主力多数不在のマドリー、ヘタフェ相手に劣勢のドロー…久保建英は4戦ぶりに出番なし《ラ・リーガ》

2021.04.19 05:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第33節、ヘタフェvsレアル・マドリーが18日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会はなかった。前節、バルセロナとのエル・クラシコを2-1で制した2位のマドリー(勝ち点66)は、首位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差を1ポイントに縮めた。そして、ラ・リーガ5連勝を狙う今節は15位のヘタフェ(勝ち点30)との自治州ダービーに臨んだ。

直近のチャンピオンズリーグ(CL)では敵地アンフィールドで0-0のドローに持ち込み、リバプールを破ってベスト4進出を決めたジダン率いるチーム。だが、重要な3連戦を無敗で終えたチームは、その代償にルーカス・バスケス、メンディが相次いで負傷離脱。さらに、今節ではカゼミロとナチョをサスペンションで欠く上に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となったバルベルデが起用不可に。


この緊急事態を受け、急造の最終ラインはオドリオソラ、ミリトン、チュスト・ガルシア、マルセロとなり、クロースとベンゼマのベンチスタートを受け、マリアーノとイスコが代役を担うことになった。

対して5戦未勝利と低迷が続くヘタフェは、保有元相手に2試合連続スタメン起用が期待された久保がベンチスタートとなり、2トップにはマタとウナルが並んだ。

飛車角抜きのマドリーに対して予想外に攻撃的な入りを見せたヘタフェが先にチャンスを作り出す。立ち上がりに続けてセットプレーを得た中で6分にゴール前のマタがファーストシュートを放つと、直後の7分にもマティアス・オリベラとニョムがゴール前に飛び込んで決定機に絡む。

一方、何とか序盤の劣勢を撥ね返したマドリーは8分にミリトンからの縦パスに抜け出したマリアーノがボックス内でGKをかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。

以降は連動性と運動量、アグレッシブさで上回るヘタフェが急造布陣でしっくりいかない相手の隙を突いて押し込む形に。10分にアランバリが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放てば、23分にはマクシモビッチのクロスにゴール前で反応したマタが巧みなバックヘッドシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

対するマドリーも28分にはマルセロからの絶妙なクロスに反応したマリアーノにこの試合2度目の決定機が訪れるが、これはDFティモルの見事なゴールカバーに掻き出されて先制点とはならず。さらに、徐々に盛り返した前半終盤の39分にはオドリオソラからの好クロスをゴール前のヴィニシウスが頭で合わせるが、枠の左を捉えたシュートはGKソリアにキャッチされた。

0-0のイーブンで折り返した後半も試合展開に大きな変化はなし。それでも、全体の動き出しの少なさ、距離感の問題を抱えてボール回しが停滞するマドリーに対して、ヘタフェの高い位置でのボール奪取が嵌りショートカウンターからフィニッシュの場面を創出。59分にはその形からマタとパス交換したウナルがペナルティアーク付近から決定的な右足のシュートを放つが、これはGKクルトワのビッグセーブに阻まれた。

後半も流れが悪いマドリーは65分、マリアーノに代えて切り札のベンゼマ、ロドリゴに代えてこれがトップデビューとなる20歳MFアントニオ・ブランコを投入。この交代によって[4-3-3]に並びを代えて、ピボーテにブランコ、ドブレピボーテのイスコとモドリッチがインテリオールにポジションを上げた。

前半からのハイペース、相手の3トップが主力に入れ替わったことを受けボルダラス監督は、マタに代えてすでに投入したアンヘルに続き76分にはアレーニャを下げてダミアン・スアレスを投入。本職サイドバックのウルグアイ代表DFを右サイドハーフに置き、引き分け良しの戦い方にシフト。それでも、78分にはククレジャのボール奪取からショートカウンターに転じると、マクシモビッチが放ったミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かう。しかし、これもGKクルトワのビッグセーブに阻まれる。

その後も膠着状態が続く中、ヘタフェは試合終了間際にウナルを下げて前節トップデビューのホセテ・ミランダを最後のカードとして投入。これにより、久保の古巣対戦は実現せず。

そして、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、多数の主力を欠いたマドリーは格下相手に守勢を強いられながらも、守護神の活躍もあって最低限の勝ち点1を持ち帰ることになった。

なお、今節先に試合を行っていたアトレティコが勝利していたため、両者の勝ち点差は再び3ポイントに広がっている。
関連ニュース
thumb

ビルバオに競り勝ったレアル・マドリー、最終節に逆転優勝の望みを残す《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは16日、ラ・リーガ第37節でアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 前節グラナダ戦を4-1と勝利して首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追う2位レアル・マドリー(勝ち点78)は、勝利を逃せば最終節を前にアトレティコの優勝が決まる中、グラナダ戦のスタメンからマルビンに代えてオドリオソラのみを変更した。 9位ビルバオ(勝ち点46)に対し、3トップに右からロドリゴ、ベンゼマ、ヴィニシウスと並べたレアル・マドリーがボールを持つ展開で立ち上がったものの、自陣で集中した守備を見せるビルバオを崩せない状況が続いた。 27分にはオドリオソラのクロスがボックス内のモルシージョの腕に当たったが、ノーファウル判定となった。ハーフタイムにかけてもチャンスを生み出せなかったレアル・マドリーは、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、開始5分にモルシージョにGKクルトワ強襲のシュートを打たれたレアル・マドリーだったが、前半同様に押し込む展開とすると、57分にモドリッチがミドルシュートで牽制。 そして61分には左CKからカゼミロのヘディングシュートがバーに直撃すると、68分に均衡を破った。CKの流れからボックス右のカゼミロのクロスをナチョが押し込んだ。 先制後はレアル・マドリーが試合をコントロール。83分にはピンチを迎えるも、ベスガのヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かると、89分にラウール・ガルシアが主審への抗議の影響か一発退場となったビルバオ相手に1-0で逃げ切り。 オサスナに劇的逆転勝利を飾った首位アトレティコを2ポイント差で追走し、最終節に逆転優勝の可能性を残している。 2021.05.17 03:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン、レアル・マドリー監督を今季退任へ…選手にも告知済み

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督(48)が退任するようだ。スペイン『マルカ』が『Onda Cero』の記者であるフェルナンド・ブルゴス氏の情報をもとに報じている。 5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのチェルシーで敗れ、決勝進出が叶わなかったジダン監督は9日に行われたラ・リーガ第35節のセビージャ戦に向けたトレーニングが終わってからのドレッシングルームで選手たちに今季限りで指揮官の座を退く旨を伝達。その日の会見がいつもより遅れたのはそれが理由だという。 ジダン監督はドレッシングルームにて、レアル・マドリーでのキャリアの終わりを感じて、身を引くときが来たとの旨を選手たちに説明。16日に敵地で予定する第37節のアスレティック・ビルバオ戦に先駆けた会見で「い続ける必要があるときもあれば、すべての人々のために去らねばならないときもある」と意味深な言葉を発している。 ジダン監督は2016年1月からレアル・マドリーを率いて、リーグ戦のほか、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成。その後、退任したが、2019年3月から再び指揮を執り始め、2019-20シーズンのリーグを制した。 なお、今季のレアル・マドリーはCL優勝の夢が消滅したが、リーグ戦で逆転優勝の可能性を残す状況。首位アトレティコ・マドリーを2ポイント差で追いかけ、残り2試合でアスレティック・ビルバオ、ビジャレアルと対戦する。 2021.05.16 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに新CB獲得の動き! ヴァランと会談か

マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)の獲得に向けて動き出しているようだ。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 2011年のレアル・マドリー加入後、公式戦通算359試合の出場数を誇るヴァラン。主力センターバックとして4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、数々のチームタイトル獲得に寄与する。 今季も公式戦40試合に出場するなど、変わらずの地位を築くが、現行契約は2022年まで。自身の給与とクラブ最高給を受けるチームメイトの格差に疑問を抱き、延長交渉が進んでいないとみられる。 そんなヴァランはすでに複数クラブと話し合い。その1つが先日にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニと契約延長に至り、今夏の新たなセンターバック獲りに全力を注ぎ始めたユナイテッドだという。 一方、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は来夏のフリー流失を避けたく、今夏の売却も視野に。補強資金も確保したく、評価額を6000万ポンド(約92億5000万円)程度に定めているといわれる。 なお、交渉担当のマット・ジャッジ氏がヴァランとの会談を行うユナイテッドはイギリス『ミラー』によると、移籍金4000万ポンド(約61億6000万円)のオファーを打診する見込みの模様だ。 2021.05.16 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第37節プレビュー】アトレティコ勝利、レアル・マドリー引き分け以下で今節決着の可能性…残留争いも注目の一斉開催!

ミッドウィークに行われた第36節ではアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーが勝利を収めた一方、バルセロナは痛恨のドローに終わり、今季の覇権争いはほぼマドリード勢2チームに絞られることになった。 前節の結果、4位のセビージャ(勝ち点74)の優勝の可能性が潰え、3位のバルセロナ(勝ち点76)に関しては、数字上の可能性は残すも、残り2試合で上位2チームが2試合続けて勝ち点を落とさない限り、逆転できないという事実上の終戦となっている。 そのため、覇権争いは首位のアトレティコ(勝ち点80)と、2位のレアル・マドリー(勝ち点78)の一騎打ちとなった。 前節、7年ぶりの優勝に向けて最大の障壁となると思われたレアル・ソシエダとの上位対決をMFカラスコ、FWコレアの2ゴールに、守護神オブラクの圧巻のパフォーマンスによって2-1で競り勝ったアトレティコ。この重要な勝ち点3奪取によって悲願達成に大きく近づいた。 ただ、2ポイント差を付けるレアル・マドリーとは当該成績で下回っており、勝ち点2を失った場合、逆転される厳しい状況に変わりはない。その極限状態で臨む今節はすでに残留が決定している13位のオサスナ(勝ち点44)と対戦する。パンプローナではレアル・マドリーを完封するなど、難敵である相手だが、すでに残留を決めているため極端に引くような戦い方をしてくる可能性は低く、アトレティコにとっては与しやすいはずだ。 一方、アトレティコの取りこぼしを期待しつつ勝ち点3奪取を目指すレアル・マドリーは、難所サン・マメスで9位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点46)と対戦する。 前節、難敵グラナダとのホームゲームをMFモドリッチ、FWベンゼマの主力2選手、伏兵ミゲル、オドリオソラの活躍によって4-1で快勝したジダン率いるチームだが、過密日程と負傷者によって満身創痍の状態だ。さらに、MFクロースが新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者として隔離措置を余儀なくされ、今節の欠場が決定。セビージャ戦の劇的ドローの立役者不在の中で大一番に臨むことに。アスレティックはオサスナ同様にすでに今季の明確な目標はないが、今季のスーペル・コパ王者はホーム最終戦を勝利で飾るべく全力を尽くすはずだ。なお、アトレティコが勝利し、レアル・マドリーが引き分け以下に終わった場合、今節で決着となる。 前節、一時2点差を付けるもレバンテ相手に2度のリードを守り切れず、痛恨の3-3のドローとなったバルセロナは、わずかな可能性に懸けて8位のセルタ(勝ち点50)と対戦する。攻撃陣にタレントを揃える相手に対して守備の改善は急務となるが、今季30ゴールが懸かるピチーチ争い独走のFWメッシの活躍にも期待したい。 熾烈極まるヨーロッパリーグ(EL)出場権争いと、残留争いでは6位のベティス(勝ち点55)と17位のウエスカ(勝ち点33)の一戦、5位のソシエダ(勝ち点56)と18位のバジャドリー(勝ち点31)の一戦に注目が集まる。 とりわけ、FW岡崎慎司を擁するウエスカはアスレティックとの前節を1-0で勝利し、残留圏内に浮上しているだけに何とか難敵ベティス相手に勝ち点を掴みたい。 また、MF久保建英を擁する16位のヘタフェ(勝ち点34)と、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する最下位のエイバル(勝ち点30)は、それぞれ残留を目指してすでに残留が決定している13位のレバンテ(勝ち点40)、14位のバレンシア(勝ち点39)のバレンシア勢と対戦する。 自力での残留に4ポイントが必要なヘタフェはバルセロナと壮絶なドローを演じたレバンテ、奇跡の残留に向けて全勝が求められるエイバルは難所メスタージャから勝ち点3を持ち帰ることを目指す。 《ラ・リーガ第37節》 ▽5/16(日) 《25:30》 アラベス vs グラナダ アスレティック・ビルバオ vs レアル・マドリー アトレティコ・マドリー vs オサスナ バルセロナ vs セルタ ベティス vs ウエスカ ヘタフェ vs レバンテ カディス vs エルチェ レアル・ソシエダ vs バジャドリー バレンシア vs エイバル ビジャレアル vs セビージャ 2021.05.16 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

クロースがコロナ濃厚接触判定で次節アスレティック戦欠場…逆転優勝目指すマドリーに痛手…

レアル・マドリーは14日、ドイツ代表MFトニ・クロースが新型コロナウイルスの陽性反応が出た人物との濃厚接触によって自主隔離措置を取ったことを報告した。 なお、クロース自身はこれまで受けた全てのテストで陰性反応となっているという。 クロースは13日に行われた直近のラ・リーガ第36節のグラナダ戦(4-1で勝利)ではベンチ入りを果たすも、プレー機会はなかった。 そのため、ジネディーヌ・ジダン監督としては、16日に中2日で開催される第37節のアスレティック・ビルバオ戦でのスタメン起用を見込んでいたと思われるが、今回の隔離措置によってサン・マメスへの遠征メンバーから外れる大誤算となった。 残り2節となったリーグ戦で首位のアトレティコ・マドリーと2ポイント差で2位に位置するマドリーにとって、難敵とのアウェイゲームでのクロース不在は大きな痛手となりそうだ。 2021.05.14 22:46 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly