序盤のミスが勝敗分けたビッグロンドン・ダービーはアーセナルに軍配! 無敗優勝時以来となる対チェルシーのシーズンダブル達成《プレミアリーグ》

2021.05.13 06:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第36節、チェルシーとアーセナルによるビッグロンドン・ダービーが12日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのアーセナルが0-1で勝利した。

チェルシー(勝ち点64)は前節、チャンピオンズリーグ(CL)決勝の前哨戦となった首位マンチェスター・シティとの敵地での上位対決を劇的な2-1の勝利で飾り、来季CL出場権獲得に大きく近づく勝ち点3を手にして3位に浮上。今週末にトゥヘル新体制での初タイトルが懸かるレスター・シティとのFAカップ決勝を控える中、シティ戦からはギルモア、リース・ジェームズ、プリシッチ、アスピリクエタを除く先発7人を変更。チアゴ・シウバやマウント、チルウェルが復帰し、前線は最前線にハヴァーツ、2シャドーにプリシッチ、マウントが並んだ。

一方、リーグ戦で9位のアーセナル(勝ち点52)は、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝で前指揮官エメリ率いるビジャレアルに敗れて来シーズンのCL出場権獲得の可能性が潰えた。直近のWBA戦では相手を降格させる3-1の勝利を収めてバウンスバックを果たすも、逆転でのEL出場権獲得は非常に困難な状況だ。シーズンダブルを狙う今回のダービーでは先発5人を変更。チャンバース、セバージョス、ペペ、ウィリアン、マルティネッリに代えてパブロ・マリ、ティアニー、トーマス、オーバメヤン、ウーデゴールを起用。さらに、システムを[3-4-2-1]に変更した。

立ち上がりはアーセナルの布陣変更もあって互いに様子見の入りを見せたが、相手の出方を確認して以降は前からビルドアップに制限をかけていくアグレッシブな姿勢を見せる。

その序盤の主導権争いの中で互いに最終ラインでの決定的なミスが出て早い時間帯に試合が動く。まずは11分、ガブリエウからバックパスを受けたパブロ・マリに猛然とプレスをかけてボールを奪い切ったハヴァーツがそのままボックス付近までドリブルで運び、GKレノのポジションを見てゴール上部を狙った左足のシュートを放つが、このイージーフィニッシュを枠の上に外してしまう。

すると、直後の16分にはアーセナルが最終ラインに落ちてズマから横パスを受けたジョルジーニョにプレッシャーをかけてバックパスを強いると、GKケパの位置を確認せずにゴール方向に出したこのパスがそのまま無人のゴールへ向かう。ケパが何とかラインぎりぎりでかき出すも、ボックス左でこぼれを拾ったオーバメヤンが冷静に折り返すと、ゴール前のスミス・ロウが左足のシュートを右隅に流し込んだ。

ジョルジーニョの痛恨ミスからスミス・ロウに2試合連続のゴールを許したホームチームはすぐさま反撃を開始。22分には右サイドを完璧に崩してボックス右でプリシッチが折り返したボールを中央のマウントが蹴り込むが、これはDFホールディングの決死のブロックに阻まれる。続く28分にはボックス左でハヴァーツからパスを受けたマウントが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKレノの好守に遭う。

前半終盤にかけても相手を自陣深くに押し込めることに成功したチェルシーだが、流れの中では相手の中央をきっちり締める守備をこじ開けられず。そうなると、セットプレーでゴールをこじ開けたいところだったが、ズマやハヴァーツ、チアゴ・シウバのシュートは相手のブロックなどに阻まれて、前半のうちに追いつくことはできなかった。

迎えた後半、先に動いたのはチェルシー。ギルモアに代えてハドソン=オドイを投入し、マウントがギルモアが務めていたボランチに下がる。後半も後ろに重心を置くアウェイチームに対して圧倒的なボール支配率で主導権を握り、早い時間帯のゴールを目指す。

すると、61分には左CKの場面でキッカーのマウントがゴール前に入れたクロスに競り勝ったハヴァーツのヘディングシュートがファーに流れると、これをドフリーのプリシッチが冷静に押し込む。だが、VARのレビューの結果、プリシッチは完全にオフサイドラインを越えておりゴールは認められず。

以降もチェルシーが相手陣内でハーフコートゲームを展開もアーセナルの堅守をこじ開けられない膠着状態が続く。そして、両チームは65分を過ぎたタイミングで積極的に交代カードを切っていく。

ビハインドを追うチェルシーは65分にハヴァーツを下げてターゲットマンのジルー、78分にはアスピリクエタを下げてツィエクを投入し、変則的な[4-2-3-1]の攻撃的な布陣にシフト。対するアーセナルは66分にサカを下げてベジェリン、79分にはオーバメヤンに代えてラカゼットと同じポジションでの交代も、より逃げ切りを意識した戦い方にシフトした。

その後、後半終盤にかけてはチェルシーの猛攻をアーセナルが決死の守備で撥ね返し続ける。その中で90分にはチェルシーに絶好の同点機が訪れる。セットプレーの二次攻撃でツィエクのロングボールを攻め残っていたズマが頭で合わせると、これがクロスバーを叩く。さらに、ゴール右でこぼれに反応したジルーが右足ボレーで押し込みにかかるが、これも再びクロスバーを叩いた。

この土壇場での連続ピンチを凌ぎ切ったアーセナルは、6分が加えられたアディショナルタイムも集中力を切らさず、このまま試合をクローズ。この結果、序盤のミスが勝敗を分けた白熱のビッグロンドン・ダービーはアウェイのアーセナルに軍配が上がり、無敗優勝を果たした2003-04シーズン以来となる対チェルシーのシーズンダブルを達成した。

一方、ホームで敗れたチェルシーは公式戦8戦ぶりの黒星となり、前日に勝利したレスターに抜かれて4位に転落。今週末のFAカップ決勝に弾みを付けることはできなかった。

関連ニュース
thumb

ユーロ決勝でPK失敗のサカに数千もの励ましのメッセージ「どうお礼を言えば良いのか」

アーセナルのイングランド代表FWブカヨ・サカ(19)がファンのサポートに感謝している。 サカは先のユーロ2020決勝イタリア代表戦でPK戦のキッカーを任され、失敗。ネット上では誹謗中傷を受けていた。 しかし4日、アーセナルの練習場に訪れたサカは数千を超えるファンからの励ましの手紙を目の当たりにした。 このサプライズを受けてサカは自身のツイッターにて次のように感謝を述べた。 「言葉を失ったよ。どうお礼を言えば良いのか。この手紙を全部持ち帰っても良いかな。公園でサッカーをしようって? 僕が必ず勝たせてあげるよ」 2021.08.05 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

一転残留のジャカがエミレーツでの試合後にメッセージ! 「家に帰ってこれて、本当に気持ち良かった」

アーセナルに一転残留のスイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がファンにメッセージを発信した。 2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加わり、一時主将も務めたジャカ。アーセナルとの契約が2023年まで残るものの、今夏にジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がり、ローマ行きの噂が取り沙汰された。 ユーロ2020に参戦中も度々移籍を匂わす発言を残すなど、各媒体もローマ行きの見方が強かったジャカだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに40分から出場。負けこそしたが、69分に同点弾をマークした。 ミケル・アルテタ監督はその試合後、「グラニトは我々の下に残る。我々にとって、重要なメンバーだ」と残留を明言。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏もアーセナルが新契約を打診したと主張している。 そんなジャカは本拠地エミレーツ・スタジアムでの同試合後、自身のインスタグラムに自らが得点時の写真と共に「家に帰ってこれて、本当に気持ち良かった」との言葉。ファンにエミレーツが自分の“ホーム”だと主張した。 <span class="paragraph-title">【動画】ジャカがプレシーズンのチェルシー戦でヘディングゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJicUM1YW9jTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.03 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

プレシーズン敗戦のアーセナル、アルテタ監督は課題に言及 「自陣でボールを相手に与えれば…」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が敗戦となったプレシーズンマッチを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 13日から始まるプレミアリーグに向けて準備を進めるアーセナルは1日にメンタルヘルス関連の慈善団体『マインド』と協力し、“マインドシリーズ”と銘打たれたプレシーズンマッチでチェルシーと対戦。前半に先制点を許したチームは後半、CKからMFグラニト・ジャカのヘディングシュートで追いつくものの、その後に追加点を奪われ、1-2で敗れた。 試合後のインタビューに応じたアルテタ監督はまず観客の入ったエミレーツ・スタジアムの雰囲気についてコメント。そのうえで、チャンピオンズリーグ(CL)王者を相手に難しい試合だったと認めつつ、収穫もあったことを強調している。 「素晴らしい雰囲気だった。2万5千人くらいのファンがチームをしっかりサポートしてくれて、良いムードだったと思う。ヨーロッパ最高のチームとの対戦は大きな試練だった。ポジティブな部分もあったが、難しいポジションでボールを与えたり守備を固めるべきときにスペースを空けてしまったりと、心配な部分も見られたね。ただ、あのチームに対して我々ができること、そしてここまでの状況を考えれば、ポジティブなものだったよ」 「自陣でボールを相手に渡せば、1、2回のパスでゴールを狙われる。これを解決するのは本当に難しい状況だ。とはいえ、このような状況でも、多くのチャンスを作れた。リスクを取るタイミングについては見極めなければばらない。実際の行動より、重要なのは選手の認識と解釈だ。このようなチームとの対戦でミスをすれば、プレミアリーグでは罰せられるとわかっているはずだからね」 また、アルテタ監督は去就が不透明となっている選手たちにも言及。ジャカの残留は明言した一方で、DFエクトル・ベジェリンやMFジョー・ウィロックの去就については言葉を濁している。 「グラニトは我々と一緒にいてくれるだろう。彼は我々が高く評価している選手であり、チームの重要なメンバーだ。彼がここにいたいと思っていることは明らかだと思う」 「(ベジェリンやウィロックの去就については)わからない。私は彼らを指導し、訓練し、尊重しつつ見守っていきたい。できれば、彼らにはここで気持ちの入った準備をして欲しい。アーセナルの選手である以上、我々の仕事は彼らをできる限り良くすることだからね」 2021.08.02 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルMFトーマスが開幕前に右足首負傷…全治4〜6週間の可能性も?

アーセナルのガーナ代表MFトーマス・パルティが新シーズンの開幕前に負傷した。 負傷と復帰を繰り返したアーセナル加入初年度を経て、2年目のシーズンに挑むトーマス。アーセナルデビューイヤーに露呈した稼働率の悪さを払拭するような活躍が期待される新シーズンだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに先発すると、前半終盤に右足首を痛め、40分にスイス代表MFグラニト・ジャカとの交代でピッチを後にした。 アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、「まだドクターと話をしただけだ。彼は明日、検査を受ける。今の見立てだと、良い状態のように感じない」と述べている。 現時点で離脱期間などの詳細こそ不明だが、アスリートの負傷に関する専門家のラジパル・ブラル氏が自身のツイッターで明かした見立てによると、高位足関節ねん挫が疑われ、程度がグレード1なら、全治4〜6週間を要する見込み。最近だと、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが強いられたケガと同類だという。 なお、アーセナルは今後、8日のプレシーズンマッチでトッテナムと対戦。14日に行われるプレミアリーグ開幕節でブレントフォードとのアウェイ戦に臨む。 2021.08.02 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャカのローマ移籍なし! アルテタが残留明言

スイス代表MFグラニト・ジャカ(28)がアーセナルに残留するようだ。 2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加わり、一時主将も務めたジャカ。アーセナルとの契約が2023年まで残るものの、今夏にジョゼ・モウリーニョ監督のトップターゲットに挙がり、ローマ行きの噂が取り沙汰された。 ユーロ2020に参戦中も度々移籍を匂わす発言を残すなど、各メディアでもローマ行きの見方が強かったジャカだが、1日に行われたチェルシーとのプレシーズンマッチに40分から出場。69分に同点ゴールをマークした。 アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、ローマ行きの憶測が取り沙汰されるなかで再びアーセナルのシャツを着てプレーしたジャカについて、残留を明言した。 「グラニトは我々の下に残るだろう。彼は我々にとって、重要なメンバーだ。今日もプレーしたがり、彼がここにいたいというのは彼を見ても明らかだと思う」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルはローマから届いた移籍金1200万ユーロ(約15億6000万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億9000万円)のオファーを拒否した模様だ。 そして、ジャカに対しても新契約を提示。昇給も含めた2025年6月までの延長オファーで、合意の自信をみなぎらせているという。 2021.08.02 08:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly