第101回天皇杯、J3の岩手ら7県で代表チームが決定《天皇杯》

2021.04.18 18:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は18日、5月22日に開幕する「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会」の都道府県代表7チームが決定したことを発表した。

記念すべき第100回大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、大会方式が大幅に変更。都道府県代表チームに加え、J1はリーグ戦1位と2位の2チーム、J2、J3はリーグ戦1位の1チームのみが参戦するという形になった。

2年ぶりに県予選が行われ、J3リーグクラブにとっては2年ぶりのチャンス。18日に、7県で決勝戦が行われ、出場7チームが決定。岩手県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、福岡県で決定した。

県予選には明治安田J3のクラブも参加するが、岩手県ではいわてグルージャ盛岡が富士大学と対戦し、3-0で勝利。岩手は2019年以来、14回目の出場となった。

島根県では、松江シティFCとE-WING出雲が対戦し、2-0で松江シティFCが勝利。7大会連続8回目の出場となった。

岡山県では、三菱水島FCとENEOS 水島が対戦し、6-0で三菱水島FCが勝利。2年連続 14 回目の出場となった。

広島県では、福山シティFCとSRC広島が対戦し、4-1で福山シティFCが勝利。前回大会で準々決勝まで勝ち上がった福山シティFCが2年連続2回目の出場となった。

山口県では、FCバレイン下関と徳山大学が対戦し、FCバレイン下関が2-0で勝利。2年連続2回目の出場となった。

徳島県では、FC徳島とN.Jが対戦し、7-1でFC徳島が勝利。6年連続6回目の出場となった。

福岡県では、福岡大学と九州共立大学の大学勢同士の決勝隣、4-1で福岡大学が勝利。2年連続34回目の出場となった。

◆出場決定チーム
【アマチュアシード】ヴェルスパ大分[5年連続11回目]
【秋田】猿田興業[2年連続2回目]
【岩手】いわてグルージャ盛岡[2年ぶり14回目]
【鳥取】ガイナーレ鳥取[第99回(2019年)大会以来
【島根】松江シティFC[7年連続8回目]
【岡山】三菱水島FC[2年連続14回目]
【広島】福山シティFC[2年連続2回目]
【山口】FCバレイン下関[2年連続2回目]
【徳島】FC徳島[6年連続6回目]
【福岡】福岡大学[2年連続34回目]

関連ニュース
thumb

天皇杯決勝、12月19日開催に決定 会場も3年連続の国立に

日本サッカー協会(JFA)は9日、第101回天皇杯の準決勝および決勝の日程決定を発表した。 22日に予定するラウンド16のガンバ大阪vs湘南ベルマーレが終わると、ベスト8進出の顔ぶれがすべて揃う今大会。準々決勝以降の組み合わせ抽選会も今月24日に迫るなか、今大会の決勝が12月19日に国立競技場で開催されることが決まった。 国立競技場での天皇杯決勝は3大会連続。元日以外の開催は2018年大会以来3大会ぶり3度目となる。 また、準決勝は12月12日の開催で決定。準々決勝は10月27日(予備日:11月17日)で予定される。 なお、現時点で準々決勝進出が決まっているのは川崎フロンターレ、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、名古屋グランパス、大分トリニータ、ジュビロ磐田となる。 ◆日程一覧 ・準々決勝 ▽10月27日 ・準決勝 ▽12月12日 ・決勝 ▽12月19日 @国立競技場 2021.09.09 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

シュヴィルツォクの加入後初ゴールで名古屋が神戸を破る! 唯一JFLのV大分はジャイキリならず《天皇杯》

18日、第101回天皇杯ラウンド16の7試合と3回戦のガンバ大阪vs松本山雅FCが各地で行われた。 昭和電工ドーム大分で行われたヴェルスパ大分vsジュビロ磐田は接戦に。ラウンド16に残った中で唯一のアマチュアクラブとなったV大分は、序盤から細かいパスワークで磐田を翻弄する。しかしゴールは決まらず、試合は延長戦に突入する。 延長前半に入り、先制したのは磐田。藤原が右サイドからGK渡辺とDFラインの間にグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドでファビアン・ゴンザレスがフリーで合わせて先制した。 ジャイアントキリングが期待されたV大分だったが、延長戦の末に惜しくも0-1で敗れている。 京都サンガF.C.と浦和レッズが相まみえたたけびしスタジアム京都では、江坂や酒井ら新戦力が加入後初めて天皇杯出場となった浦和がいきなり試合を動かす。 15分、左サイドからのCKにニアサイドで岩波が合わせると、GK清水に弾かれたボールは京都DFに当たってゴールイン。やや幸運な形での先制となった。 その後は京都の猛攻に遭うも、守備陣が集中したディフェンスを見せた浦和。ラストプレーでイスマイラに際どいシュートを放たれたが、サイドネットに外れ、なんとかベスト8へと駒を進めている。 豊田スタジアムで開催された名古屋グランパスとヴィッセル神戸の試合は、劇的な幕切れになった。 両者一進一退の攻防が続くと、ホームチームはマテウスとシュヴィルツォクを投入。すると徐々に名古屋のシュートが増え始める。 ゴールレスドローで迎えた終盤。このまま延長戦に突入かと思われた89分、名古屋が待望のゴールをゲット。スルーパスに抜け出した前田がクロスを送ると、ボックス右に走り込んだシュヴィルツォクが落ち着いて流し込んだ。 その後は慌てずに試合を締めた名古屋が8強進出を決めている。 鹿島アントラーズvsV・ファーレン長崎は、大雨が降りしきるトランスコスモススタジアム長崎で開催された。 リーグ戦ここ3試合で負けなしの長崎は幸先の良いスタートを切る。7分にウェリントン・ハットがサイドチェンジを受けると、右サイドからアーリークロス。これに反応した毎熊がボックス左で頭で合わせ、先制に成功した。 1-0でハーフタイムに入ると、悪天候によって試合は一時中断。再開後、鹿島がすぐに同点に追いつく。右サイドからの低いクロスにアルトゥール・カイキがボックス右で合わせて試合を振り出しに戻した。 そして60分、鹿島がレオ・シルバの左からのクロスにボックス中央でエヴェラウドが頭で合わせて逆転に成功。さらに74分にはFKをボックス左で合わせた林のゴールによりスコアを3-1にして、きっちりと試合を終わらせている。 IAIスタジアム日本平では川崎フロンターレと清水エスパルスが激突。 55分、スルーパスに抜け出した脇坂がボックス内で立田に倒されて川崎のPKの判定に。これをキッカーを務めた小林が落ち着いて決め、先制に成功した。 リードされた清水だが7分後に追いつく。GK永井が左サイドにロングボールを送ると、ヘディングでのパスを受けた後藤がタメを作ってクロス。これに中山がボックス右でフリーで合わせて試合を振り出しに戻した。 失点を許した川崎は69分にエースのレアンドロ・ダミアンを投入。するとその5分後、左サイドの旗手のクロスをファーサイドで頭で合わせて勝ち越し弾。監督の期待に応え、準々決勝進出へと導いている。 また、パナソニック スタジアム 吹田で行われた3回戦のガンバ大阪vs松本山雅FCの試合は延長戦に突入。G大阪が95分の柳澤、100分の井手口のゴールによって2-0で勝利している。4回戦では湘南ベルマーレと9月22日に対戦する。 ■天皇杯ラウンド16 ▽8月18日(水) 川崎フロンターレ 2-1 清水エスパルス【75】 【川崎】 小林悠(後12) レアンドロ・ダミアン(後29) 【清水】 中山克広(後19) ヴェルスパ大分 0-1 ジュビロ磐田【76】 【V大分】 【磐田】 ファビアン・ゴンザレス(延前11) セレッソ大阪 1-0 サガン鳥栖【77】 【C大阪】 加藤陸次樹 鹿島アントラーズ 3-1 V・ファーレン長崎【78】 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(後5) エヴェラウド(後15) 林尚輝(後29) 【長崎】 毎熊 晟矢(前7) 京都サンガF.C. 0-1 浦和レッズ【80】 【浦和】 岩波拓也(前15) 名古屋グランパス 1-0 ヴィッセル神戸【81】 【名古屋】 シュヴィルツォク(後44) ザスパクサツ群馬 1-2 大分トリニータ【82】 【群馬】 白石智之(前13) 【大分】 渡邉新太(前18) 小林成豪(延前6) ■天皇杯3回戦 ▽8月18日(水) ガンバ大阪 2-0 松本山雅FC 【67】 【G大阪】 柳澤亘(延前5) 井手口陽介(延前10) 2021.08.18 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

雷雨で再試合となった一戦、名古屋が中谷進之介のアクロバットゴールで岡山を下す《天皇杯》

2日、第101回天皇杯3回戦の名古屋グランパスvsファジアーノ岡山が名古屋市港サッカー場で行われ、1-0で名古屋が勝利。4回戦に駒を進めた。 同カードは7月14日に名古屋市港サッカー場で開催。試合は0-0のまま前半が終了。すると激しい雷雨に見舞われ、試合が1時間以上にわたって中断されていた。 試合再開が待たれていたものの、激しい雷雨が収まらないことから中止の判断となっていた。 日本サッカー協会(JFA)と愛知県サッカー協会が協議した結果、前半キックオフからの再試合が決定。メンバーも新たに行われた。 試合は33分、名古屋が左CKを獲得すると、ショートコーナーからゴール前へクロス。これに対し後方から飛び込んだDF中谷進之介がダイレクトで合わせて名古屋が先制。ゴール脇でひっそりとゆりかごダンスを行った。 名古屋はこの中谷の1点を守り切り、1-0で勝利。ラウンド16へと駒を進めた。 なお、ラウンド16はヴィッセル神戸との対戦がすでに決定。8月18日(水)に豊田スタジアムで行われる。 名古屋グランパス 1-0 ファジアーノ岡山 【名古屋】 中谷進之介(33分) 2021.08.02 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

雷雨で中止となった天皇杯の名古屋vs岡山、8月2日に全てリセットして前半キックオフから再試合

日本サッカー協会(JFA)は26日、雷雨により中止となった第101回天皇杯3回戦の名古屋グランパスvsファジアーノ岡山について再試合とすることを発表した。 同カードは14日に名古屋市港サッカー場で開催。前半終了時点で激しい雷雨に見舞われ、試合が1時間以上にわたって中断されていた。 その後、激しい雷雨が収まらないことから中止の判断となっていた。 JFAと愛知県サッカー協会が協議した結果、同試合に関してはスタートからの再試合になることが決定した。 理由としては、前半を終えて0-0のスコア、さらに両チームともに警告、退場がなく、どちらにもアドバンテージが存在していないことが挙げられる。 また、選手のコンディションや新型コロナウイルス感染や濃厚接触者特定、Jリーグの第2登録ウインドーが影響することから、メンバーもリセットし、試合開始からのやり直しになることとなった。 なお、試合は8月2日(月)の18時から、名古屋市港サッカー場で行われる。 ちなみに、チケットは半券があれば観戦が可能。さらに一部チケットを販売する他、再試合を観戦できない方は払い戻しもある。 2021.07.26 16:22 Mon
twitterfacebook
thumb

2試合連続のPK戦となった川崎F、千葉を下して清水の待つラウンド16へ《天皇杯》

第101回天皇杯3回戦の川崎フロンターレvsジェフユナイテッド千葉が21日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1で迎えたPK戦の結果、川崎Fが勝利した。 2回戦ではそれぞれAC長野パルセイロと大宮アルディージャを下して3回戦へ進んだ川崎Fと千葉。川崎Fは、先日終えたACLのグループステージを含め未だ公式戦無敗で、先日の清水エスパルス戦では過密日程の中、今季のJ1初出場だった大島がゴールを決めて勝利に導いていた。 対する千葉は、直近のツエーゲン金沢戦の勝利で今季初のホーム連勝を収めた。リーグ戦4試合無敗と調子は上向いているものの、守勢が予想されるJ1王者との一戦でどこまで食らいつけるか。 下馬評通り川崎Fが支配する展開となる中、10分には見事なパスワークからボックス手前でボールを持ったレアンドロ・ダミアンが相手を背負った状態で反転シュート。だが、ここは惜しくも左に外れた。 その後も攻め続ける川崎Fは、千葉のフィールドプレイヤー9人がボックスへ引いて守る中でもスペースを見つけて立て続けにシュートを放っていく。 一方、攻撃に出たい千葉は右サイドの安田から上がったクロスに見木が反応すると、競り合った山根がクリアし損ない、頭に当てたボールはGKチョン・ソンリョンの頭上を抜けてゴールに吸い込まれた。 まさかのオウンゴールかに思われたが、競り合いの際に見木のファウルがあったとして川崎Fは命拾い。気を取り直して再び攻めに転じ相手を押し込んでいく。37分にはシミッチがボックス手前の橘田とのワンツーからシュートに持ち込む惜しいシーンがあったものの、ボールは右ポストの外側をかすめていった。 ゴールレスで折り返しとなった試合は、後半は序盤から大きく動く。まずは53分の千葉。ボックス左でキープした味方のバックパスを見木が受けると、少し持ち上がって角度のないところから左足をスイング。このシュートがブロックに入ったジェジエウの股を抜いてディフレクションし、GKチョン・ソンリョンも反応し切れずネットを揺らした。 正真正銘のゴールで無敵の川崎F相手に先制に成功した千葉。しかし、川崎Fが黙っているわけはなく、その6分後に味方のスルーパスに反応した橘田が小林に倒されてPKを獲得。これを家長が決めて、あっという間に同点に追いついた。 その後は、千葉が守備先行ながら粘り強く戦い、力量差をそれほど見せない試合を展開。そんな中で珍プレーが起こる。選手の負傷で試合が一時停止した後、千葉のドロップボールでGKへバックパス。ここでGK鈴木が手で持ち上げてしまい、ハンドの判定となってしまう。 本来であれば間接FKとなるが、しばらくの協議の後、FKを行わないことを決定。鈴木は川崎Fの選手やサポーターに謝罪とお礼をしつつ試合を再開させた。 試合は90分で決着が付かず延長戦へ。2試合連続の延長戦となった川崎Fは95分、左CKに途中出場の谷口が頭で合わせて決定機を迎えるが、千葉も途中出場の高橋がゴール直前でクリア。ビッグプレーでチームを救った。 一方、攻撃では108分に田口がボックス左から鋭いグラウンダーのシュートを放つが枠の外。結局、PK戦へ突入した。 互いに2人目まで成功した中、先攻の千葉は3人目を務めた岩崎が枠の上へ大きく外してしまう。余裕を得た川崎は4人目まで全員成功し、迎えた千葉の5人目は熊谷アンドリュー。右下を狙ったシュートはGKチョン・ソンリョンが完璧に止め、試合終了。 長野戦に続いてPK戦を制した川崎Fが駒を進めた。 川崎フロンターレ 1-1(PK:4-3) ジェフユナイテッド千葉 【川崎F】 家長昭博(後14) 【千葉】 見木友哉(後8) ■天皇杯3回戦 ▽7月21日(水) 川崎フロンターレ 1-1(PK:4-3) ジェフユナイテッド千葉【59】 ▽8月4日(水) セレッソ大阪 vs アルビレックス新潟【63】 ▽8月18日(水) ガンバ大阪 vs 松本山雅FC【67】 ▽未定 名古屋グランパス vs ファジアーノ岡山【71】 ▽7月7日(水) 清水エスパルス 2-1 いわてグルージャ盛岡【60】 おこしやす京都AC 1-3 ヴェルスパ大分【61】 Honda FC 1-4 ジュビロ磐田【62】 サガン鳥栖 1-0 アビスパ福岡【64】 鹿島アントラーズ 3-0 栃木SC【65】 北海道コンサドーレ札幌 1-2 V・ファーレン長崎【66】 ヴァンラーレ八戸 1-2 湘南ベルマーレ【68】 柏レイソル 1-2 京都サンガF.C.【69】 浦和レッズ 1-0 SC相模原【70】 ヴィッセル神戸 1-0 徳島ヴォルティス【72】 順天堂大学 2-3 ザスパクサツ群馬【73】 大分トリニータ 2-0 福井ユナイテッドFC【74】 2021.07.21 21:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly