コナテのリバプール移籍が決定的に!すでにメディカルチェックを完了

2021.05.26 15:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(22)のリバプール移籍が秒読み段階となった。

かねてからリバプール行きの噂が挙がっていたコナテ。193cmの巨躯に恵まれ、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックとして名を馳せる、最も勢いのある若手DFの一人だ。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同選手はすでにリバプールのメディカルチェックをパスし、2026年夏までの口頭合意も済ませているとのこと。また、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、あとは契約解除金である3500万ユーロ(約46億6600万円)の支払いを待つばかりとなっているようだ。

今季のリバプールは、DFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスをはじめとする守備陣が相次いで故障する事態に見舞われ、それに伴ってリーグ戦やカップ戦での成績も低下。プレミアリーグでは何とか3位に滑り込んだが、史上最悪とまで言われたシーズンを挽回する一手目として、若き才能を手中に収めたようだ。


関連ニュース
thumb

移籍の噂も、リバプールでの新シーズンに意気込み語るシャキリ「勝つためあらゆることに挑戦する」

リバプールのスイス代表MFジェルダン・シャキリが、新シーズンへ向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2018年夏にリバプールへ加入したシャキリは、これまで公式戦63試合出場8ゴール9アシストを記録。しかし、ユルゲン・クロップ監督から全幅の信頼を得るまでには至らず、昨季のプレミアリーグでは先発出場がわずか5試合にとどまっている。 一方で、スイス代表として6月に開催されたユーロ2020に参加すると、5試合3ゴール1アシストをマーク。母国を史上初のユーロベスト8に導くことに貢献し、良い状態でシーズンを終えた。 シャキリに対してはラツィオを始め多くのクラブが今夏の獲得に興味を示しており、本人も「新たなチャレンジがしたい。リバプールはこの夏に僕を引き留めないだろう」と発言するなど、移籍希望を明言。しかし、今月チームに合流したシャキリは、一転して新シーズンへの気合いを語っている。 「状態はとても良いね。ここで再びチームに合流できて嬉しい。良いプレシーズンを過ごして、良いシーズンを始めていきたい。ユーロやコパ・アメリカに参加していた選手たちは休暇を取っていた。だからここ数日で、100%の状態に戻りたいね。気分は良いよ」 「個人的にも、そしてもちろん国にとっても、とても良いユーロだったと思う。僕たちが成し遂げたことは歴史的であり、国にとって特別だった。このことをとても誇りに思っている」 「新シーズンが楽しみだ。このクラブで目標を実現させたいね。僕たちの目標は常に勝つこと、タイトルを目指してプレーすること、そしてピッチ上で100%の力を発揮することだ。その後に何が起こるかはわからないけど、勝つためあらゆることに挑戦するよ」 また、シャキリはチームに負傷者が戻っただけでなく、今シーズンはスタジアムにファンが戻ってくることにも言及。チームにとって重要な後押しになると語った。 「ケガをしていた選手が戻ってきてくれて、さらにパワーアップしたのは間違いない。それにファンも戻ってきてくれるからね。それが今シーズンの目標を達成するため、新たな原動力になると思う」 「僕らは試合のときのアンフィールドがどのようなものか、どれだけ試合中に後押ししてくれるかを知っている。おかげで何度も試合に勝ったり、ファンの皆と共にカムバックを果たせたりした。今回も僕たちに特別な力を与えてくれるはずだ」 「僕らには最高品質のグループと非常に優秀な若手がいる。そして、優れたキャラクターがあることも本当に重要だ。クラブとして成功するためには、チームとして団結する必要がある。ピッチ上で自分たちの才能をすべて出し切り、チームと一緒に戦えば、今シーズンは多くのことを達成できると思うよ」 2021.08.04 10:33 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ファビーニョと2026年まで契約延長

リバプールは3日、ブラジル代表MFファビーニョ(27)と長期契約を結んだことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば2026年6月まで契約を延長したとのことで、これまでの契約から3年更新した格好だ。 2018年夏にモナコから加入したファビーニョは、これまで公式戦122試合に出場して3ゴール7アシストをマーク。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ優勝、2019-20シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献した。そして昨季はDFヴィルヒル・ファン・ダイクら守備陣にケガ人が相次いだ中、センターバックも無難にこなす器用さを見せた。 そのファビーニョは契約延長について「リバプールのためにプレーすることを望んでいたから嬉しいよ。この3シーズン、本当に幸せにプレーできている。監督やスタッフ、チームメートから多くのことを学べた。リバプールは自分にとって最高の場所で成長できる。今後も何かを成し遂げられれば良いね」と公式サイトでコメントした。 2021.08.04 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールがリールの主力FWデイビッドに関心?

リバプールがリールのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(21)獲得に興味を示しているようだ。カナダ『TSN』が報じている。 驚異的なスピードと得点能力を兼ね備えた万能型アタッカーのデイビッドは、2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ27試合で18ゴール8アシストという圧巻のスタッツを記録。プレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガの複数クラブが関心を示した逸材。 昨夏にヘントから2700万ユーロ(約35億円)で加入したリールでは、昨シーズンのリーグ戦で37試合13ゴール3アシストを記録。開幕から初ゴールを奪うまでに11試合を要したものの、今年に入ってチームとリーグ・アンに適応すると、ゴールを量産して10年ぶりのリーグ制覇の立役者の一人となった。 『TSN』が伝えるところによれば、現在財政面の問題を抱えるリールは今夏に数人の主力の売却を余儀なくされる見込みで、デイビッドが換金対象の一人となっているという。 そして、前線の複数ポジションで可能な伸びしろ十分の若手アタッカーに対して、以前から関心を示していたリバプールが移籍先の候補に挙がっているとのことだ。 現時点ではあくまで獲得候補の一人に過ぎないようだが、今夏のマージーサイド行きはあるのか…。 2021.08.03 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールのハードなトレーニングを実感のコナテ「ベッドに入ると疲れですぐに眠れる」

リバプールのU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテが、チームのトレーニングの厳しさについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。 コナテは5月末にRBライプツィヒから3500万ポンド(約53億円)の移籍金でリバプールに加入。昨シーズン負傷者が続出したセンターバックの新戦力として、高い期待が寄せられている。 現在はフランスのエビアンで行われているチームキャンプに合流しているコナテは、クラブのインタビューに応じた際、トレーニングの厳しさについて言及。個人やチームがより向上していくために必要だと語り、おかげで夜はよく眠れていることも明かした。 「確かにトレーニングはハードだけど、僕は気にしていないよ。僕らは優れたビッグチームなんだ。走る必要があり、試合では強度で勝たなければならない。そのためのトレーニングは難しいものだけど、大変な仕事に向かう際により良くなっているだろう」 「僕はよく眠れているよ。眠る必要があるし、他に選択の余地がないんだ。ベッドに入ると疲れ果てていて、すぐに眠らなければと思う。僕はベッドに入るとすぐに寝ているね」 また、すでにプレシーズンマッチにも出場しているコナテは、チームメイトとの関係についてもコメント。言語の問題もなく、チームに馴染めていることを喜んだ。 「チームと一緒にここにいられて、とても嬉しいんだ。僕はチームのすべての選手たちと良い関係を築けていると思う。だからこそ、ここにいられてとても嬉しい」 「僕は一部の選手とはフランス語で話しているけれど、他の選手とは英語を使って話すこともできる。ドイツ語も話せるしね。だから、選手と話したりコミュニケーションをとったりするのは簡単なんだ。何も問題はないよ」 2021.08.03 11:21 Tue
twitterfacebook
thumb

復帰したファン・ダイクの起用にキャラガー氏が注意喚起 「急がないように」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が大ケガを負っていたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに復帰を急がせないよう促している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ファン・ダイクは昨年10月の試合で相手の激しいタックルを受けて右ヒザを負傷。検査の結果、前十字じん帯の損傷が発覚し、シーズンの早い段階で終了に追い込まれてしまった。 しかし、手術とリハビリを経て、29日に行われたヘルタ・ベルリンとのプレシーズンマッチに69分から出場。同じく長期離脱中だったイングランド代表DFジョー・ゴメスとともに、9カ月半ぶりとなる実戦復帰を果たしている。 サポーターがプレミアリーグでの復帰も望んでいる中、キャラガー氏は新シーズンのファン・ダイク起用について言及。リーグ戦でのプレーを急がないよう警鐘を鳴らした。 「注意しないとならないし、ユルゲン・クロップもそういう思っているはずだ。ファン・ダイクがリバプールに戻ってきたからと言って、自然とリーグを優勝できるなんてことは期待しない方が良いと思うよ」 「彼は本当に大きなケガを負っていたので、復帰を急がないようにしなければならない」 「ベストな状態に戻れば、彼は世界最高のセンターバックとなる。それはチームが今後5~6週間ではなく、これからの5~6年にわたって望んでいることだ」 「シーズン最初の試合に出られなくても、別に世界が終わるわけではない。100%の状態であることを確認し、彼がリバプールで次の数年をトップレベルで過ごせるような状態にすることが大事だ」 「ヴィルヒルが万全の状態になるまではスロースタートになるかもしれない。でも、それがシーズン最初の試合で実現し、その後の数試合にも出場できたら、誰もが喜ぶと思うけどね」 また、リバプールは昨季にセンターバックの相次ぐ故障に悩まされたため、新シーズンに同じ轍を踏まないようRBライプツィヒからU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテを獲得。ファン・ダイクとゴメスの復帰もあった中で、最適なコンビの選択についても言及した。 「初戦にファン・ダイクとゴメスのコンビを選ぶのは、あまり好ましくない」 「今、全員が最高の状態であれば、ファーストチョイスは常にその2人だ。しかし、2人とも長い間深刻な負傷を抱えていたから、最高の状態で臨むのは難しいと思う」 「コナテがそれを打開できるかどうかだね。それに(ジョエル・)マティプは出場すれば毎回、とても良い仕事をしてくれる」 2021.08.02 16:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly