スペイン2部ラージョのサポーターが本拠地を徹底的に清掃! 極右政党幹部の来場に対する抗議

2021.04.28 23:34 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラージョ・バジェカーノのサポーターが、スペインの極右政党『VOX』の幹部2人の本拠地エスタディオ・デ・バジェカス来場を受けて抗議活動を行った。スペイン『マルカ』が伝えている。

ラージョは政治意識の高い左翼的なファンをベースに持つクラブとして有名だが、オーナーであるラウール・マルティン・プレサ氏は27日に開催されたアルバセテ戦(2-2のドロー)に『VOX』の党首であるサンティアゴ・アバスカル氏とロシオ・モナステリオ氏の幹部2人を招待した。

『VOX』は近年スペイン国内で勢力を拡大する極右とされる政党で、スペインの伝統を取り戻すことを呼びかけ、“ムスリム”や“LGBT”の排除やカタルーニャの独立への反対姿勢などを打ち出している。

そういった中、ラージョの一部サポーターグループは、前述の『VOX』幹部2人を招待したオーナーに対する抗議活動として、「ファシズムのないバジェカスを信じ、スタジアムを清めなければならない」とのメッセージから、防護服に身を包んでスタジアムを消毒、清掃する活動を行った。



1 2
関連ニュース
thumb

柴崎不在のレガネスが敵地で3発敗戦…1年での1部復帰に黄色信号が灯る《ラ・リーガ昇格プレーオフ》

柴崎岳の所属するレガネスは3日、ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝1stレグでラージョ・バジェカーノと対戦し、0-3で敗戦した。柴崎はケガの影響でベンチ外となった。 ラ・リーガ2部で3位となったレガネスが、6位ラージョのホームに乗り込んだ一戦。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半だった。73分、右サイドでパスを受けたイシがバイタルエリアまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したアルバロ・ガルシアが左足ボレーで流し込み、ラージョが先制した。 さらにラージョは、76分にも中盤でバレンティンがパスカットすると、こぼれ球を拾ったべべがペナルティーアーク内まで持ち上がりシュート。やや甘いコースに飛んだシュートだったが、GKリエスゴが処理しきれずそのままゴールネットを揺らした。 2ndレグに望みをつなぐために1点でも返しておきたいレガネスだったが、後半アディショナルにベベに直接FKを決められ万事休す。結局、試合はそのまま3-0でラージョが完勝した。 なお、プレーオフ決勝進出を懸けたレガネスホームの2ndレグは6日に行われる。 ラージョ・バジェカーノ 3-0 レガネス 【ラージョ】 A・ガルシア(後28) ベベ(後31) ベベ(後49) 2021.06.04 06:12 Fri
twitterfacebook
thumb

父に続く? ジダン息子のGKリュカ・ジダンが将来的なセリエA行きを希望

元U-20フランス代表GKリュカ・ジダン(22)がセリエAへの移籍の可能性を語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の息子としても知られるリュカ・ジダン。マドリーの下部組織で育ったが、昨シーズンはラシン・サンタンデールへとレンタル移籍。そして、今シーズンはラージョ・バジェカーノへと完全移籍を果たした。 リュカは、セグンダ・ディビジシオン(スペイン2部)で今シーズンは8試合に出場。控えGKの立ち位置となっている。 マドリーの下部組織時代に仲が良かったモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが今シーズンからインテルへと完全移籍。そして移籍1年目でセリエA優勝に近づいている状況だ。 『スカイ・スポーツ』の取材に応じたリュカ・ジダンは、仲の良いハキミについてコメント。友人たちがセリエAでプレーしていることについて語った。 「僕たちは仲が良くて、レアル・マドリーでは一緒に致し、よく話をしたよ。元チームメイトというだけじゃなく、良い友達だし、彼がタイトルを獲得することを願っている」 「マキシム・ロペスはもう1人の仲の良い友達だよ。彼は今サッスオーロでプレーしていて、僕がマルセイユにいた時に一緒にプレーしたね」 父親でもあるジネディーヌ・ジダン監督もユベントスでプレー経験があり、スクデット獲得やチャンピオンズリーグ優勝を経験している。 リュカ・ジダンは自身のセリエA移籍についても言及。将来的に挑戦したいと語った。 「僕は、昔からイタリアが好きで、セリエAも好きなんだ。いつかそこでプレーてみたいね」 2021.04.28 15:48 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ&F・デ・ヨング弾で逆転勝利のバルセロナがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

バルセロナは27日、コパ・デル・レイ4回戦でセグンダ(スペイン2部)に所属するラージョ・バジェカーノとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 3回戦でセグンダB(スペイン3部)のコルネリャを延長戦の末に下したバルセロナは、直近のエルチェ戦から先発を6人変更。ブラースヴァイトや、デンベレ、ジョルディ・アルバ、GKテア・シュテーゲンらに代えてメッシやトリンコン、リキ・プッチ、GKネトらをスタメンで起用した。 トリンコン、メッシ、グリーズマンを3トップに並べた[4-3-3]で試合に臨んだバルセロナは、立ち上がりからボールを保持するもソリッドな守備を見せるラージョを崩せず、シュートまで持ち込めない時間が続く。 そんな中、バルセロナは20分に最初の決定機を迎える。ボックス左から侵入したジュニオル・フィルポの折り返しをゴール前に飛び込んだF・デ・ヨングのスライディングシュートで合わせたが、これはクロスバーに阻まれた。 バルセロナは35分にも、F・デ・ヨングのパスから右サイドを突破したトリンコンがボックス右まで持ち上がりシュート。さらにGKディミトリエフスキが弾いたこぼれ球を拾ったリキ・プッチに決定機が訪れたが、ブロックに入ったDFに当たったシュートは左ポストに嫌われた。 ゴールレスで迎えた後半、バルセロナは開始早々の48分にメッシが直接FKでゴールに迫ったが、これもクロスバーを直撃。その後はコンパクトな守備陣形を形成するラージョに対してなかなか決定機を作り出せないまま時間が経過。 すると、バルセロナは63分に失点する。ボックス右深くまで切り込んだアルバロ・ガルシアがGKとDFの間に早いクロスを送ると、GKネトのファンブルしたボールを最後はゴール左手前のフラン・ガルシアに押し込まれた。 先制を許したバルセロナは、68分にトリンコン、リキ・プッチ、ジュニオル・フィルポを下げてデンベレ、ペドリ、ジョルディ・アルバを投入する3枚替えを敢行。すると直後の69分、F・デ・ヨングのスルーパスで抜け出したグリーズマンがボックス左から侵入。折り返しをメッシが流し込み、すかさず同点に追いついた。 さらに同点弾で攻勢を強めたバルセロナは、80分にもメッシのループパスでボックス左に抜け出したジョルディ・アルバの折り返しをF・デ・ヨングがワンタッチでゴールに沈め、逆転に成功した。 結局、これが決勝点となりバルセロナが2-1で逆転勝利。11大会連続のベスト8進出を決めた。 2021.01.28 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダンの次男リュカが親元離れてスペイン2部へ移籍! 契約は2年間

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラージョ・バジェカーノは5日、レアル・マドリーからフランス人GKリュカ・ジダン(22)を獲得したことを発表した。契約は2年となる。 マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の息子の1人として知られるリュカ。2004年から同クラブのカンテラに在籍し、着実に上のクラスへステップアップを続けてきたが、トップチームでは出場機会がほとんどなく、昨季は2部のラシン・サンタンデールにレンタルした。 ラシンではリーグ戦33試合でゴールマウスを守ったものの、チームは最下位でセグンダB(3部)に降格。悔いの残る形でマドリーに復帰していた。 そして、今回は親元を完全に離れ、決意新たに新天地として選んだラージョ・バジェカーノは、昨シーズンは7位、今季もここまで3勝1敗で5位と好位置につけており、来季の3シーズンぶりとなる1部昇格も現実味のある目標となっている。 2020.10.05 21:41 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司は希望のスペインでプレー継続可能? マドリッド本拠地のラージョやフエンラブラダが興味か

移籍の噂が絶えないレアル・サラゴサのMF香川真司(31)だが、自身が望むスペインでのプレーの道も残されているようだ。 移籍が噂される香川だが、自身のSNSを通じて「噂はたくさんあるが、今すべきことに集中していく」とし、「僕は真のサラゴサの選手として、全てのトレーニングセッションをしっかりやっていきたいと思う」とサラゴサに身を捧げる決意を表明した。 しかし、高額なサラリーとパフォーマンスが見合っていないとされ、支出削減を目指すサラゴサにとってネックとなっていることも事実。移籍期間が終了する10月5日まで、サラゴサは香川の放出を目指すとされている。 その香川には、カタールに加え、サウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーが来ている状況。しかし、本人は一貫してスペイン国内でのプレーを希望している。 スペインのクラブでは、ラ・リーガに昇格したカディスが香川に興味を持っているとされてきたが、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のクラブも香川に興味を持ち、問い合わせをしてきたようだ。 スペイン『ElDesmarque』によると、香川に興味を持っているのは、ログロニェス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダなど複数クラブとのこと。サラゴサを離れることになっても、スペインでプレーする道が残されているという。 2019-20シーズンにドルトムントからレアル・サラゴサへ加入した香川。セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で31試合に出場も4ゴール1アシストと期待通りの活躍はできず。また、チームも終盤失速し昇格を逃していた。 ビザの手続きの影響でチームへの合流が遅れた香川は、ルベン・バラハ監督を迎えた新チームで出遅れ、プレシーズンマッチのメンバーにも入っていない状況。監督の信頼を勝ち取ることができても、クラブの財政面を逼迫している事実は拭えない。好条件のオファーがあればクラブは放出を容認する意向だが、どのような結末を迎えるだろうか。 2020.09.19 11:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly