アタランタが来季CL出場権確保! ジェノアとの壮絶打ち合い制してユベントスとのコッパ決勝にも弾み《セリエA》

2021.05.16 00:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ジェノアvsアタランタが15日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのアタランタが3-4で勝利した。

2位死守を狙うアタランタ(勝ち点75)は、すでに残留を決めている14位のジェノア(勝ち点39)とのアウェイゲームで3連勝を狙った。

来週ミッドウィークにユベントスとのコッパ・イタリア決勝を控える中、この試合の勝利で来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保となるガスペリーニ率いるチームは、4バックを採用した前節のベネヴェント戦から先発3人を変更。パロミーノ、ムリエル、ペッシーナに代えてトロイ、ディムスティ、アレクセイ・ミランチュクを起用し、通常の[3-4-2-1]の布陣に戻した。

開始直後の2分にロベッラのフィードに完璧に抜け出したメレゴーニにいきなりGKとの一対一のピンチを招いたアタランタだが、ここはGKゴッリーニの好守で凌ぐ。さらに、このプレーで与えた右CKの流れからマッジエッロに左ポスト直撃のシュートを打たれるなど、バタつく入りとなった。

それでも、このピンチを辛くも凌いだアウェイチームは9分、ボックス手前中央でボールを収めたドゥバン・サパタが右のマリノフスキーに一度ボールを預けてゴール前に抜け出すと、絶妙なリターンパスを冷静に足元へ収めて右足のシュートを流し込んだ。

ファーストチャンスを生かして敵地で先制に成功したアタランタは、以降は普段通りのリズムで試合を進めていく。前線で強さを見せるサパタがことごとくボールを収めて味方の攻撃参加を促すと、21分にはそのサパタとのコンビネーションからゴール左に抜け出したゴセンズに2点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。

それでも、直後の26分にはサパタがボックス右のゴールラインぎりぎりで相手DFとの球際を制して中央に折り返したボールをドフリーのマリノフスキーがワンタッチで合わせてゴールネットを揺らす。当初、サパタの折り返しの場面でラインを割っていたとの判定でゴールキックでのプレー再開となったが、VARのレビューの結果、ギリギリでボールが残っていたとの判定でゴールが認められた。

これで完全に試合の流れを掴んだアタランタは以降も攻守に相手を圧倒。すると、前半終了間際の44分には左サイド深くでマリノフスキーが上げたクロスをファーのハテブールが丁寧に頭で中央へ折り返すと、これをゴール前フリーのゴセンズが頭で流し込み、両ウイングバックのコンビネーションで試合を決定づける3点目とした。

3点リードで試合を折り返したアタランタはサパタとフロイラーを下げてパシャリッチ、ペッシーナをハーフタイム明けに投入し、早くもコッパ決勝を見据えた戦い方にシフト。

すると、一瞬の油断から最後尾のディムスティが後半から投入されたショムドロフにボールを奪われて開始早々の48分に1点を返される。これによって嫌な空気が漂うも、失点直後の51分には右サイドのハテブールの突破から中央で溜めたミランチュクのラストパスをボックス左で受けたパシャリッチがボックス左から丁寧な右足のシュートを流し込み、瞬く間に点差を戻した。

この4点目で試合を落ち着かせることに成功したアタランタだったが、サパタがベンチに下がったことで前線での収まりが悪く徐々に相手の攻勢に晒される。そして、66分にはゴセンズがやや不運なハンドで与えたPKをパンデフに決められて点差を2点に縮められる。さらに、85分には自陣でのボールロストから浴びたショートカウンターを再びショムロドフに決められてしまい、ついに1点差まで迫られる。

これを受けてガスペリーニ監督は有事に備え、89分に切り札のムリエルを投入するスクランブル態勢に入ったが、何とか守備陣がこれ以上の失点を許さずに試合をクローズ。この結果、後半はだいぶバタついたものの、ジェノアとの壮絶な打ち合いを制したアタランタがミランとの最終節を前に来シーズンのCL出場権を確保。ユベントスとのコッパ決勝に大きな弾みを付けている。

関連ニュース
thumb

アタランタ、サレルニターナに辛勝で2勝目《セリエA》

アタランタは18日、セリエA第4節でサレルニターナとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節フィオレンティーナに敗れて1勝1分け1敗スタートとなったアタランタは、チャンピオンズリーグ初戦ではビジャレアルに2-2の引き分けとした。 リベリが先発となった3連敗スタートのサレルニターナに対し、D・サパタを最前線に、2シャドーにマリノフスキーとミランチュクを配置したアタランタは開始5分、ケシェリダのミドルシュートでゴールを脅かされる。 その後も守勢を強いられたアタランタは17分にマリノフスキーがミドルシュートで牽制。しかし21分、クリバリに際どいミドルシュートを打たれてひやりとすると、ハーフタイムにかけても互角の攻防に持ち込まれ、前半をゴールレスで終えた。 後半からイリチッチらを投入し、3枚替えを敢行したアタランタは開始1分、ゴンドにオンターゲットのミドルシュートを打たれてしまう。 ここはGKムッソの好守で凌いだアタランタだったが、前半同様に思うように攻撃を仕掛けることができない。すると70分には大ピンチ。ボナッツォーリのヒールパスを受けたボックス右のクリバリに右ポスト直撃のシュートを打たれた。 しかし75分、アタランタがワンチャンスで先制する。イリチッチがボックス右を突破し、ラストパス。これを受けたD・サパタがシュートを蹴り込んだ。 84分にはD・サパタに追加点のチャンスが訪れるも、GKのセーブにも阻まれ決めきることができない。それでもアタランタが1-0で勝利。苦しみながらも開幕節以来となる勝利を取り戻している。 2021.09.19 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

実力拮抗のビジャレアルとアタランタは譲らずドロー決着《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節、ビジャレアルvsアタランタが14日に行われ、2-2で引き分けた。 マンチェスター・ユナイテッドとヤング・ボーイズが同居するグループF。 昨季ヨーロッパリーグ王者ビジャレアルと、2季連続決勝トーナメント進出の昨季セリエA3位アタランタの一戦。 ビジャレアルはジェラール・モレノとディアの2トップで挑み、一方のアタランタは最前線にD・サパタを配置し、2シャドーにマリノフスキーとペッシーナを据えた。 試合は開始6分、D・サパタのポストプレーからフロイラーがボレーを決めて、アタランタが先制する。 その後はビジャレアルがポゼッションを高めると、34分に同点のチャンス。高い位置でボールを奪った流れからトリゲロスのパスを受けたボックス左のジェラール・モレノがシュート。だが、GKムッソの好守に阻まれた。 それでも39分、ビジャレアルが試合を振り出しに戻す。ボックス左からペドラサがクロスを送ると、トリゲロスがボレーで合わせた。 1-1で迎えた後半、開始2分にマロノフスキーがGK強襲のシュートを浴びせたアタランタが良い入りを見せると、続く53分にはCKからD・サパタのヘディングシュートでゴールに迫る。 流れの悪いビジャレアルは60分に3枚替えを敢行。タンジュマやモイ・ゴメスを投入した。するとそのダンジュマが大仕事。フロイラーからボールを奪った流れでショートカウンターに転じると、ジェラール・モレノのパスを受けたダンジュマがシュートを決めきった。 それでも83分、アタランタも途中出場2選手の働きによって追いつく。ボックス手前右からのイリチッチの高速パスをミランチュクがヒールで落とすと、ボックス中央に詰めていたゴセンズが蹴り込んだ。 直後にコクランが2枚目のイエローカードを受けて退場となったビジャレアルは終盤にかけてゴールに迫れず2-2で決着。実力拮抗の両チームの一戦はドローに終わった。 2021.09.15 06:14 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループF展望】ユナイテッド本命、アタランタとビジャレアルが対抗

◆編集部予想 ◎本命:マンチェスター・ユナイテッド ○対抗:アタランタ △連下:ビジャレアル ☆大穴:ヤング・ボーイズ マンチェスター・ユナイテッド、アタランタ、ビジャレアルの3チームで突破を争うことになりそうなグループF。とりわけ、一線級のタレントを加えて戦力アップしたユナイテッドが本命のグループになることが予想される。曲者アタランタとビジャレアルの両チームがいかにグループをかき回せるかがポイントとなりそうだ。スイス王者ヤング・ボーイズは厳しい戦いが濃厚か。 ◆充実補強で昨季の鬱憤を晴らす~マンチェスター・ユナイテッド~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はパリ・サンジェルマン、ライプツィヒの前に悔しいグループステージ敗退に終わったユナイテッド。迎える新シーズンはMFサンチョ、DFヴァランと充実の補強を敢行した上、レジェンドのFWロナウドが復帰。約170億円を投じ、戦力的な厚みは大いに増した。難敵アタランタとビジャレアルが同居したとはいえ、昨季に比べればマシな抽選結果と言える中、最低限のノルマであるグループステージ突破を果たせるか。 ◆3季連続グループステージ突破へ~アタランター~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> CL初出場から2季連続でグループステージ突破を果たしているアタランタ。名将ガスペリーニ監督の下、躍進を遂げている。戦力面ではDFロメロ、GKゴッリーニがそれぞれトッテナムへ移籍したが、ユベントスからトルコ代表DFデミラル、ウディネーゼからアルゼンチン代表GKムッソを獲得し、戦力の維持に成功している。チーム力的にはビジャレアルと2位争いを繰り広げることになりそうだ。 ◆戦力維持のEL王者~ビジャレアル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はエメリ監督が最も得意とするヨーロッパリーグで優勝したビジャレアル。悲願のクラブ初タイトルとなった中、新シーズンは欧州最高峰の舞台に挑む。FWジェラール・モレノやDFパウ・トーレスらスペイン代表組が残留して戦力維持に努めた中、初戦で激突するアタランタを蹴落とせるかが突破のポイントとなる。 ◆番狂わせ狙うスイス王者~ヤング・ボーイズ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_10_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> スイスリーグ4連覇中のヤング・ボーイズ。立役者のセオアネ監督がレバークーゼンに引き抜かれた中、ハダースフィールドやシャルケなどを率いた経歴を持つワグナー監督を招へいした。ハダースフィールドのプレミアリーグ昇格、シャルケでは就任初年度の前半戦に好結果を残したワグナー監督だが、ここ最近は失敗続き。新天地スイスで心機一転、インパクトを残せるか。 2021.09.14 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタが今季初黒星…ヴラホビッチPK2発のヴィオラに惜敗《セリエA》

セリエA第3節、アタランタvsフィオレンティーナが11日にアトレティ・アズーリ・ディタリアで行われ、アウェイのフィオレンティーナが1-2で勝利した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のボローニャ戦をドローで終えたアタランタがホームにフィオレンティーナを迎えた中断明けの初戦。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のビジャレアル戦を控える中、ガスペリーニ監督は前節から先発4人を変更。GKをムッソからスポルティエッロに変更したほか、負傷のムリエルに替えてサパタを最前線で起用した。 立ち上がりから右サイドのザッパコスタを起点に相手を押し込むアタランタは、幾度か際どいクロスで守備をけん制。10分には相手陣内右サイドで得たFKの二次攻撃からゴール前でこぼれ球に反応したディムスティがゴールネットを揺らす。だが、オンフィールドレビューの結果、オフサイドポジションのサパタがプレーに関与したとの判定でゴールは取り消しに。 その後もアタランタペースで試合が進む中、フィオレンティーナにアクシデント発生。肩を痛めた左肩を痛めたヴェヌッティがプレー続行不可能となり、これがデビュー戦となるオドリオソラがスクランブル投入された。 それでも、徐々にホームチームを押し返すフィオレンティーナは28分にボックス左でヴラホビッチが上げたクロスをGKスポルティエッロが触ったボールがファーに流れると、DFメーレの右腕に直撃。オンフィールドレビューの結果、これが故意のハンドと判断されてPKが与えられる。これをキッカーのヴラホビッチが冷静に決め、アウェイチームが先制に成功した。 その後、反撃に出たアタランタはミランチュクとペッシーナの2シャドーを起点に攻め手を窺うが、最後の場面で連携が合わず。1点ビハインドで試合を折り返した。 逆転を期して後半に入ったアタランタだが、いきなり出ばなを挫かれる。49分、ボナヴェントゥーラのボックス内での仕掛けに対して、DFディムスティが不用意に足をかけてしまい、この試合チーム2つ目のPK献上。これをキッカーのヴラホビッチに再び決められてドッピエッタを達成された。 この2失点目を受け、ガスペリーニ監督はメーレとミランチュクを下げてゴセンズとマリノフスキーを同時投入。54分にはそのマリノフスキーのスルーパスに抜け出したサパタがボックス中央でGKと一対一の絶好機も、ここはGKテラッチアーノのビッグセーブに阻まれる。 以降はフィオレンティーナのカウンターに晒されて難しい状況が続くが、65分に1点を返した。ボックス内でのイーブンボールの競り合いでゴセンズがカジェホンと交錯。オンフィールドレビューの結果、ゴセンズがアフターチャージを受けたとの判定でPKが与えられる。これをキッカーのサパタが冷静に左隅へ決めた。 このゴールで勢いづくホームチームは72分にサパタ、ディムスティと続けて際どいシュートを放つが、これはテラッチアーノの好守に遭う。さらに、リスクを冒して前に出るが、最後のところで粘るフィオレンティーナの守備に苦戦を強いられる。 その後、80分を過ぎてサパタ、パシャリッチ、ペッシーナを下げてイリチッチ、ピッコリ、これがデビュー戦となるコープマイネルスを続けてピッチへ送り出す。後半アディショナルタイムにはボックス内に侵入したザッパコスタに続けてチャンスが訪れるものの、いずれもシュートを打ち切れず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ヴラホビッチのPK2発に沈んだアタランタが開幕3戦目にして初黒星を喫することになった。一方、難敵に競り勝ったフィオレンティーナは2連勝を飾っている。 2021.09.12 05:44 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ムリエルの重傷を発表

アタランタは9日、コロンビア代表FWルイス・ムリエルが深刻な筋肉の病変を患ったと発表した。離脱期間に関しては今後7日間の経過観察と、理学療法を行った後に判明するとしている。 ムリエルはセリエA開幕節トリノ戦で先制点を奪取。続く第2節ボローニャ戦でも先発していた。今回の代表ウィークではコロンビア代表に選出されておらず、イタリアに留まっていた。 一方でコロンビア代表FWドゥバン・サパタがトレーニングに戻ってきており、ムリエルと入れ替わる形で、11日のセリエA第3節フィオレンティーナ戦に出場することが期待される。 2021.09.09 07:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly