ユナイテッドが4季ぶりの決勝進出! ローマに意地の勝利許すも初戦のアドバンテージで逃げ切る《EL》

2021.05.07 06:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグ、ローマvsマンチェスター・ユナイテッドが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。ただ、2戦合計スコアでは5-8としたユナイテッドの決勝進出が決定している。

先週にオールド・トラフォードで開催された1stレグは、優勝候補筆頭のユナイテッドが6-2という衝撃的なスコアで先勝に成功し、今回の一戦を待たずしてグダニスク行きの切符をほぼ手中に収めた。

前半に3選手が負傷交代するアクシデントがあったとはいえ、課題の守備崩壊によって惨敗したローマは、先週末のセリエAではサンプドリアに0-2の完敗を喫し、来シーズンのEL出場権獲得も絶望的となった。

さらに、4日には今シーズン限りでのフォンセカ監督の退任および、モウリーニョ氏の来季新監督招へいという驚きのニュースが舞い込んだ。そんな激動の1週間を過ごしたチームは公式戦7戦ぶりの白星を目指す中、1stレグから先発4人を変更。いずれも初戦で負傷したGKパウ・ロペス、ディアワラ、ヴェレトゥ、スピナッツォーラに代えてサスペンション明けのマンチーニ、GKミランテ、ブルーノ・ペレス、ペドロが起用された。

一方、ユナイテッドは2つのアウェイゴールを与えこそしたものの、圧巻のゴールショーで2016-17シーズン以来のELファイナル進出をほぼ確実なモノとした。ただ、クラブを巡ってはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に同意したオーナー一家に対するサポーターからの批判が高まっており、2日に開催予定だったリバプール戦が一部の過激なサポーターによる本拠地での過激な抗議活動の結果、開催延期となる事件に見舞われた。

これにより、今週末からの5日間にリーグ戦3試合の超過密日程を強いられることになったスールシャール監督は、難しい用兵を迫られた中で1stレグから先発3人を変更。リンデロフ、マクトミネイ、ラッシュフォードをベンチに置き、バイリー、ファン・デ・ベーク、グリーンウッドを起用した。

逆転突破に最低4点が必要なローマは本職センターバックのマンチーニを中盤に上げた前輪駆動の[4-2-3-1]を採用。これに対してユナイテッドは同じ[4-2-3-1]を採用も、ポグバをボランチ、ファン・デ・ベークを左ウイングと配置に変化を加えた。

戦前の予想通り、キックオフ直後から前がかるローマは開始直後に得た連続のセットプレーからゴール前のマンチーニが左足ボレー、ムヒタリアンがヘディングシュートといきなり相手ゴールに迫る。以降も前から激しく圧力をかけて良い形でボールを奪い、ペッレグリーニやペドロが積極的に足を振っていくが、最後の精度を欠き開始早々のゴールには至らなかった。

一方、初戦の大量リードが足かせとなったか、あるいはローマの4バックへの変更が想定外だったか、防戦一方の展開が続くユナイテッド。それでも、徐々に相手の圧力に慣れてくると、うまく試合を落ち着けていく。さらに、前がかりな相手の背後を突く形の攻撃から20分にフレッジの浮き球スルーパス、26分にブルーノ・フェルナンデスのスルーパスに抜け出したカバーニに続けてビッグチャンスが訪れるが、一度目はループシュートが枠の上、2度目はコースの甘いシュートをGKミランテに阻まれてアウェイゴール奪取とはならず。

その後、筋肉系のトラブルによってスモーリングがプレー続行不可能となり、初戦に続いて前半に負傷交代を余儀なくされたローマは30分、これがELデビューとなる19歳MFダルボーをスクランブル投入。この交代でマンチーニがセンターバックにポジションを下げた。

すると、相手のメンバー変更で生まれた一瞬の隙を試合巧者のアウェイチームが見事に突く。39分、ショーの縦パスに反応したトップ下のブルーノ・フェルナンデスがセンターバックに落ちたマンチーニを釣り出してレイオフ。サポートに入ったフレッジが前向きに持ち運んで背後を狙うカバーニへ絶妙なスルーパスを通すと、百戦錬磨のウルグアイ代表FWはこの試合3度目の決定機をきっちり決め切り、決勝進出を決定づけるアウェイゴールを奪った。

ハーフタイムにかけてはよりオープンな展開となり、ローマはムヒタリアン、ユナイテッドはグリーンウッド、B・フェルナンデスと互いに決定機を作り合うが、前半はユナイテッドの1点リードで終了した。

迎えた後半、ようやく突破を確信したスールシャール監督はワン=ビサカとショーの両サイドバックを下げてブランドン・ウィリアムズ、テレスをハーフタイム明けに投入し、今後の連戦を睨んだ采配を見せた。

一方、逆転突破は絶望的も何とかホームゲームを勝利し、一矢報いたいローマは後半も引き続き攻勢を仕掛けていく。GKデ・ヘアの牙城を破れず、早い時間帯の同点ゴールとはならなかったが、55分を過ぎてようやく序盤からの攻勢が結実する。

57分、クリスタンテのスルーパスに反応したムヒタリアンがボックス左のゴールライン際で浮き球の折り返しを入れると、これをファーのペドロがダイレクトシュート。当たり損ねとなったボールがゴール前のジェコへの絶好の折り返しとなり、ユナイテッドキラーがヘディングで初戦に続くゴールとした。

このゴールで完全に勢いづいたローマは直後の60分に相手ボックス付近でフレッジからボールを奪ったペッレグリーニのショートパスに反応したクリスタンテが半身から鋭い右足のシュートをゴール左隅に突き刺し、逆転に成功した。

さらに、畳みかけるホームチームは1分後にも右サイドのスペースに抜け出したカルスドルプからの絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだジェコがヘディングシュート。さらに、こぼれ球に詰めたペドロがゴール至近距離からシュートを放つが、いずれもGKデ・ヘアのビッグセーブに遭う。続く62分にもボックス右でペドロがグラウンダーで折り返したボールをニアに飛び込んだムヒタリアンがワンタッチで合わすが、これもデ・ヘアの身体を張ったビッグセーブに阻まれた。

デ・ヘアの連続セーブがなければ、2戦合計スコアでも危うい展開になりかねなかったユナイテッドは、精彩を欠いたポグバを下げてマティッチを64分に投入。攻守のバランスを整えにかかる。すると、初戦と同様に苦しい展開を救ったのは、絶対的司令塔とストライカーのコンビだった。

68分、グリーンウッドのボックス内でのボールキープからマイナスの落としを受けたB・フェルナンデスが絶妙な斜めのクロスをゴール前に入れると、ボックス右から完璧に相手の背後を取って斜めにゴール前に飛び出したカバーニが頭で合わせ、2戦連続での2ゴールを達成した。

これで2戦合計の勝負は完全に決した中、ユナイテッドは殊勲のカバーニを下げてラッシュフォードを投入。対してこの試合での勝利にこだわるローマは、76分にジェコとペドロを下げてマジョラルと、これがトップチームデビューとなる19歳MFザレフスキをピッチに送り込んだ。

すると、この一戦へのモチベーションで上回るホームチームが勝ち越す。83分、ボックス左角でサントンが入れた浮き球のクロスをファーで反応したザレフスキが右足ダイレクトボレー。これがDFテレスに当たって大きくコースが変わり、GKデ・ヘアの股間を抜けたボールがゴールネットに吸い込まれた。

記録上はテレスのオウンゴールもトップデビューのザレフスキの大仕事で勝ち越しに成功したローマは以降も懸命にゴールを目指したが、さすがにここから大量ゴールを奪うまでには至らず。

この結果、カバーニの2戦連続2ゴールの活躍によってトータルスコアを8-5としたユナイテッドが4シーズンぶりの決勝進出を果たした。なお、今月26日にポーランドで行われる決勝ではアーセナルを破って初の決勝進出となったビジャレアルとの対戦が決定している。

関連ニュース
thumb

マクトミネイ、存在感高まるも背番号変わらず 「39番は…」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがデビュー当時から同じ背番号を背負い続ける理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月に1stチームデビューのマクトミネイ。守備的な役割が主なタスクだが、公式戦49試合に出場した今季はボックス・トゥ・ボックスの動き出しにも磨きをかけ、キャリアハイの7得点(2アシスト)を記録するなど、存在感は高まるばかりだ。 そんな身長193cmの大型MFはデビュー当時から背番号「39」のまま。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードや同代表FWメイソン・グリーンウッドを典型例にアカデミー出身者はチームでの重要性が高まるにつれ、背番号も変わっていく傾向だが、マクトミネイは違う。 それは何故なのか。マクトミネイはファンとのQ&Aでその件を問う質問を受けると、背番号の変更を願い出るどころか、検討すらもしたことがないと述べ、39番に対する愛着を口にした。 「39番は初めてもらった番号だし、特別なんだ。誰からも背番号の変更を求められておらず、そういう話も一切ない。3年前も、2年前も、そして去年もね。何も言われないし、僕も満足だ」 2021.06.15 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

GKロメロら退団のユナイテッド、GKヒートンの復帰決定的に! 今週にもメディカルチェック&サイン

マンチェスター・ユナイテッドの新たなGK獲得が秒読みのようだ。 その新たなGKとは元イングランド代表GKトム・ヒートン(35)だ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで明かしたところによると、ヒートンは今週にもユナイテッドのメディカルチェックを受け、1年延長オプションが付いた2023年6月までの契約にサインする見込み。7月の公式発表が予想されるという。 ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアとイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンを擁するが、先日に元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロとポルトガル人GKジョエル・ペレイラがそれぞれ契約満了で退団。今季が契約最終年のイングランド人GKリー・グラントとは延長交渉中だが、もう1枠を埋めるべくヒートンに白羽の矢を立てた模様だ。 3キャップのイングランド代表歴を持つヒートンは2002年に練習生としてユナイテッドのアカデミーに加わり、2005年にトップチーム昇格を果たしたが、出番に恵まれず、度重なるレンタルを経験。2010年のカーディフ移籍を機にユナイテッドを退団すると、ブリストル・シティ、バーンリーを経て、2019年夏からアストン・ビラに活躍の場を移した。 だが、昨季途中に負ったヒザの前十字じん帯損傷でしばらく戦線から遠ざかると、今季はアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスの加入でベンチを温める日々が続き、出番なしで終戦。アストン・ビラとの契約も今月いっぱいで満了となるなか、以前から古巣ユナイテッドとの交渉が取り沙汰されている状況だった。 2021.06.15 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチョ狙うユナイテッド、ドルトとまだ隔たりか…選手側とは個人条件などで合意済みの見方も

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の獲得に動いているが、クラブ間交渉でまだ隔たりがあるようだ。 昨夏に続いて、サンチョの獲得に本腰といわれるユナイテッド。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が明かしたところによると、ユナイテッドはサンチョ側と個人条件だけでなく、代理人手数料でも合意。ドルトムントとの協議という次のフェーズに入っているといわれる。 だが、イギリス『BBC』によると、そのクラブ間交渉はまだ合意点を探る段階にある様相。ユナイテッドは移籍金6700万ポンド(約103億8000万円)のオファーを出したが、ドルトムント側は移籍金7750万ポンド(約120億1000万円)+ボーナス425万ポンド(約6億5000万円)を求め、拒否した模様だ。 また、金額面の差以外にも完済期間を巡っても両者にズレがあり、ユナイテッドが5年間を提案したのに対して、ドルトムントは4年間しか求めていない様子。昨夏と同じ轍を踏みたくないユナイテッドはドルトムントの反応を受けて、オファーを修正するか否かの検討しているようだ。 今季も最終的に公式戦38試合出場で16得点20アシストを記録したサンチョについて、昨夏に2023年までの契約延長を公表したスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は5月に紳士協定の存在を明らかに。安くないものの、昨夏よりも低い移籍金額で交渉に応じる姿勢とみられる。 2021.06.11 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、来季最終年のポグバと新契約の協議開始か

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(28)と新契約の話し合いを始めたようだ。 2016年夏に当時の世界最高額となる8900万ポンド(現レートで約137億9000万円)の移籍金でユベントスから復帰したポグバ。しかし、必然的に周囲の期待値も高まるなかで、相次ぐケガや波の激しいプレーレベルなどで批判も少なくない。 今季もケガを強いられ、新型コロナウイルス感染で離脱を余儀なくされる時期もあったが、最終的に公式戦42試合でプレー。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとともに中盤の軸を担ったが、来季が終われば、契約切れとなる。 渦中のポグバは先日、合流中の代表先で「具体的なオファーがない」と話したが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは契約が残り1年を切るなか、選手代理人のミノ・ライオラ氏と延長交渉を開始したという。 ユナイテッドが1年の延長オプションが行使したことで、契約が2022年まで延びているポグバ。移籍となれば、以前からレアル・マドリーやユベントスが候補の筆頭に目されている。 2021.06.11 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「絶対に謝らない」ハーランド父に復讐したロイ・キーンが“報復”タックルを否定

マンチェスター・ユナイテッドのOBであるロイ・キーン氏が現役時代にアルフ=インゲ・ハーランド氏を負傷させたタックルについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 キーン氏は、ハーランド氏がリーズ・ユナイテッドに在籍していた1997年にタックルを受けて前十字じん帯損傷の大ケガを負っていた。 しかし4年後、2001年4月21日に行われたマンチェスター・シティとの試合で、ハーランド氏の右ヒザに悪質なタックルを敢行。レッドカードが提示された後にファウルが意図的だったとコメントしたため、5試合の出場停止処分を受けていた。 なお、ハーランド氏はドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの実の父親だが、このタックルの影響もあり2年後の2003年に31歳で現役を引退している。 『スカイ・スポーツ』の番組内で、シティにも在籍した元イングランド代表DFマイカ・リチャーズ氏が、キーン氏に現役時代の後悔について質問。話の流れの中で、この件に言及した。 「言わせてもらっていいかな? サッカーのピッチでやったことで後悔したことは一度もない。一度もだ」 「聞いてほしい。私は退場になりチームを失望させた。私は人々と戦っていた。私はピッチの真ん中にいたんだ」 リチャーズ氏が「ハーランド氏を傷づけようとしたわけではないでしょう」と尋ねるとキーン氏はさらに続けた。 「違う。当然だ。だが選手を傷つけようとしたかと言われればそうだ」 「それについては絶対に謝らない。そして人々は私を痛めつけてきた。私は人生で選手をケガさせようとしたことはないが、選手を傷つけようとしたことはある」 「ピッチの真ん中でボールを取りに行けば、誰かが傷つくこと可能性は大いにある」 そう話したキーン氏は、最後に「(君は)私の精神科医みたいだ。胸のつかえが降りたよ」と語っている。 キーン氏は、ハーランド氏個人ではなく対戦相手の“選手”を狙ってのタックルであり、それについての後悔はないと考えているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ロイ・キーンがハーランド父に繰り出した“悪質”タックル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 2001: Roy Keane committed a horror challenge when he studded Alf-Inge Haaland&#39;s knee.<a href="https://t.co/eX85rW9hhV">pic.twitter.com/eX85rW9hhV</a></p>&mdash; The Sportsman (@TheSportsman) <a href="https://twitter.com/TheSportsman/status/1252565333577269248?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.11 07:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly