ドルトムントがパスラックと2023年まで契約延長!

2021.05.07 07:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは6日、U-21ドイツ代表DFフェリックス・パスラック(22)との契約を2023年まで延長したことを発表した。

2012年にドルトムントの下部組織に入団したパスラックは、2016年にトッブチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会に恵まれず、これまでホッフェンハイムやノリッジ、フォルトゥナ・シッタートへの武者修行を繰り返していた。

昨夏に復帰したドルトムントでは、開幕スタメンに名を連ねるなどシーズン序盤は出場機会を得ていたが、昨年12月以降は完全なカップ戦要員となっており、ここまで公式戦15試合の出場にとどまっていた。

ドルトムントでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、パスラックとの契約延長について「我々は以前から交渉を続けてきました。なので、新契約という結論を出すことができて嬉しく思っている。フェリックスはこの地域の子であり、BVBと密接な関係を持っているんだ」と、コメントしている。

関連ニュース
thumb

ソシエダ、“イブラ2世”イサクと2028年まで契約延長か ドルトムントの買い戻しOPは実行されず

ソシエダとスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(21)の長期契約締結が近づいているようだ。 2019年夏に推定1500万ユーロ(約20億円)の移籍金でドルトムントからソシエダに加入したイサク。その生まれと192cmという長身から“イブラヒモビッチ2世”と呼ばれ、ドルトムント時代から逸材とされていた。 ドルトムントでは鳴かず飛ばずだったものの、ソシエダでは1年目にリーグ戦37試合で9ゴール、2年目の今季は34試合で17ゴールと水を得た魚のようにゴールを量産し、母国の偉大なレジェンドに一歩ずつ近づいている。 ソシエダの地元紙『エル・ディアリオ・バスコ』によると、ドルトムントは3000万ユーロ(約39億3000万円)の買い戻しオプションを所持していたが、両クラブの話し合いの末、ソシエダが数百万ユーロを支払うことでオプションを行使しないことで合意したという。 さらに、ソシエダとイサクはユーロ2020終了後に2028年までの長期契約を結ぶと見られており、現行の契約からさらに4年延長することになるという。また、その際には7000万ユーロ(約91億7000万円)の契約解除金が再設定される模様だ。 なお、そのユーロ2020では1勝1分けでグループEで首位に立つスウェーデン代表。23日に行われる最終節のポーランド代表戦で引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況となっている。 2021.06.21 19:36 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチョを狙うユナイテッドが移籍金増額で2度目オファー!

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)に2度目のオファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ブレイクを遂げた昨季に続いて、今季も公式戦38試合に出場し、16ゴール19アシストのハイパフォーマンスを披露したサンチョ。 昨夏の移籍市場から関心が取り沙汰され続けているユナイテッドは、先日、ドルトムントに対して移籍金6700万ポンド(約102億円)のオファーを提示。11日にドルトムント側に拒否されたようだが、今回7500万ポンド(約114億円)以上に増額して新たにオファーを提示したようだ。 ドルトムントはサンチョの移籍金として8000万ポンド(約121億円)以上を要求しているが、『スカイ・スポーツ』によれば今回のオファーを検討しているとのこと。サンチョとドルトムントの契約は残り2年となっているため、すべての関係者が契約締結に向けた意欲があるという。 なお、ドイツ『ビルト』ではドルトムントはサンチョの流失に備え、すでにPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)をリストアップしていると報じられていたが、果たして移籍は実現するのだろうか。 2021.06.20 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ユーロで活躍中のラファエウ・ゲレイロに関心か

レアル・マドリーが、ドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(27)に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督が退任し、新たにカルロ・アンチェロッティ監督を招へいしたマドリー。イタリア人指揮官は同クラブでの二次政権発足に向けて、現在ユーロ2020で活躍中のポルトガル代表DFに注目しているという。 15日に行われたハンガリー代表戦では1ゴールを挙げて勝利に貢献したゲレイロ。2016年夏のドルトムント加入からここまで公式戦160試合に出場し、29ゴール32アシストを記録。今季もブンデスリーガで27試合5ゴール11アシストと上々の成績を残した。 左サイドバックとしては世界クラスに成長したゲレイロには、以前もバルセロナやパリ・サンジェルマンが関心。そして今回はアンチェロッティ監督が獲得を希望しているとの情報を『ビルト』が掴んだようだが、かつてその2クラブのオファーを蹴って契約延長したことから移籍の可能性は低いと推測している。 また、今年2月にはゲレイロ本人が「今後何年も黒と黄色のユニフォームを着ていたい」とコメントしたこともあり、2023年夏まで契約を残す左サイドバックが今夏に退団することは考えにくいようだ。 加えて移籍金も6000万ユーロ(約78億円)はくだらないとして、マドリーにとって難しい案件であることを同メディアは強調している。 2021.06.19 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがドルトムントからローン中のバレルディの買取OPを行使か

マルセイユがアルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(22)の買い取りオプションを行使するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 センターバックを主戦場とするバレルディは、ボカ・ジュニアーズの下部組織出身で、2019年1月にドルトムントへ完全移籍。しかし、ブンデスリーガ出場は7試合にとどまり、U-23チームで起用されることが多かった。 2020年7月に出場機会を求めてマルセイユへ買い取りオプション付きの期限付き移籍で加入すると、同郷のホルヘ・サンパオリ監督就任以降は出番が増加。公式戦25試合2得点の結果を残し、自身にとって躍進のシーズンとなった。 『キッカー』によれば、移籍金は1100万ユーロ(約14億7000万円)とみられており、成果に応じたボーナスも付く形となるようだ。 2021.06.16 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、サンチョの後釜にマレンをリストアップか?

ドルトムントがPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ドルトムントでは、主力を務めるイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(21)の去就が不透明となっており、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに取り沙汰されている。 そのため、サンチョの流出に備えて後釜のリストアップに動いている。そういった中、『ビルト』は有力な候補の一人としてマレンの名前を挙げている。 アヤックスのアカデミーで育ったマレンは、アーセナルのユースチームを経て2017年に母国のPSVに完全移籍。179cmと上背はないものの爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ストライカー特有のポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FWは、これまで左ウイングを主戦場としていたが、昨シーズンからセンターフォワードに本格コンバート。ヒザの手術を行い、シーズン後半戦を棒に振った中、公式戦25試合17ゴール9アシストの数字を残した。 また、今シーズンはロジャー・シュミット監督の下、[4-2-2-2]の布陣の2トップの一角を務め、エールディビジ32試合で19ゴール8アシストの数字を残している。 なお、PSV側は移籍金を3000万ユーロ(約40億円)に設定している模様。また、ドルトムントとマレンの最終的な交渉は現在行われているユーロ2020終了後に行われるとのことだ。 2021.06.15 07:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly