【J1注目プレビュー|第10節:C大阪vs浦和】3戦未勝利と3連勝、ともに行く末を占う大一番

2021.04.18 11:36 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第10節】
2021年4月18日(日)
15:00キックオフ
セレッソ大阪(17pt/6位) vs 浦和レッズ(15pt/10位)
[ヤンマースタジアム長居]ここまで無敗で2位につける名古屋と徐々に負けがこむも上位を争う鳥栖の一戦。堅守が売りの両者、こじ開けるのは。

◆3戦未勝利、ここが踏ん張りどころ【セレッソ大阪】


ミッドウィークに行われた前節は、ホームに徳島ヴォルティスを迎えての一戦。先制を許す展開となると一時は追いついたものの、後半アディショナルタイムにオウンゴールで失点。敗戦となった。

直近3試合は1分け2敗と結果を残せず。押し込む展開を見せながらも、フィニッシュの精度を欠いていること、さらにディフェンスに綻びが出始めており、3試合はいずれも85分以降に失点している状況となっている。

チームが下降線を辿りはじめたのは、MF原川力、MF坂元達裕が負傷離脱してから。攻撃が良い形で終われないことで、主導権を握れない展開となり、我慢ができなくなり勝ち点を落としている。

そして、今回は中3日に対して、浦和は中6日とコンディションの差も。今は耐える時とも言えるが、上位を争う上では踏ん張らなくてはいけない。浦和は元徳島のリカルド・ロドリゲス監督が率いているだけに、前節同様苦しい試合となりそうだが、どこまで踏ん張れるかだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、進藤亮佑、西尾隆矢、丸橋祐介
MF:西川潤、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣
FW:大久保嘉人、豊川雄太
監督:レヴィー・クルピ


◆目指せ4連勝、1つ上のレベルへ【浦和レッズ】

開幕から結果がなかなか出ずに暗雲が立ち込めかけていた浦和だったが、リカルド・ロドリゲス監督の戦い方が徐々に形になり始めると状況も好転した。

前節は指揮官の古巣である徳島との対戦だったが、1-0で勝利。意地を見せ、チームとしても3連勝と調子を上げている状況だ。

特にここの3試合は守備陣が奮闘。相手に主導権を握られることがあっても、焦れずに耐え、そしてその奮闘に攻撃陣が答えるという構図が続いた。

ボタンを掛け違えれば、3連敗もあり得た状況なだけに、まだまだ内容は改善する必要がある。それでも、3連勝を掴めている流れを維持していきたいところ。課題は攻撃面でいかに相手ゴールに迫る機会を増やすかだ。

コンディション面では優位に立てる状況。オーガナイズと言う部分で、シーズンの4分の1が終わった今、1つ上のレベルに引き上げたいところ。そのためには4連勝という結果が必要だろう。

★予想スタメン[4-1-4-1]
GK:西川周作
DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔
MF:柴戸海
MF:明本考浩、伊藤敦樹、小泉佳穂、汰木康也
FW:武藤雄樹
監督:リカルド・ロドリゲス

1 2
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:川崎Fvs名古屋】首位攻防第2ラウンド、勝るのは攻撃か守備か

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月4日(火) 15:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/35pt) vs 名古屋グランパス(2位/29pt) [等々力陸上競技場] 首位攻防第2ラウンド。シーズン中盤にやってきた、今シーズンを占う一戦。 連勝を目指す川崎Fに対し、名古屋はホームでの大敗をリベンジできるか。指揮官不在でも王者に立ち向かう。 ◆連勝で連覇に邁進【川崎フロンターレ】 異例の日程となっている今シーズンのJリーグ。アウェイでの前節は0-4と圧倒。昨シーズンは連勝を止められた相手だったが、今シーズンはしっかりとその山を乗り越えた。 シーズン中盤に差し掛かろうかというところでの首位攻防2連戦。当然のことながら、連勝を狙いに行くだろう。 それでも気がかりなのは、前節の3点目を取ってからの戦い方。名古屋が選手の配置を変えたことで、一定の対応力を見せることに。川崎Fもなかなか攻めきることができなくなっていった。 一方で、名古屋の出方がどうであっても、川崎Fがやることは変わらない。いつものように、攻撃のスタイルを貫く。強いて言えば、さらに精度を上げていくといったところだろうか。ここで連勝すれば、ライバルを1つ消すことができるだけに、一戦必勝で臨むだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆連敗は絶対に避けなければいけない【名古屋グランパス】 一方で、ホームで0-4と大敗を喫してしまった名古屋。今季3失点しかしていなかったチームが、20分で3失点という屈辱的な結果となった。 加えて、試合前に喉の痛みを訴えたマッシモ・フィッカデンティ監督が不在。さらに、その後のPCR検査で陽性判定を受けたことで、この天王山を指揮することができなくなってしまった。 代理のブルーノ・コンカ コーチが指揮を執る事になるが、前回対戦から継続してフィッカデンティ監督の指示を受けながらの指揮となりそうだ。 とは言え、3失点後の2枚替えで通常の[4-2-3-1]から[4-3-2-1]に変えたことで戦い方が安定。中盤に厚みを持たせることで一定の効果を得ていた。 もちろん、そのやり方に川崎Fも対応してくるだろうが、今節はどんな策を講じるのか。連敗となれば優勝争いから大きく後退することになり、なんとしても避けたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、木本恭生、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司、長澤和輝 MF:マテウス、相馬勇紀 FW:柿谷曜一朗 コーチ:ブルーノ・コンカ 2021.05.04 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:C大阪vsG大阪】共に目指すは“勝利”のみ、無観客の大阪ダービーを制するのは

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月2日(日) 15:00キックオフ セレッソ大阪(20pt/6位) vs ガンバ大阪(6pt/17位) [ヤンマースタジアム長居] 上位に食らいついていきたいC大阪と降格圏から脱出したいG大阪による“大阪ダービー”。 リモートマッチとなりスタジアムの熱量が上がりにくい中、互いに目指すのは“勝利”しかない。 ◆仕切り直しのゲーム、必勝を【セレッソ大阪】 前節は浦和レッズをホームに迎えて1-0で勝利を収めたC大阪。そこから2週間が空いての久々のゲームとなる。 連戦を乗り越えてきたチームとしては休養十分。選手たちのコンディションは全く問題ないだろう。さらに、ケガで離脱していたMF坂元達裕、MF原川力、DF瀬古歩夢も復帰に近づいており、仕切り直しにはもってこいのダービーとなった。 開幕からスタメンを固定してきたこともあり、4月にメンバーを入れ替えたことでチームのクオリティが一時的に低下。そのため結果がのでない試合も続いたが、一方で若手の成長と新戦力のフィットは促すことができたと言える。 惜しむらくは、このダービーが緊急事態宣言の影響でリモートマッチ(無観客試合)になったことだろう。異様な雰囲気で行われることが予想されるが、観客の有無に関わらず目指すのはただ1つ。“勝利”のみだ。 そしてレヴィー・クルピ監督にとっては古巣対決でもある一戦。攻撃で圧倒できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、進藤亮佑、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、豊川雄太 監督:レヴィー・クルピ ◆ダービーを浮上の契機とできるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で2-0と敗戦。今季初の複数失点を喫してしまい、降格圏からなかなか抜け出せない状況が続いている。 特に深刻さを増すのが攻撃陣だ。今シーズンはアウェイのサガン鳥栖戦で宇佐美貴史が決めた1天使か奪えておらず、試合数の関係もあるが当然のリーグワーストだ。 しかし、試合中に攻められていないというわけではない。決定機を迎えることは何度もあり、名古屋戦もチャンスはあったが、フィニッシュの精度が低く、ガンバらしさが全く見せられていない状況だ。 チーム内のクラスター発生もあったが、そろそろ復調をしなければいけないところ。その点では、このダービーをキッカケにしていきたいところだ。 次節は首位の川崎フロンターレ戦。そこに勢いを持って臨むためにも、まずは必勝でダービーに臨みたいところ。目玉補強のウェリントン・シウバも合流し登録可能となっているだけに、そろそろ攻撃陣の奮起に期待したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:福田湧矢、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:小野瀬康介、井手口陽介、チュ・セジョン、倉田秋 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:宮本恒靖 <span class="paragraph-title">【動画】今季最初の大阪ダービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=trz4nt3dxsd51uel1x92oanqz" async></script> 2021.05.02 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:横浜FCvs鹿島】監督交代の2クラブ、変化見られない横浜FCか復調中の鹿島か

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 17:00キックオフ 横浜FC(2pt/20位) vs 鹿島アントラーズ(12pt/13位) [ニッパツ三ツ沢球技場] ここまで未勝利で最下位の横浜FCと、今季もスタートでつまづいた13位鹿島の一戦。 J1でこの時点で監督交代に踏み切っている両者がぶつかり合う。 ◆カップ戦勝利をリーグ戦に繋げられるか【横浜FC】 ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップでは柏レイソルを相手に2-0で勝利。ルヴァンカップではグループで首位に立つなど2勝目を記録。早川知伸監督就任後の初白星を記録した。 この勝利をキッカケに、リーグ戦でも勝利と行きたいところ。しかし、この勝利も手放しで喜べるものとはなかなか行かない。 相手の柏は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて入国できず、14日間の隔離措置を終えてチームに合流して間もない4人の助っ人を起用。さらに10代の選手を起用するなど、主力とは言えないチーム構成だった。 さらに、リーグ戦に目を移せば、前節の横浜F・マリノスとの“横浜ダービー”では5-0で完敗。盛り返しそうなタイミングもあったが、隙を見せた瞬間に一気にやられてしまった。 試合後にはサポーターからも怒号が飛び、監督交代も状況が好転していない状態。苦しい戦いはまだ続いている。 一部の主力選手はカップ戦でも起用されていただけに、中2日での試合にどう影響が出るのか心配だが、久々の勝利が背中を押してくれることを願い、リーグ戦初勝利を目指す。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:南雄太 DF:前嶋洋太、伊野波雅彦、袴田裕太郎、武田英二郎 MF:小川慶治朗、瀬古樹、手塚康平、松尾佑介 FW:伊藤翔、クレーべ 監督:早川知伸 ◆前線に離脱者続出、どう乗り切るか【鹿島アントラーズ】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦。相馬直樹監督になってのリーグ戦2戦目となった試合は、1-1の引き分けに終わった。 ミッドウィークのルヴァンカップはアウェイでのサガン鳥栖戦で2-2のドロー。相馬監督就任後は公式戦4試合で2勝2分けという状況だ。 しかし、チームには気掛かりな部分もある。今季は無得点だったが昨季のチーム得点王であるFWエヴェラウドが離脱。さらに、神戸戦では上田がヒジを負傷しながらもゴールを決めていたことが判明。離脱となった。 加えて鳥栖戦では腰痛持ちの染野唯月も途中交代。チームとして前線が不足している状況が生まれているのが懸念点だろう。 相馬監督がこの辺りをどう策を講じるのか。鳥栖戦で土居聖真を前半だけで下げていることもあり、横浜FC戦はゼロトップの可能性もあり得るだろう。何れにしても、勝利を掴むためにしっかりと戦いたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:レオ・シルバ、三竿健斗 MF:小泉慶、荒木遼太郎、白崎凌兵 FW:土居聖真 監督:相馬直樹 2021.05.01 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs徳島】ハイプレスvsポゼッション、得意のスタイルで上回るのは

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 16:00キックオフ サガン鳥栖(23pt/3位) vs 徳島ヴォルティス(14pt/11位) [駅前不動産スタジアム] アウェイでの難敵との連戦を連勝で終えた鳥栖と、ダニエル・ポヤトス体制でまだリーグ戦勝利がない徳島。 ハイプレスかポゼッションか、どちらの策が相手を封じるのか。 ◆自信を胸に3連勝へ【サガン鳥栖】 前節はFC東京のホームに乗り込んでの一戦。すると、前半で酒井宣福、樋口雄太がゴールを奪い、1-2での勝利に貢献した。 開幕からの無失点が6でストップした後、4試合で3敗を喫するなど一気に落ち込むかと思われたが、名古屋グランパス、FC東京と難敵とのアウェイゲームで連勝し、しっかりとチームとしての強さを見せる形となった。 堅守をベースに、ポゼッションするスタイルは昨シーズンよりも完成度が上がっている状況。さらに、常に前から奪いに行くことをやめ、相手に合わせてしっかりとタイミングを見てのプレッシングも機能している。 通り一辺倒の戦い方ではなくなったことが結果にも出ており、3位をキープ。首位の川崎フロンターレが独走しかけているだけに、なんとか上位を守りチャンスをうかがいたい。 徳島はボールを保持してポゼッションするスタイルだけに、ボールをしっかり奪うポイントを決めれば封じられるだろう。一方で、剥がされるとピンチを迎えることもあり、集中力高く臨み、3連勝を飾りたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:林大地、酒井宣福 監督:金明輝 ◆プレスを回避し、ポヤトス体制リーグ戦初勝利へ【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイで柏レイソルを相手に5失点を喫して大敗。リーグ戦も2連敗となってしまった。 ダニエル・ポヤトス監督が指揮をしてからリーグ戦で勝利がないだけに、早いところ勝利を収めたいところだろう。 柏戦の敗因は今季何度か見られるミスから。GKからビルドアップするスタイルだが、ディフェンスラインや自陣でのビルドアップでミスをすると、失点の確率が上がってしまう。 特に鳥栖は柏と同様にハイプレスをかけてくるだけに、変な失い方をすれば一気に決定機を迎えられてしまう。慎重な戦いを見せる必要があるが、うまくプレスを回避できれば大きなチャンスを迎えることになる。 自陣でのミスを減らし、しっかりと自分たちのペースに持ち込むことができるか。前節の反省を生かした戦いを見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、鈴木大誠、福岡将太、ジエゴ MF:クリスティアン・バトッキオ、岩尾憲 MF:杉森考起、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 2021.05.01 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:福岡vs浦和】昨季は長谷部監督が2連勝、J2優勝を争った両指揮官がJ1の舞台で再会

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月1日(土) 14:00キックオフ アビスパ福岡(16pt/9位) vs 浦和レッズ(17pt/8位) [ベスト電器スタジアム] 現在リーグ戦2連勝中の福岡と、連勝ストップも連敗を免れた浦和の一戦。 昨季の明治安田J2で優勝を争った両指揮官が、舞台を変えてJ1で相見える。 ◆2度目の2連勝、今回は3連勝なるか【アビスパ福岡】 前節はアウェイに乗り込んでのサンフレッチェ広島戦。オウンゴールで先制し、一度は追いつかれる展開となったが、キャプテンMF前寛之の衝撃的なミドルシュートがネットに突き刺さり、1-2で勝利。今季2度目の連勝を飾った。 しっかりとJ1でも戦える姿をここまで見せている福岡。前回は2連勝でストップしてしまったが、今回は3連勝を目指してホームに浦和を迎える。 なかなか上位陣には結果が出なかった福岡だが、ここ2試合は順位が上のチームにしっかりと勝利。コンパクトでコレクティブな守備が機能し、相手に良い形をあまり作らせていなかった。 攻守にわたるハードワークに加え、新外国人もカップ戦で結果を残している状況。チーム力も徐々について来ており、J1定着に向けた準備を着々と整えている。しっかりと3連勝を達成できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、田邉草民、石津大介 FW:ブルーノ・メンデス、渡大生 監督:長谷部茂利 ◆リカルド監督が昨季勝てなかった相手【浦和レッズ】 前節はホームに大分トリニータを迎えての一戦。開始早々に西大伍の移籍後初ゴールで幸先よく先制したが、集中を切らしたところで町田也真人に2ゴールを奪われ前半で逆転を許す。 しかし、ギアを入れ替えシステムを変えた後半はポゼッションを高めると、終盤に槙野智章、田中達也のゴールで逆転に成功。GK西川周作の活躍もあり、3-2で逆転勝利を収めた。 今節の相手は福岡。リカルド・ロドリゲス監督にとっては、リベンジしたい相手だろう。昨シーズンは徳島ヴォルティスをJ2で優勝に導いたが、福岡には2連敗。長谷部監督率いる福岡に苦杯を嘗めさせられた。 浦和が標榜スタイルに対して、インテンシティの高さを見せる福岡はやりにくい部分が多く、まだチームとして完成形になっていない現時点では苦戦も大いに考えられる。 浦和としては、正念場の一戦とも言える福岡戦。リカルド監督がどのような策を見せるのか。前節のような試合中のシステム変更も含め、対応力が問われる一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:明本考浩、小泉佳穂、汰木康也 FW:武藤雄樹 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.05.01 11:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly