リバプールを退け準決勝進出のマドリー、MOMのカゼミロは攻めの姿勢を見せたチームを称賛

2021.04.15 16:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を決めたリバプール戦の手応えを語っている。UEFAが伝えた。14日にCL準々決勝のリバプール戦2ndレグに臨んだマドリー。ホームで行われた1stレグを3-1で制し、突破に向けて大きなアドバンテージを得ている状況だった。

だが、2ndレグは気迫のこもった相手に押される展開で、立ち上がりにはGKティボー・クルトワが何度かビッグセーブを強いられる場面も。その後、マドリーが押し返す時間帯はあったものの、全体を通して酒精に回る展開に。


それでも失点を許さなかったマドリーが敵地アンフィールドでの2ndレグをゴールレスドローで乗り切り、1stレグのアドバンテージを生かして準決勝進出。決勝進出をかけてチェルシーと戦うことになった。

この試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたカゼミロは試合後、1stレグの結果に依存することなく攻めの姿勢を見せたチームを称賛。突破の決め手は精神性にあったと振り返った。

「ファーストレグのアドバンテージを頭に入れた上で、僕たいは勝ちにいった。相手には素晴らしい監督と選手が揃っており、今日は非常に強度の高いプレーで挑んできた。僕たちもその分、よりハードワークしたよ。僕たちは勝利に甘んじることはなく、最終的にはそれが決め手になったんだ」

「あんな相手だから難しい試合になることはわかっていた。ここでプレーするのは本当に大変なことだけど、選手たちの努力は素晴らしいものだった。今日は全員がそれぞれの役割を完遂したね」
関連ニュース
thumb

マドリー痛手…主将セルヒオ・ラモスが再び負傷 このまま退団の可能性も?

レアル・マドリーは8日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが左足ハムストリングを負傷したことを報告した。 今年1月にヒザの手術を行って戦列を離れたセルヒオ・ラモス。その後もふくらはぎのケガや新型コロナウイルス感染が重なり、先日のチェルシー戦でようやく本格的な復帰を果たしていた。 しかし、チェルシー戦でフル出場したセルヒオ・ラモスだったが、再び別のケガを抱えることに。クラブは詳しい離脱期間が明らかになっていないとしているが、スペイン『マルカ』によると、少なくとも9日に行われるラ・リーガ第35節のセビージャとの大一番は欠場する見込のようだ。 さらに『マルカ』は、最悪残り4試合のリーグ戦も欠場した場合、マドリーとの現行契約が今夏までとなっているキャプテンの最後の試合がチェルシー戦になる可能性も示唆しており、その去就がより注目されることになった。 マドリーではFWルーカス・バスケス、DFダニエル・カルバハル、そしてDFラファエル・ヴァランが負傷離脱しており、優勝争いの真っただ中にある中で大きな痛手となっている。 2021.05.08 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アザールが市場に? 愛想尽かすレアル、売却を議論

レアル・マドリーはベルギー代表FWエデン・アザール(30)に愛想を尽かしているようだ。 チェルシーでの活躍を経て、2019年夏に移籍金1億ユーロ(現レートで約132億円)で念願のレアル・マドリー入りを果たしたアザール。今季でその夢を実現させて2年の月日が経つが、相次ぐケガなどでチェルシー時代のような輝きを放てていないのが現状だ。 今季もここまで公式戦18試合の出場でわずか3ゴール。このままで終わるわけにいかないアザールとしてはチームが覇権争いの真っ只中にいる今季のラ・リーガ残り4試合でタイトルに導き、不甲斐ない状況が続く個人としても何らかの結果を残したいところだ。 しかし、スペイン『マルカ』によると、レアル・マドリーは何週間も前から売却の可能性を議論。チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのチェルシー戦で敗退決定後、かつての同僚たちと談笑して批判に晒されているが、その一件も関係なくだという。 また、ドレッシングルームでの地位も落ち込み、試合で勝利を呼び込む活躍すら期待する者もほぼいない様子。上層部内もそうした空気に包まれており、当初の同情的な見方も今やパフォーマンスレベルと姿勢に対する失望感に移り変わっている様子だ。 そんなアザールはまだ3年契約を残すが、『Transfermarkt』によると、市場価値は移籍当時の1億5000万ユーロ(約198億1000万円)から今や半額以下の4000万ユーロ(約52億8000万円)。今もジネディーヌ・ジダン監督のお気に入りだが、クラブは今後、オファーに耳を傾ける姿勢だという。 2021.05.08 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

レアルの来季ユニがリーク、ロゴや袖口は“ラッキーオレンジ”カラーに!

レアル・マドリーの来シーズンのユニフォームがリークされたようだ。ユニフォーム専門サイトの『Footy Headlines』が伝えた。 アディダスが手掛けているマドリーのユニフォーム。今シーズンのホームユニフォームはサイドにピンクの3本線が入っているだけのかなりシンプルなデザインになっているが、2021-22シーズンのデザインは、よりカラフルになるようだ。 白基調は変わらないが、袖口にはオレンジと青のライン。襟元も同様にオレンジと青で縁取られている。そして、アディダスのロゴもオレンジ色になっており、『Footy Headlines』は正式には“ラッキーオレンジ”と呼ばれるとしている。 また、シャツの背面にはオレンジと青で構成された円形のバッジがついているとのこと。これはマドリーがタイトルを獲得した際にサポーターたちと祝う場所でもあるシベーレス広場から着想を得ているようだ。 『Footy Headlines』によると、ショーツは白色で、このキットは5月に正式に発表される。 <span class="paragraph-title">【写真】リークされたレアル・マドリーの2021-22シーズン ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">| Real Madrid Home Kit for the season 21/22 is already on sale in some stores. <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines?ref_src=twsrc%5Etfw">@Footy_Headlines</a> [] <a href="https://t.co/TauKrNjesu">pic.twitter.com/TauKrNjesu</a></p>&mdash; Madrid Xtra. (@MadridXtra) <a href="https://twitter.com/MadridXtra/status/1389277042450051072?ref_src=twsrc%5Etfw">May 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.08 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダンがユベントスに? ピルロ監督の後任候補の1人と報道

セリエA10連覇を逃したこともあり、去就が騒がしいユベントスのアンドレア・ピルロ監督。その後任候補に2人の名前が浮上している。 イタリア『トゥットスポルト』によると、ピルロ監督は今シーズンの結果に関係なく解任される可能性があるとのこと。トップ4を守り、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保することは至上命令だが、それだけでは安心できないという。 その後任候補に挙がっているのは、現役時代はユベントスでもプレーし、現在はレアル・マドリーを指揮するジネディーヌ・ジダン監督と、ピルロ監督とは名コンビを組んでいたナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督だという。 ジダン監督に関しては、アンドレア・アニェッリ会長が長年夢見たことであり、マドリーの監督に復帰する前に招へいを目論んでいたこともある。 しかし、ユベントスには障壁があり、ジダン監督が現在マドリーで受け取っている1200万ユーロ(約15億8000万円)の年俸がネックとなりそうだ。 一方で、今シーズン限りでナポリの監督を退任するとみられるガットゥーゾ監督はジダン監督よりははるかに安く雇える状況だ。 ユベントスは、マッシミリアーノ・アッレグリ氏を再度招へいする可能性も出ているが、スポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティチ氏とパベル・ネドベド副会長の退任が必要になると見られており、なかなか踏み出せない状況だ。 何れにしてもピルロ監督の立場は危うくなっており、来シーズンも指揮を継続して執るのだろうか。 2021.05.07 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

クルトワ父が渦中のアザールを批判「謝罪ではなくプレーで示せ」

試合後の態度が物議を醸したレアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールだが、チームメイトの父親からも非難を浴びることになった。 問題となったのは、5日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのチェルシー戦直後のこと。アザールはチームが敗退したにもかかわらず、古巣の友人たちと談笑。その試合も含めてマドリー加入以降のパフォーマンスの低さから批判の声が高まり、後日SNSを通じて謝罪するまでに至っていた。 ひとまず収束した一件だが、クラブと代表のチームメイトであるGKティボー・クルトワの父、ティエリー氏からもお灸を据えられることに。ベルギー『Het Laatste Nieuws』の取材でサポーターの気持ちを代弁している。 「謝罪してもしょうがない。パフォーマンスで応えるしかないのだ。エデンの行動は賢いものとは言えない。悪気はなかったのだろうが、あの映像はファンを苦しめるものだった。敗退の2分後に選手が笑っているのを見たら…。あれはプロフェッショナルなどではなかった」 「もし彼が残りの4試合でマドリーにタイトルを与えることができれば、全てが忘れられ許されるかもしれない。キャプテンの(セルヒオ・)ラモスや誰かがそのことを彼に伝えなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】アザールが敗退直後に旧友との再会で満面の笑みを見せてしまう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Eden Hazard was happy for his former teammates <a href="https://t.co/qhBpwODiAS">pic.twitter.com/qhBpwODiAS</a></p>&mdash; Champions League on CBS Sports (@UCLonCBSSports) <a href="https://twitter.com/UCLonCBSSports/status/1390053126313369603?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.07 21:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly