レーティング: ナポリ 1-1 インテル《セリエA》

2021.04.19 05:41 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第31節、ナポリvsインテルが18日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 メレト 5.5
セーブシーンはほぼなかった

DF
22 ディ・ロレンツォ 6.0
攻守に存在感を発揮。惜しいヘディングシュートがあった

44 マノラス 6.5
要所での身体を張った守備が効いていた

26 クリバリ 6.5
ルカクとの重量級マッチアップは見応え十分。ルカクを抑え込めるのはセリエAではクリバリ位か

6 マリオ・ルイ 5.5
高い位置を取って攻撃に厚みを加えにかかった

MF
21 ポリターノ 6.0
ボックス内での仕掛けでアクセントを付けた。バー直撃のシュートも

(→ヒサイ -)

4 デンメ 6.0
エリクセンを監視。球際に強く行っていた

20 ジエリンスキ 6.0
ブロゾビッチを監視しながら攻撃にも絡む

(→エルマス -)

8 ファビアン・ルイス 6.0
ゲームを作った。主導権を握れた要因に

(→バカヨコ -)

24 インシーニェ 6.0
攻撃の起点に。オウンゴール誘発

FW
9 オシムヘン 5.0
前線でほぼ起点になれず

(→メルテンス 6.0)
オシムヘンとは違い起点になった

監督
ガットゥーゾ 6.0
首位相手に互角以上の戦いぶり

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ハンダノビッチ 4.5
珍しい凡ミスで先制点を献上

DF
37 シュクリニアル 6.0
対人の局面でやられることはなかった

6 デ・フライ 6.5
さすがの読みで守備を締めた

95 バストーニ 5.5
さほど難しい対応を迫られることはなかった

MF
2 ハキミ 6.0
終盤までスピードに乗ったプレーで脅威に

23 バレッラ 5.5
いつもの躍動感溢れるプレーは影を潜めた

77 ブロゾビッチ 5.5
ジエリンスキの監視に苦しみ、思うようにゲームは作れず

24 エリクセン 6.5
素晴らしいシュートで今季セリエA初ゴール

36 ダルミアン 5.5
攻守に及第点の出来

(→ペリシッチ 5.5)
もっと仕掛けたいところだった

FW
9 ルカク 6.0
バーとポストに嫌われる場面があった。クリバリに監視された中、できる限りのプレーはした

10 L・マルティネス 5.5
いつもよりはルカクとの関係で崩す場面が少なかった

(→サンチェス 5.0)
見せ場を作れず

監督
コンテ 6.0
持ち前のカウンターを武器に戦ったが、守護神のミスもあってドローに

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
クリバリ(ナポリ)
改めて能力の高さを示す。ルカクに密着マークを敢行し、仕事を制限した。

ナポリ 1-1 インテル
【ナポリ】
OG(前36)
【インテル】
エリクセン(後10)

関連ニュース
thumb

インシーニェ、ナポリからの新契約を拒否か…減俸は受け入れられず

イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(30)が、ナポリからの新契約を断ったようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ナポリの下部組織出身で、本格的にトップチームデビューを果たした2012-13シーズンから公式戦397試合109ゴール85アシストの数字を残すインシーニェ。今季もセリエAで35試合に出場し19ゴール7アシストを記録するなど、チームの得点源として活躍した。 現行契約が2022年6月までとなっていることから、ナポリは3月に年俸250万ユーロ(約3億3200万円)の4年契約を提示。しかし、現在の年俸が450万ユーロ(約6億円)であるイタリア代表FWは、大幅な減俸を嫌い、要求を拒否していた。 その後、300万ユーロ、そして今月に入って350万ユーロと上方修正しながらオファーを出し続けているものの、まだインシーニェを納得させるまでには至っていないようだ。 このコロナ禍の中で、年俸500万ユーロを支払うことはナポリには不可能のようで、両者間のさらなる交渉はもう少し長引くことになりそうだ。 2021.06.07 15:11 Mon
twitterfacebook
thumb

バカヨコ、またも恩師追っての移籍か…ヴィオラ行きの可能性

元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(26)が今夏、またしても恩師を追っての移籍を果たすかもしれない。 モナコでのブレイクを経て、2017年夏にチェルシー入りしたバカヨコだが、評価されず、ここ数シーズンにわたり、レンタル生活。ミラン、モナコを渡り歩き、今季はナポリにローン移籍で加わり、公式戦44試合でプレーした。 そんなバカヨコをミラン時代から溺愛して、今季のナポリに呼び寄せたのが来季からフィオレンティーナの指揮を執るジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だ。フィオレンティーナでもバカヨコの獲得を求めているようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、フィオレンティーナはローンでの獲得に興味。給与面がネックになりそうだが、チェルシーと近々交渉を予定しているという。 なお、チェルシーとの契約は2022年まで。交渉成立となれば、ミラン、ナポリ時代に続く3度目のタッグとなる。バカヨコはひとまず戻るチェルシーで来季もプレーせず、来季も活躍の場を求める様相だが、果たして…。 2021.06.04 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、スパレッティ氏が監督就任…2年ぶりの現場復帰

ナポリは29日、新シーズンからルチアーノ・スパレッティ氏(62)が監督に就任することを発表した。 ナポリは、2019年12月からジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任。しかし、今シーズンは1年を通して苦しい戦いを続けると、セリエA最終節でもエラス・ヴェローナに追いつかれ1-1のドロー。この結果、ユベントスに4位に座を奪われ、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃していた。 さらに、シーズン終了後には契約満了によりガットゥーゾ監督が退任。フィオレンティーナの指揮官に就任する事が決定していた。 後任候補が挙がる中、有力視されていたスパレッティ監督がそのまま監督に就任。7月1日からチームを率いることになるようだ。 スパレッティ氏はエンポリで監督キャリアをスタート。以降、サンプドリア、ベネツィア、ウディネーゼ、アンコーナ、ローマを指揮。2009年12月から2014年3月までは初の国外となるロシアでゼニトの監督を務めると、その後ローマ、インテルと監督を務め、この2年間はフリーだった。 なお、イタリア『スカイ』によると、スパレッティ氏とナポリは2年契約を結ぶ見通しだ。 2021.05.29 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、来季からスパレッティ政権築城へ!

ナポリはルチアーノ・スパレッティ(62)新体制を築きそうだ。 今季のセリエA最終節でドローに終わったことで、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内となる4位の座をユベントスに奪われ、5位で終戦したナポリ。2019年12月からナポリを率いたジェンナーロ・ガットゥーゾ氏は23日に契約満了による退任が決まった。 そんなガットゥーゾ氏が来季からフィオレンティーナを率いることが早々に決まるなか、ナポリも新たにスパレッティを招へいすることで後任人事が早期決着しそうだという。 イタリア『スカイ』によると、ナポリはすでにスパレッティ氏とコンタクトを取り合っており、2年契約を結ぶ見通し。スパレッティ氏はガットゥーゾ氏が成し遂げられなかったCL出場権をもたらすことを最大の使命にナポリの新監督に就任する模様だ。 スパレッティ氏はエンポリで指導者としてのキャリアを歩み始めて以降、ゼニト時代を除けば、サンプドリアやウディネーゼ、ローマなどの母国クラブで監督を歴任。2017年から2季にわたり、率いたインテルを退団してからフリーの状況が続いている。 2021.05.28 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

指揮官退任のガットゥーゾ、ナポリへの感謝を表明「このエキサイティングな月日は決して忘れない」

ナポリの監督を退任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、クラブへの感謝を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ガットゥーゾ監督は、2019年12月にナポリの指揮官に就任。崩壊しつつあったチームを立て直すと、コッパ・イタリア決勝でユベントスを下し、チームを6年ぶり6回目の優勝に導いた。今シーズンは最後までセリエAでトップ4争いに参加していたが、23日に行われた最終節で勝ち切れず、土壇場で5位に転落。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで退任決定となった。 既に来季からフィオレンティーナの指揮官就任が決定しているガットゥーゾ監督は、ナポリの公式サイトを通じてメッセージ。クラブに関わるすべての人たちへの感謝を述べている。 「ナポリでの指揮は素晴らしいものだった。濃密で貴重な1年半の経験は、私の心の中にずっと残るだろう。この機会を与えてくれた選手、クラブスタッフ、全従業員、そしてデ・ラウレンティス会長に感謝したい」 「(新型コロナウイルスによる)パンデミックの影響で、ディエゴ・マラドーナの名を冠したスタジアムの独特の雰囲気からは遠ざかっていた。それでも、私は家族と仲良く暮らせる壮大な都市や、並外れたファンに出会うことができた」 「コッパ・イタリアで優勝したときやその他の多くの場面で、ナポリの人たちのチームに対する独特の愛情を強く感じられた。私はこの愛情に応えようと、スタッフと一緒に日々精進し、プロ意識を持って仕事をしてきたと思う。今、我々は別れを告げることになるが、このエキサイティングな月日は決して忘れない」 「ナポリと、ナポリにかかわる人たちのさらなる成功を願っている」 2021.05.26 11:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly