出場機会減のFC東京MFレアンドロ、5連敗のチームに「いつでも力になれるよ」

2021.05.09 22:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
FC東京の元ブラジル代表MFレアンドロが、自身の『ツイッター』を通じてチームにエールを送っている。

9日の鹿島アントラーズとの試合に敗れたことにより、J1リーグで現在5連敗中のFC東京。5試合で13失点と守備が緩いことに加え、攻撃陣もわずか3点しか取れておらず、深刻な得点力不足にも陥っている。

FC東京に2020シーズンから在籍し、同シーズンは公式戦37試合で14ゴール7アシストを記録したレアンドロは、クラブの11年ぶりのルヴァンカップ優勝に貢献。しかし、現段階では出場機会を減らしており、この5連敗中はわずか55分のみとなっている。
それでもレアンドロは鹿島戦直後、不振に喘ぐチームやファンに向けて「いつでも力になれる」と、忠誠心を示した。

「簡単ではない。FC東京のファンはいつもメッセージをくれて、たくさんの愛情を受け取っている。今は元気にトレーニングに励んでいる。FC東京のためにいつでも力になるよ」

「東京ファンの皆、愛のあるメッセージをありがとう」

今節の結果、13位に順位を落としたFC東京は、15日に第14節の柏レイソル戦が控えている。


関連ニュース
thumb

仙台、林彰洋の加入を発表! 今季をもってFC東京を退団、「来てくれてよかったと思ってもらえるように」

ベガルタ仙台は26日、GK林彰洋(35)の加入決定を発表した。 流通経済大学時代から日本代表に呼ばれるなど、目がかけられる存在だった林はいずれも下部だが、イングランドとベルギーでのプレーを挟み、2012年の清水エスパルスでJリーグ初挑戦。2013年からサガン鳥栖に移り、2017年にFC東京入りした。 移籍1年目から守護神の座を射止め、2019年にJリーグベストイレブンを初受賞。だが、2020年11月の練習中に右ヒザの前十字じん帯および外側半月板を損傷して翌月に手術を受けると、今年1月にも再手術に踏み切り、公式戦の出場から遠ざかる。 今年7月からはチームの練習に参加し、復活を期す状況だったが、5日にホームで明治安田生命J1リーグ最終節の川崎フロンターレ戦をチームとして控えるなか、クラブが今季限りでの契約満了を発表。来季から新天地を求めることが決まっていた。 林はJ1昇格を目指す仙台で再起を期すことになり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「ファン、サポーターのみなさま、はじめまして林彰洋です。ベガルタ仙台がJ1昇格という目標を達成するために自分が持っているもののすべてを注ぎ込み、林彰洋が来てくれてよかったと思ってもらえるようにがんばります。シーズンを通して良い時も悪い時もあると思いますが、仙台・宮城という地域が一丸となって、選手とみなさまで最高の雰囲気を作っていきましょう。よろしくお願いします」 2022.11.26 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、大物ルーキー松木玖生と来季契約合意 「2022シーズンの自分を超えられるように」

FC東京は26日、MF松木玖生(19)との来季契約合意を発表した。 今季、青森山田高校からの大物ルーキーとして鳴り物入りでFC東京入りした松木。1年目からその前評判通りにポジションを掴み、明治安田生命J1リーグで31試合2得点の数字をマークした。 来季に向け、「2023シーズンも東京でプレーさせていただきます。自分自身さらにレベルアップし、2022シーズンの自分を超えられるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。 2022.11.26 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京がDF中村帆高との契約更新を発表「チームがタイトルを掴めるよう全力で頑張ります」

FC東京は25日、DF中村帆高(25)との契約更新を発表した。 中村は横浜F・マリノスの下部組織出身で、日大藤沢高校から明治大学へと進学。2020年からFC東京へと加入した。 FC東京では1年目はJ1で28試合1得点、2年目は8試合に出場。今シーズンはJ1で22試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合に出場していた。 中村はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただきます。大好きなこのクラブで戦える幸せを噛み締め、勇気と覚悟を持って戦います」 「個人として目に見える結果を貪欲に求め、チームがタイトルを掴めるよう全力で頑張ります。2023シーズンも熱い応援よろしくお願いします」 2022.11.25 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京が今季守備を支えた木本恭生と契約更新「サッカーを楽しみます!」

FC東京は24日、DF木本恭生(29)との契約更新を発表した。 木本はセレッソ大阪でキャリアをスタートさせると、2021年は名古屋グランパスでプレー。今シーズンからFC東京に加入した。 アルベル監督の下、FC東京では明治安田生命J1リーグで33試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップで1試合出場、天皇杯で2試合に出場していた。 木本はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただきます。より自覚と責任感を持って戦い、サッカーを楽しみます!応援よろしくお願いします」 2022.11.24 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京が東慶悟と来季契約合意! 「全力で戦います」

FC東京は23日、MF東慶悟(32)と2023シーズンの契約合意に達した旨を発表した。 東は2013年に大宮アルディージャから加入。10年目の今季は得点なしに終わったが、明治安田生命J1リーグ24試合、ルヴァンカップ5試合、天皇杯2試合に出場した。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただくことになりました。2022シーズンは、タイトルを獲ることができず、チームとしても個人としても悔しいシーズンになりました。自分自身もっと成長し、タイトルを獲得できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2022.11.23 13:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly