CL初制覇に挑むシティ、ペップは選手たちのメンタル面を配慮「あまり悩ませたくはない」

2021.05.29 18:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を前にした選手たちへの配慮を見せている。クラブ公式サイトが試合前会見のコメントを伝えた。

29日に、悲願のCL初制覇を目指し決勝でチェルシーと対戦するシティ。今季はプレミアリーグ、FAカップ準決勝でチェルシーと3度対戦しており、今回の決勝で4度目の対戦となる。

それでも今回の一戦は全く雰囲気の異なる試合だとグアルディオラ監督は強調し、選手たちのメンタル面のケアが最も重要であると語った。

「緊張しながら試合に臨む選手もいれば、苦労する選手もいる。彼らはそれに向き合わなくてはならない。決勝で勝つためには苦しい思いもする。楽しもうとするのは良いことが、楽しめないこともある。苦境に対する適応力を高めて調節していく必要があるのだ」

「私は、チームがどうプレーしたいのか、どんな選手がプレーしているのかをよくわかっているし、彼らに迷惑をかけるつもりはない」

「ここにいるのは信じられないほど光栄なこと。キャリアをスタートした当初は、一度もCL決勝でプレーできると思っていなかった。しかし、我々は今ここにいる。幸せなことだ」

「彼らに伝えたいことはわかってる。あまり悩ませたくはない。不安を抱えてる選手にもリラックスしてる選手にも、それが普通だと言うつもりだ。誰もが自分のやり方で対処するだろう」

また、CL決勝のメンバー選考から外れた選手たちに対してもコメントを送り、まだ役割があることを思い出すことが重要だと語った。

「出場しない選手に安心感を与える言葉は無い。アドバイスがあるとすれば、チームについていくこと。なぜなら、5、6人の交代要員がいて、全員が役割を果たすことになるからだ」

「彼らには申し訳なく思ってる。チームに入れるレベルにあるにも関わらず、それができないからだ。だが、私はチームが勝つための選択をする。それ以外の方法はない」



関連ニュース
thumb

元フランス代表MFナスリが現役引退、マルセイユやアーセナル、シティでプレー

元フランス代表MFサミル・ナスリ(34)が現役引退を発表した。フランス『レキップ』が報じた。 報道によると、ナスリは26日にフランス『Le Journal du Dmanche』のインタビューにて引退を発表したとのことだ。 「あるエピソードが僕をひどく傷付け、サッカーとの関係を変えた」 「僕はドーピングなどしていなかったから、不公平というもの以上のことを感じた。病気だったから、ビタミン注射を打っただけだった。思わず足が止まってしまったよ」 ナスリが口にしたのは、2018年2月に処分が下されたドーピング疑惑。ナスリはセビージャに所属していた2016年冬、6時間以内に50mlのルールに反する500mlの点滴静脈注射を受けていたが、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は、2017年3月に同選手に対する処分を科すことを決定。2018年2月に6カ月のフットボール活動禁止処分が決定していた。 その後、1年間の処分期間が延長され、合計で18カ月もサッカーから離れることに。その出来事が、情熱を消してしまったようだ。 その後、ウェストハム、そしてアンデルレヒトでプレーしたナスリ。マンチェスター・シティ時代の同僚であるヴァンサン・コンパニ率いるチームで指導者になる目論見があったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で計画が狂い、チャレンジする気持ちを失ったと明かした。 「感情的な面もあったけど、選手であると同時に少しスタッフでもいようという考えがあった」 「僕は指導者になりたいと思っているので、彼と一緒に学ぼうと自分に言い聞かせた」 「でも、計画通りにはいかなかった。その後、コロナのためにリーグ戦は中止された。そのあとは、あまりやりたいと思わなくなった」 「何のチャレンジもしたいと感じなかった。そしてマルセイユでなければ、フランスに戻ることは考えられなかった」 マルセイユの下部組織で育ったナスリは、2004年7月にファーストチームに昇格。マルセイユで若くして才能を見出されると、2008年7月にアーセナルへと移籍する。 アーセナルでも主軸選手としてプレーしたナスリは、2011年8月にシティへと完全移籍。2016年8月からセビージャへとレンタル移籍すると、2017年8月にはアンタルヤスポルへと完全移籍。その後、前述のドーピング問題で解雇されると、2019年1月にウェストハムへと加入。2019年7月から1年間アンデルレヒトでプレーし、その後は無所属だった。 クラブキャリアではプレミアリーグで220試合に出場し36ゴール44アシスト、リーグ・アンで121試合に出場し11ゴール22アシストを記録。チャンピオンズリーグでも58試合で9ゴール10アシストを記録していた。 タイトルとしても、シティ時代にプレミアリーグで2度優勝。リーグカップもシティで制していた。 フランス代表としても41試合に出場し5ゴールを記録。ワールドカップの出場経験はないものの、ユーロは2大会に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ナスリ、シティ時代の最高のプレー集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzMjlRUFYzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.26 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ戦布陣変更のトゥヘル「正しい選択だったか自信はない」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、敗れたマンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 25日にプレミアリーグ第6節で王者シティと対戦したチェルシー。布陣をいつもの[3-4-2-1]から[3-5-2]に変更して守備重視の戦術をとった中、序盤から相手の猛攻を受ける防戦一方の展開に。ここまで1失点のチェルシーも何とか凌いでいたが、後半立ち上がりにFWガブリエウ・ジェズスのシュートが味方にディフレクションする形で失点。結局、今季初黒星を喫した。 トゥヘル監督は試合後、「妥当な結果だった」と完敗を認めた。ただ、[3-5-2]のフォーメーションが正しい選択だったかどうかは自信を持てないようだ。 「今日は少しフレッシュさが足りていなかったと思う。(エンゴロ・)カンテは数日前から体調を崩していたが、先発させることにした」 「ジョルジーニョも問題を抱えていたし、チアゴ(・シウバ)も先発できなかった。そういう意味では、今日はベストな選択ができなかった私に責任があるのかもしれない。我々は[3-5-2]を採用したが、それはシティに対する構造の問題なのではなく、判断と相手のスペースへの適応の問題だと思う」 「勝つ時も負ける時も一緒だが、私は個人的にこれが正しい形だったのかと問いかけるだろう。だが、その形が結果に決定的な影響を与えたかどうかはわからない」 2021.09.26 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、4度目の挑戦にしてトゥヘル・チェルシー撃破 「最初の1秒から最後の1秒まで自分たちの試合をしようと…」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 シティは25日にアウェイで行われたプレミアリーグ第6節でチェルシーと対戦。昨季のリーグ王者と欧州王者、そしてチャンピンズリーグ(CL)決勝の再現カードとして大きな注目を集めての一戦を53分に記録したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスのゴールで勝ち切った。 2試合ぶりの白星で5試合無敗となり、他会場の結果も受けて2位に浮上したグアルディオラ監督は試合後、「最初の1秒から最後の1秒まで自分たちの試合をしようとした。素晴らしかったね。本当に良い戦いぶりだった。勝ち点3の獲得は非常に良いことだ」と満足感を露わにした。 トーマス・トゥヘル監督がチェルシーを率いるようになってから昨季のプレミアリーグ、FAカップ、CLで敗れ、“4度目の正直”となる今季一発目の顔合わせで勝利したスペイン人指揮官はまた、相手に敬意を払いつつ、過去の対戦に悔いなしを主張した。 「我々は過去にチェルシーを相手に3度も負けた。彼らは非常に優れ、監督も並外れているからだ。ロマン・アブラモビッチがオーナーになってからのチェルシーは毎シーズンのように例外的な存在。過去3試合に関しては我々もうまくいっていなかったし、不満なしだ。CLの決勝に勝ち進めたという部分に関しては誇らしく思っている」 そんなチェルシー戦での勝利はグアルディオラ監督にとって、シティの歴代指揮官で最多の221勝目に。「誇らしいね。私はこの221試合で一度もゴールを決めたことがない。クラブにいるすべての人々と共有する。この記録の持ち主だったレス・マクドウォールに近づくことができて、どれだけ誇りに思っているかは否定できない。もっと積み重ねていけるよう努力する」と語った。 2021.09.26 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 0-1 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、チェルシーvsマンチェスター・シティが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-1でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_100_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メンディ 6.5 失点はノーチャンス。終始守勢を強いられた中で、ビッグセーブで何度もチームを救った。 DF 28 アスピリクエタ 5.5 右ウイングバックへのポジション変更に問題なく対応。ただ、グリーリッシュ相手には後手に回った印象。 4 クリステンセン 6.5 今季リーグ戦初の実質的な失点となってしまったが、不運なそれを除けば90分を通じてシティの猛攻を跳ね返し続けたと言える。それによって最後まで周りの選手が希望を捨てずにいられた。 2 リュディガー 6.0 敗れはしたが、チェルシーの守備陣は軒並み高評価となった。リュディガーも自身の左サイドを崩されることなく、ジェズスのドリブルにしっかり対応。ハイボールへの対応もそつなくこなした。 MF 24 R・ジェームズ - 序盤の接触で足首を捻った影響で29分に無念の負傷交代。 (→チアゴ・シウバ 6.5) 正確なロングボールでチャンスを演出したほか、後半にはゴールライン上で相手のシュートをブロックするビッグプレーも。 7 カンテ 6.0 試合の流れ上、60分での交代となったが、広範囲にわたる守備、ボールの持ち運びなどでチームに貢献。 (→ハヴァーツ 5.0) 間違いなく攻撃のアクセントになったものの、なかなか決定的な仕事は許してもらえず。 5 ジョルジーニョ 5.5 幾度か要所潰す守備が印象的だったが、押し込まれたため攻撃面での貢献はできず。 (→ロフタス=チーク 5.5) 今季リーグ戦初出場に。わずかな時間ながら、フィジカルを生かしたプレーを示した。 8 コバチッチ 6.0 この試合で最も重要になった攻守の切り替えのスイッチ役を担う。後半にはゴールに近づいたシーンも。 3 マルコス・アロンソ 5.0 マルコス・アロンソにとっては窮屈な試合に。なかなか前線へ動けず守備一辺倒となった。   FW 9 ルカク 6.0 圧倒的な守勢の中でも幾度かポストプレーでチャンスを演出。ヴェルナーとのコンビは今後の課題か。 11 ヴェルナー 5.0 開幕節以来の先発出場。何度かスピードを生かしたプレーも見せたが、屈強な相手センターバックを乗り越えることはできなかった。 監督 トゥヘル 5.0 中盤を3枚にするマイナーチェンジを施したが、受けに回った結果悔しい失点を喫することに。対ペップ・シティ、史上初の4連勝は叶わず。 ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 5.5 特に危険な場面はなく、及第点のパフォーマンスに。 DF 2 ウォーカー 6.0 状況に応じたポジショニングで攻撃に関与。いつも通りの盤石なプレー。 3 ルベン・ディアス 7.0 前半はヴェルナー起点のカウンターを潰し続け、後半にはショットブロックで無失点に大きく貢献。 14 ラポルテ 7.0 終盤にルカクに出し抜かれたシーンはあったものの、相方と共に90分を通して堅い守備を築いた。 27 カンセロ 7.0 ジェズスのゴールのアシストとなったシュートを放つ。シティの攻撃はグリーリッシュとカンセロのコンビが肝だった。 MF 16 ロドリ 7.0 絶妙なポジショニングでチェルシーの守備陣を苦しめ続けた。守備でも相手のカウンターを潰す一の矢として貢献した。 17 デ・ブライネ 5.5 前半にミドルシュートの見せ場はあったものの、今回の古巣戦はやや存在感に欠ける一戦に。 (→マフレズ -) 20 ベルナルド・シウバ 6.5 神出鬼没なプレーで90分間走り抜いた。後述のフォーデン同様に前線からのチェックを欠かさなかった。 FW 47 フォーデン 7.0 最前線で起用され、交代するまでボールを追いかけ回した。チェルシーが攻撃になかなか転じることができなかったのはフォーデンのチェイスがあったからこそ。 (→フェルナンジーニョ -) 9 ガブリエウ・ジェズス 7.0 値千金の決勝ゴール。右サイドの高い位置で攻撃の起点となり、常に相手の脅威となり続けた。 10 グリーリッシュ 7.0 何度か相手の固い右サイドを崩しチャンスを演出。この試合は左サイドが攻撃の中心だった。 (→スターリング -) 監督 グアルディオラ 6.5 対トゥヘル・チェルシーの連敗を3試合でストップ。ほぼ相手の自由を奪う内容で勝利を手にした。得点は幸運によるものだったが、結果は打倒か。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ) 1得点と最後まで気が抜けない状況の中で、相手のエースに仕事をさせない守備でクリーンシートを達成。被カウンターでのシュートブロックという決定的な仕事も。 2021.09.25 23:20 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーvsシティの大一番はシティに軍配! チェルシー戦の連敗を「3」でストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、チェルシーvsマンチェスター・シティが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-1でアウェイのシティが勝利した。 ここまで4勝1分け無敗で首位を走るチェルシーと、3勝1分け1敗で5位に位置するシティの、優勝候補同士による大注目のビッグマッチ。リーグ戦における直近12試合は、チェルシー5勝、シティ7勝という戦績だが、チェルシーのトゥヘル監督就任後はチェルシーが公式戦3連勝中。その最後の一戦は昨季のチャンピオンズリーグ決勝だ。 チェルシーは前節、トッテナムとの今季最初のロンドン・ダービーを戦った。前半はホームサポーターの熱烈な後押しを受け、躍動感を見せたトッテナムに苦戦。それでも、智将トゥヘルがハーフタイムに施した修正と、MFカンテの投入で一気に流れを変えると、終わってみれば3-0の完勝を収めて、タイトルコンテンダー筆頭に相応しい戦いぶりを見せた。 一方、開幕戦の敗戦以降、レスター・シティ戦を除き公式戦3試合で5ゴール以上を挙げる爆発的な攻撃力を武器に、調子を取り戻しつつあるシティ。だが、前節のサウサンプトン戦では相手の強度の高いプレーと堅守に手を焼き、リーグ戦4試合連続クリーンシートこそ記録したものの、2017年のストーク戦以来の枠内シュート1本という攻撃の停滞によって連勝がストップした。 スタメンに関して、ホームのチェルシーはゴールマウスには守護神メンディが復帰。中盤はジョルジーニョ、カンテ、コバチッチの3人を並べて、ルカクとヴェルナーが2トップを組む[3-5-2]のフォーメーションを採用し、変化をつけた。 対するシティはお馴染みの[4-3-3]の布陣。センターバックはルベン・ディアスとラポルテがコンビを組み、3トップはG・ジェズス、フォーデン、グリーリッシュが並んだ。 立ち上がりは前線からチェルシー守備陣にプレスをかけるアウェイのシティが押し込む展開に。しかし、リーグ戦ではここまでリバプール戦のPKによる1失点のみに抑えているチェルシー自慢の鉄壁を脅かすまでには至らない。また、中盤に3枚並べた守備で、重心はいつもより低くなるものの、スペースを与えず虎視眈眈と反撃の機会を窺う戦い方を見せる。 すると15分、自陣でボールを奪うや否や直ちに前線へ配球。ヴェルナーがスピードを生かして持ち上がり、左からの折り返しにルカクが飛び込む決定機を演出。ホームチームが狙い通りの形を演出して見せた。 その後は攻勢のシティ、耐えるチェルシーという構図が続く中、序盤の相手との接触で足首を痛めていたリーズ・ジェームズが30分手前で続行不可能に。代わりにチアゴ・シウバが投入され、右ウイングバックにはアスピリクエタが回ることになった。 ここまでポゼッションは圧倒的にシティに軍配。7割超の支配率でもって相手を押し込み続けるが、クロスやパスワークはことごとく跳ね返され、肝心のシュート数は伸びない。ただ、カウンター対策も抜かりなく、ボールホルダーを瞬く間に複数人で囲んで、チェルシーの攻撃の芽を摘み取っていく。 結局試合は0-0のまま後半へ。互いに選手交代は行わなかったものの、チェルシーはルカクとヴェルナーの立ち位置を入れ替えるマイナーチェンジを施す。 そんな後半もシティの攻勢は変わらない。48分に味方との連携でボックス左にグリーリッシュが侵入し、その折り返しからチャンスになりかけるが、チェルシーはカンテの守備で事なきを得る。 しかし迎えた53分、シティは左CKの場面でショートコーナーを選択。ボックス手前でパスを受けたカンセロがシュートを放つと、これをボックス中央でジェズスが止めて、相手に囲まれながらも強引に右足を振り抜く。するとこれがチェルシーの選手に当たってゴールイン。さすがのGKメンディも動けず、シティは幸運な形で鉄壁を崩した。 ようやく破れた均衡。リードを奪ったシティはさらにグリーリッシュのシュートで追加点を狙いにいく。対してチェルシーは60分にカンテを下げてハヴァーツを投入し、布陣もいつもの[3-4-2-1]に戻した。 だが、次のチャンスもシティに訪れる。61分、自陣でのボール奪取から左サイドを走るカンセロへ送りカウンターを発動。カンセロのクロスはGKメンディに弾かれるものの、そのセカンドボールをジェズスがシュート。またとない絶好機だったが、ゴールライン上でチアゴ・シウバにブロックされてしまった。 絶体絶命のピンチを切り抜けたチェルシーは、直後にハヴァーツが絡んだプレーからルカクがネットを揺らしたが、ハヴァーツのオフサイドでゴールは認められず。それでも、失点前より確実にゴールチャンスが増えていく。65分にはルカクが受けたファウルでFKのチャンスを得ると、ボックス手前右の好位置からマルコス・アロンソが直接狙う。しかし、ここは壁に阻まれた。 続く71分には、ルカクのポストプレーからコバチッチがゴール前に侵攻。ペナルティアークから右足を振り抜いたが、ルベン・ディアスのブロックに遭った。 その後、2枚目の交代カードを切り、ジョルジーニョとロフタス=チークを入れ替えた。 80分を過ぎて間延びしてきた中、シティは83分に敵陣中央でボールを奪い、フォーデンから前線のグリーリッシュにスルーパス。ボックス中央に侵入したグリーリッシュがフィニッシュまで持ち込んだが、抜群のタイミングで飛び出したGKメンディがビッグセーブを見せた。 終盤にかけてはチェルシーの流れに。しかしながら、最後までゴールを奪うことができず試合終了。今季初黒星を喫した。一方のシティは、対チェルシーの連敗を「3」で止め、大一番をモノにした。 2021.09.25 22:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly