土壇場の相手PK失敗に救われたアトレティコが薄氷のウノセロ勝利! 首位キープで次節バルセロナ戦!《ラ・リーガ》

2021.05.02 01:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第34節、エルチェvsアトレティコ・マドリーが1日にエスタディオ・マヌエル・マルティネス・バレーロで行われ、アウェイのアトレティコが0-1で勝利した。前節、アスレティック・ビルバオに競り負けて首位陥落の危機もグラナダのアシストで最上位を維持したアトレティコ(勝ち点73)は、降格圏の18位に沈むエルチェ(勝ち点30)を相手に2戦ぶりの白星奪取を狙った。

シメオネ監督はアスレティック戦から先発5人を変更。サスペンション明けのホセ・ヒメネスがフェリペに代わって復帰したほか、中盤から前ではコケ、サウール、エレーラに代わってレマル、スアレス、コンドグビアが起用された。


トリッピアーとカラスコを両ウイングバックに配置した変則の[3-5-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりから相手を押し込んでいく。

開始12分にエルモソ、コレアとの見事な連携でボックス中央に抜け出したスアレスに最初の決定機が訪れるが、右足のシュートは枠の左に外れる。さらに、16分にはサビッチのスルーパスに抜け出したマルコス・ジョレンテがボックス右で折り返したボールをスアレスがゴールネットへ流し込むが、ここはVARのレビューの結果、ジョレンテのラストパスが出た段階でスアレスがオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。

早い時間帯の先制を逃すも、引き続き押し込んでジョレンテ、レマルと際どいミドルシュートを浴びせかけると、20分過ぎに先制に成功する。23分、左サイド深くで仕掛けたカラスコがそのままボックス内に持ち込んで丁寧なマイナスの折り返しを入れると、中央に遅れて走り込んできたジョレンテが右足ダイレクトシュート。DFの腕にディフレクトしたボールがゴール左隅に決まった。

前半の内にゴールをこじ開けたアトレティコだが、以降もカラスコとレマルのコンビネーションで優位性を保つ左サイドを起点に幾度も鋭い仕掛けで追加点に迫る。前半終了間際にはボックス内でコレアが放ったシュートがマルコーネの腕に当たって一度はPKが与えられるが、VARのレビューの結果、ノーハンドと判定が覆り2点目を奪うまでには至らなかった。

後半も引き続き主導権を握るアトレティコだが、攻撃がやや停滞する。早い時間帯に2点目を奪って試合を決め切りたいシメオネ監督は57分にレマルを下げてフェリックスを投入。すると、交代直後の63分にはコレアのスルーパスに抜け出したスアレスが左ポストに当てた自らのシュートのこぼれをタップイン。だが、これは最初の抜け出しの場面でオフサイドを取られた。

この決定機直後にはコレアに代えてカピタンのコケをピッチに送り出し、ウノセロでの締めくくりも意識し始めたアトレティコは、ロングボールやセットプレーでワンチャンスを狙うエルチェの攻撃を危なげなく撥ね返していく。

その後、82分にホセ・ヒメネス、スアレスを下げてフェリペ、サウールを同時投入したアトレティコは、85分に相手の右CKからビクトル・ロドリゲスの頭での折り返しに反応したゴール右のバラガンに決定的なシュートを許すが、これは枠を外れて事なきを得た。

だが、試合終了間際にはアトレティコに最大の試練が訪れる。トリッピアーのハンドで与えたFKの場面でクロスに競り合ったジョレンテが左腕でボールをブロックしてしまい、痛恨のPK献上。

これを決められれば、勝ち点2を失い首位転落の可能性も出てきたが、キッカーのフィデルが左隅を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き、相手のシュートミスに救われた。

そして、苦しみながらも代名詞のウノセロで勝ち切ったアトレティコが首位をキープして次節3位のバルセロナとの首位攻防戦に臨むことになった。
関連ニュース
thumb

「オブラク神」再三のスーパーセーブで勝利を手繰り寄せたアトレティコ守護神に称賛「なんであんなに止めれるの?」

アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクがチームを優勝に近づけた。 アトレティコ・12日、ラ・リーガ第36節でレアル・ソシエダとホームで対戦。リーグ首位につけるチームは、勝ち点3を目指した。 積極的な入りで主導権を握ったアトレティコは16分にMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで先制すると、28分にはFWアンヘル・コレアが追加点を奪い、2-0とリードを広げる。 しかし、ここからソシエダの反撃が開始。31分、ボックス右でボールを収めたMFジョン・グリディの横パスをFWアンデル・バレネチェアがヒールで落とすと、走りこんだFWアレクサンダー・イサクがボレーシュート。ここはオブラクがファインセーブで難を逃れた。 さらに37分にも、ソシエダの細かなパスワークからイサクに決定機を許したが、再びオブラクが好守でチームを救い。アトレティコは2点リードで前半を終えた。 後半に入ってからもソシエダペースは続き、67分、右CKをゴール前のFWロベルト・ロペスがフリックすると、ボックス左のMFポルトゥがボレーシュート。叩きつけたシュートが枠をとらえたが、三度GKオブラクが好セーブで阻んだ。 82分には左CKからゴール前でフリーだったMFイゴール・スベルディアにゴールを許し1点を返されたものの、その後の猛攻をしのぎ切り、アトレティコは逃げ切りに成功。2-1で勝利し、2位バルセロナとの勝ち点差を「4」に広げ、首位を堅守した。 守護神としてゴールの前に立ちはだかったオブラクにはファンからも「オブラク神」「なんであんなに止めれるの?」「固すぎる」と称賛の声が相次いだ。 残り2試合でオサスナ、バジャドリーと対戦するアトレティコ。自力優勝の可能性がある唯一のチームだが、このまま7シーズンぶりの優勝を果たせるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】オブラクがスーパーセーブ連発!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1bh9jrq7u48kl1xmojksrfdlib" async></script> 2021.05.13 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ主将コケが通算500試合出場の偉業を達成!「僕の願いはチームがタイトルを掲げられることだ」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFコケが、レアル・ソシエダ戦の勝利を振り返った。スペイン版『ESPN』が伝えている。 12日にラ・リーガ第36節でホームにソシエダを迎え撃ったアトレティコ。同節で2位のバルセロナがレバンテと引き分けたため、勝てば勝ち点差を広げられるチャンスの中、16分と28分にMFヤニク・フェレイラ・カラスコとFWアンヘル・コレアが立て続けにネットを揺らし、2点のリードを得る。 守護神GKヤン・オブラクの再三にわたる好セーブもあり、リードを保っていたアトレティコだったが、終盤についに失点。それでも、自慢の堅守が最後まで機能し、2-1で逃げ切りに成功。バルセロナとの差を4ポイントに広げた。 リーガ制覇へ大きな一勝となったこの試合で、主将のコケが試合を回想。そして、運命の残り2試合へ気を引き締め直した。 「今季はあらゆるものが混ざり複雑なシーズンになった。だけど僕らはアトレティだ。苦しんでこそ僕らなんだ」 「(ソシエダ戦は)最初から最後まで素晴らしい仕事をしたけど、最後に一歩後退してしまった。でもそれが僕たちを引き締めることになり、3ポイントに繋がったんだ。次は日曜日の試合だ」 「まだ2試合残っている。ここまで来るとリーグ戦は非常に厳しくなり、日曜日(16日)の試合や(最終節の)バジャドリー戦まで全ての試合が決勝戦となる」 また、コケはこの試合がアトレティコ通算500試合目の節目に。アカデミー時代からアトレティコ一筋を貫いて到達した偉業だが、同選手は個人よりもチームの成功を尊重。そして、ソシエダ戦でワンダ・メトロポリターノの外にファンが集まったことにも触れて、全てのファンに抜けて全力を尽くすことを誓った。 「みんなを誇りに思う。何年も、何シーズンも、たくさんの努力をしてきた。願わくば、もっと長く続くことを望んでいるよ。でも僕は個人のことではなく、集団のことを考えている。僕たちがこのタイトルを掲げることが僕の願いだ」 「スタジアムの外にいた人たち、そして家にいる多くの人たち、みんなに感謝している。最後の力を振り絞るにはみんなの力が必要で、僕たちは外から応援の声を聞いた」 「僕たちは最後まで全力を尽くす。きっと満足してもらえると思うよ」 2021.05.13 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

優勝へ一歩前進のアトレティコ、シメオネ監督はスタジアム外のファンにもコメント「エキサイティングだった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レアル・ソシエダ戦を振り返った。スペイン『アス』が報じた。 アトレティコは12日、ラ・リーガ第36節でソシエダをホームに迎えた。混沌とする優勝争いの中、アトレティコは16分にヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで先制。28分には、アンヘル・コレアがゴールを決め、2-0とリードする。 試合終盤にイゴール・スベルディアのゴールで1点を失うも、そのまま逃げ切り成功。2-1で勝利し、優勝へ一歩前進した。 シーズンも残り2試合となった中、シメオネ監督はそろそろ休まなければいけないとコメント。次の試合が重要になると語った。 「休む必要がある。我々は皆、非常に厳しいシーズンを過ごしており、社会で起こっている全てのことが原因で、とても厳しい結果を迎えている」 「それはとても早く始まり、我々も例外ではない。1試合1試合を大切にしている。16日の試合はリーグ戦の残りにとって、とても重要な試合になる」 また、この試合ではスタジアムの外にファンが集まっており、声援を送っていた。この点について気が付いていたと語り、今後どのようにファンが戻ってくるのかを見たいと語った。 「まず第一にエキサイティングだ。試合をスタートし、遠くで我々の仲間のチャントが聞こえるのは素晴らしい」 「そうすると、政府のことや今まで起こってきたことの必要性も全て理解が行く。色々なものが開かれ始めたので、サッカーにもみんなが必要だ。サッカーは人々のものであり、みんながいなければとても悲しいことだ」 「サッカーではどのような形で実現されていくのか。許されたからこそ、見ていく必要がある」 2021.05.13 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

前半のゴールで逃げ切ったアトレティコが首位を堅守!2位バルセロナとの勝ち点差は「4」に《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは12日、ラ・リーガ第36節でレアル・ソシエダとホームで対戦し2-1で勝利した。 バルセロナとの天王山をゴールレスドローで終え、首位キープに成功したアトレティコ・マドリーは、その試合からスタメンを1人変更。バルセロナ戦で負傷したレマルに代えてサウールが先発に名を連ねた。 来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権争いの渦中にある5位ソシエダ(勝ち点56)に対し、アトレティコは8分に最初のチャンス。ボックス右手前で獲得したFKからスアレスが直接ゴールを狙ったが、これはわずかにゴール右に外れた。 積極的な入りで主導権を握ったアトレティコは16分、ショートコーナーの流れからバイタルエリア中央右でパスを受けたM・ジョレンテがクロスを供給すると、ファーサイドでボールを収めたカラスコが相手GKの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 先制したアトレティコは28分にも、スアレスのスルーパスでボックス右に抜け出したコレアがGKとの一対一を迎えると、冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 追加点を奪ったアトレティコだったが、直後にピンチを迎える。31分、ボックス右でボールを収めたグリディの横パスをバレネチェアがヒールで落とすと、走りこんだイサクがボレーシュート。しかし、これはGKオブラクのファインセーブで難を逃れた。 さらに37分にも、ソシエダの細かなパスワークからイサクに決定機を許したが、再びGKオブラクの好守に救われ、アトレティコは2点リードで前半を終えた。 迎えた後半、2点を追うソシエダが積極的な選手交代で主導権を掴みに行く。すると67分、オヤルサバルの右CKをゴール前のロベルト・ロペスがフリックすると、ボックス左のポルトゥがボレーシュート。叩きつけたシュートが枠をとらえたが、三度GKオブラクの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだアトレティコは、73分にコレアとサウールを下げてフェリックスとコンドグビアを投入。すると77分、中盤でボールを奪ったM・ジョレンテのラストパスからボックス内に侵入したスアレスがチャンスを迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 押し込まれる時間の続くアトレティコは79分、スルーパスからボックス右に抜け出したポルトゥに決定機を許したが、このシュートは左ポストを直撃。それでも82分、M・メルケランスの左CKからゴール前でフリーだったスベルディアがゴールを許し1点を返された。 その後もソシエダの猛攻を受けたアトレティコだったが、粘り強い守りでこれをシャットアウト。前半のゴールで逃げ切ったアトレティコが、2位バルセロナとの勝ち点差を「4」に広げ、首位を堅守している。 2021.05.13 06:59 Thu
twitterfacebook
thumb

混沌とするラ・リーガの覇権争い、シメオネ監督はソシエダ戦について「非常にタフな試合になる」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レアル・ソシエダ戦についてコメントしている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ラ・リーガで首位に立つアトレティコは前節アウェイで2位バルセロナとの頂上決戦に臨んだが、互いにチャンスを作りながらもゴールレスドローに終わり、勝ち点差は「1」のままに。また、3位のレアル・マドリーも4位のセビージャと引き分けたため、首位をキープしている。 そのアトレティコは12日にラ・リーガ第36節でソシエダと対戦。ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を争う相手だけに気を抜けない試合となる。 ホームでの一戦を前に指揮官は、「サッカーのようにダイナミックなゲームでは常に論争が起こるが、すでにソシエダ戦に目は向いている」とコメント。「アウェイでも素晴らしい成績を残しており、毎年一定の成長を遂げているライバルだ」とソシエダを警戒した。 また「彼らはとても良いプレーをする。ダイナミックなチームで、良いゲームをする。攻撃のパターンも色々ある」と語り、「(ダビド・)シルバは試合に多くのビジョンをもたらせる。(ミケル・)オヤルサバルとポルトゥ、(アレクサンダー・)イサクの近くでプレーする。非常にタフな試合になるだろう」と、難しいゲームになると予想した。 混沌とする首位争いについても「我々はバルセロナで素晴らしい試合をすることができたが、毎試合続ける必要がある。バルセロナ戦の基準を維持し、選手たちが自信を持って続けられることを望んでいる」とし、選手たちには「1つ1つの試合に全力を尽くす。それが我々の本質であり、強みであり、我々はそれを目指している」と残り試合に集中するように促した。 2021.05.12 19:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly