レアル・マドリーに快勝のチェルシーが9季ぶり3度目の決勝進出、ファイナルはシティとのプレミア対決に《CL》

2021.05.06 06:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、チェルシーvsレアル・マドリーが5日に行われ、2-0でチェルシーが快勝した。この結果、2戦合計スコアを3-1としたチェルシーが9季ぶり3度目の決勝進出を決めている。先週敵地で行われた1stレグを1-1で引き分けたチェルシーは、0-0の引き分けでも優勝した2011-12シーズン以来となる決勝進出となる中、1stレグのスタメンからアウェイゴールを挙げたプリシッチに代えて直近のフルアム戦で2ゴールを挙げたハヴァーツのみを変更した。

一方、アウェイゴールを許したレアル・マドリーは3季ぶりの決勝進出を目指す中、主将のセルヒオ・ラモスとF・メンディが負傷から復帰。古巣対戦となるアザールも先発での起用となり、1stレグに続き[3-5-2]を採用した。

レアル・マドリーにボールを持たせる展開としたチェルシーは、カウンターで牽制しつつ試合を進めると、12分にリュディガーのミドルシュートでGKクルトワを強襲した。

そして18分には決定機。ショートカウンターに転じた流れから、左サイドのチルウェルのクロスをヴェルナーが合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイドに阻まれた。

26分にはベンゼマに決定的なミドルシュートを許すもGKメンディが好守で凌ぐと、28分にチェルシーが先制する。中盤で鋭い反転から前を向いたカンテのプレーを起点に、ハヴァーツがバー直撃のループシュートを放つと、ルーズボールをヴェルナーが頭で押し込んだ。

ハーフタイムにかけても攻守の切り替えでレアル・マドリーを上回るチェルシーは、36分のベンゼマの決定的なヘディングシュートを再びGKメンディがビッグセーブで防ぐと、1点をリードしたまま後半へ折り返した。

迎えた後半開始2分、アスピリクエタの右クロスからハヴァーツのヘディングシュートがバーを直撃したチェルシーは、53分にも追加点のチャンス。ヴェルナーのポストプレーを起点にマウントがボックス右に侵入。しかしシュートを枠の上に外してしまった。

さらに59分、ジョルジーニョのスルーパスに抜け出したハヴァーツがGKと一対一になるも、クルトワの好守に阻まれた。

劣勢のレアル・マドリーは両サイドのヴィニシウスとメンディに代えてアセンシオとバルベルデを投入。

それでも66分、チェルシーにビッグチャンス。ロングカウンターに転じた流れからヴェルナーのラストパスを受けたボックス左のカンテがシュート。だが、バルベルデの好カットに阻止された。

首の皮一枚つながるレアル・マドリーは76分にカゼミロに代えてロドリゴを投入。アタッカーを増やすも、85分にチェルシーが勝負を決定付ける。ルーズボールをカットしたカンテのプレーを起点に、パスを受けたプリシッチがボックス右でタメを作ってラストパス。ゴール前のマウントが合わせた。

このまま2-0で快勝としたチェルシーが9季ぶりの決勝進出を果たし、ファイナルではマンチェスター・シティとのプレミア対決に挑むことになった。
関連ニュース
thumb

ルカクがインテルにチェルシーのオファー受け入れを要求か

ベルギー代表FWロメル・ルカクがインテルに対し、チェルシーからのオファーを受け入れるよう要求しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 ストライカーを探すチェルシーでは、かつてチェルシーに在籍していたルカクに注目。インテルでそのポテンシャルを遺憾なく発揮し、昨シーズンは公式戦44試合出場30ゴール10アシストを記録してクラブの11年ぶりのスクデット獲得に多大な貢献を果たしていた。 そのルカク獲得のため、チェルシーは1億ユーロ(約130億円)+DFマルコス・アロンソのオファーを既に提示したようだが、インテルに断られている。 ただ、インテルは新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け財政が悪化しており、ディ・マルツィオ氏によれば1憶3000万ユーロ(約169億円)に移籍金を増額させれば、ルカクの移籍希望も併せてインテルは拒否することはできないと伝えている。 2021.08.05 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFズマ、ウェストハムと個人間合意か

チェルシーのフランス代表DFクル・ズマ(26)とウェストハムが個人合意に近づいているようだ。 トーマス・トゥヘル監督の就任以降、出番が限られているズマ。今夏の売却候補に挙がっており、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデ獲得に向けて、同選手の譲渡を条件に含んだオファーを提示したと見られている。 しかし、ウェストハム関係者による情報では、ズマはウェストハムと個人合意に近づいている模様。だた、契約年数や金銭面など具体的な内容は明らかになっていない。 それでも、クラブ間でも移籍金の差は500万ユーロまで縮まっており、交渉は順調に進んでいるとのこと。4日にも会談が行われる予定で、日を追うごとに進展していると、その関係者は主張する。 一方で、チェルシーは上述のクンデのほか、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザといった大物の獲得を狙っていることから、ズマの移籍で少しでもその資金を捻出したいはず。 また、ウェストハムと言えばチェルシーが狙うイングランド代表MFデクラン・ライスが在籍するが、今のところズマの移籍との関連性は伝えられていない。 2021.08.04 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー期待の若手大型FWにウディネーゼが関心か

チェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(19)にウディネーゼが関心を示しているようだ。ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 チェルシーのアカデミー出身のブロヤは191cmの大型ストライカー。昨年3月に行われたプレミアリーグのエバートン戦でトップチームデビューを果たし、先日には2026年までの長期契約を結んだ期待の19歳だ。 昨季はフィテッセにレンタルし、リーグ戦30試合で10ゴール2アシストを記録。このプレシーズンにもボーンマス戦で得点しており、実力と自信をつけつつある。 だが、直近のアーセナル戦ではベンチ入りしていなかった中で、ウディネーゼがレンタルを打診しているとのこと。同クラブでは、昨季はFW陣が合計12ゴールにとどまったこともあり、新たな得点源を探している最中のようだ。 2021.08.04 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランに移籍のジルー、ツィエク加入を歓迎 「また一緒にプレーできたら嬉しい」

今夏ミランへと完全移籍で加入したフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(34)は、元チームメイトとの再会を望んでいるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 7月17日に、2シーズン半在籍したチェルシーからミランへの移籍が発表されたジルー。昨シーズン終了後にチェルシーと1年間契約を延長していたが、結局はイタリアでプレーすることを選択した。 新たなストライカーを獲得したミランだが、宿敵インテルに移籍したトルコ代表MFハカン・チャルハノールの後釜を探していると報道されている。そのトップターゲットとなっているのがチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(28)だ。 入団会見で、ツィエクのミラン加入の噂について聞かれたジルーは、「彼は素晴らしい選手だ」と絶賛。イタリアの地でも共演を望んでいるようだ。 「一緒にプレーした試合が少ないにもかかわらず、僕たちは素晴らしい連携を見せた」 「彼はトップクラスの左足を持ち、経験も豊富で、技術的にも非常に優れている。また一緒にプレーできたら嬉しいよ」 先月の27日に行われたボーンマスとのプレシーズンマッチでスタメン出場し、ハットトリックを達成したツィエク。1日のアーセナル戦でも先発し、指揮官からの信頼は揺らいでいるとは言えないが、果たしてジルーとの再会は実現するだろうか。 2021.08.03 19:12 Tue
twitterfacebook
thumb

トゥヘル監督、ロフタス=チークに高い要求「100%では足りない」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、イングランド人MFルベン・ロフタス=チークに課題を与えている。 1日にアーセナルとのプレシーズンマッチを行ったチェルシー。26分にMFカイ・ハヴァーツのゴールで先制すると、その後も主導権を握ってアーセナル相手に攻勢を続ける。 後半からメンバーを落とすと流れはアーセナルに傾き、69分にCKから失点を喫してしまう。それでも72分、相手のパスミスを奪ったFWタミー・エイブラハムが冷静にシュートを流し込んで勝ち越し。これが決勝点となり、エミレーツ・スタジアムで1-2の勝利を収めた。 前半のチェルシーはシーズン開幕を見越した現状のフルメンバーで挑んだ中、ローン先のフルアムから復帰したロフタス=チークは63分まで出場した。しかし、ややプレーの荒さが目立ったほか、連携面も万全ではなく、イマイチといった印象。トゥヘル監督も満足していないようで、限界以上の実力を要求している。 「まず、私は幸せだ。それが彼がプレーしている理由だ。この準備期間に試合に出るのは当然だろう」 「だが、私は彼がまだまだできると信じている。身体能力を駆使すれば、もっとボールを持って輝けるはずだ」 「彼に満足はしていない。彼を極限まで追い込む必要があると感じているよ」 「ルベンを判断するにはまだ早い。全ては彼次第だ。他の選手と同じようにね」 「100%では不十分だ。常に150%を維持しなければならない」 厳しい課題が課されたロフタス=チーク。クラブ外ではマウリツィオ・サッリ監督率いるラツィオや、ドイツへの移籍が噂されている。 2021.08.03 16:08 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly