518日ぶりに仙台がホーム白星! 3連勝中の柏を下し今季リーグ戦初勝利【明治安田J1第12節】

2021.05.01 16:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
1日、明治安田生命J1リーグ第12節のベガルタ仙台vs柏レイソルがユアテックスタジアム仙台で行われ、1-0で仙台が勝利した。

ここまでリーグ戦未勝利で降格圏に沈む仙台と、リーグ戦3連勝で降格圏から一気に脱出した柏の一戦。

仙台は前節からスタメンを1名変更。マルティノスに代えて、関口訓充を起用した。

対する柏もスタメンを1名変更。上島拓巳に代えて、大南拓磨を起用。またベンチには新外国人3名が名を連ねた。

状況は違えど、互いに勝利が欲しい一戦。立ち上がりはアウェイの柏がペースをつかむ。

13分、左サイドからの古賀のクロスを右サイドで受けた北爪がダイレクトで折り返すと、最後は呉屋がボックス中央でバイシクルシュートを放つが、枠を外れていく。

さらに15分、ボックス右で縦パスを受けた江坂がボールをキープすると、アンダーラップをした北爪にパス。そのままボックス内右からシュートを放つも、GKヤクブ・スウォビィクがセーブする。

柏はこの流れでCKを得るが、その前に赤﨑がピッチ内に倒れ込み試合が中断。担架が運び込まれるも、なかなか動かすことができず、赤﨑は目を瞑ったまま倒れ込む時間が続く。

仙台はアクシデントにより赤﨑に代えて、氣田亮真を投入する。すると仙台は27分、ボックス手前で加藤が粘ると、このボールを受けた氣田が右足でシュート。しかし、これは枠を大きく外してしまう。

柏は43分にチャンス。カウンターから右サイドでボールを持った江坂がグラウンダーのクロス。ニアサイドに呉屋が飛び込むが、吉野が対応してゴールを許さない。

アグレッシブな戦いを見せる柏に対し、仙台も積極的な入るを見せる。

50分、相手のクリアボールを拾うと、遠目から上原がミドルシュート。これは枠を捉えるが、GKキム・スンギュがセーブする。

仙台は61分にもチャンス。左CKからクロスをボックス中央で加藤がヘッド。これはDFに当たってゴールとはならない。

スコアが動かない両チームは選手交代。仙台は関口と加藤を下げてフォギーニョと蜂須賀孝治を投入。柏は椎橋と呉屋を下げて、ドッジとヘドロ・ハウルを投入し、流れを掴みに行く。

するとこの交代策が当たったのは仙台。68分、左サイドからのクロスに対してボックス中央に西村と真瀬が飛び込むもわずかに合わず。それでも逆サイドに流れたボールを蜂須賀が拾うと、左足でクロス。これに西村がダイビングヘッドで叩き込み、仙台がついに先制点を奪う。

初勝利に向けて守る仙台と、4連勝に向けて逆転したい攻める柏の構図となると、終盤は柏が圧倒的に押し込む展開に。70分には神谷に代えてアンジェロッティ、75分には仲間に代えてイッペイ・シノヅカを起用し、攻勢をかける。

それでも粘り強く守る仙台の前にネットを揺らせず。後半アディショナルタイムには、ボックス右でペドロ・ハウルがボールを持つと、鋭いグラウンダーのクロス。これに飛び込んだ北爪が合わせてゴールに流し込むだけだったが、これもブロックされ試合終了。仙台が実に518日ぶりにホームで白星を挙げ、今シーズンのリーグ戦初勝利を飾った。

ベガルタ仙台 1-0 柏レイソル
【仙台】
西村拓真(後23)



1 2
関連ニュース
thumb

札幌が幾多のチャンスを活かせず…メモリアルゲームの矢島弾でG大阪が2連勝! 13位に浮上【明治安田J1第4節】

明治安田生命J1リーグ第4節延期分、北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪が30日に札幌厚別公園競技場で行われ、0-2でG大阪が勝利を収めた。 G大阪のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の集団感染が起きた影響により開催が延期されたこの一戦。現在、勝ち点29で10位に位置する札幌は、10日の第22節ベガルタ仙台戦からスタメンを2人替え、各選手のポジションを大幅に変更。キャプテンの宮澤がメンバー外となる中、右ウイングバックにこの日24歳の誕生日を迎えた金子、左ウイングバックにルーカス・フェルナンデスを置き、ワントップにはジェイが構える配置となった。 一方、ACFチャンピオンズリーグ(ACL)から帰還して以降、中2日や中3日と短い間隔の連戦が続くガンバ大阪は、27日に行われた前節の大分トリニータ戦からスタメンを5枚変更。レアンドロ・ペレイラをワントップに置き、ウェリントン・シウバとこの試合でJ1リーグ通算100試合目の出場となる矢島のシャドーで、ひとつ上の14位湘南ベルマーレを追いかける。 [3-4-2-1]のミラーゲームとなったこの試合は、ホームの札幌ペースで進んでいく。5分にジェイがボックス中央でシュートを放つと、6分にはまたもジェイがセンターサークルからロングシュート。さらに、13分にはクロスボールを荒野がボックス内で合わせるなど、立ち上がりから札幌がボールを握り積極的に攻撃を展開していく。 攻め込まれる中でG大阪は、22分にウェリントン・シウバがビッグチャンスを迎える。自陣内でボールを奪いドリブルでボックス内中央まで運ぶと、ゴール右下へ右足で巻いたシュートを放つ。しかし、これは札幌のGK菅野のビッグセーブに阻まれる。 序盤の攻め込まれる展開から徐々に攻撃のリズムを掴み始めたG大阪は、29分に待望の先制点が生まれる。左サイドで小野瀬からボールを受けたウェリントン・シウバが、ボックス左手前の角で相手DF2人をかわして置き去りにする。その後、ボックス内左からクロスを上げると、ゴール前で待っていた矢島がネットに突き刺して先制点。自身のメモリアルゲームを自らのゴールで飾り付けた。 サイドの崩しから先制したG大阪だったが、32分にアクシデントが起こる。この日、右ウイングバックとして出場していた高尾が、相手のファールを受け負傷。プレー続行が不可能と判断され、黒川と交代しピッチを後にした。 高尾の負傷により前半から途中出場となった黒川。しかし、この交代がG大阪に追加点をもたらす。53分、札幌陣内のセンターサークル付近から倉田が左サイドを駆け上がる黒川へパスを送る。これを受けた黒川は、ボックス左手前からゴール前へクロスを上げる。これに反応したレアンドロ・ペレイラが豪快なヘディングシュートを放つと、一度はGK菅野に弾かれたもののこれを身体ごとゴールへ押し込みG大阪が追加点を奪った。 85分の時点でボール支配率が63%の札幌。ボールを握り、チャンスを作り続け、フィニッシュまで持っていけているものの、5枚の最終ラインに加えてGK東口が立ちはだかるG大阪ゴールを割ることができずに時間が経過していく。 札幌は最後まで攻め続けるも、最後までネットを揺らすことができずに試合終了。16本のシュートを放つもゴールを奪うことができず敗戦。一方、4試合ぶりのクリーンシートとなったG大阪は2連勝を飾り、得失点差により湘南、清水エスパルスを抜き順位を13位に浮上上させた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ガンバ大阪 【G大阪】 矢島慎也(前29) レアンドロ・ペレイラ(後8) 2021.07.30 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖の17歳DF中野伸哉が正式にトップ昇格、2種登録でJ1通算34試合に出場

サガン鳥栖は30日、DF中野伸哉(17)のトップチーム昇格を発表した。 7月30日付で正式にトップチームの一員となる。なお背番号は変わらず「47」をつける。 中野はU-15から鳥栖に所属しており、現在は鳥栖U-18所属ながら2種登録でJリーグの試合に出場。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、今シーズンはここまで20試合に出場していた。 またU-15から日本代表に招集されており、2019年にはU-17ワールドカップにも出場。今年はU-24日本代表にも招集されていた。 中野は改めて正式にトップチームに昇格し喜びを語った。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います」 「常に支えてくれた両親をはじめ、お世話になってきた監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからももっともっと頑張ります!」 「ここからがスタートなので、プロとしての自覚を持ち日々の練習から全力で取り組みます。応援よろしくお願いします!」 2021.07.30 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

「日本に行きたい」ノルウェー人FWがJリーグ行きを熱望、実際にオファーも

ノルウェーのオッドに所属する元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガ(28)がJリーグ行きを希望しているようだ。ノルウェー『Nettavisen』が報じた。 バケンガはノルウェーのローゼンボリでキャリアをスタート。2012年1月にクラブ・ブルージュへ完全移籍すると、セルクル・ブルージュ(ベルギー)、エスビャウ(ノルウェー)、ブラウンシュヴァイク(ドイツ)、モルデ(ノルウェー)とレンタル移籍を繰り返し、2016年7月にローゼンボリへと復帰した。 その後、トロムソ、ランハイム・フォトバルとノルウェー国内でプレーし、2020年6月にオッドへと加入した。 これまでエリテセリエン(ノルウェー1部)で通算151試合54ゴール13アシストを記録しているバケンガ。U-15から世代別のノルウェー代表で常にプレーすると、2014年1月にA代表デビューしていた。 今シーズンもエリテセリエンではここまで11試合で11ゴールを記録。しかし契約は今年一杯となっており、多くのクラブからのオファーがあるという。 バケンガに対しては、サウジアラビアのアル・タイがオファーを出したとのこと。オッドはオファーを受け入れたとのことだが、バケンガ自身は日本に行きたいと考えているようだ。 「オッドが彼らからのオファーを受け入れたのは事実だ。ただ、日本からもオファーを受けた」 「日本に行きたい。それは僕が先に進みたいという僕の願いに合っている。そこに価値があることも知っている」 「覚悟を決めていたが、フィットしなければならない経験を持つトータルパッケージだ。それが今やっときた」 日本のクラブ名は明かされていないが、オッドは金銭面でサウジアラビアからのオファーを受けたとのこと。一方で、日本のクラブはバケンガのプロ意識の高さに感銘を受けたようだ。 バケンガはそのような評価をしてもらったことへの驚きを隠さず、自身も日本に行きたいという願望を改めて主張した。 「極東のクラブからこれほど多くの分析しているのを経験するのは初めてだ」 「オッドに多くを捧げた気がする。彼らが約束を守るためには、テーブルに上がったオファーを受け入れなければいけない」 「彼らはサウジアラビアからのオファーを受け入れたが、僕が望んでいたオファーがあったとしても邪魔はしないだろう。僕の願いは、日本に行きたいということだ」 エリテセリエンに絡む選手では、2020シーズンの得点王であるFWキャスパー・ユンカーが浦和レッズに加入しゴールを量産中。また、同じノルウェー人では大宮アルディージャにFWイバが在籍している。北欧の選手では、デンマークのDFアレクサンダー・ショルツが浦和に加入。過去にはスウェーデン人のFWロビン・シモヴィッチ(名古屋グランパス、大宮アルディージャ)やノルウェー人のFWトル・ホグネ・オーロイ(ジェフユナイテッド千葉)らもJリーグでプレーしていた。 2021.07.30 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCの選手1名が新型コロナ陽性…8月1日に予定されていた練習見学は中止

横浜FCは29日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は29日の早朝に発熱。抗原定性検査を受けたところ陽性であり、その後医師の診断により陽性判定となった。 なお、そのほかの選手、スタッフ全員は抗原検査により陰性となった。 また、体調不良や発熱などの症状を訴えている者はいないとのこと。濃厚接触者の特定を急いでいるという。なお、選手1名が濃厚接触者疑いとして、自主隔離を行っている。 当該選手はこれまで発熱もなく、28日までチーム活動に参加。しかし、29日に39.2℃の発熱があったとのことだ。 なお、8月1日(日)に予定されていた練習見学に関しては中止となった。 2021.07.29 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島DF広瀬陸斗が全治2カ月の離脱…練習中に左ハムストリング筋損傷

鹿島アントラーズは29日、DF広瀬陸斗の負傷離脱を報告した。 広瀬は25日の練習中に負傷。チームドクターによる検査結果、左ハムストリング筋損傷で治療期間として2カ月を要する見込みだ。 昨年に横浜F・マリノスから加入して、今季で鹿島在籍2年目の広瀬。ここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場している。 2021.07.29 17:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly