欧州スーパーリーグ構想明るみに! 12クラブの参戦同意リークもUEFAは徹底抗戦の構え

2021.04.19 06:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
これまでまことしやかにささやかれ続けてきたヨーロッパのビッグクラブによるヨーロッパ・スーパーリーグ構想が現実味を帯びてきたことが判明した。『ESPN』が『ロイター通信』のレポートを基に伝えている。『ESPN』が伝えるところによれば、現在ヨーロッパの15のビッグクラブが2023-24シーズンのヨーロッパ・スーパーリーグ設立に向けた協議を行っているという。

この緊急事態を受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は現行のチャンピオンズリーグ(CL)の存在意義を脅かしかねない新リーグ設立を阻止するために各国協会と共に動きを見せている。今後に向けては有力クラブの脱退を食い止める意味でも36チームに拡大したCLの新フォーマットの発表を予定している。


各国メディアの情報をまとめると、現時点でヨーロッパ・スーパーリーグへの参加に同意しているのは、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、チェルシー、トッテナムのイングランドのビッグ6と、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーのスペイン3クラブ、ユベントス、インテル、ミランのイタリア3クラブの計12クラブだという。

そして、新リーグのフォーマットに関しては20チーム制を構想しており、前述の中心クラブを含め15クラブが降格のない常任クラブに入り、残りの5クラブは各国リーグの成績に応じて入れ替え制での参戦が見込まれているようだ。

また、ニューヨークの投資銀行『JPモルガン』が今回のプロジェクトに関わっており、60億ドル(約6530億円)の融資を請け負う模様。そしてこの資金は各クラブに分配されるという。

こういった具体的な情報が表に出てきたことを受け、UEFAは19日のCL新フォーマットの発表を控える中、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想を非難する公式声明を発表している。

「UEFA、イングランドサッカー協会(FA)とプレミアリーグ、王立スペインサッカー連盟(RFEF)とラ・リーガ、そしてイタリアサッカー連盟(FIGC)とレガ・セリエAは、イングランド、スペイン、イタリアの一部のクラブが、閉鎖的な、いわゆるスーパーリーグの創設を発表しようとしている可能性があることを認知している」

「仮にこのような事態が発生した場合、UEFA、FA、RFEF、FIGC、プレミアリーグ、ラ・リーガ、レガ・セリエA、そしてFIFAとすべての加盟団体は、社会がかつてないほど連帯を必要としている時期に、少数のクラブの私利私欲に基づいたこの皮肉なプロジェクトを阻止するために、一致団結して努力していくことを繰り返し伝えていく」

「我々はこのような事態を防ぐために、司法とスポーツの両面から、あらゆるレベルで利用可能なあらゆる手段を検討する。フットボールは開かれた競争とスポーツの実力に基づいており、それ以外の方法ではあり得ない」

「すでにFIFAと6つの連盟が発表しているように、当該クラブは国内、ヨーロッパ、世界のあらゆる大会への出場が禁止され、所属プレーヤーは代表チームへの出場機会を失う可能性もある」

「我々は他国のクラブ、特にフランスとドイツのクラブがこれに署名することを拒否したことに感謝している。我々はフットボールを愛するすべての人々、サポーター、政治家に呼びかけ、このようなプロジェクトが発表された場合には、我々と共に反対運動を展開する。このような少数者の執拗な利己主義は、あまりにも長い間続いている。もういい加減にしてほしいと考えている」

なお、ヨーロッパ・スーパーリーグ設立阻止を目的に変更が見込まれる2024年に向けたCL新フォーマットでは、36チームが従来のグループステージ6試合制から10試合制に変更。マッチデー収入、放映権料を増やすと共に、ビッグクラブへの分配率を上げることを念頭に置いているという。
関連ニュース
thumb

欧州スーパーリーグ構想から撤退した9クラブにUEFAが罰金20億円の処分決定…今後同様のケースでは罰金132億円

欧州サッカー連盟(UEFA)は7日、「ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)」の設立に参加を表明し、その後撤退した9クラブに対する処分を発表した。 事の発端は4月18日、ヨーロッパの12クラブがESLの設立を正式に表明した。 しかし、このESL参加に関しては、各クラブの会長やオーナーらが主導となっており、選手や監督らは知らされていない状況。そのため、大きな反発を受けると、何よりも完全に取り残されていたファン・サポーターが猛反発。各地で抗議活動が起こり、クラブを見捨てる姿勢をあらわにしていた。 また、UEFAに加え、国際サッカー連盟(FIFA)や各国リーグなども反対の姿勢を表明。多くの人々から歓迎されないリーグが創設される状況となっていた。 その影響か、20日には参加を表明していたマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー、アーセナル、トッテナムの6クラブが相次いで撤退を表明。さらに、翌21日にはアトレティコ・マドリー、インテル、ミランが撤退を表明していた。 一方で、創設の中心となったとされるレアル・マドリー、バルセロナ、ユベントスは撤退の意思を示さず。ユベントスは苦しい状況であることを認め、敗北宣言とも取れる声明を発表したが、マドリーとバルセロナはノータッチの状況だった。 そんな中7日、UEFAは声明を発表。撤退した9クラブが「クラブ・コミットメント宣言」を提出し、UEFAの大会等に復帰するとしている。 「和解の精神と欧州サッカーのために、いわゆる“スーパーリーグ”プロジェクトに関与していた12クラブのうちの9クラブは、UEFAのクラブの大会だけでなく、国内のクラブの大会へのコミットメントを含む、クラブの立場を定めた「クラブ・コミットメント宣言」をUEFAに提出した」 「UEFAは取締役会を緊急招集し、「クラブ・コミットメント宣言」の精神と内容を十分に考慮した上で、クラブが行った様々な行動や措置、コミットメントを承認することに決定した」 「UEFAと9つのクラブの間では、UEFAのクラブの大会に復帰に関するコミットメントと、その方法の正式な確認が合意に至り、サインされた。承認された復帰措置は完全かつ最終的なものとなる」 「これらの9クラブは、“スーパーリーグ”のプロジェクトが間違いであったことを認め、受け入れ、ファン、各協会、リーグ、ヨーロッパの仲間のクラブ、UEFAに謝罪する。彼らはまた、プロジェクトがUEFAの法令及び規則の下で承認されなかったことを認識した」 今回の合意により、UEFAの大会への復帰に加え、欧州クラブ協会に再加入することが決定。また、罰金1500万ユーロ(約20億円)が科される事となり、それらはイギリスを含むヨーロッパ中の地域社会において、子供、若者、草の根のサッカーの利益のために寄付されることになる。 また、来シーズンのUEFAのクラブの大会で受け取れる収益の5%徴収し、再分配されるとのことだ。 さらに、将来的に無許可の大会に参加しようとした場合には1億ユーロ(約132億円)の罰金に加え、「クラブ・コミットメント宣言」に違反した場合は5000万ユーロ(約66億円)の罰金を支払うことに同意する事となったようだ。 なお、正式に撤退を発表していないマドリー、バルセロナ、ユベントスへの処分は発表されていないが、問題が長引くようであれば、今回以上の処分が下されることになると見られている。 2021.05.08 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ESL参加のプレミア6クラブに失望するモイーズ「フットボールは富裕層だけのものではない」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に参加したチームへの失望を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 18日、ヨーロッパ12のクラブが相次いでESLへの参戦を表明。プレミリーグからは、ビッグ6のすべてが参戦を公表した。これに対して、イングランドサッカー協会(FA)やプレミアリーグ、残された14クラブは猛反発。また、世界中の監督、選手、ファンも批判を展開した。 これを受け、プレミア6クラブは20日にESL構想からの脱退を次々に発表。その後、他リーグのビッグクラブも続々と離脱を表明したことで、ESL構想は事実上頓挫することになった。こうしたESL構想について尋ねられたモイーズ監督は、利己的な振る舞いを見せた6クラブを批判。フットボールクラブは一部の富裕層だけのものではないと語っている。 「スーパーリーグに参加したクラブには本当に失望した。フットボールは億万長者のためのものではなく、すべての人のためのものだ。そして人々は、このゲームが自分たちにとってどのような意味を持つものであるか、今回はっきりと示した」 「彼らは立ち上がり『こんなことはさせない』と言った。これは人々の力を示すものであり、フットボールが一部の人々の望むようにならなかったことは素晴らしい」 「私はフットボールが修正されるなら、パンデミックの時だと思っていた。クラブが集まり『支出過多や高額な給料をやめよう、代理人に高額な報酬を払わず、下部リーグにも配慮しよう』と言うチャンスだった。しかし、実際はその反対が行われようとした。我々は基本に立ち返るべきだ。特定の人のためではなく、人々のためのスポーツだと忘れないで欲しい」 また、モイーズ監督は24日に行われるプレミリーグ第33節のチェルシー戦に向けた意気込みにも言及。前節ニューカッスルに敗れたものの依然としてチームの状態は良いと強調しつつ、トップ4を争うライバルの指揮官であるトーマス・トゥヘル監督を称賛した。 「チームの士気は素晴らしい。0-2の状況で、10人になったところから盛り返した選手たちのキャラクターは素晴らしいものだ。我々は前に進み、素晴らしい結果を得て、それを維持していきたい。そして間違いなく、最後までこのトップ4競争に参加するだろう」 「トゥヘルは信じられないほどよくやっている。私はフランク・ランパードが本当に良い選手たちを集めており、素晴らしい仕事をすると思っていた。ただ若い監督の場合、もう少しだけチャンスを貰わなければならないこともある。彼は運が悪かった」 「トゥヘルがやってきて、その経験を見せてくれたことは忘れてはいけない。彼はとても経験豊富な監督さ。ドルトムントやPSGの監督をするなら優れた資質が必要だが、彼はチェルシーでそれを見せている。彼らはプレミアリーグで最も強いチームだと思うし、その成功は誰にとっても驚きではないだろう」 2021.04.24 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFA会長が決断迫る、態度保留のESL参加表明4クラブに苦言「ESLなのかヨーロッパのクラブなのか」

欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、改めてヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)について口を開いた。 18日、ヨーロッパの12のクラブがESL構想を明かし、参戦を表明。かねてから噂には何度も挙がった構想が、明るみに出ることとなった。 しかし、国際サッカー連盟(FIFA)やUEFAは従来の反対の姿勢を崩さなかった上、各クラブの監督や選手も反対意見を主張。さらには、ファン・サポーターが猛反発を見せていた。 その結果、20日にはプレミアリーグの6クラブが撤退を表明すると、21日にはアトレティコ・マドリー、インテルは正式に撤退。ミランは撤退をほのめかし、ユベントスは敗北宣言をしたものの、明確な撤退は表明しておらず、また、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2クラブは動きがない状況だ。 これを受けてチェフェリン会長が4クラブについて言及。ハッキリと態度を示すべきだと『AP通信』に語った。 「クラブが、スーパーリーグかヨーロッパのクラブなのか、それぞれのクラブが決めなければいけないことはハッキリしている」 「もし、彼らが我々はスーパーリーグだというのであれば、当然チャンピオンズリーグには出場しないし、その覚悟があれば、自分たちの大会に出場すれば良い」 「我々はまだ起きたことの法的な説明を待っているところだ。それは後日伝えられるだろう。誰もが自分の決断の結果に直面しており、それを理解している」 「自分たちの過ちを認め、プロジェクトから離脱すると言ったクラブは、状況が大きく異なる」 また、およそ1週間が経過した上で、先週の出来事は最悪だったと語った。 「土曜日は最悪の1日だった。純粋な裏切りであり、何年もウソをついていた人がいることを実感した」 UEFAは各クラブへの処分などはまだ決定しないものの、状況を見て発表をする意向を示している。 2021.04.24 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFAやUEFAへの不信感を隠さないユーベDF「選手を心配しているなら…」

ユベントスのブラジル代表DFダニーロが、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)への不信感を口にしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ユベントスは18日、以前から構想があったとされるヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)への参加を表明。FIFAやUEFAとの対立を明確化させた。しかし、この決定に対しては多くのリーグやクラブ、選手、監督らが反発。中でもファンからの批判は凄まじく、イングランドでは各地で抗議が続出した。 こうした反応を受け、20日にプレミアリーグの6クラブが続々とESL撤退を発表。続く21日には、アトレティコ・マドリー、インテル、ミランが撤退を表明しており、事実上ESL構想は崩壊している。 一方で、ESL首謀者の1人とされるアンドレア・アニェッリ会長率いるユベントスは、敗北宣言こそ出したものの撤退の表明はしていない。また、チームに所属するダニーロも新たな取り組み自体は必要であると語りつつ、UEFAやFIFAを辛辣に批判した。 「フットボール界は何らかの変化を必要としていると思う。12のクラブがESLという新しいプロジェクトを受け入れたのは、つまりそういうことだ。ESLというプロジェクトが正解かは分からないが、これからはフットボールを救うため、何かを変えるため、皆で話し合う必要がある」 「新型コロナウイルス(COVID-19)は生活のあらゆる面に影響を与えたが、フットボールだって例外ではない。もしUEFAが本当に選手を心配しているなら、パンデミックの最中にこれほど国際試合を組んだり、多くの試合をさせたりはしなかったと思うね」 「フットボーラーである僕にとって、UEFAやFIFAに脅かされるのは、全く気持ちの良いものではないよ」 2021.04.24 12:39 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールのESL構想脱退を歓迎するミルナー「自分たちのパフォーマンスに集中できる」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが再び試合に集中できる環境となったことに喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ミルナーの所属するリバプールは18日、欧州のビッグクラブにより構成される予定だったヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)への参加を正式表明。しかし、各方面から猛烈な反発を呼び、ファンはアンフィールドの外に「恥を知れ」というバナーを掲げるなど、抗議の姿勢を示した。 また、喧騒の中で行われたプレミアリーグ第32節リーズ・ユナイテッド戦後には、ミルナーも「ESLは好きではない」と明確に反対の姿勢を表明。こうした反応もあり、リバプールを含むプレミア6クラブは、20日に続々とESLからの撤退を発表した。 一連の騒動を振り返ったミルナーは、再びフットボールに集中できる環境となったことを歓迎。24日に行われるプレミアリーグ第33節のニューカッスル戦に向けた意気込みを語った。 「フットボーラーとしては、(ESLの喧騒があっても)次の試合に集中したいと思うものだ。今は残りの試合に向けて集中力を高め、シーズンを力強く終えることが重要になる」 「チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアでの試合、そしてフィールド外で起こっていることを含め、大きな1週間だった。だから、リーズ戦は後半になって疲れが出てきたと思う。僕らは十分なプレーができず、ボールをキープできなかったのが残念だった」 「自分たちのパフォーマンスに集中することが大切だ。そうすれば、勝つべき試合に勝てるだろう。僕らは自分の試合に集中することしかできない。自力では何も決められないと分かっているが、良いパフォーマンスで勝ち点3を獲得して、トップ4を目指すクラブに少しでもプレッシャーを与えたい」 また、ミルナーは一時期チームがホーム6連敗を喫するなど、アンフィールドで苦しんでいたことにも言及。そうした記録にとらわれないことが大切としつつ、ホームでも復調傾向にあることを強調した。 「(ホームで)苦戦していたことは分かっていたが、それにこだわり過ぎると問題になりかねない。選手にとっては50試合連続で勝っていようが5試合連続で負けていようが、すべての試合が完全に異なるものなんだ。だから、一戦一戦に集中する必要がある」 「もちろん、ここ2、3試合のホームでのパフォーマンスは良く、それは喜ばしい。レアル・マドリー戦では非常に良いプレーだったが、ゴールを奪えなかった。もう1つの試合(アストン・ビラ戦)では、我慢して勝つ方法を見つけることができた。どちらも重要な試合であり、シーズンのさまざまな段階で重要になってくると思う」 2021.04.24 12:11 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly