CL権争うヴォルフスブルク、若手FWビアリェクが左ヒザ十字じん帯断裂でシーズン終了

2021.04.29 11:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは28日、U-21ポーランド代表FWバルトシュ・ビアリェクの負傷を発表した。クラブの発表によると、ビアリェクは左ヒザの十字じん帯を断裂したとのこと。27日のトレーニング中に負傷し、検査を受けて診断。これによりシーズンが終了してしまった。

ビアリェクは、ポーランドのザグウェンビェ・ルビンから今シーズン加入。19歳ながら今シーズンのブンデスリーガでは19試合に出場し2ゴールを記録している。


来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っているヴォルフスブルクだが、混沌とした状況。その中で期待の若手ストライカーを欠く事となった。

クラブは「ビアリェクが最善を尽くし、早期に回復することを願っている」としている。
関連ニュース
thumb

ヴォルフスブルク、長期離脱中のシュテフェンのリーグ戦全休&ユーロ欠場を発表…

ヴォルフスブルクは10日、左足首のじん帯損傷で離脱しているスイス代表MFレナト・シュテフェンが残りのリーグ戦及びユーロ2020を欠場することを発表した。 シュテフェンは3月に行われたブンデスリーガ第24節のホッフェンハイム戦で左足首を負傷。その後の精密検査の結果、前述の診断結果が下されていた。 その後は今シーズン中の復帰を目標にリハビリに励んできたシュテフェンだったが、負傷箇所の回復が思わしくなく、今回残りのリーグ戦及びスイス代表として参戦予定だったユーロ2020の欠場を決断した。 今回の決断についてシュテフェンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「もちろんヴォルフスブルクのチャンピオンズリーグ出場権獲得の手伝いができないことはとても残念に思っている。そして、スイス代表としてユーロに参加できないことはとても辛い。だけど、今は新シーズンを完全な状態で迎えられるように集中しているよ」 2021.05.11 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤が後半から出場のウニオン、ブレカロにハットを許してヴォルフスブルクに完敗《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、ヴォルフスブルクvsウニオン・ベルリンが8日に行われ、3-0でヴォルフスブルクが快勝した。ウニオンのMF遠藤渓太は後半から出場している。 前節ドルトムント戦を落とした3位ヴォルフスブルク(勝ち点57)は、5位ドルトムントに2ポイント差に詰め寄られた中、ベストメンバーで臨んだ。 一方、前節ブレーメンに快勝し、ヨーロッパリーグ出場権を争う8位ウニオン(勝ち点46)は完全移籍が発表された遠藤がベンチスタートとなった。 立ち上がりからヴォルフスブルクがボールを持つ流れとなると、12分に先制する。右サイドのバクの折り返しをペナルティアーク中央のブレカロがダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 その後もヴォルフスブルクがポゼッションする流れが続くと、26分に決定機。左クロスをボックス中央で受けたフィリップが胸トラップからボレーで狙うも、シュートはGKの正面を突いた。 迎えた後半、遠藤を左サイドに投入したウニオンが前がかる中、56分に決定機。左サイドからカットインしたポヒャンパロが右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 しかし63分、バクのパスを受けたブレカロがボックス中央からシュートをねじ込んでヴォルフスブルクがリードを広げる。 そして90分にもハットトリックとなるブレカロにゴールが生まれたヴォルフスブルクが完勝で3位を堅守した。 2021.05.09 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランドのドッペルパックで10人のドルトムントがヴォルフスブルクとの上位対決を制しCL出場権争いが劇化《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第31節、ヴォルフスブルクvsドルトムントが24日に行われ、0-2でドルトムントが勝利した。 3位ヴォルフスブルク(勝ち点57)と5位ドルトムント(勝ち点52)による上位対決。 ヴォルフスブルクは前節、シュツットガルトとの打ち合いを制して3-1で勝利。3位をキープした中、シュツットガルト戦で今季20ゴール目を決めたヴェグホルストを最前線に、2列目に右からバク、フィリップ、ゲルハルトと並べた。 一方、ドルトムントは前節ウニオン・ベルリンに快勝。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位フランクフルトとの4ポイント差を維持した中、フンメルスが出場停止で欠場となった中、ジャンがセンターバックに入り、前節負傷から復帰したサンチョが先発となった。 ハーランドを最前線に、2列目に右からレイナ、サンチョ、ロイスと並べたドルトムントが攻勢に出る入りとなった中、12分に先制する。バクのバックパスミスをカットしたハーランドがボックス右に侵入。スピードでDF2人を置き去りにしてGKとの一対一を制した。 失点を受けて前がかるヴォルフスブルクは21分、ゲルハルトのミドルシュートでGKを強襲すると、38分にはバクのスルーパスを受けたボックス右のゲルハルトが際どいシュートを浴びせた。 前半半ば以降はカウンターで牽制していたドルトムントが1点をリードしたまま前半を終えて迎えた後半、開始1分にヴェグホルストが決定的なシュートを浴びせたヴォルフスブルクが良い流れで試合を進めると、58分にドルトムントに退場者。中盤での攻防でファウルを犯したベリンガムが2枚目のイエローカードを受けてしまった。 数的優位となったヴォルフスブルクは右サイドバックのムバブに代えてアタッカーのブレカロを投入。 しかし直後の68分、ハーランドがドッペルパックを決める。ロングカウンターに転じ、ダフードのスルーパスを受けたハーランドが独走。GKとの一対一を制した。 終盤にかけてもハーランドが牽制するドルトムントがカウンターで揺さぶりつつ時間を消化。2-0で勝利し、ヴォルフスブルクに勝ち点2差としてCL出場権争いが激化している。 2021.04.25 00:26 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルトが厳しい3連敗…快勝ヴォルフスブルクがCL出場権獲得に大きな前進《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、シュツットガルトvsヴォルフスブルクが21日にメルセデス・ベンツ・アレーナで行われ、アウェイのヴォルフスブルクが1-3で勝利した。なお、シュツットガルトのMF遠藤航は先発フル出場した。 ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う10位のシュツットガルト(勝ち点39)が、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う3位のヴォルフスブルク(勝ち点54)をホームで迎え撃った一戦。 前節、ウニオン・ベルリンに競り負けて連敗中のシュツットガルトは、3戦ぶりの白星を目指す中で遠藤を引き続きスタメンで起用した。 共に連敗ストップを目指す両者の一戦は立ち上がりからオープンな展開となる。まずは開始9分、シュツットガルトがフェルスターの完璧なスルーパスに抜け出したカライジッチにボックス左でシュートチャンスも、やや置きにいった力強さを欠くシュートはGKカスティールスのセーブに遭う。直後の12分にはボックス右で仕掛けたブレカロが深い切り返しでDFを外して左足のシュートを放つが、ここはGKコベルの好守に遭う。 互いに一度ずつ決定機を作り合った中で13分にはボックス手前でクリアボールに反応したシュラーガーが抑えの利いたミドルシュートをゴール右下隅に突き刺し、2度目の決定機をモノにしたヴォルフスブルクが先手を奪った。 早い時間帯に追いつきたいシュツットガルトは前半半ば過ぎに絶好の同点機が訪れる。24分、ボックス内で相手DFブルックスが腕でボールを処理したとしてVARのレビューの結果、PKを獲得する。だが、キッカーのフェルスターのシュートはGKカスティールスのビッグセーブに阻まれる。さらに、跳ね返りを蹴り込みにかかるが、今度は大きく枠の上に外してしまった。 一方、守護神のビッグセーブでピンチを凌いだヴォルフスブルクは直後の29分に右サイドのブレカロが入れた正確なクロスをゴール前に飛び込んだヴェグホルストがダイビングヘッドで合わせ、今季のリーグ戦20点目とした。 まずい試合運びで2点のビハインドを追うことになったシュツットガルトは後半に入って攻勢を強めていく。60分にはマッシモの右クロスに反応したファーサイドの遠藤に決定機も、ヘディングシュートを決め切ることができない。 すると、65分には最終ラインのミスからブレカロにボックス内までボールを運ばれて最後はマイナスの落としをゲルハルトに見事な右足のミドルシュートで決められ、痛恨の3失点目を喫することになった。 その後、逃げ切り態勢に入ったアウェイチームを押し込む形となったシュツットガルトは80分にマッシモのシュートが相手DFにディフレクトしてゴール右隅に向かうが、これは惜しくも右ポストを叩く。 何とか一矢報いたいホームチームは試合終了間際にカストロのミドルシュートが相手DFにディフレクトする形の幸運なゴールで1点を返すも、試合はこのままタイムアップ。ホームで痛恨の3連敗となったシュツットガルトは逆転でのEL出場権獲得が風前の灯となった。一方、快勝のヴォルフスブルクはCL出場権獲得に向けて大きな勝ち点3を手にしている。 2021.04.22 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが上位対決制して2位ライプツィヒと7pt差に! 18歳ミュージアラが初のドッペルパック!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第29節、ヴォルフスブルクvsバイエルンが17日にフォルクスワーゲン・アレーナで行われ、アウェイのバイエルンが2-3で勝利した。 前節、ウニオン・ベルリン相手に逃げ切り失敗で痛恨の1-1のドローとなった首位のバイエルン(勝ち点65)。さらに、ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では敵地でパリ・サンジェルマン(PSG)を1-0で破るも、1stレグの2-3の敗戦が響き2戦合計3-3で並ぶもアウェイゴール数の差に泣き、CL連覇の夢が潰えることになった。 前日に2位のRBライプツィヒ(勝ち点61)が引き分けたことで、再び引き離すチャンスを得た今節は敵地で3位のヴォルフスブルク(勝ち点54)との上位対決に臨んだ。フリック監督はPSG戦からコマンに代えてミュージアラを起用した以外、同じメンバーを継続した。 注目の上位対決は開始4分にチュポ=モティングがミドルシュートを枠に飛ばせば、直後にヴォルフスブルクもボックス中央に抜け出したバクがGKノイアーに好守を強いるなど、オープンな入りを見せる。 その後は一進一退の攻防が続く中、好調の18歳が見事な個人技で先制点をもたらす。15分、相手陣内の左サイド深くでアルフォンソ・デイビスが仕掛けてこぼれたボールを引き取ったボックス左のミュージアラがダブルタッチを織り交ぜた見事なカットインでDF3枚を振り切って右足のシュート。コースは甘かったものの、これがGKカスティールスの足元を抜けてゴールネットを揺らした。 ミュージアラの2試合連続ゴールで先手を奪ったバイエルンは流れを完璧に掴むまでには至らぬも、相手のミスから2点目を奪う。24分、サネへのクサビを起点に左サイドのミュージアラのスルーパスに抜け出したアラバがゴールラインぎりぎりで浮き球のクロス。これをGKカスティールスがファンブルすると、こぼれ球をチュポ=モティングがすかさず無人のゴールへ流し込んだ。 守護神の痛恨ミスでリードを広げられたヴォルフスブルクだが、エースのゴールで反発力を見せる。35分、高い位置でのシュラーガーのインターセプトからボックス左に走り込むヴェグホルストに絶妙なスルーパスが出ると、これをヴェグホルストが右足の丁寧なシュートでGKノイアーが届かないゴール右下隅へ流し込んだ。 サネが2度の決定機を逸した直後の失点によって嫌な流れが漂うバイエルンだったが、怖いもの知らずの18歳が再び魅せる。37分、右サイドでの細かい繋ぎからゴールラインぎりぎりに抜け出したミュラーが浮き球のクロスを上げると、ゴール前のミュージアラが絶妙な浮き球のヘディングシュートをゴール右上隅に流し込み、自身初のドッペルパックを達成した。 ミュージアラの活躍によって2点リードで試合を折り返したバイエルンは後半も先に決定機を創出。51分、ミュージアラのラストパスに反応したミュラーがボックス右から右足を振っていくが、これはGKカスティールスの好守に遭う。さらに、ゴール前でこぼれ球に反応したミュージアラにドライアーパックのチャンスも右足のシュートはDFラクロワにゴールライン上で掻き出された。 すると、後半最初のピンチを何とか凌いだヴォルフスブルクは再び相手の隙を突いて2点目を奪う。54分、ヴェグホルストのポストワークを起点に良い形で相手陣内深くに押し込んで左サイドのオタビオが最終ラインとGKの間に絶妙なクロスを入れると、これにフリーで飛び込んだフィリップが右足のハーフボレーでネットを揺らした。 これで1点差に迫られたバイエルンは直後にサネにこの試合3度目の絶好機も、三度シュートを枠の外に外してしまう。さらに、68分にはデイビスが強烈なミドルシュートでゴールに迫るが、これもGKカスティールスの好守に阻まれた。 後半半ばを過ぎると、コンディションで勝るヴォルフスブルクにツヴァイカンプフで負け始めて守勢を強いられるバイエルン。73分には殊勲のミュージアラを下げてコマンを最初の交代カードとして投入。だが、84分には相手の高速カウンターを浴びてボックス左に持ち込んだルシヨンに際どいシュートを打たれるが、これは枠の右に外れて事なきを得た。 その後、サネに代えてハビ・マルティネスを投入し、完全に逃げ切り態勢に入ったアウェイチームは試合終了間際にムバブとの交錯で左足を痛めたリュカがプレー続行不可能となり、クアシの緊急投入を余儀なくされる。 それでも、ホームチームの反撃を何とか撥ね返し続けてこのまま3-2のスコアで試合をクローズ。苦しみながらもヴォルフスブルクとの上位対決に競り勝ったバイエルンがライプツィヒとの勝ち点差を7ポイントに広げた。 2021.04.18 00:32 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly