三笘神話は「15」でストップ、マルティノスの起死回生弾で仙台が土壇場ドロー! 川崎FはJ1記録の21戦無敗【明治安田J1第20節】

2021.05.12 21:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
12日、明治安田生命J1リーグ第20節の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が等々力陸上競技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。

ここまで開幕から15試合連続無敗の川崎F。首位を快走している状況だ。対する仙台はここまでわずかに1勝。19位と降格圏で苦しんでいる。

第2節で両者はすでに対戦しており、仙台での試合は1-5で川崎Fが圧勝していた。

川崎Fは前節のガンバ大阪戦から6名を変更。GKチョン・ソンリョン、ジェジエウ、ジョアン・シミッチ、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也が外れ、丹野研太、谷口彰悟、登里享平、小林悠、知念慶、三笘薫が入った。負傷明けの小林が先発に復帰、知念は今季2試合目の先発となった。

対する仙台は前節の浦和レッズ戦から8名を変更。GKヤクブ・スウォビィク、蜂須賀孝治、加藤千尋のみが続けて起用。フォギーニョ、照山颯人、中原彰吾、佐々木匠が初先発となった。

先手を奪われたくない仙台だったが、川崎Fがあっさりとゴールを奪ってしまう。3分、左サイドを登里がドリブルで突破。深さを取るとボックス内左からクロス。これを小林がヘディングで合わせ、川崎Fが早々に試合を動かすこととなる。

あっという間に先制した川崎Fは、その後も攻め立てる。三笘、小林、知念と前線3人がゴールに迫る。7分には車屋が遠目から引くシュート。これを知念が触ってコースが変わったが、GKヤクブ・スウォビィクがなんとか書き出す。8分には左サイドで三笘がドリブルを仕掛けて突破。ボックス内左からグラウンダーのクロスを送ると知念に合わず。それでも右サイドを上がった山根がシュートを放つがブロックされる。

仙台はなかなかチャンスを作れず。それでもCKからシュート。15分には中原が左CKからクロスを送ると、サインプレー。フリーの照山がヘディングで合わせるが、これは枠を越えていく。

川崎Fは16分にビッグチャンス。田中が鋭いパスを送ると、小林がスルー。裏で受けた山根がダイレクトでクロスを送るが、これはDFにクリアされ知念に合わない。

30分にも川崎Fがチャンス。谷口が一本のパスで右サイドの山根へ通すと、山根は素早くクロス。これに対して知念がヘディングで合わせにいくが、わずかに届かず。こぼれ球を三笘が拾いシュートを放つも、ブロックされた。

開始早々に先制を許した仙台だが、その後も押し込まれる中でしっかりと守る展開に。前半は1失点で抑えて後半に入る。

仙台はハーフタイムでこの試合が初先発だったフォギーニョ、前半終盤に足を痛めた蜂須賀を下げ、氣田亮真、シマオ・マテ投入する。

後半も川崎Fがボールを握る展開が続く中、61分に川崎Fがチャンス。ボックス右から小林がクロスを上げると、滞空時間の長いジャンプから知念がヘッド。しかし、これはシュートに力なくGKがセーブする。

なかなか追加点を奪えない川崎Fは知念と脇坂を下げて、家長昭博と塚川孝輝を投入。塚川が

72分、三笘からのパスを旗手がスルーすると小林がダイレクトでパス。これを旗手がボックス内で受けると、角度のないところからシュート。一瞬のプレーでシュートまで持って行ったが、枠を外れる。

なかなか得点が奪えなかった川崎Fだが、仙台が一瞬の隙を突く。GKからのロングボールを皆川が競り合うと落としたボールを氣田が広いドリブル開始。4人に囲まれながらもそのまま前進しボックス内からシュート。これはGK丹野がセーブするも、こぼれ球を中原が落ち着いて蹴り込み、仙台が同点に追いつく。

追いつかれた川崎Fは小林と田中を下げて、レアンドロ・ダミアンと遠野大弥を投入。勝利を目指して攻撃のカードを切る。

すると83分、登里が中に入りボールを持つとスルーパス。これに対して遠野が反応して受けようとするが、わずかに届かず。しかし、左から走り込んだ三笘がこれを受けると、GKとの一対一を冷静に沈め、川崎Fが勝ち越しに成功する。

勝ち越された仙台だったが88分にビッグチャンス。右CKからアピアタウィア久が競り勝つと混戦に。家長とGK丹野が接触しこぼれたボールを赤﨑がプッシュ。しかし、GK丹野が右足でなんとか反応し、ゴールを許さない。

アディショナルタイム3分には、川崎Fのカウンターから遠野が右に展開。ここで待っていたレアンドロ・ダミアンが早いタイミングでクロス。これに三笘が飛び込むが、わずかに合わない。

このまま川崎Fが勝利するかと思われたが、後半アディショナルタイム5分にドラマが。照山のパスを受けたマルティノスが、遠目から左足一閃。ブロックが間に合わないと、そのままネットに突き刺さり、仙台が再び同点に追いつく。

その後、川崎Fはパワープレーに出るがゴールは奪えず。仙台が追いつき、2-2の引き分けに終わった。なお、三笘がゴールを決めた試合は15連勝だった川崎Fだが、連勝がストップ。それでも大宮アルディージャが持つJ1の連続無敗記録の「21」に並んだ。

川崎フロンターレ 2-2 ベガルタ仙台
【川崎F】
小林悠(前3)
三笘薫(後38)
【仙台】
中原彰吾(後29)
マルティノス(後50)

関連ニュース
thumb

浦和の選手1名が新型コロナ陽性、埼玉では1日の過去最多感染者を記録

浦和レッズは28日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は26日の夜に発熱と体調不良を訴えたとのこと。27日に病院受診してPCR検査を行い、28日に陽性判定と診断されたとのことだ。 23日のJリーグ公式検査を受けていた当該選手はチーム活動に参加。この検査の結果では陰性と判定されていた。しかし、26日の夜に38.5℃の発熱があると、27日朝も39.2℃の発熱があったが、昼以降は熱は下がっていた。 なお、28日のチームトレーニングは中止に。当該選手以外の全選手、チーム関係者にPCR検査を実施したところ、全員が陰性だったとのことだ。濃厚接触者に関しては、現在特定しているところだという。 このところ新型コロナウイルスの感染者が急増中。28日には東京都で過去最多の3177人が感染。埼玉県でも過去最多の870名、神奈川県も1051人と一気に蔓延している状況となっている。 2021.07.28 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCのDF前嶋洋太がトレーニング中に負傷、全治6週間

横浜FCは28日、DF前嶋洋太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前嶋は21日のトレーニング中に負傷したとのこと。23日に検査を行い、右足大腿四頭筋肉離れと診断されたとのことだ。 なお、全治は検査日より約6週間とのことだ。 前嶋は水戸ホーリーホックから今シーズン復帰。明治安田生命J1リーグで18試合に出場し1得点を記録していた。 2021.07.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪が逆転勝利&降格圏脱出! 大分は連勝ならず【明治安田J1第3節】

27日、明治安田生命J1リーグ第3節のガンバ大阪vs大分トリニータがパナソニック スタジアム吹田で行われ、2-1でG大阪が勝利を収めた。 17位のG大阪はホームに鹿島アントラーズを迎えた前節、0-1で惜敗。試合の消化数が少ないとはいえ、降格圏を脱出できない状況が続いている。ケガ人を抱える中での連戦だが、残留に向けてホーム3連敗は避けたいところだ。 同じく降格圏に沈む19位の大分は、前節の浦和レッズ戦から17日ぶりとなる実戦。今節から新戦力の呉屋と古巣復帰の梅崎が起用可能となり、早速ベンチに入った。余裕のある日程と層が厚くなった攻撃陣を生かして、連勝を目指したい。 [5-4-1]の守備ブロックを組んでショートパスでのビルドアップを警戒する大分に対して、G大阪は中盤から一気にロングボールで押し込んでいく。一美やパトリックがタイミングよく裏に抜け出し、起点を作っていく。27分にはパトリック、30分にはウェリントン・シウバがペナルティエリア内でクロスに合わせるが、どちらもゴールには結びつかなかった。 一方の大分は、カウンターに活路を見出す。192cmの長沢にロングボールを送り、セカンドボールをシャドーやボランチの選手が拾って二次攻撃につなげる。前半途中からはボールを持つ時間が増え、右サイドを中心に攻撃を展開。ウィングバックの井上、前節ゴールを決めた町田、1トップの長沢のコンビネーションでG大阪の守備陣をかく乱していく。 すると40分、右サイドでボールを受けた町田がクロスを上げると、マークを外した長沢がペナルティエリア中央でヘディングで合わせる。しかし、ボールは枠の上に飛んでいき先制点とはならず、ゴールレスドローで試合は後半へ。 後半に入って10分と経たないうちにG大阪に決定機。左サイドからのクロスに途中出場の高尾、右サイドからのクロスにパトリックが頭で合わせるも、どちらもGKポープに阻まれてしまう。 その後もG大阪優位の時間が続いたが、先制したのは大分だった。60分、野村の蹴ったCKのこぼれ球にエンリケが反応し、思い切り右足を振り抜いてGK東口の牙城を崩した。 試合が動いてからはG大阪がボールを握る時間が続く。宇佐美と矢島と倉田を同時投入や、パトリックとレアンドロ・ペレイラの強力2トップを並べ、攻撃的な布陣で点を取りに行った。 その後も相手陣地に押し込むものの、なかなかゴールが遠いG大阪だったが84分に追いつく。矢島のミドルシュートがブロックされ、そのこぼれ球をレアンドロ・ペレイラがダイレクトシュート。ペナルティエリアの外から強烈な一撃を突き刺し、試合を振り出しに戻した。 アディショナルタイムに入り、このまま試合終了かと思われたが、94分に劇的な結末。G大阪がキム・ヨングォンからロングボールをボックス右のパトリックが頭で折り返すと、宇佐美が右足ハーフボレー。途中出場の39番が冷静にゴール右に決め、スコアをひっくり返した。 試合はそのまま終了し、G大阪が3試合ぶりの勝利。順位を15位に上げ、降格圏から脱出することに成功している。 ガンバ大阪 2-1 大分トリニータ 【G大阪】 レアンドロ・ペレイラ(後39) 宇佐美貴史(後45+4) 【大分】 エンリケ・トレヴィザン(後15) 2021.07.27 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ担当審判員が新型コロナ陽性

日本サッカー協会(JFA)は27日、Jリーグを担当する審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAの発表によると、当該審判員は22日(木)にPCR検査を実施。24日(土)に陽性が確認されていた。なお、当該者は無症状で管轄する保健所の指示に従って療養しているという。 当該者は、7月11日(日)を最後にJリーグ試合会場への訪問はなく、Jリーグ関係者に濃厚接触者がいないことも確認されている。 2021.07.27 18:04 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。 熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。 ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。 なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。 また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。 2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly