出場機会減のFC東京MFレアンドロ、5連敗のチームに「いつでも力になれるよ」

2021.05.09 22:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
FC東京の元ブラジル代表MFレアンドロが、自身の『ツイッター』を通じてチームにエールを送っている。9日の鹿島アントラーズとの試合に敗れたことにより、J1リーグで現在5連敗中のFC東京。5試合で13失点と守備が緩いことに加え、攻撃陣もわずか3点しか取れておらず、深刻な得点力不足にも陥っている。

FC東京に2020シーズンから在籍し、同シーズンは公式戦37試合で14ゴール7アシストを記録したレアンドロは、クラブの11年ぶりのルヴァンカップ優勝に貢献。しかし、現段階では出場機会を減らしており、この5連敗中はわずか55分のみとなっている。

それでもレアンドロは鹿島戦直後、不振に喘ぐチームやファンに向けて「いつでも力になれる」と、忠誠心を示した。

「簡単ではない。FC東京のファンはいつもメッセージをくれて、たくさんの愛情を受け取っている。今は元気にトレーニングに励んでいる。FC東京のためにいつでも力になるよ」

「東京ファンの皆、愛のあるメッセージをありがとう」

今節の結果、13位に順位を落としたFC東京は、15日に第14節の柏レイソル戦が控えている。
関連ニュース
thumb

アダイウトンの先制点をFC東京が守り切り3節ぶり勝利!横浜FCは天皇杯も合わせて4連敗【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、横浜FCvsFC東京が19日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、FC東京が1-0で横浜FCを下した。 ホームの横浜FCは4月8日の監督交代後リーグ戦10試合でわずか1勝と、最下位から抜け出せずにいる。先日の天皇杯でもJ3ヴァンラーレ八戸に"下剋上"を許してしまい、いまだにギアが上がらない状態。前節からスタメンを7人変更して今回のFC東京戦に挑んだ。 対するFC東京も天皇杯で順天堂大学に1-2で敗れてしまったものの、その後のルヴァンカッププレーオフステージで湘南を4-1で下し、逆転でプライムステージ進出を決めている。6月に入ってから好調のレアンドロが、リーグ戦では3月10日の神戸戦以来初めてスタメンに入った。 強い雨の中試合が始まり、立ち上がりは両チームともロングボールを蹴り合う落ち着かない展開となる。その中で横浜FCのクレーベが空中戦の強さを見せつけ、ポストプレーで起点を作り続ける。 雨が落ち着くと、FC東京がボールを握り、左サイドハーフのアダイウトンとトップ下のレアンドロを中心に左サイドから攻めていく。対する横浜FCは[4-4-2]の守備ブロックを構えてカウンターを狙う展開に。クレーベがフィジカルの強さとポストプレーを活かして縦パスをおさめつつ、ジャーメイン良が持ち前のスピードを武器にロングドリブルを仕掛けて何度もFC東京の守備陣を切り裂いた。 しかし31分、カウンターの局面でクレーベが二人をかわした直後のシュートがブロックされると、FC東京のアダイウトンがこぼれ球を拾う。左サイドに流れたレアンドロに縦パスを送り、直後にペナルティーエリア内でディエゴ・オリベイラが受けると、そこにサポートに来たのはアダイウトン。ボックス左からキーパーの股を抜く技ありゴールで先制に成功した。 その後もレアンドロからペナルティーエリア内に進入した東へボールが渡り、クロスでチャンスを作るなどするもゴールには至らず。FC東京が1点をリードしてハーフタイムに入った。 ハーフタイムで両チームは交代カードを切る。横浜FCは田代に代えて袴田、FC東京は中村に代えて小川を投入した。 後半開始直後からチャンスを作ったのはFC東京。50分にはCKの流れから青木がフリーでヘディングをするも、惜しくも枠の上に外れる。 対する横浜FCは55分、東への縦パスを武田が自陣でインターセプトすると、そのまま一人でシュートまで持ち込む。ボールは惜しくも右ポストを直撃したが、この試合でチーム初めての決定機を作った。 73分には、高木が上げた左サイドからのクロスをジャーメイン良がフリーで合わせるも空振り。直後の瀬古のシュートはGK波多野のファインセーブによって阻まれた。 以降は両チームともに左サイドから攻め合う展開に。横浜FCは高木のクロス、FC東京は前半と同じようにアダイウトンやレアンドロ、ディエゴ・オリベイラのパスワークでゴールを狙う。 アダイウトンの先制点以降は試合がなかなか動かない中、横浜FCは途中投入の中村俊輔が89分に渡邊千真に合わせてドンピシャのCKを蹴るも、惜しくも枠の左に外れる。 対するFC東京は、93分にレアンドロのヒールパスに田川がフリーで抜け出したが、GK六反との1対1をかわす際にタッチが大きくなってしまい、ビッグチャンスを決め切れず。終盤の横浜FCの攻撃を凌ぎ切ったFC東京が3節ぶりの白星を掴んだ。 横浜FC 1-0 FC東京 【FC東京】 アダイウトン(前31) 2021.06.19 20:31 Sat
twitterfacebook
thumb

1アシストも「良いところと悪いところが両方出た」と語る小川諒也「東京に帰ってしっかり突き詰めたい」

日本代表のDF小川諒也(FC東京)が、キルギス代表戦を振り返った。 日本代表は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でキルギス代表と対戦した。 今回のシリーズでは途中出場が続いていた小川は、初先発。3月のモンゴル代表戦いライの先発となった。 立ち上がりはミスもあった小川だが、積極的に同サイドの浅野拓磨と連携し攻撃を仕掛けると、2-0で迎えた33分にはアーリークロスからオナイウ阿道のゴールをアシストした。 後半途中からはシステム変更に伴いウイングバックに入ると、前からのプレスやインサイドに入って組み立てに参加するなど90分のフル出場。チームの5-1での勝利に貢献した。 試合後、オンラインのメディア取材に応じた小川はアシストを振り返り、「クロスは1、2本上げた時に芝の影響で浮いてしまったので、そこは修正しました」と微調整を行っていたとコメント。「中も3枚、4枚入ってくれたり、合わせやすいシーンが多かったです」と狙いがうまくはまったと語った。 一方で「他の場面はまだまだなところが多くて、良いところと悪いところが両方出たかなと思います」と、反省点も多く感じたようだ。 左サイドでの浅野との関係については「拓磨くんはハッキリ動いてくれるので、その分自分も生かしやすかったですし、かなりのスピードなのでパス出す方も楽というか、裏を簡単に取れる場面が多かったです」と語り、狙いやすいシーンが多かったようだ。 この先、最終予選に向けてはサバイバルとなる。「まずはゴールやアシストの結果が欲しかったので1アシストは良かったです」とコメント。しかし「まだまだ自分には足りないものが多く出たので、東京に帰ってしっかり突き詰めたいと思います」と、クラブでさらに磨きたいと語った。 その課題については「上がったり、相手が来た時にちょっとパスミスが多かったりしたので、その辺は減らさないといけないです」と語り、「次から最終予選ですが、相手のプレスも早くなるので、もっとその辺りを発揮しないといけないと思います」と強度の高い相手に対してのプレーで精度を上げていきたいと語った。 また、「アシストをもっと増やさないといけないと思いますし、もっと早い展開の試合が増えてくると思うので、そこでミスしないように合わせたり、状況判断をもっと早くしないといけないと思います」と、今後の自身の成長ポイントを語った。 2021.06.15 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

連覇目指すFC東京、逆転でベスト8! アウェイ湘南戦でブラジル人トライアングル躍動《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦の1試合が13日にレモンガススタジアム平塚で催され、アウェイのFC東京が4-1で湘南ベルマーレに勝利。2戦合計スコア4-2でFC東京のプライムステージ進出が決定した。 敵地での第1戦を1-0の勝利で飾り、アドバンテージを持って本拠地での第2戦に臨む湘南はアウェイゴールとなる一撃をマークしたウェリントンがベンチに回り、大橋と町野の2トップでスタート。一方、ミッドウィークの天皇杯2回戦で順天堂大学に敗れ、今回の一戦に挑むFC東京はディエゴ・オリヴェイラ、永井、レアンドロを前線に並べ、逆転突破を目指した。 湘南が1つのアウェイゴール差で優位に立ってのリターンレグだったが、連覇の夢を繋ぐためにも2点以上奪っての勝利が条件となるFC東京が先にスコアを動かして、トータルスコアでもイーブンに。11分、敵陣ハーフウェイライン付近の中央でFKのチャンスを獲得すると、キッカーの森重が前線に右足で出した浮き球パスをボックス中央のD・オリヴェイラが胸トラップで落とす。最後は左のレアンドロが右足ボレーをゴール左に突き刺した。 前半の早い段階で湘南のアドバンテージを打ち消したFC東京だが、永井の負傷で14分に切り札待機のアダイウトンを早々に使わざるを得なくなるアクシデント。それでも、トータルスコアで逆転する。35分、レアンドロが敵陣ハーフウェイライン付近から前線にスルーパスを出すと、呼応したD・オリヴェイラが巧みなランで相手最終ラインのスペースを突いて、GK富居と一対一の構図に。ボックス左から冷静に左足でネットを揺らした。 さらに、41分には敵陣左サイドからバングーナガンデ佳史扶が左足で折り返すと、ボックス中央のD・オリヴェイラが先制点に続きポストプレー。この落としに反応した急きょ出場のアダイウトンが豪快な右足ボレーをゴール左に叩き込み、FC東京がブラジル人トリオの活躍で大きくリードする。だが、湘南も44分、山田がバイタルエリア中央に横パスを出すと、中村駿が右足コントロールショット。これがゴール右上隅に決まり、食い下がる。 ブラジル人トリオの脅威に晒され、前半だけで3失点の湘南は突破に最低でもあと2ゴールが必要な状況に陥ってしまっての後半に向け、ハーフタイム明けからウェリントン、畑、池田を投入。その後半もブラジル人トリオが牽引するFC東京の攻撃を辛抱強く凌ぎつつ、反撃に転じていき、フィニッシュの形も作り出していくが、最後の精度を欠く。すると、残る交代枠で田中、オリベイラを投入するが、FC東京も集中を切らさない。 そんなFC東京は後半アディショナルタイム6分も守りの時間が続いたが、同2分にD・オリヴェイラのヒールパスからアダイウトンが強烈な右足シュートを決め切り、勝負あり。FC東京が見事に逆転突破を果たした。なお、準々決勝は9月1日に第1戦、同月5日に第2戦が行われる。 湘南ベルマーレ 1-4(AGG2-4) FC東京 【湘南】 中村駿(前44) 【FC東京】 レアンドロ(前11) ディエゴ・オリヴェイラ(前35) アダイウトン(前41、後45+2) 2021.06.13 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪の『GAMBA EXPO 2021』記念ユニフォームが発表! テーマは「世界とのつながり」

ガンバ大阪が『GAMBA EXPO 2021』の開催を発表。記念ユニフォームのデザインも発表された。 『GAMBA EXPO』は「スポーツのチカラで地域を元気にしたい、地域の心の拠り所でありたい、子ども達に夢を持つきっかけを与えたい」といったガンバ大阪の設立理念を実現すべく、2017年にスタート。毎年満員御礼のスタジアムでたくさんのサポーター・ファンの皆様に支えられながら開催された企画だが、2020シーズンは新型コロナウイルスの影響により開催できず。それでも、今シーズンは開催することが決定した。 今シーズンは8月21日(土)に開催される明治安田生命J1リーグ第25節FC東京戦において実施されることとなる。 『GAMBA EXPO 2021』のテーマは「世界とのつながり」。『サッカーを通じて、失われたつながりを取り戻し、大阪・世界を元気にしたい』という想いのもと、様々な「つながり」を表現した企画の実施を予定している。 また、今回はアメリカ・シアトル在住のアーティスト 太田翔伍(Shogo Ota)さんが『GAMBA EXPO 2021』の記念ユニフォーム・ユニフォームシャツをデザインした。 『GAMBA EXPO 2021』の記念ユニフォームシャツのカラーは“青竹色”を基調としたグリーン。グリーンには「健康、平和、安心、調和」などの意味合いがあり、新型コロナウイルスのいち早い終息、世界の人々の健康を願ってグリーンを採用している。 デザインは『GAMBA EXPO 2021』のテーマ「世界とのつながり」を、竹素材の画材で描いたデザインに。ガンバ大阪、サッカーに関連した要素をはじめ、ガンバ大阪に関わりが深い要素がアートの中に盛り込まれています。さらに、「リモート〇〇」という言葉が一般的になり、直接会えなくてもコミュニケーションを取ることができるインターネット上での「つながり」がコロナ禍において注目。そういったインターネットに関連する要素もいくつか盛り込まれ、全ての要素が合わさって1つのアートとして表現されている。 <span class="paragraph-title">【写真】選手が着用するユニフォームのデザインは?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20210612_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.06.12 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

田川亨介、FW陣のサバイバルに「チームの為に懸命に走れた」

U-24日本代表のFW田川亨介(FC東京)がジャマイカ代表戦に向けて意気込んだ。 東京オリンピックに向けて最後のメンバー選考となるジャマイカ戦。5日に行われたU-24ガーナ代表戦ではベンチから外れ、この試合に強い意気込みを持って臨むこととなる。 FW陣は国内組のみが招集され、オーバーエイジも呼ばれていない状況。期待が懸かる中、最終選考前のラストマッチでアピールしたいところだ。 ここまでの合宿の手応えについては「まだ何とも、正直何が起きるかわからないんで、何とも言えない感じはします」とコメント。雰囲気については「普段はそんな感じさせないですけど、たぶん各々違った感情で来てるとは思います」 1トップ以外でも、サイドでの起用もされている田川。ポジションについては「チームではいつも右のサイドやってるんで、そういう慣れはあるので、あとはチームにどうやって合わせていくか。前だけじゃなくてサイドもやることによって自分の幅も広がりますし、そこはポジティブに捉えていきたいなと思ってます」と語り、チームでやっている複数ポジションができることはプラスだと考えた。 オーバーエイジとのプレーについては「局面の判断の早さだったりとか考えてることだったりっていうのは、またちょっと違うかなという印象はありました」とコメント。具体的には「セットプレーだったりとか、次のことを予測してこうなりそうだからじゃあお前はこうしろとか、そういう指示があってそこは経験の違いが出てるかなって感じはします」と、それぞれの判断の早さを挙げていた。 5日のガーナ戦では同じFWの上田綺世(鹿島アントラーズ)がゴール。これについて「だいぶ大きい刺激は受けましたね。自分も負けてられないって気持ちはより一層強くはなりました」とコメント。田川はA代表との試合で独走してゴールを奪うチャンスがあったが「そこも自分の中では結構大事なチャンスだったなとは、そこを決め切れてたら変わることもあっただろうしというのは感じてはいます」と、チャンスを逸したことを悔やんだ。 ジャマイカ戦については「どのポジションでチャンスがあるかわからないですけど、もらった所でしっかり自分のストロングを出しつつ、他の守備の所とかでもしっかりチームの為に懸命に走れたらと思います」とチームに貢献するために臨むとした。 東京オリンピックについては「自分にとっては1つの人生の岐路じゃないですけど、出ると出ないでは今後も変わって来るので、そこはしっかり意識しながらやりたいなと思います」とコメント。ジャマイカ戦での活躍に期待が懸かる。 2021.06.12 10:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly