主力多数不在のマドリー、ヘタフェ相手に劣勢のドロー…久保建英は4戦ぶりに出番なし《ラ・リーガ》

2021.04.19 05:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第33節、ヘタフェvsレアル・マドリーが18日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。前節、バルセロナとのエル・クラシコを2-1で制した2位のマドリー(勝ち点66)は、首位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。そして、ラ・リーガ5連勝を狙う今節は15位のヘタフェ(勝ち点30)との自治州ダービーに臨んだ。

直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地アンフィールドで0-0のドローに持ち込み、リバプールを破ってベスト4進出を決めたジダン率いるチーム。だが、重要な3連戦を無敗で終えたチームは、その代償にルーカス・バスケス、メンディが相次いで負傷離脱。さらに、今節ではカゼミロとナチョをサスペンションで欠く上に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となったバルベルデが起用不可に。


この緊急事態を受け、急造の最終ラインはオドリオソラ、ミリトン、チュスト・ガルシア、マルセロとなり、クロースとベンゼマのベンチスタートを受け、マリアーノとイスコが代役を担うことになった。

対して5戦未勝利と低迷が続くヘタフェは、保有元相手に2試合連続スタメン起用が期待された久保がベンチスタートとなり、2トップにはマタとウナルが並んだ。

飛車角抜きのマドリーに対して予想外に攻撃的な入りを見せたヘタフェが先にチャンスを作り出す。立ち上がりに続けてセットプレーを得た中で6分にゴール前のマタがファーストシュートを放つと、直後の7分にもマティアス・オリベラとニョムがゴール前に飛び込んで決定機に絡む。

一方、何とか序盤の劣勢を撥ね返したマドリーは8分にミリトンからの縦パスに抜け出したマリアーノがボックス内でGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。

以降は連動性と運動量、アグレッシブさで上回るヘタフェが急造布陣でしっくりいかない相手の隙を突いて押し込む形に。10分にアランバリが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放てば、23分にはマクシモビッチのクロスにゴール前で反応したマタが巧みなバックヘッドシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

対するマドリーも28分にはマルセロからの絶妙なクロスに反応したマリアーノにこの試合2度目の決定機が訪れるが、これはDFティモルの見事なゴールカバーに掻き出されて先制点とはならず。さらに、徐々に盛り返した前半終盤の39分にはオドリオソラからの好クロスをゴール前のヴィニシウスが頭で合わせるが、枠の左を捉えたシュートはGKソリアにキャッチされた。

0-0のイーブンで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。それでも、全体の動き出しの少なさ、距離感の問題を抱えてボール回しが停滞するマドリーに対して、ヘタフェの高い位置でのボール奪取が嵌りショートカウンターからフィニッシュの場面を創出。59分にはその形からマタとパス交換したウナルがペナルティアーク付近から決定的な右足のシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。

後半も流れが悪いマドリーは65分、マリアーノに代えて切り札のベンゼマ、ロドリゴに代えてこれがトップデビューとなる20歳MFアントニオ・ブランコを投入。この交代によって[4-3-3]に並びを代えて、ピボーテにブランコ、ドブレピボーテのイスコとモドリッチがインテリオールにポジションを上げた。

前半からのハイペース、相手の3トップが主力に入れ替わったことを受けボルダラス監督は、マタに代えてすでに投入したアンヘルに続き76分にはアレーニャを下げてダミアン・スアレスを投入。本職サイドバックのウルグアイ代表DFを右サイドハーフに置き、引き分け良しの戦い方にシフト。それでも、78分にはククレジャのボール奪取からショートカウンターに転じると、マクシモビッチが放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かう。しかし、これもGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。

その後も膠着状態が続く中、ヘタフェは試合終了間際にウナルを下げて前節トップデビューのホセテ・ミランダを最後のカードとして投入。これにより、久保の古巣対戦は実現せず。

そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、多数の主力を欠いたマドリーは格下相手に守勢を強いられながらも、守護神の活躍もあって最低限の勝ち点1を持ち帰ることになった。

なお、今節先に試合を行っていたアトレティコが勝利していたため、両者の勝ち点差は再び3ポイントに広がっている。
関連ニュース
thumb

混戦に持ち込めるかセビージャ、マドリー戦を前にロペテギ「今季は大きな年」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、レアル・マドリーとの大一番に向けて、特別な一戦になると語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 9日にラ・リーガ第35節でレアル・マドリーと対戦するセビージャ。前節にビルバオに敗れ、優勝争いから一歩後退してしまったものの、前日に行われたバルセロナvsアトレティコ・マドリーが引き分けに終わったため、この上位戦をモノにできれば、再び近づくことができる。 昨シーズンの就任から見事な成績を収めるロペテギ監督に対し、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は今季無冠に終われば退任するのではないかと言われている。だが、スペイン人指揮官は「疑いの余地はない」としてフランス人指揮官の手腕を称賛。また、チームの好調を理解しながらも、目の前の一戦に集中していることを強調した。 「ジダンの仕事ぶりが物語っているじゃないか。彼の能力に疑いの余地はない。その立場として理想的な監督だ」 「我々が今この順位にいるのは、良いシーズンを過ごしたからだ。我々は常に、状況をより良くしようと試合に臨んでいる。ここ3試合は負け続きだが、明日はまた別の試合だ。後ろを振り返ることはしない」 「ドレッシングルームは興奮していて、やる気満々だ。昨季より良いポジションにいるからだろう」 「困難はあるものの、今季が大きな年であることは理解しているよ。勝つこともあれば負けることもある。それでも次の目標にフォーカスしなければならない。つまりはビッグチームを倒すことだが、そうすれば我々はそれに向かう力をつけることができる」 2021.05.09 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー首位浮上なるか! セビージャ戦に臨むジダン監督「彼らは一線を画す存在」

セビージャ戦に臨むレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、すでにチャンピオンズリーグ(CL)敗退から気持ちを切り替えたことを強調している。クラブ公式サイトが試合前会見のコメントを伝えている。 9日のラ・リーガ第35節でセビージャと対戦するマドリー。CLではチェルシーに敗れ準決勝敗退となったが、熾烈な優勝争いが繰り広げられているリーグでは、前日に行われたバルセロナvsアトレティコ・マドリーが引き分けに終わったため、首位浮上のチャンスが舞い込んできた。 しかし、相手は4位に位置するセビージャ。現在はリーグでの直接対決で4連勝を収めているが、他のチームとは一線を画す存在だと、ジダン監督は警戒。CL敗退を引きずることなく、残りの試合に集中して臨むことを約束した。 「何が懸かった試合か理解している。リーグ戦はあと4試合残っており、それらすべてが決勝戦だ。チャンピオンズリーグのことは忘れて、明日の試合だけに集中したい。私が約束できるのは、1分から90分まで全力を尽くすことだけだ。残りの4試合に集中し、力強くシーズンを終えられることを目指している」 「セビージャは他とは異なるチームだ。全くもってね。今シーズンは最初からここまでそれを証明し、優勝のために戦っている。我々はそんな彼らに勝つために、どのようなパフォーマンスをしなければならないか理解しているよ」 ジダン監督はまた、自身の退任の噂にも言及。現時点で監督は自分であることを主張し、残りの4試合に集中していることを強調した。 「レアル・マドリーの監督は私だ。現時点ではそうだ。毎日毎秒、私にできることをするだけだ。あとはシーズンの終わりに何が起きるか待てばいい」 「私は情熱を持って、選手たちとの仕事に励む。もちろん責任感もだ。勝った時も負けた時も私は責任を感じている」 「以前にも言ったが、私はクラブに迷惑を掛けたくない。今は最後の4試合に焦点を当てる。残りはその後話すよ」 2021.05.09 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ注目プレビュー】首位浮上のチャンス得た満身創痍のレアル・マドリーが難敵セビージャと激突!

ラ・リーガ第35節、レアル・マドリーvsセビージャが、日本時間9日28:00にアルフレド・ディ・ステファノでキックオフされる。首位浮上のチャンスを得たマドリーが難敵セビージャと激突する、覇権争いを左右するビッグマッチだ。 残り4節となった今季のラ・リーガにおいて今節は、上位4チームが直接対峙する決定的な一節に。そして、8日に先に行われた首位アトレティコ・マドリーと、3位バルセロナの首位攻防戦は0-0のドローに終わり、アトレティコが勝ち点77、バルセロナが勝ち点75と1ポイントずつを積み上げることになった。 この結果、アトレティコとの当該成績で優位に立つ前節終了時点で2位のマドリー(勝ち点74)は、自力でのラ・リーガ連覇の可能性が復活。また、4位のセビージャ(勝ち点70)にもわずかながら逆転での優勝の可能性が残り、今回の上位対決は俄然注目度を増すこととなった。 前節、一部主力を温存した中、オサスナに競り勝ったマドリーだが、5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではチェルシーに0-2の完敗を喫し、ビッグイヤー奪還の夢が潰えることに。また、負傷者や主力の勤続疲労に悩まされる満身創痍の状態にあり、ロンドンでのアウェイゲームから中3日での難敵とのビッグマッチは非常にタフなものとなるはずだ。 それでも、常勝が義務付けられるエル・ブランコとしては、今季唯一獲得可能なタイトルに向け100%のパフォーマンスを見せ、CL敗退からのリバウンドメンタリティを示すことが求められる。 対するセビージャは前節のアスレティック・ビルバオ戦での敗戦によって連勝が「5」でストップ。1945-46シーズン以来、2度目のプリメーラ制覇から大きく後退した。それでも、最大の目標だった来シーズンのCL出場権をすでに確保しており、上位3チームに比べ余計な重圧なく残り試合に臨むことができる。逆転優勝には大きな運が必要となるが、まずは今回の上位対決を制して少しでも勝利の女神を振り向かせたい。 なお、昨年12月に行われた前回対戦はほぼ互角の勝負だったが、FWヴィニシウスが誘発したGKブヌのオウンゴールによってマドリーが1-0のスコアで競り勝っている。 ◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】 ▽レアル・マドリー予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:オドリオソラ、ミリトン、ナチョ、マルセロ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:アセンシオ、ベンゼマ、アザール 負傷者:DFセルヒオ・ラモス、ヴァラン、カルバハル、メンディ、MFルーカス・バスケス 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱組に加え、チェルシー戦に強行出場して負傷が再発したセルヒオ・ラモス、メンディが欠場となる。 チェルシー戦では3バック採用も招集メンバーの顔触れを見ると、今回の一戦では4バックへの変更が確実だ。スタメンに関しては右サイドバックと両ウイングの人選に注目が集まる。右サイドバックはオドリオソラかバルベルデ、両ウイングはチェルシー戦で低調なパフォーマンスに終始したアザールを引き続き起用するのか、アセンシオ、ヴィニシウス、ロドリゴのいずれかに変更するのか、フランス人指揮官の用兵はいかに。 ◆セビージャ◆ 【4-3-3】 ▽セビージャ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ブヌ DF:ヘスス・ナバス、クンデ、ジエゴ・カルロス、アクーニャ MF:ジョルダン、フェルナンド、ラキティッチ FW:スソ、エン=ネシリ、オカンポス 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはコンディションの問題で今週の一部トレーニングを回避していたクンデ、ジョルダン、エン=ネシリの3選手が無事遠征メンバー入りを果たしており、全選手が起用可能な状況だ。 スタメンに関しては前述のメンバーを予想したが、ジョルダンやラキティッチに代わってより攻撃的なパプ・ゴメスが起用される可能性も。また、エン=ネシリの状態次第ではルーク・デ・ヨングのスタートもあるはずだ。 ★注目選手 ◆レアル・マドリー:FWエデン・アザール <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの注目プレーヤーは古巣対戦においてピッチ上のパフォーマンス、試合後の態度でマドリディスタの不興を買った背番号7。マドリー加入2年目も度重なる負傷やオーバーウエイトとプロとしての資質に疑問符が付くベルギー代表FW。先月下旬の戦列復帰後は久々のスタメンを飾ったオサスナ戦ではトップ下のポジションでまずまずのパフォーマンスを見せたものの、スタンフォード・ブリッジ凱旋で古巣相手にチームを勝利に導くプレーが期待されたCL準決勝2ndレグでは攻守両面で期待外れの結果に終わった。さらに、チームメートが敗退の失意に暮れる中で一人かつての同僚と談笑する姿をみせ、マドリディスタの怒りを買いSNSでの謝罪に追い込まれた。 ここ2シーズンの体たらくを受け、クラブ、マドリディスタからの信頼は地に落ちており、一部では今夏の放出の可能性も報じられている。現時点で本人が来季以降もマドリードでのキャリア続行を熱望しているかは不明だが、自ら招いた窮地から脱するためにはピッチ上でのパフォーマンスで取り返すしかない。堅守を誇る難敵相手に決定的な仕事を見せたい。 ◆セビージャ:FWユセフ・エン=ネシリ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210508_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セビージャの注目プレーヤーはキャリアハイ更新中の若き主砲だ。マラガ、レガネスで研鑽を積んだ後、2020年1月にセビージャへのステップアップを果たした23歳のモロッコ代表FWは加入2年目となった今季に本格ブレイク。高い身体能力を生かした馬力のある仕掛けに、簡単に競り負けないパワーを武器に前線の主力を担うと、今シーズンは左足、ヘディングの精度に磨きをかけてキャリアハイを大きく更新するラ・リーガ17ゴールを挙げている。そして、今夏の移籍市場に向けてはリバプールやウェストハムなどプレミアリーグの強豪クラブからの強い関心も伝えられるところだ。 ただ、今季ここまではレアル・ソシエダ戦でハットトリック、CLドルトムント戦でドブレーテを記録している一方、ラ・リーガの3強など強豪相手の試合では結果を残すことができておらず、その点は更なる高みに到達する上での課題となっている。そういった意味で今回の上位対決は自身の価値を証明する大きなチャンスとなっており、対マドリー7戦目にして初ゴールを奪いたい。ゴール前だけでなくサイドの深い位置に流れてのプレーを得意とすることもあり、守備に不安がある相手両サイドバックとのマッチアップを意図的に狙いたいところだ。 2021.05.09 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー痛手…主将セルヒオ・ラモスが再び負傷 このまま退団の可能性も?

レアル・マドリーは8日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが左足ハムストリングを負傷したことを報告した。 今年1月にヒザの手術を行って戦列を離れたセルヒオ・ラモス。その後もふくらはぎのケガや新型コロナウイルス感染が重なり、先日のチェルシー戦でようやく本格的な復帰を果たしていた。 しかし、チェルシー戦でフル出場したセルヒオ・ラモスだったが、再び別のケガを抱えることに。クラブは詳しい離脱期間が明らかになっていないとしているが、スペイン『マルカ』によると、少なくとも9日に行われるラ・リーガ第35節のセビージャとの大一番は欠場する見込のようだ。 さらに『マルカ』は、最悪残り4試合のリーグ戦も欠場した場合、マドリーとの現行契約が今夏までとなっているキャプテンの最後の試合がチェルシー戦になる可能性も示唆しており、その去就がより注目されることになった。 マドリーではFWルーカス・バスケス、DFダニエル・カルバハル、そしてDFラファエル・ヴァランが負傷離脱しており、優勝争いの真っただ中にある中で大きな痛手となっている。 2021.05.08 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アザールが市場に? 愛想尽かすレアル、売却を議論

レアル・マドリーはベルギー代表FWエデン・アザール(30)に愛想を尽かしているようだ。 チェルシーでの活躍を経て、2019年夏に移籍金1億ユーロ(現レートで約132億円)で念願のレアル・マドリー入りを果たしたアザール。今季でその夢を実現させて2年の月日が経つが、相次ぐケガなどでチェルシー時代のような輝きを放てていないのが現状だ。 今季もここまで公式戦18試合の出場でわずか3ゴール。このままで終わるわけにいかないアザールとしてはチームが覇権争いの真っ只中にいる今季のラ・リーガ残り4試合でタイトルに導き、不甲斐ない状況が続く個人としても何らかの結果を残したいところだ。 しかし、スペイン『マルカ』によると、レアル・マドリーは何週間も前から売却の可能性を議論。チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのチェルシー戦で敗退決定後、かつての同僚たちと談笑して批判に晒されているが、その一件も関係なくだという。 また、ドレッシングルームでの地位も落ち込み、試合で勝利を呼び込む活躍すら期待する者もほぼいない様子。上層部内もそうした空気に包まれており、当初の同情的な見方も今やパフォーマンスレベルと姿勢に対する失望感に移り変わっている様子だ。 そんなアザールはまだ3年契約を残すが、『Transfermarkt』によると、市場価値は移籍当時の1億5000万ユーロ(約198億1000万円)から今や半額以下の4000万ユーロ(約52億8000万円)。今もジネディーヌ・ジダン監督のお気に入りだが、クラブは今後、オファーに耳を傾ける姿勢だという。 2021.05.08 15:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly