アタランタが来季CL出場権確保! ジェノアとの壮絶打ち合い制してユベントスとのコッパ決勝にも弾み《セリエA》

2021.05.16 00:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ジェノアvsアタランタが15日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのアタランタが3-4で勝利した。2位死守を狙うアタランタ(勝ち点75)は、すでに残留を決めている14位のジェノア(勝ち点39)とのアウェイゲームで3連勝を狙った。

来週ミッドウィークにユベントスとのコッパ・イタリア決勝を控える中、この試合の勝利で来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保となるガスペリーニ率いるチームは、4バックを採用した前節のベネヴェント戦から先発3人を変更。パロミーノ、ムリエル、ペッシーナに代えてトロイ、ディムスティ、アレクセイ・ミランチュクを起用し、通常の[3-4-2-1]の布陣に戻した。

開始直後の2分にロベッラのフィードに完璧に抜け出したメレゴーニにいきなりGKとの一対一のピンチを招いたアタランタだが、ここはGKゴッリーニの好守で凌ぐ。さらに、このプレーで与えた右CKの流れからマッジエッロに左ポスト直撃のシュートを打たれるなど、バタつく入りとなった。

それでも、このピンチを辛くも凌いだアウェイチームは9分、ボックス手前中央でボールを収めたドゥバン・サパタが右のマリノフスキーに一度ボールを預けてゴール前に抜け出すと、絶妙なリターンパスを冷静に足元へ収めて右足のシュートを流し込んだ。

ファーストチャンスを生かして敵地で先制に成功したアタランタは、以降は普段通りのリズムで試合を進めていく。前線で強さを見せるサパタがことごとくボールを収めて味方の攻撃参加を促すと、21分にはそのサパタとのコンビネーションからゴール左に抜け出したゴセンズに2点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。

それでも、直後の26分にはサパタがボックス右のゴールラインぎりぎりで相手DFとの球際を制して中央に折り返したボールをドフリーのマリノフスキーがワンタッチで合わせてゴールネットを揺らす。当初、サパタの折り返しの場面でラインを割っていたとの判定でゴールキックでのプレー再開となったが、VARのレビューの結果、ギリギリでボールが残っていたとの判定でゴールが認められた。

これで完全に試合の流れを掴んだアタランタは以降も攻守に相手を圧倒。すると、前半終了間際の44分には左サイド深くでマリノフスキーが上げたクロスをファーのハテブールが丁寧に頭で中央へ折り返すと、これをゴール前フリーのゴセンズが頭で流し込み、両ウイングバックのコンビネーションで試合を決定づける3点目とした。

3点リードで試合を折り返したアタランタはサパタとフロイラーを下げてパシャリッチ、ペッシーナをハーフタイム明けに投入し、早くもコッパ決勝を見据えた戦い方にシフト。

すると、一瞬の油断から最後尾のディムスティが後半から投入されたショムドロフにボールを奪われて開始早々の48分に1点を返される。これによって嫌な空気が漂うも、失点直後の51分には右サイドのハテブールの突破から中央で溜めたミランチュクのラストパスをボックス左で受けたパシャリッチがボックス左から丁寧な右足のシュートを流し込み、瞬く間に点差を戻した。

この4点目で試合を落ち着かせることに成功したアタランタだったが、サパタがベンチに下がったことで前線での収まりが悪く徐々に相手の攻勢に晒される。そして、66分にはゴセンズがやや不運なハンドで与えたPKをパンデフに決められて点差を2点に縮められる。さらに、85分には自陣でのボールロストから浴びたショートカウンターを再びショムロドフに決められてしまい、ついに1点差まで迫られる。

これを受けてガスペリーニ監督は有事に備え、89分に切り札のムリエルを投入するスクランブル態勢に入ったが、何とか守備陣がこれ以上の失点を許さずに試合をクローズ。この結果、後半はだいぶバタついたものの、ジェノアとの壮絶な打ち合いを制したアタランタがミランとの最終節を前に来シーズンのCL出場権を確保。ユベントスとのコッパ決勝に大きな弾みを付けている。
関連ニュース
thumb

アタランタがヴェローナの逸材CBロヴァート獲得! スパーズ行き望むロメロ後釜に?

アタランタは31日、エラス・ヴェローナからU-21イタリア代表DFマッテオ・ロヴァート(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は800万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 パドヴァの下部組織出身のロヴァートはジェノアのプリマヴェーラでのプレーを経てセリエCのパドヴァでプロキャリアをスタート。その後、2020年1月にヴェローナに引き抜かれると、同年7月のアタランタ戦でセリエAデビューを飾った。 昨シーズンはアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(ローマ)、コソボ代表DFアミル・ラフマニ(ナポリ)と2人の主力の移籍によって出場機会を掴むと、セリエA24試合に出場。 高い戦術眼を生かしたカバーリングセンス、ラインコントロールを軸に地対空安定した対人対応、的確な配球と、総合力の高いセンターバックとして評価を高めていた。 なお、昨シーズンまでヴェローナを率いていたイバン・ユリッチ前監督はアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の愛弟子として知られており、両指揮官の志向するスタイルは非常に近い。 そのため、ロヴァートのアタランタへの順応は非常にスムーズに進むはずだ。 なお、ロヴァートの獲得を受け、トッテナム行きを熱望するアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)の交渉に動きが出てくるかもしれない…。 2021.07.31 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロメロ獲得交渉停滞も冨安獲得に進展

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)に関するトッテナムとアタランタの交渉は難航しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、5000万ユーロ(約65億円)に近い金額のオファーを準備している。 すでにロメロに関してはノースロンドン行きを熱望しており、個人間の交渉に大きな弊害はない。 そういった中、両クラブは30日に改めて直接交渉を行ったが、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムは現時点で応じず、交渉はうまく進まなかったようだ。 その一方で、トッテナムがロメロと共に獲得を狙っている日本代表DF冨安健洋(22)の交渉に関しては大きな進展があるようだ。 イタリア『カルチョメルカート』が報じるところによれば、トッテナムはボローニャに対して、これまでの条件から増額した2000万ユーロ(約26億円)+各種インセンティブというオファーを掲示。移籍金の支払い方法など細かい条件は詰め切れていないものの、クラブ間で合意に至る可能性が高まっているという。 なお、冨安に関してはトッテナム行きを希望していると見られており、東京オリンピック終了後に個人間、クラブ間の交渉に大きな進展が予想される。 2021.07.31 13:57 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタDFルッジェーリ、サレルニターナへ買取OP付きレンタル

セリエAに昇格するサレルニターナは27日、アタランタのU-20イタリア代表DFマッテオ・ルッジェーリ(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 アタランタの下部組織出身である左ウイングバックを主戦場とするルッジェーリは、昨年11月にトップチームデビュー。昨季はセリエA6試合、チャンピオンズリーグ2試合に出場していた。 アタランタでは同日、ドイツ代表DFロビン・ゴセンズの控えとしてパルマからDFジュゼッペ・ペッツェッラ(23)をレンタルで獲得していた。 2021.07.28 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタがパルマのDFペッツェッラをレンタルで獲得、特定条件で買取義務が発動

アタランタは27日、パルマの元U-21イタリア代表DFジュゼッペ・ペッツェッラ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、特定の条件で発動する買い取り義務オプションがついているとのこと。レンタル期間は2022年6月30日までとのことだ。 ナポリ生まれのペッツェッラは、パレルモの下部組織出身。2017年7月にウディネーゼへと移籍すると、ジェノア、パルマへのレンタル移籍を経て、2020年9月にパルマへと完全移籍する。 これまでセリエAでは90試合に出場し1ゴール5アシスト。2020-21シーズンはセリエAで24試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 また世代別のイタリア代表を経験。2017年のU-20ワールドカップのメンバーとしてチームの3位に貢献していた。 2021.07.27 22:03 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタがパルマの左SBペッツェッラ獲得に迫る!

アタランタがパルマのイタリア人DFジュゼッペ・ペッツェッラ(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ペッツェッラはパレルモでプロキャリアをスタートし、ウディネーゼ、ジェノアを経て2019年に買い取り義務付きのレンタル移籍でパルマに加入。直近2シーズンは左サイドの主力を担い、昨シーズンは負傷による離脱があった中でセリエA24試合に出場し、1ゴール4アシストの数字を残していた。 左サイドバックとサイドハーフを主戦場とする187cmのレフティは、ウイングバックに大柄で推進力と対人の強さを特長とする選手を配置することが多いアタランタにとって適した人材だ。 ペッツェッラに関しては一時ポルト行きの噂が出ていたものの、現在はアタランタへのレンタル移籍が合意に達しており、26日にもメディカルチェックを受診する予定だという。 2021.07.26 17:34 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly