レーティング:ローマ 2-0 ラツィオ《セリエA》

2021.05.16 05:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ローマとラツィオによるデルビー・デッラ・カピターレが15日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
87 フザート 7.0
デルビー初出場。立ち上がりのアルベルトの決定機を好守で凌ぎリズムを掴むと、以降は見事なシュートストップとスペースケアでクリーンシートに貢献

DF
2 カルスドルプ 6.5
攻撃に出ていく回数は多くなかったが、安定した一対一の対応に加えて的確な絞りでピンチを防いだ

23 G・マンチーニ 6.5
最終ラインのリーダーとしてチームを鼓舞する気迫の守備を見せた。課題である深追いを自重しつつ粘り強く対応を続けた

3 イバニェス 5.5
前回対戦で悔しい思いをした宿敵相手のリベンジマッチも前半30分過ぎに負傷交代。それまでは攻守にそつなくプレー

(→クンブラ 6.0)
イバニェスの負傷を受けて緊急出動。マンチーニと共にインモービレを警戒しつつ、ムリキには危なげない対人対応を見せた

33 ブルーノ・ペレス 5.5
前回対戦でチームとして蹂躙されたラツァーリに粘り強く対応。先制点の起点となるエル・シャーラウィへのパスを通した

(→サントン 5.5)
後半頭からの投入でいきなりカードをもらったが、以降はベテランらしく攻守に無難にまとめた

MF
77 ムヒタリアン 6.5
リーグ戦3試合連発となる値千金の先制点を奪取。以降は効果的なプレーでカウンターアタックをけん引

4 クリスタンテ 6.0
チーム内で最も酷使されている一人ということもあり、要所で重さは見受けられた。それでも、攻守両面で勝負所を見極めた好プレーを披露

7 ペッレグリーニ 5.5
クリスタンテ同様に勤続疲労をカピターノの責任感とデルビーへの強い想いでカバー。幾度か、らしい遊び心のあるプレーでチャンスに関与

(→ビジャール 5.5)
うまく試合に入り、ミスの少ないプレーで相手に流れを渡さず

55 ダルボエ 6.5
進境著しい逸材がユナイテッド、インテル戦に続きデルビーデビュー。球際の強度では劣勢も、視野の広さと精度の高いプレーで堂々たるデビュー戦に

92 エル・シャーラウィ 6.0
先制点の起点に。コンディションが万全ではなく打開力には欠けたが、攻守共にハードワークを見せた

(→ペドロ 6.5)
圧巻の個人技でチームを大いに救う決定的な追加点を奪った

FW
9 ジェコ 7.0
自身最後のデルビーともいわれる中で決勝点をアシストし、アチェルビを退場に追い込む。以降も確度の高いポストワーク、味方を助ける守備でチームを鼓舞し続けた

(→マジョラル -)

監督
フォンセカ 6.5
苦しいシーズンを過ごした中、会心の試合運びでデルビー初勝利。有終の美を飾る

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
25 レイナ 5.0
失点に責任はなかったが、好守なく2失点…難しい試合に

DF
77 マルシッチ 5.5
3バックの右と左ウイングバックでプレー。個人としての出来はそこまで悪くなかっただけに、ベンチに下げられた際の激高は理解できる部分もあった

(→ファレス 5.0)
攻守に物足りない出来

33 アチェルビ 4.5
ジェコへの軽い対応で1失点目の一因に。さらに、ジェコに苦戦し続けた結果、2枚目のカードをもらって退場に

26 ラドゥ 5.0
守備では相手の右サイドの脅威がそこまでなかっただけに、攻撃面への関与がほしかった

(→カイセド 5.0)
コンディションの問題があるとの報道もあり、無理が利かなかった

MF
29 ラッツァーリ 5.0
勝利の立役者となった前回対戦の輝きはなく、攻守に中途半端なプレーが目立った

21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0
前半は2列目からの飛び出しや球際の強さで存在感発揮も、後半はコンディションの問題なのか、全体的に重さが目立った

(→アキャプロ -)

6 ルーカス・レイバ 5.0
中央はまずまず締めていたが、後半は自身の脇のスペースを使われて難しい対応が多かった

10 L・アルベルト 5.5
インモービレと共に唯一可能性を感じさせるプレーを見せたが、後半はダルボエにうまく対応された感も

19 ルリッチ 5.0
自身最後のデルビーの可能性も囁かれた中、攻守に覇気のないプレーとなった

(→ルイス・フェリペ 5.0)
チームを押し上げる守備面の貢献が期待されたが、応えきれず

FW
17 インモービレ 5.5
幾度か良い形でフィニッシュに絡んだが、フザートの牙城を破れず。個人というよりもチーム全体の出来に引っ張られた試合に

94 ムリキ 5.0
前線で積極的にプレー関与もスピード不足に加え、球際でも優位に立てず、コレアやカイセドの代役として物足りなかった

(→アンドレアス・ペレイラ 5.0)
保有元のユナイテッドとの対戦時に煽った相手に対して何もできなかった

監督
S・インザーギ 5.0
前半は失点まで悪くなかったが、攻守両面で完敗…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
フザート(ローマ)
ジェコやダルボエの活躍も見事だったが、チームに流れを持ってくる好守を見せた覚醒予感の第3GKをMOMに選出。新守護神獲得の噂が出ていた中、新たなアリソンとしてモウリーニョに猛アピール。

ローマ 2-0 ラツィオ
【ローマ】
ムヒタリアン(前43)
ペドロ(後33)
関連ニュース
thumb

ローマやスパーズに遠藤&原口在籍のウニオン参戦! ECL予選プレーオフの対戦カード決定!

2021-22シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選プレーオフの組み合わせ抽選会が2日にスイスのニヨンで行われ、本選進出を懸けた全22カードが決定した。 2021-22シーズンから新たに設立されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA第3階層のレベルの大会。レギュレーション的には従来のELを分割する形式だ。 今回の予選プレーオフでは各国の国内王者によるチャンピオンズパス、各国の国内リーグの上位チームによるメインパスに分かれている。 今ラウンドから参戦するチームではトッテナム(イングランド)、ローマ(イタリア)、MF遠藤渓太、MF原口元気を擁するウニオン・ベルリン(ドイツ)、スタッド・レンヌ(フランス)といった名門クラブがいる。 また、その他の日本人所属クラブでは予選3回戦を突破した場合はMF香川真司のPAOK(ギリシャ)、MF齊藤未月のルビン・カザン(ロシア)、MF守田英正のサンタ・クララ(ポルトガル)が参戦することになる。 さらに、EL予選3回戦の結果次第ではFW北川航也のラピド・ウィーン(オーストリア)、FW古橋亨梧のセルティック(スコットランド)、MF田中亜土夢を擁するHJKヘルシンキ(スウェーデン)の参戦の可能性もある。 なお、ECLプレーオフの1sレグは8月19日、2ndレグは8月26日に開催される。 ◆チャンピオンズパス ムラorジャルギリス vs プリシュティナorボデ/グリムト ネフチorヘルシンキ vs マッカビ・ハイファorHBトースハウン オモニアorフローラ vs シャムロック・ローヴァーズorテウタ リガorハイバーニアンズ vs リンカーンorスロヴァン・ブラチスラヴァ リンフィールドorフォラ・エシュ vs カイラトorアラシュケルト ◆メインパス AELリマソールorカラバフ vs ブレイザブリクorアバディーン ウーイペシュトorバーゼル vs チュカリチュキorハンマルビー TNSorビクトリア・プルゼニ vs CSKAソフィアorオシエク パソス・デ・フェレイラorラーン vs トッテナム スタッド・レンヌ vs ローゼンボリorドムジャレ ラチorアンデルレヒト vs フィテッセorダンドーク ヴォイボディナorLASK vs ガラタサライorセント・ジョンストン コロス・コヴァリフカorシャフチョール vs スパルタク・トルナヴァorマッカビ・テルアビブ ボヘミアンorPAOK vs ハイバーニアンorリエカ クオピオン・パロセウラorアスタナ vs ウニオンベルリン ルツェルンorフェイエノールト vs エルフスボリorヴェレジュ ラクフ・チェンストホヴァorルビン・カザン vs RFSorヘント ディナモ・バトゥミorスィヴァススポル vs ロコモティフ・プロヴディフorコペンハーゲン サンタ・クララorオリンピア・リュブリャナ vs ソチorパルチザン トラブゾンスポルorモルデ vs ローマ シロンスク・ヴロツワフorハポエル・ベエルシェバ vs ラピド・ウィーンorアノルトシス ヤブロネツorセルティック vs トボルorジリナ 2021.08.02 23:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャカのローマ移籍なし! アルテタが残留明言

スイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がアーセナルに残留するようだ。 2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加わり、一時主将も務めたジャカ。アーセナルとの契約が2023年まで残るものの、今夏にジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がり、ローマ行きの噂が取り沙汰された。 ユーロ2020に参戦中も度々移籍を匂わす発言を残すなど、各メディアでもローマ行きの見方が強かったジャカだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに40分から出場。69分に同点ゴールをマークした。 アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、ローマ行きの憶測が取り沙汰されるなかで再びアーセナルのシャツを着てプレーしたジャカについて、残留を明言した。 「グラニトは我々の下に残るだろう。彼は我々にとって、重要なメンバーだ。今日もプレーしたがり、彼がここにいたいというのは彼を見ても明らかだと思う」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルはローマから届いた移籍金1200万ユーロ(約15億6000万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億9000万円)のオファーを拒否した模様だ。 そして、ジャカに対しても新契約を提示。昇給も含めた2025年6月までの延長オファーで、合意の自信をみなぎらせているという。 2021.08.02 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャカがローマ行きから一転、残留の可能性? アーセナルが好条件の契約延長オファー

スイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がローマ移籍から一転、アーセナルと契約延長する可能性が出てきている。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やイギリス『The Athletic』が報じている。 ジャカは今夏の移籍市場においてローマの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がっており、セリエA初挑戦に前向きなスイス代表MFはすでに個人間での合意も伝えられていた。 その一方で、ローマが直近に掲示したと言われる総額1500万ユーロ(約19億5000万円)のオファーは、アーセナルサイドに拒絶されていた。 その後、アーセナルがアンデルレヒトからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を完全移籍で獲得したことから、ローマとのクラブ間交渉に何らかの動きが出ると思われていたが、ここまで交渉は停滞している。 そういった中でロマーノ氏が伝えるところによれば、アーセナルはジャカに対して2025年までの契約延長オファーを掲示したという。サラリーに関してはローマが掲示したものより高額で、クラブはジャカがローマ行きを蹴って残留を選ぶことに自信を持っているとのことだ。 ただ、ジャカ自身は未だにローマ行きを希望していると考えられており、ローマとしてはアーセナルが要求する移籍金を満たす再オファーが必要となる。 2021.07.31 13:31 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトとローマのPSMで乱闘騒ぎ! ペペがムヒタリアンに悪質プレー…

ポルトとローマのプレシーズンマッチで乱闘騒ぎが起こった。 現在、ポルトガル遠征中のローマは28日、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるポルトとのプレシーズンマッチに臨んだ。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に参加していた一部メンバーを除き、共に主力クラスを起用した真剣度が高い一戦では、プレシーズン連勝中のローマが試合を通して安定したパフォーマンスを披露。前半に迎えた幾度かのピンチはGKルイ・パトリシオの好守で凌ぎ、後半立ち上がりの56分にはMFニコロ・ザニオーロの右CKをDFジャンルカ・マンチーニが頭で合わせて先制に成功した。 一方、試合終盤にかけて攻勢を強めたポルトは89分にボックス内でのFWエヴァニウソンの身体を張ったマイナスの落としに反応したMFヴィティーニャが右足のシュートを左隅へ突き刺し、土壇場で1-1のドローに持ち込んだ。 “モウリーニョ・ダービー”とも冠せられた一戦は強度の高い好ゲームとなったが、フレンドリーマッチらしからぬ乱闘騒ぎも発生した。 その乱闘騒ぎを引き起こしたのが、フットボール界屈指の武闘派として知られるポルトのポルトガル代表DFペペ。 この試合の64分にハーフウェイライン付近でパスを受けたローマのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンに対して、ペペは後方で味方が対応にあたっていたにも関わらず、猛スプリントで身体をぶつける。その際に左腕を不必要に振り上げると、肘がムヒタリアンの顔面に直撃。 このラフプレーに激高したムヒタリアンは倒れ込んだ際に、足でペペを蹴り上げようとしたことで、両者は一気に臨戦態勢に。そのまま近くにいた味方、ベンチまで巻き込む小競り合いに発展した。 怒りが収まらないムヒタリアンをスタッフやチームメイトがすぐさまベンチサイドに引き離したことで、それ以上の混乱を招くことはなかったが、イエローカードを掲示されたムヒタリアンはそのままベンチに下げられることに。 一方、主審は小競り合いの原因となったペペに対してはお咎めなしという驚きの判断を見せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ペペは38歳も武闘派は健在…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We finally have guys on the ground<a href="https://t.co/e8oCiqcyci">pic.twitter.com/e8oCiqcyci</a></p>&mdash; ASRomaComps (@roma_comps) <a href="https://twitter.com/roma_comps/status/1420484938638495748?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 19:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがウズベキスタンのエースFW獲得迫る! モウリーニョ好みの大型アタッカー

ローマがジェノアに所属するウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(26)の獲得に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(35)の去就が不透明なローマでは、ゼニトに所属するイラン代表FWサルダール・アズムン(26)への関心が伝えられていたが、同選手はレバークーゼン行きが迫っている状況だ。 そういった事情もあり、現在クラブはウズベキスタン代表のエースストライカーの獲得により力を注いでいる。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、ローマはショムロドフ獲得に向けて総額1800万ユーロ(約23億4000万円)前後のオファーを準備しているという。 ただ、イタリア『Calciomercato.com』など幾つかの現地メディアの情報をまとめると、財政面に問題を抱えているローマは前述の移籍金をそのまま支払うのではなく、買い取り義務付きのレンタル移籍、あるいは所属選手の譲渡など異なる形で賄うことを検討しているようだ。 ウズベキスタン代表で49試合22ゴールを誇るショムロドフは190cmの大型のアタッカー。母国のブニョドコルでキャリアをスタートし、ロシアのロストフを経て昨夏ジェノアに完全移籍で加入した。 加入当初はセリエAへの適応に苦戦を強いられたが、ようやくイタリアの水になれたシーズン最終盤の6試合では5ゴールを挙げる爆発力をみせ、デビューシーズンで31試合8ゴールと上々の数字を残した。 前述のように190cmと恵まれた体格を持つものの、そのプレースタイルはターゲットマンタイプのジェコとは異なり、いわゆるモビリティタイプのアタッカーだ。爆発的なスプリント能力を武器に相手の背後やサイドに流れて局面を打開し、とりわけカウンターアタックの局面で力を発揮する。 また、豊富な運動量と献身性によって守備の局面でもチームを助けられるジョゼ・モウリーニョ監督好みのアタッカーは、ジェコやスペイン人FWボルハ・マジョラルとの共存も十分に可能で、左ウイングやセカンドトップでの起用も見込まれるところだ。 2021.07.29 16:49 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly