす。開始15分、右サイド深くでポリターノの絶妙なキープからのショートパスに反応したディ・ロレンツォがオーバーラップから丁寧なグラウンダーのクロスを入れると、ニアに走り込んだジエリンスキが右足のダイレクトシュートを流し込んだ。   さらに、畳みかけるアウェイチームは23分、自陣ボックス付近からのロングカウンターでジエリンスキのスルーパスに抜け出したオシムヘンが快足を飛ばしてそのままゴール前に持ち込み、最後は冷静にGKとの一対一を制した。   オシムヘンの4試合連続ゴールでリードを広げたナポリは、やや攻撃のペースを落としてゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。それでも、攻守両面で集中したプレーを見せると、前半終了間際の44分には相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのインシーニェがゴール前に入れた浮き球のボールに対して、抜群のタイミングで抜け出したオシムヘンが相手守備と完璧に入れ替わり、胸トラップから強烈な右足のシュートを突き刺し、今季リーグ戦の得点数を2桁の大台に乗せるドッピエッタを達成した。   前半に3ゴールを奪って早々に試合を決めたナポリは、3日後に控える次節ウディネーゼ戦を意識してか、相手の攻撃を受け止めながら省エネモードで時計を進めていく。それでも、57分には右サイドからカットインしたポリターノが際どい左足のシュートで4点目に迫るシーンを作り出す。   だが、64分には一瞬の隙からボックス左でギャシが上げたクロスをゴール前フリーのエステベスに頭で合わせられると、これはGKメレトが見事な反応ではじき出すが、こぼれ球を途中出場のピッコリに押し込まれた。   その後、70分を過ぎて積極的に交代カードを切ったナポリは途中投入のメルテンスが右足首のケガでわずか5分ほどのプレータイムでピッチを去るアクシデントに見舞われるが、途中交代の選手の絡みから決定的な4点目を奪った。79分、マリオ・ルイのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出したオシムヘンがボックス左に持ち込んでGKとDFを引き付けて逆サイドに走り込むロサーノへプレゼントパス。これをロサーノが冷静に流し込んだ。一度はオフサイド判定も、VARのレビューの結果ゴールが認められた。   そして、この4点目で完全に相手の心を折ったナポリはこのままスコアを維持し、敵地で4-1の快勝。暫定ながら順位を3つ上げて2位に浮上した。 2021.05.08 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

2戦連続ドローもインテル、スクデットへまた一歩前進《セリエA》

インテルは21日、セリエA第32節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ナポリ戦では守護神ハンダノビッチのミスで連勝が11で止まった首位インテル(勝ち点75)は、残り7試合で4勝すればミランの結果に関係なく11年ぶりスクデットとなる中、ルカクとラウタロの2トップで臨んだ。 14位スペツィア(勝ち点32)に対し、慎重な入りを見せたインテルだったが、12分に失点する。ボックス手前左からファリアスに打たれたミドルシュートでGKハンダノビッチを破られた。 失点したインテルは21分、右CKからシュクリニアルのヘディングシュートでゴールに迫れば、直後にはラウタロがボックス手前左からコントロールシュートでゴールに近づいた。 前半半ば以降、押し込む時間を増やしていたインテルは39分に追いつく。浮き球パスでボックス右に抜け出したハキミの右クロスにファーサイドのペリシッチが合わせた。 1-1で迎えた後半、開始4分にボックス右に抜け出したラウタロがGK強襲のシュートを浴びせたインテルだったが、その後は攻めあぐねてしまう。 そんな中、69分にビッグチャンス。バックパスをカットしたルカクが独走してゴールへ突進。しかし、ボックス内でGKを抜きにかかったところで止められた。 さらに80分、ラウタロのミドルシュートが右ポストに直撃したインテルは終盤にかけて猛攻に出る。85分にはルカクが、87分にはラウタロがそれぞれネットを揺らす場面があったが、いずれもわずかにオフサイドがあってゴールとはならず。 格下スペツィアに引き分けたインテルだが、2位ミランが今節敗れたため、スクデットへまた一歩近づく結果となっている。 2021.04.22 05:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「プスカシュ賞だ」セリエAでGKノーチャンスのスーパーバイシクルが決まる!「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」

セリエAでとんでもないゴールが誕生し、称賛の嵐だ。 そのゴールが生まれたのは、3日に行われた第29節のラツィオvsスペツィアの一戦。1-0でラツィオがリードした73分に誕生した。 自陣からのロングフィードを相手が競り合いでミス。これを拾ったエマニュエル・ギャシが左サイドを仕掛けると、ボックス左からクロスを上げる。 ラツィオのDF5人がボックス内で待ち構えていたがクロスはファーサイドに。すると、待ち構えたダニエレ・ヴェルデがバイシクルシュート。これが豪快にゴール右に決まり、スペツィアが同点に追いついた。 見事に捉えたバイシクルシュートは、右隅のクロスバーに当たって決まっており、GKホセ・マヌエル・レイナもノーチャンスだった。 このゴールには「スペツィアのダニエレ・ヴェルデがセリエAのゴール・オブ・ザ・シーズンを決めた」や「セリエAのゴール・オブ・ザ・イヤーだ」、「今なら彼にプスカス賞を与えられる」とスーパーゴールに大きく沸いている。 なお、この試合は終盤にラツィオがPKを獲得し2-1と勝ち越しに成功。その後にラツィオは2人退場するなど、別の意味でも注目を集めてしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】衝撃のバイシクルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sh8q5x5puxf415vi7slcyhbny" async></script> 2021.04.04 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

パシャリッチのドッピエッタで快勝のアタランタ、レアル・マドリー戦に弾み《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第27節でスペツィアをホームに迎え、3-1で快勝した。 前節インテルに惜敗した5位アタランタ(勝ち点49)は、4日後にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグを控える中、最前線にムリエル、2シャドーにイリチッチとパシャリッチを据えた。 15位スペツィア(勝ち点26)に対し、 開始5分にFKからパシャリッチのヘディングシュートが右ポストに直撃する決定機を演出したアタランタだったが、徐々に攻めあぐねてしまう。 互角の攻防となっていった中、33分にはピンチ。スルーパスでボックス右に侵入されてリッチに枠内シュートを打たれたが、GKスポルティエッロが凌いだ。 ハーフタイムにかけても攻めあぐねていたアタランタだったが迎えた後半、54分に先制する。トロイのパスを受けたイリチッチがボックス右深くまで侵入。マイナスに折り返し、ボックス中央で受けたパシャリッチが冷静にゴールへ蹴り込んだ。 さらに1分後、アタランタが一気に突き放す。ボックス手前左からムリエルが見事なコントロールシュートをゴール右に決めた。 そして73分、アタランタが勝負を決定付ける。サパタのパスをボックス中央で受けたパシャリッチがGKとの一対一を制した。 その後、1失点を喫したアタランタだったが、3-1で快勝。レアル・マドリー戦に弾みを付けている。 2021.03.13 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ピルロ采配的中のユベントス、途中出場モラタのゴールを引き金にスペツィアに3発快勝!《セリエA》

ユベントスは2日、セリエA第25節でスペツィアとホームで対戦し3-0で勝利した。 直近の公式戦5試合でわずか1勝の3位ユベントス(勝ち点46/1試合未消化)は、1-1の引き分けで終えた前節のヴェローナ戦先発を2人変更。ベルナルデスキとラムジーに代えてマッケニーとダニーロが先発。さらに、先発に名を連ねていたデ・リフトの欠場がウォーミングアップ後に急遽決定し、フラボッタが先発で起用された。 14位スペツィア(勝ち点25)に対し、ユベントスは9分にチャンス。ベンタンクールのロングパスから右サイドを抜け出したキエーザがGKとの一対一の場面を迎えたが、オフサイドの判定となる。 前線からハイプレスをかけるスペツィアに苦戦するユベントスは、35分にキエーザの左CKからファーサイドのデミラルが頭で合わせたが、ふわりと浮いたボールは相手GKにキャッチされた。 その後、ややバタついたユベントスだったが、ハーフタイムにかけて押し込む展開とすると、42分にクルゼフスキのパスをボックス左手前で受けたC・ロナウドが縦に切り込みシュート。しかし、これは右ポストを直撃し、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半はユベントスが立ち上がりから何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、集中した守りを見せるスペツィア守備陣を攻略することができず、なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めない。 先制点の遠いユベントスは、61分にマッケニーとフラボッタを下げてモラタとベルナルデスキを投入。すると62分、アレックス・サンドロのロングパスで左サイドを抜け出したベルナルデスキがボックス左深くまで切り込みクロスを供給。ニアに走り込んだモラタがワンタッチでネットを揺らすと、一度はオフサイドと判定されたもののVARの末にゴールが認められた。 待望の先制点を奪ったユベントスは、71分にもスルーパスで左サイドを抜け出したベルナルデスキがボックス左に切り込み、ラストパスを供給。これ中央で収めたキエーザがシュート。一度はGKプロベデルに弾かれたが、こぼれ球に反応したキエーザが倒れ込みながらゴールに流し込んだ。 さらに77分には、ペナルティアーク左手前で獲得したFKからC・ロナウドが直接ゴールを脅かしたが、これは相手GKのセーブに防がれた。 その後、スペツィアの反撃を受けたユベントスだが、これを凌ぐと89分にチャンス。中盤でボールをカットしたベンタンクールがカウンターを仕掛けると、ラストパスをバイタルエリア中央で受けたC・ロナウドが難なくゴールネットを揺らした。 試合を決定づける3点目を奪ったユベントスは、後半アディショナルタイムにPKを献上したが、ガラビノフのPKはGKシュチェスニーが完璧な読みでビッグセーブ。結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。快勝したユベントスが、次節行われるラツィオとの上位対決に向けて弾みを付けた。 2021.03.03 06:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly