4失点敗北レスター、CL権揺らぐ指揮官「多過ぎるミスの代償」…残り3試合は“ビッグ6”との連戦

2021.05.08 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が嘆きつつ、切り替えの必要性を説いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

佳境のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位につけるレスターは7日に行われた第35節で残留争い真っ只中の17位に沈むニューカッスルをホームに迎え撃ったが、73分までに4失点。終盤に2点差まで詰め寄ったが、及ばず、2-4で敗戦した。

これで2試合未勝利となり、今節の戦いを残す4位チェルシーの結果次第で3位からの転落危機に直面した上、勝ち点5差の5位ウェストハムにも詰め寄るチャンスを許したレスター。ロジャーズ監督は試合後、今季最多4失点の大敗劇を振り返り、次節からの立ち直りを求めた。

「分析するのは簡単。我々は多くのミスを犯した。そんなことをやっている余裕なんてない。失点の形もらしくないものだった。望みを叶えたいのであれば、シーズンのこの時期はより集中しなければ。今日は集中力がなかった。優秀なチーム、優秀な選手たちを相手にあのようなプレーをすれば、罰せられることになるものだ」

「戦い続けた選手たちに関しては誇らしく思う。ときどき責任の押しつけ合いなったりもするが、最後まで戦い続けてくれた。多過ぎるミスの代償を払うことになってしまったがね。若い選手たちによくあることで、最初の失点にしてもお粗末なミスであるのがわかる。ほかにもミスがあったが、それもフットボールだ」

「若い選手たちがいれば、そういうことも起こる。私のもとにいる選手たちは非常に正直で、心底がっかりしてもいるが、気を取り直して火曜日の試合に再び臨んでいかなければならない」

なお、レスターは残り3試合でビッグ6との3連戦となり、11日の次節は2位マンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦。それが終わると、18日の第37節で4位チェルシーとのアウェイ戦に臨み、23日の最終節で6位トッテナムをホームに迎え撃つ。

関連ニュース
thumb

マディソンが初トロフィーを記念したクールな“タトゥー”を披露!「夢は叶う」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソンが新たなタトゥーを披露した。自身のインスタグラムで伝えている。 2018年夏にノリッジからレスターに加入したマディソンは、加入初年度からレギュラーの座を射止めると、今シーズンも公式戦42試合に出場して11ゴール11アシストをマーク。FAカップではチェルシーを決勝で破り優勝。自身のキャリアで初のタイトルを獲得していた。 そんなマディソンは10日、自身のインスタグラムで、スタジアムを目の前に佇む背番号「10」の少年とFAカップのトロフィーを描いた新たなタトゥーを披露。そこには「夢は本当に叶う」という文字も刻まれていた。 今回マディソンにタトゥーを入れたのは、タトゥーアーティストのダレン・マクガバン氏。これまでにもマンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードやFWメイソン・グリーンウッドなど何人ものプレミアリーグの選手のタトゥーを担当している。 <span class="paragraph-title">【写真】マディソンが入れたクールな“タトゥー”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CP8pTxINozI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">James Maddison(@madders)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.06.13 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター退団のフックスが来季MLS参戦のシャーロットFCへ加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシャーロットFCは7日、今季限りでレスター・シティを退団した元オーストリア代表DFクリスティアン・フックス(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 フックスは、母国のウィーナー・ノイシュタットやマッテルスブルクでプレーし、その後はドイツへ活躍の場を移すと、ボーフムやマインツでプレー。2011年7月にはシャルケへと完全移籍する。 シャルケでは公式戦136試合に出場し8ゴール30アシストを記録。元日本代表DF内田篤人と両サイドバックを務めるなどし、主力としてプレー。2015年7月にレスターへと移籍した。 左足から繰り出される高精度のキックはレスターでも武器に。加入1年目の2015-16シーズンからいきなり左サイドバックのレギュラーに定着すると、プレミアリーグで32試合に出場し4アシストを記録。チームの奇跡の優勝に大きく貢献した。 その後も左サイドバックのレギュラーとしてプレーし、152試合に出場し3ゴール13アシストを記録。しかし、近年は出場機会が激減しており、今季も公式戦16試合に出場にとどまっていた。 シャーロットFCは、2022年からメジャーリーグサッカー(MLS)に参入することが決定しており、フックスは2022年1月からクラブに加入することとなる。 2021.06.08 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ監督が3度目のプレミアリーグ最優秀監督に輝く! ルベン・ディアスとW受賞

プレミアリーグは5日、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が2020-21シーズンの年間最優秀監督に選ばれたことを発表した。 2016年夏の就任から5シーズン目を迎えていたグアルディオラ監督。今季はクリスマスの時点で8位に甘んじていたものの、そこから2月半ばにかけて15連勝を達成し一気に首位へ。最終的に2位のマンチェスター・ユナイテッドに12ポイントの差をつけて、ここ4年で3度目の優勝に導いた。 連覇した2017-18、18-19シーズンにも最優秀監督に選ばれていたスペイン人指揮官は、これでアーセン・ヴェンゲルとジョゼ・モウリーニョに並ぶ3度目の受賞に。サー・アレックス・ファーガソンは11回にも及ぶ。 その他の候補者では、マルセロ・ビエルサ(リーズ・ユナイテッド)、デイビッド・モイーズ(ウェストハム)、ブレンダン・ロジャーズ(レスター・シティ)、オーレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド)が名を連ねていた。 なお、最優秀選手にはシティのポルトガル代表DFルベン・ディアスが輝いており、DFとして4人目、ポルトガル人として2人目の快挙となった。 2021.06.05 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

トップ4逃したレスター、指揮官は夏の補強に期待「トップレベルで戦った経験のある選手が必要」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、チームの強化を望んだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 レスターは今シーズンのプレミアリーグにおいて長くトップ4を維持し続けていたが、ラスト5試合で3敗と失速。23日に行われたプレミアリーグ最終節のトッテナム戦を2-4で落としたチームは5位でシーズンを終え、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。 今シーズンはFAカップでクラブ初の優勝を飾ったものの、プレミアリーグでは悔しい結果となったことを受け、ロジャーズ監督は来季に向けた補強を希望。DFウェズ・モーガン、DFクリスティアン・フックスらベテラン選手が去り、エースのFWジェイミー・ヴァーディも34歳となるチーム事情があるため、経験のある即戦力を獲得したいと語った。 「我々はチーム強化を考えている。もっとゴールを狙える選手が必要であり、チームにはもう少しフィジカルな部分も求められる。勝利へのメンタリティを持ち、それを理解している選手をあと1人か2人連れてきたいね」 「何かを勝ち取ったことのある選手や、それぞれのチームのトップレベルで戦った経験のある選手が必要だ。チームから経験豊富なベテランがいなくなってきている以上、経験豊富な選手を加えたい」 また、ロジャーズ監督は今シーズントップ4の座を逃したことに言及。悔しさを露わにしつつ、FA優勝などチームは着実に成長を遂げていると強調した。 「この先もエキサイティングな時期は続くが、我々はこのシーズンに多くを費やしてきたから、今は辛く厳しいね。夏にチームを助ける新しい選手を何人か加えて、準備をしていきたい」 「マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシーなどのチームと競い合うことが、大きな挑戦であるのはわかっている。しかし、それこそが我々にとっての大きな試練だ」 「チームが1年間すべてを捧げた姿を、ファンは見てくれたと願っている。我々は歴史を作ってきたし、これからも前進していく」 「我々はエリートたちに挑戦しており、トロフィーを目指して戦うことができる。今季は1つのタイトルを獲得できた。我々は来シーズンに向け再び挑戦し、戦う準備をしている」 2021.05.25 11:44 Tue
twitterfacebook
thumb

残り15分でCL出場権がスルり…レスター指揮官が落胆「正直言って、ガッカリしている」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは23日、プレミアリーグ最終節でトッテナムをホームに迎えた。 リバプール、チェルシーと3チームで2つのCL出場権を争う中、他会場の結果にも左右される中、望みをかけて挑んだ。 すると18分にPKを獲得しジェイミー・ヴァーディが決めて先制。41分にハリー・ケインにゴールを許し追いつかれるも、52分に再びヴァーディがPKを決めて2-1とリードする。そのまま試合は終盤に。他会場ではチェルシーが負けているため、勝てばCL出場権を獲得できる状況だったが、トッテナムが反撃する。 76分にCKからパンチングに逃げようとしたGKカスパー・シュマイケルが強く叩けずにオウンゴールとなると、87分にはガレス・ベイルにゴールを許し逆転を許す。さらに後半アディショナルタイムにもベイルにゴールを許し、2-4で敗戦。この結果、5位のままシーズンを終え、ヨーロッパリーグ(EL)に出場することが決まった。 勝っていれば4位に滑り込めたレスター。試合後、ロジャーズ監督は結果に落胆。この試合の内容が良くなかったと語った。 「正直言って、ガッカリしている。この瞬間、選手たち、そしてクラブで働く人たちを気の毒に思う。我々はとても近づいていた」 「私はチャンピオンズリーグに出場するということが何を意味するのか。そして、今後の我々をどう助けるのかもわかっていた」 「当然のことながら、失望を味わうだろう。でも、38試合を終え、我々は足りていなかった」 「チームに誇りを持っているが、不利な状況になった時、いかに挑戦を続け、最後までプレーを続けたか…今日はそれが十分ではなかった」 結果として、最終節で落胆することとなったレスター。しかし、シーズンを通して上位を争い続けた他、FAカップをクラブとして初優勝するなど、充実したシーズンに。ロジャーズ監督も、時間が経てば、素晴らしいシーズンだったと思えると語り、来季への意欲を示した。 「我々にとって素晴らしいシーズンだった。追加の一歩を踏み出せなかったことで失望している。でも、24時間、48時間後に一歩下がって成し遂げたことを見れば、2年間指揮していて、トップに対して挑戦していた」 「順位表、クラブの歴史の中で初めてFAカップを優勝したという点で、進歩を遂げているということは、明らかに我々みんなが誇りに思っていることだ」 「現段階では、失望がしばらく続くと思う。そのあと、我々は準備し、戻り、そしてさらに激しく戦うことを目指す」 2021.05.24 10:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly