昇格組対決に敗れたウエスカは降格圏を脱出できず…岡崎は2試合ぶりの途中出場《ラ・リーガ》

2021.05.09 03:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
岡崎慎司の所属するウエスカは8日、ラ・リーガ第35節でカディスと対戦し1-2で敗戦した。岡崎は85分から出場している。前節のソシエダ戦で4試合ぶりの白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点30)が、12位カディス(勝ち点40)のホームに乗り込んだ一戦。ウエスカの岡崎は4試合連続のベンチスタートとなった。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、カディスが28分にゴールに迫る。アカポの左クロスがDFに当たり中央へ流れると、これをボックス中央で拾ったアレホが落とすと、イサ・カルセレンがボックス外からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の左に外れた。

一方のウエスカは、ポゼッションでこそカディスを上回ったが、決定機を作るには至らずに時間が経過。するとカディスは、43分にセットプレーからスコアを動かす。右CKをニアサイドでロサーノがフリックすると、最後はファーサイドに走りこんだマウロが頭でゴールに流し込んだ。

先制を許したウエスカだったが、前半アディショナルタイム1分に敵陣左サイドでラファ・ミルがパスを受けると、相手GKの位置を確認しロングシュート。GKレデスマも必死に戻ったがわずかに届かず、シュートはそのままゴールネットに突き刺さった。

このまま前半終了かと思われたが、その1分後にカディスが勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファリのロングフィードでボックス中央左に抜け出したマルバシッチが飛び出したGKを引きつけラストパス。これをロサーノがゴールに流し込み、カディスが1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半、1点ビハンドのウエスカはモスケラとヴァヴロを下げてセルヒオ・ゴメスとペドロ・ロペスを投入。さらに59分には、マフェオを下げてエスクリチェをピッチに送り出した。

すると64分、ガランのロングスローからボックス中央左のサンドロ・ラミレスがオーバーヘッドシュートを狙うもこれはミス。さらにこのこぼれ球を拾ったシオバスのシュートは右ポストに嫌われた。

その後も膠着状態が続く中、ウエスカは85分にガストン・シルバを下げて岡崎を投入。89分には中盤からのロングフィードをボックス手前の23が頭で繋ぐと、ボックス中央右の岡崎がハーフボレーで狙ったが、ミードがズレた力のないシュートはGKにキャッチされた。

結局、ウエスカは最後までゴールをこじ開けることはできず。カディスとの昇格組対決に敗れたウエスカは、降格圏を脱出することができなかった。
関連ニュース
thumb

サンドロ・ラミレス、ヘタフェにレンタル移籍

ヘタフェは2日、ウエスカのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(26)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 バルセロナでプロデビューを飾ったストライカー兼ウインガーのサンドロ・ラミレスは、マラガでの活躍を経て2017年7月にエバートンへ完全移籍。しかし、エバートンでは結果を残せず2018年1月にセビージャ、そして同8月にレアル・ソシエダへそれぞれレンタルに出されていた。 その後、バジャドリーへのレンタルを経て2020年夏にウエスカへ完全移籍。昨季はラ・リーガ20試合の出場で5ゴールを挙げたが、クラブは1年で2部へ降格していた。 2021.08.03 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタ、降格ウエスカからリーグ屈指の攻撃的SBハビ・ガランを獲得!

セルタは7月31日、ウエスカからスペイン人DFハビ・ガラン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 ガランはバダホス、コルドバを経て2019年1月にウエスカへ完全移籍で加入。すぐさま左サイドバックのレギュラーに定着も、チームはセグンダA(スペイン2部)に降格した。 それでも、翌シーズンに日本代表FW岡崎慎司らと共にセグンダ優勝を果たし、1年でのプリメーラ復帰を果たすと、昨シーズンのプリメーラではチームは再び降格の憂き目に遭ったものの、個人としては37試合1ゴール2アシストの数字を残した。 そして、左サイドバック、ウイングバックを主戦場に突破力と高精度のクロスが高い評価を集めるリーグ屈指の攻撃的サイドバックは、昨シーズンの後半戦で躍進を遂げたセルタへのステップアップを勝ち取った。 2021.08.01 13:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ウエスカが岡崎慎司に次ぐ2人目の日本人選手獲得! FW桑原茜が女子チーム初の選手に

ウエスカは27日、日本人FW桑原茜(28)が加入することを発表した。桑原はウエスカの女子チームにとって初めての日本人となる。 ウエスカといえば、元日本代表FW岡崎慎司が2020-21シーズンまで所属していたクラブ。クラブ史上2人目の日本人選手となり、ウエスカ・フェメニーノ(女子チーム)にとっての1人目の日本人となる。 桑原は大阪府出身でなでしこリーグ2部のASハリマアルビオンで20015年から2018年までプレー。その後はスペインへと渡り、昨シーズンはレバンテ・ラス・プラナスでプレーした。 そこでは16試合で14ゴールを決め、チーム内得点王に輝く活躍。ウエスカに加入することが決まった。 桑原はクラブを通じて、加入の意気込みを語った。 「こんにちは。今シーズンからウエスカ・フェメニーノでプレーさせていただくことになりました桑原茜です」 「チームの目標であるリーグ優勝、昇格に向けて全力で戦っていきたいと思います。頑張ろう、ウエスカ!」 <span class="paragraph-title">【動画】加入の意気込みを語る桑原茜</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">女子ウエスカの補<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A1%91%E5%8E%9F%E8%8C%9C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#桑原茜</a> 選手の最新コメント<br><br>「チームの目標であるリーグ優勝、昇格に向けて全力で戦っていきたいと思います。 <br>頑張ろう、ウエスカ!」<a href="https://twitter.com/Mamrm5?ref_src=twsrc%5Etfw">@Mamrm5</a> <a href="https://twitter.com/SDHuescaFem?ref_src=twsrc%5Etfw">@SDHuescaFem</a> <a href="https://t.co/DGHOOameRA">pic.twitter.com/DGHOOameRA</a></p>&mdash; SDウエスカ【公式】 (@SDHuesca_jp) <a href="https://twitter.com/SDHuesca_jp/status/1420341729165709313?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.29 09:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ウエスカがナイキとサプライヤー契約締結!ケルメとの契約は早期終了へ

ウエスカは18日、ナイキとのサプライヤー契約を発表した。契約期間は2021-22シーズンから4年間となる。 ウエスカは2018年からスペインのブランドであるケルメがユニフォームを提供していたが、契約を早期に終了した形だ。 ウエスカのマヌエル・トーレスCEOは、今回の契約に関して「ナイキブランドは私たちと同じ価値観を反映している。ファンに新しい魅力的な製品を提供することを楽しみにしている」とコメントした。 また「これは私たちのブランドのマーケティングと拡大のためにより多くの可能性を生み出すので、クラブにとって重要な合意である」と語り、今後のクラブのブランド価値向上に期待を寄せた。 なお、2021-22シーズンのユニフォームに関しては、間もなく発表があるとのことだ。 日本代表FW岡崎慎司も在籍するウエスカは、今シーズンからラ・リーガ昇格。しかし、序盤から降格圏に沈むと、7勝13分け18敗の18位に終わり、1年での2部降格が決定していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ウエスカ、ケルメ時代のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/GettyImages-1305794453.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.19 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

降格バジャドリー、ウエスカのパチェタ監督を招へい

バジャドリーは16日、ウエスカを率いていたパチェタ監督(53)の就任を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 今季ラ・リーガで19位に沈んだバジャドリーは4季ぶりに降格。セルヒオ・ゴンサレス監督との契約を解除していた。 昨季、エルチェを1部昇格に導いたパチェタ監督は、今年1月にFW岡崎慎司の所属するウエスカの指揮官に就任。6勝4分け10敗の戦績を残して一時は残留圏内に浮上するなどチームを立て直したが、最終的には18位に終わってウエスカは降格していた。 2021.06.17 00:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly