39歳パラシオがセリエA最年長のトリプレッタ達成! 冨安復帰のボローニャがヴィオラと壮絶ドロー!《セリエA》

2021.05.03 00:49 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第34節、ボローニャvsフィオレンティーナが2日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、3-3のドローに終わった。なお、ボローニャのDF冨安健洋は先発し76分までプレーした。ボトムハーフに沈む12位のボローニャ(勝ち点38)と、14位のフィオレンティーナ(勝ち点34)による一戦。3戦ぶりの白星を目指すボローニャは4月3日のインテル戦で負傷交代して以降、4試合連続で欠場していた冨安が3バックの右で先発復帰を果たした。

立ち上がりから拮抗した展開が続く中、冨安は守備時に中央のスペースをきっちり埋めながら攻撃時はウイングバックのオルソリーニとの連携からオーバーラップ、インナーラップを交えた攻撃参加でアクセントをつける。


互いに決定機まであと一歩という場面が目立ったが、アウェイチームが意外な形から先手を奪う。22分、ボックス手前でプルガルが放ったミドルシュートをボックス内のDFスマオロが手を使ってブロックし、フィオレンティーナにPKが与えられる。これをキッカーのヴラホビッチが冷静に右隅へ突き刺し、3戦連発となる今季18点目とした。

先にゴールを許すも、相手のルーズな最終ラインの背後を効果的に突くボローニャは31分、右サイドから味方とのワンツーで中央に切り込んだヴィニャートからの絶妙なスルーパスに抜け出したパラシオがゴール前でGKとの一対一を制して、早い時間帯に試合を振り出しに戻した。

これで流れを掴んだボローニャは35分にもヴィニャートからのスルーパスに抜け出したバロウがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはヴィオラの守護神ドラゴウスキの勇敢な飛び出しに阻まれ逆転ゴールとはならず。その後、前半終了間際にかけてはフィオレンティーナが押し返すも、1-1のイーブンでの折り返しとなった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半は睨み合いの状況が続く。相手陣内の深い位置まで運んでクロスやラストパスを狙うが、精度を欠きなかなかフィニッシュの数が増えていかない。

それでも、64分には相手陣内右サイドでヴェヌッティが入れた柔らかなクロスに飛び込んだボナヴェントゥーラが右足を懸命に伸ばした見事なスライディングボレーで合わせ、両チームを通じて後半最初のシュートを勝ち越しゴールに繋げた。

しかし、すぐさま反撃を見せるボローニャは71分、ボックス手前右でヴィニャートが上げたクロスをパラシオがダイビングヘッドで合わせ、ドッピエッタを達成。スコアを2-2のイーブンに戻す。

だが、直後の74分にはプルガルの左CKをファーに飛び込んだヴラホビッチが泥臭く押し込んでこちらもドッピエッタを達成し、ヴィオラが三度リードを手にした。

ホームで負けられないボローニャは76分、病み上がりの冨安を下げてアタッカーのスコフ・オルセンをピッチに送り出す。そして、ここから攻勢を強めると、20歳の新鋭と百戦錬磨のベテランストライカーが三度魅せる。

84分、ボックス左でボールを持ったヴィニャートが1点目と似たような形から絶妙な斜めのスルーパスをゴール前に走り込むパラシオに通すと、元アルゼンチン代表FWが冷静にGKとの一対一を制した。なお、39歳86日でのトリプレッタ達成となったパラシオはセリエA最年長でのトリプレッタ達成者となった。

3-3の壮絶な打ち合いとなった中、試合終盤にかけても4点目を目指して白熱の攻防を見せた両者だったが、試合はこのままタイムアップ。ヴラホビッチ、パラシオと両チームの主力アタッカーが輝きを放った一戦は痛み分けのドローとなった。
関連ニュース
thumb

冨安フル出場のボローニャ、ウディネーゼに追いつきドロー《セリエA》

ボローニャは8日、セリエA第35節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節フィオレンティーナ戦を3-3と打ち合って引き分けた12位ボローニャ(勝ち点39)は、前節負傷から復帰した冨安が前節に続き[3-4-2-1]の3バックの右で先発となった。 11位ウディネーゼ(勝ち点39)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、ボローニャは23分に失点する。デ・パウルにルーズボールを拾われると中央をドリブルで突破され、ボックス中央から右足アウトでシュートを決められた。 デ・パウルの個人技でリードを許したボローニャは、ハーフタイムにかけてなかなか攻め手を見いだせなかったが、前半追加タイム1分に同点のチャンス。ソリアーノがミドルシュートを狙うと、GKが弾いたルーズボールをパラシオが詰めるもGKムッソのセーブに阻まれた。 迎えた後半開始1分、冨安が際どいミドルシュートを放ったボローニャが前がかる展開となったが、その後はなかなかゴールに迫れない状況が続いた。 61分にはオルソリーニやサンソーネを投入するも、やはり攻撃の形を作れずにいたが、終盤の81分に相手のミスを突いて同点とする。 相手DFのバックパスが短くなったところをパラシオがカットし、ボックス内で飛び出してきたGKムッソに倒された。このPKをオルソリーニが決めて同点としたボローニャが引き分けに持ち込んでいる。 2021.05.09 00:01 Sun
twitterfacebook
thumb

内田篤人氏が冨安とマッチアップしたリベリの攻略法を指南「これさえ読んでおけば」

元日本代表DF内田篤人氏が、ボローニャの日本代表DF冨安健洋のフィオレンティーナ戦を振り返った。『DAZN』の自身の番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』内で語っている。 4月にふくらはぎを負傷した冨安は、2日に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦で約1カ月ぶりに先発復帰。3バックの右で起用され、元フランス代表MFフランク・リベリと対峙する場面もあった。 シャルケにも在籍し、ブンデスリーガ時代にリベリと何度も対戦経験のある内田氏は、54分にボックス左で冨安がマッチアップしたシーンに着目。攻略法を語った。 「リベリがここで持ったら縦なんですよ。右足のインサイドで縦に持ち出すのはだいたい分かる。これさえ読んでおけば、そんなに怖くない。ボランチも来ているし、センターバックも助けに来ている」 実際、この場面で冨安は縦に突破にきたリベリの動きを読み、ノーファウルでボールを奪っていた。 復帰戦で存在感を示した冨安だが、負傷明けということもあり76分で途中交代。試合は3-3のドローに終わった。 ボローニャは8日に第35節でウディネーゼとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】リベリはここで持ったら縦…!冨安がボール奪取!</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%86%A8%E5%AE%89%E5%81%A5%E6%B4%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#冨安健洋</a><br>リベリーと<br>マッチアップ<br>\<br><br>かつてリベリーと何度も対戦した内田さんは<br>「右足インサイドで縦に持ち出すのはわかる。<br>それさえ読んでおけば…」<br><br>『内田篤人のFOOTBALL TIME #30』<br>視聴<a href="https://t.co/Ep6eJ642jy">https://t.co/Ep6eJ642jy</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BD%B1%E5%B1%B1%E5%84%AA%E4%BD%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#影山優佳</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E5%90%91%E5%9D%8246?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日向坂46</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%8A%E3%81%B2%E3%81%95%E3%81%BE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#おひさま</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フットボールタイム</a> <a href="https://t.co/5lzQtPC3qh">pic.twitter.com/5lzQtPC3qh</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1390256546316234752?ref_src=twsrc%5Etfw">May 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

マリノフスキー3戦連発のアタランタ、冨安負傷欠場の10人ボローニャに5発圧勝で暫定2位浮上《セリエA》

セリエA第33節、アタランタvsボローニャが25日に行われ、5-0でアタランタが圧勝した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。 前節ローマ戦では10人となった中、引き分けて3位をキープしたアタランタ(勝ち点65)は、中足骨を痛めて長期離脱していたハテブールが先発となった。 一方、11位ボローニャ(勝ち点38)はふくらはぎを痛めている冨安が4試合連続欠場となった。 サパタとムリエルのコロンビアン2トップ、マリノフスキーをトップ下に据える[3-5-2]でスタートしたアタランタは5分、ムリエルがGK強襲のシュートを浴びせる。 このままアタランタが攻勢に出るかと思われたが、ボローニャは9、12分とスコフ・オルセンがGK強襲のシュートを浴びせて牽制した。 それでも22分、アタランタが先制する。ムリエルとのパス交換でボックス左に侵入したマリノフスキーが3試合連続となるゴールを決めた。 先制したアタランタは1分後、ムリエルが左ポスト直撃のシュートを放つと、その後もボローニャ陣内で試合を進めていく。 そして43分にPKを獲得。CKの流れでロメロがダニーロに倒された。このPKをムリエルが決めてリードを広げたアタランタは迎えた後半、開始4分に数的優位となる。 ロメロに対し、ボールを奪いにかかったスハウテンが足を踏みつける形になってしまった。数的優位となったアタランタは57分に3点目。フロイラーが敵陣ボックス付近でボールを奪ってそのままシュートを決めきった。 3分後にもサパタが加点したアタランタは、73分にミランチュクにもゴールが生まれて5-0。10人のボローニャに圧勝としたアタランタがミランをかわして暫定2位に浮上している。 2021.04.26 05:34 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ冨安健洋にミランが再び?

ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)に対して、再びミランの関心が浮上した。 これを報じたのはイタリア『カルチョメルカート』。ミランは来季に向けて、ボローニャでプレーする3選手を注視しており、MFマティアス・スベンベリ、FWリッカルド・オルソリーニとともに、冨安にも興味を示しているというのだ。 冨安は2018年1月にアビスパ福岡からシント=トロイデンに移籍後、2019年夏からボローニャでプレー。移籍2年目の今季もセンターバックだけでなく、サイドバックもこなしてみせ、シニシャ・ミハイロビッチ監督からの信頼も厚い。 そんな冨安を巡っては昨夏にもミランの関心が…。昨年9月にスポーツディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏がアプローチを試み、うまくいかなかったとされるミランだが、今夏に再びアタックする可能性があるという。 マルディーニSDはボローニャのリッカルド・ビゴンSD、幹部のマルコ・ディ・ヴァイオ氏と数週間のうちに会談できるよう調整を図っている模様。冨安とスベンベリの獲得にそれぞれ少なくとも移籍金2000万ユーロ(約26億円)が必要とされる。 ミランにとっても決して安くない買い物になるため、MFイェンス・ペッター・ハウゲら若手をボローニャに貸し出すという案が浮上しているようだ。 なお、ミランは現在、セリエA2位につけており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場も視野に。冨安にとっても、ミラン行きとなれば、キャリアのステップアップになるが、果たして。 2021.04.16 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマが冨安負傷欠場のボローニャにウノゼロ辛勝でCL出場権争いに踏み止まる《セリエA》

セリエA第30節、ローマvsボローニャが11日に行われ、1-0でローマが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場している。 ローマ(勝ち点51)は前節、2度のリードを生かせずサッスオーロに引き分け、3試合勝利がなく7位に後退。チャンピオンズリーグ出場権争いに踏み止まるためには勝利が必須の中、3日前に行われたヨーロッパリーグでは劣勢ながらアヤックス相手に敵地で先勝とし、ベスト4入りに近づいた。そのアヤックス戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやジェコ、GKパウ・ロペスらがベンチスタートとなり、レイノルズが初スタメンとなった。 対する11位ボローニャ(勝ち点34)は前節、インテルに善戦するも0-1で惜敗となった。前半終盤に負傷交代した冨安は欠場となった。 マジョラル、ペドロ、カルレス・ペレスが前線に構える[3-4-3]で臨んだローマに対し、ボローニャが圧力をかける入りとすると、9分に決定機。スコフ・オルセンの右クロスからパラシオがシュートに持ち込んだが、わずかに枠の左に外れた。 さらに20分、左CKからファーサイドのソリアーノがボレーで狙うも、GKミランテの好守に阻止される。直後にもCKの流れからダニーロが決定的なシュートを浴びせたボローニャが流れを引き寄せていく。 前半半ば以降も劣勢が続いていたローマだったが、ハーフタイム前の44分に先制する。ロングボールに抜け出したマジョラルが飛び出してきたGKスコルプスキをかわして無人のゴールに流し込んだ。 迎えた後半はローマがペースを握りながら時間が経過していく。55分にはディアワラがドリブルシュートでオンターゲットを記録。ボローニャの反撃を許さず試合を進める中、68分にはムヒタリアンとヴェレトゥを投入した。 74分にはブルーノ・ペレスが枠内シュートを放った中、終盤にかけても危なげなく試合を運んだローマがウノゼロで逃げ切り。CL出場権争いに踏み止まっている。 2021.04.12 02:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly