CL決勝は今年もポルトガル? UEFAとFAとイギリス政府が会談

2021.05.11 18:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝に関して、開催地がポルトガルになる可能性があるようだ。イギリス『BBC』が報じた。

CL決勝は29日に開催。マンチェスター・シティとチェルシーのイングランド勢の決勝となった。

決勝の地はトルコのイスタンブールに決定していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、渡航制限などがあるため、開催地の変更が浮上している状況だった。

10日、欧州サッカー連盟(UEFA)とイギリス政府の関係者、そしてイングランドサッカー協会(FA)が会談。開催地の変更について検討がなされたという。

問題はトルコがイギリスからの渡航制限区域となっており、シティとチェルシーのファンが応援に行けない状況となっている。

一方で、アストン・ビラがビラ・パークを利用してはどうかと提案してみるなど、イングランドでの開催に切り替えるという案もあり、ウェンブリー・スタジアムで行うという可能性もあるが、イギリス政府がこの変更に対して大きく考えを変える必要がり、合意には至っていない。

そのため、イギリスからの渡航制限がないポルトガルでの開催が有力視されているとのこと。昨シーズンも集中開催が行われており、今年も継続して行える可能性があるとのことだ。

なお、ウェンブリー・スタジアムではCL決勝の日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ決勝が予定されている。しかし、EFLはUEFAからの要請があれば、試合日を移動することを検討する可能性もあるとしており、まだ開催地は流動的になりそうだ。

関連ニュース
thumb

UEFAスーパーカップは北アイルランドで開催、チェルシーとビジャレアルが激突

2021年のUEFAスーパーカップに関して、北アイルランドで開催されることが決定した。 アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は3日、UEFAスーパーカップが8月11日に北アイルランドのベルファストにあるウィンザー・パークで行われることとなった。 UEFAスーパーカップは、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で優勝したチェルシーとヨーロッパリーグ(EL)で優勝したビジャレアルが対戦する。 開催地を巡っては、CL決勝のマンチェスター・シティvsチェルシーの一戦が、トルコのイスタンブールで開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の制限措置の影響でポルトガルのポルトへと変更。そのため、UEFAスーパーカップをイスタンブールで行う可能性が報じられていた。 しかし、欧州サッカー連盟(UEFA)は、その変更なく、ベルファストで行われることを3日に決定した。 IFAのパトリック・ネルソンCEO(最高経営責任者)は「この件に関しては、UEFAのパートナーと緊密に連絡を取り合ったが、結果として試合がベルファストで行われることが確認された。とても嬉しい」とコメントしている。 2021.06.04 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020公式ソングは『We Are The People』、U2のボノとジ・エッジも参加

6月11日にローマで開幕を迎えるユーロ2020。その公式ソングが決定した。 今回のユーロの公式ソングを手掛けたのは、オランダのDJであり音楽プロデューサーであるマーティン・ギャリックス。世界的に名を知られる25歳の天才プロデューサーだ。 今回の楽曲は『We Are The People』。アイルランドのロックバンドU2のボーカルであるボノとギターのジ・エッジも参加している。 『We Are The People』は、世界が直面している課題を考察すると同時に、これらの問題に対する統一された対応策を見つけることを目的とした楽曲。ユーロ2020のために制作された。 また、『We Are The People』はチームが成功するために必要な積極性、希望、決意を反映しており、ユーロ2020のテーマである「Unity(団結)」に合った一体感を提供したいと考えられている。 今大会は史上初となるヨーロッパの11カ国で開催され、ヨーロッパ大陸を巻き込んだものとなっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ユーロ2020公式ソング『We Are The People』</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kGT73GcwhCU";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.05.17 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

CL決勝はトルコからポルトガルに開催地変更!UEFA会長「試合を直接見る機会を奪うことは選択肢にない」

欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝をポルトガルで開催することを発表した。 マンチェスター・シティとチェルシーによる決勝が行われるCL。当初は、トルコのイスタンブールで開催されることが決まっていた。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がっているトルコは、イギリスの渡航禁止国に当たる「レッドリスト」に載っている状況。イングランド勢の決勝となったもののファンが参加できない状況となっていた。 そのため、一度はイングランドでの開催が協議されたものの、イギリスへの渡航制限がかかっている国もあるために断念。そこで浮上したのが、昨年も集中開催が行われたポルトガルだった。 ポルトガルサッカー連盟(FPF)とポルトガル政府が認めてくれた結果、5月29日にポルトにあるエスタディオ・ド・ドラゴンで開催されることとなった。 イングランドからポルトガルへの渡航に関しては、出国時や帰国時の隔離期間が設けられないこととなる。 なお、トルコでの開催は2019-20シーズンも予定されていたが、この結果2年連続で中止に。UEFAは、近い将来に再びイスタンブールでCL決勝を行うことを検討するとしている。 UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は今回の決定についてコメント。ファンのことを考えての決断だったとした。 「我々が耐えてきたようなシーズンを決して経験したくないことは、誰もが認めるところだろう」 「チャンピオンズリーグ決勝に到達することはクラブサッカーの頂点であり、ファンはチームのライブを見ることができずに12か月以上苦しんでいた。そのため、サポーターから試合を直接見る機会を奪うことは選択肢になく、この妥協点が見つかったことを嬉しく思う」 「ファンが耐えてきた1年後、今シーズン最大の試合で応援するチームを見る機会がないことは、正しいことではない」 2021.05.13 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

欧州スーパーリーグ構想から撤退した9クラブにUEFAが罰金20億円の処分決定…今後同様のケースでは罰金132億円

欧州サッカー連盟(UEFA)は7日、「ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)」の設立に参加を表明し、その後撤退した9クラブに対する処分を発表した。 事の発端は4月18日、ヨーロッパの12クラブがESLの設立を正式に表明した。 しかし、このESL参加に関しては、各クラブの会長やオーナーらが主導となっており、選手や監督らは知らされていない状況。そのため、大きな反発を受けると、何よりも完全に取り残されていたファン・サポーターが猛反発。各地で抗議活動が起こり、クラブを見捨てる姿勢をあらわにしていた。 また、UEFAに加え、国際サッカー連盟(FIFA)や各国リーグなども反対の姿勢を表明。多くの人々から歓迎されないリーグが創設される状況となっていた。 その影響か、20日には参加を表明していたマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、アーセナル、トッテナムの6クラブが相次いで撤退を表明。さらに、翌21日にはアトレティコ・マドリー、インテル、ミランが撤退を表明していた。 一方で、創設の中心となったとされるレアル・マドリー、バルセロナ、ユベントスは撤退の意思を示さず。ユベントスは苦しい状況であることを認め、敗北宣言とも取れる声明を発表したが、マドリーとバルセロナはノータッチの状況だった。 そんな中7日、UEFAは声明を発表。撤退した9クラブが「クラブ・コミットメント宣言」を提出し、UEFAの大会等に復帰するとしている。 「和解の精神と欧州サッカーのために、いわゆる“スーパーリーグ”プロジェクトに関与していた12クラブのうちの9クラブは、UEFAのクラブの大会だけでなく、国内のクラブの大会へのコミットメントを含む、クラブの立場を定めた「クラブ・コミットメント宣言」をUEFAに提出した」 「UEFAは取締役会を緊急招集し、「クラブ・コミットメント宣言」の精神と内容を十分に考慮した上で、クラブが行った様々な行動や措置、コミットメントを承認することに決定した」 「UEFAと9つのクラブの間では、UEFAのクラブの大会に復帰に関するコミットメントと、その方法の正式な確認が合意に至り、サインされた。承認された復帰措置は完全かつ最終的なものとなる」 「これらの9クラブは、“スーパーリーグ”のプロジェクトが間違いであったことを認め、受け入れ、ファン、各協会、リーグ、ヨーロッパの仲間のクラブ、UEFAに謝罪する。彼らはまた、プロジェクトがUEFAの法令及び規則の下で承認されなかったことを認識した」 今回の合意により、UEFAの大会への復帰に加え、欧州クラブ協会に再加入することが決定。また、罰金1500万ユーロ(約20億円)が科される事となり、それらはイギリスを含むヨーロッパ中の地域社会において、子供、若者、草の根のサッカーの利益のために寄付されることになる。 また、来シーズンのUEFAのクラブの大会で受け取れる収益の5%徴収し、再分配されるとのことだ。 さらに、将来的に無許可の大会に参加しようとした場合には1億ユーロ(約132億円)の罰金に加え、「クラブ・コミットメント宣言」に違反した場合は5000万ユーロ(約66億円)の罰金を支払うことに同意する事となったようだ。 なお、正式に撤退を発表していないマドリー、バルセロナ、ユベントスへの処分は発表されていないが、問題が長引くようであれば、今回以上の処分が下されることになると見られている。 2021.05.08 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏開催のユーロ2020開催地の一部変更をUEFAが発表、アイルランドでは開催なしに

欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、ユーロ2020の会場変更を発表した。 2020年夏に開催される予定だったユーロ2020だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて1年間の延期が決定していた。 今回のユーロは、今までにない規模での開催となり、当初はイングランド(ロンドン)、スペイン(ビルバオ)、ドイツ(ミュンヘン)、イタリア(ローマ)、オランダ(アムステルダム)、スコットランド(グラスゴー)、デンマーク(コペンハーゲン)、ハンガリー(ブダペスト)、アイルランド(ダブリン)、ルーマニア(ブカレスト)、アゼルバイジャン(バクー)、ロシア(サンクトペテルブルク)の12カ国12都市での分散開催が予定されていた。 しかし、新型コロナウイルスの感染は未だ収まっておらず、国や地域によっては感染が広がっている状況が継続。さらに、ヨーロッパのサッカーではほとんどのリーグが無観客で今シーズンを終えようとしている状況となっている。 UEFAは23日にオンライン会議を実施。その中で開催地変更を含めた新たな取り決めがいくつか生まれたことを発表した。 まず、開催地についてはスペインのビルバオで開催される4試合が全てセビージャで開催されることに決定。これは、ビルバオでの開催となった場合に無観客になることが決定していたが、アンダルシア自治州が4試合においてスタジアムの30%以下の収容人数を認めることを決めたため、スペインサッカー連盟(RFEF)の許可を得て、セビージャにて開催されることとなった。 また、アイルランドのダブリンで行われる予定だったグループEの3試合は、全てロシアのサンクトペテルブルクで開始されることに。さらに、ダブリンで予定されていたラウンド16の1試合は、ロンドンで開催されることとなった。 その他、ミュンヘンでは、7万人収容のアリアンツ・アレナでの開催となるが、最低1万4500人の観客動員が認められることとなった。 2021.04.23 20:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly