韓国が一時逆転も、中国が延長戦を制し東京オリンピック出場決定!2大会連続6度目

2021.04.13 22:49 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
東京オリンピックの女子サッカーのアジア予選プレーオフの2ndレグが行われ、中国女子代表vs韓国女子代表が対戦。2戦合計4-3で中国女子代表が勝利し、2大会連続6度目のオリンピック出場を決めた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて予選の日程が大幅にずれ込んでいたアジア予選。3次予選終了後にオーストラリアで開催される予定だったが、2020年2月に4月に延期が決定。その後、6月、2021年2月と延期になり、今年2月に4月に行われることが決定していた。

1stレグでは韓国で行われ、1-2で中国が勝利。2ndレグは中国で行われた。

試合は31分にINAC神戸レオネッサでもプレーしたMFチョ・ソヒョンがドリブルを仕掛けボックス内左からクロスをあげると、カン・チェリムがボックス中央でダイレクトボレー。これが決まり、韓国が2戦合計2-2とする。

さらに44分には韓国がビッグチャンス。ボックス内での折り返しをチェ・ユーリが押し込んだが、中国のDFがラインぎりぎりでクリアを見せてゴールを許さない。

それでも45分にはCKからのクロスをヘッド。これはGKペン・シメンが横っ飛びでセーブ。しかし、こぼれ球をチェ・ユーリが思い切りケルト、DFリー・メンウェンに当たって入り、オウンゴール。韓国が0-2として2戦合計2-3と逆転する。

ホームで敗れる可能性が出てきた中国だったが、そこから猛攻に出る。69分には、右サイドのFKからワン・シュアンがゴール前にクロスを送ると、ヤン・マンが合わせて2戦合計3-3に。そのまま90分が終了し、延長戦にもつれ込む。

すると延長前半14分に韓国は自陣のボックス付近でミスパス。これが中国に渡ると、ボックス手前中央でパスを受けたワン・シュアンが左足でゴール右に蹴り込み値千金の逆転ゴール。そのまま試合は終了し、2-2で終了。2戦合計4-3で中国が勝利を収め、東京オリンピック出場を決めた。

なお、アジアからは開催国の日本をはじめオーストラリアと中国が出場することとなる。

中国女子代表 2-2(AGG:4-3) 韓国女子代表

31分 0-1(AGG:2-2):カン・チェリム(韓国)
45分 0-2(AGG:2-3):オウンゴール(韓国)
69分 1-2(AGG:3-3):ヤン・マン(中国)
104分 2-2 (AGG:4-3):ワン・シュアン(中国)

関連ニュース
thumb

短い時間の中で結果を残したなでしこジャパンFW遠藤純「ゴールに直結するようなプレーを」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのFW遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 遠藤は10日のウクライナ代表戦で岩渕真奈(アーセナル)に代わって76分に途中出場を果たすと、終盤にはドリブル突破からのクロスで籾木結花(OLレイン)のゴールをお膳立て。短い時間の中で明確な結果を残したが、アピールとしてはまだまだ足りないと感じでいるようだ。 「短い時間の中でアシストできたり、自分自身のプレーを出せたというのは良かったかなと思うんですけど、もっとたくさん試合に出てチームの勝利に絡めたらいいなというのがこの前の試合の感想でした」 「攻撃的なポジションではあるので結果を残すというのはメンバーに残る上で重要だと思うんですけど、自分自身が結果を残すこともそうですし、この前の試合のように仲間に決めさせるよなクロスだったりとか、自分が仕掛けた中でゴールに直結するようなプレーをたくさん出していって、18人の少ないメンバーの中に食い込みたいなと思うので、明日頑張りたいなと思います」 さらに、ゴールへの積極性はこれまで以上に意識しながら、その中でも決定力をあげていく必要があると語った。 「個人としてもチームとしてもゴールに向かう意識が強くなったし、去年以上に果敢に攻めることが増えたので、最後決め切るというところはチームとして課題がたくさんあったので、自分自身もしっかり決め切ってチームが勝つために自分ができることを一生懸命やろうと思います」 2021.06.12 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

本番を想定した中2日でのメキシコ戦へ向けなでしこジャパン高倉麻子監督「選手を試すという方法寄りで考えていこうかなと」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンの高倉麻子監督が12日、前日会見に出席した。 10日のウクライナ女子代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。オリンピック本番を想定した中2日での試合を高倉監督は「大事な経験」としつつ、次のように続けた。 「ウクライナとはちょっとタイプの違う、メキシコという中南米のチームとできるということはチームにとっては非常に良い経験になるかなと思います。ずっと大勝が続いているので、いろんなご意見とかもありますけど、チームとしては攻守ともにどの選手が出ても、狙いを共有しながら守備の組織を作ったり、攻撃の組み立ての部分、コンビネーションのところは間違いなく上がってきてると思いますし、ブレずにどんな相手であっても自分たちの精度を上げていく、とにかく集中をしていいトライができたらいいなという風に思います」 2戦同じメンバーで戦えば連携の向上が見込め、中2日での疲労度ということも試せる一方、新しいメンバーの力試しもできる状況。そのなかで指揮官としては各選手のコンディションを踏まえ、別の選手を試す方向で考えているようだ。 「先発で出た選手と話したときに「疲れはあります」とのことでしたけれども、選手自身は自分たちそれぞれが、休むところもそうですし食事のところもそうですし、選手同士が集まっての会話ということはなかなかできないですけど、やれる範囲の中で良いコミュニケーションの取り方をしてくれているなという風には思います」 「今チームを見渡して、例えばA・Bのチームを作ったとしても大きな差がないというのも、今のなでしこの強みかなという風に感じているので、それを考えれば明日は出場時間の短かった選手で長い時間を、という風なことも考えながら、もちろん2試合連続でやっていく身体の部分でのフィーリングみたいなもの、連続してということも両方うまくかみ合わせながらやっていけたらいいなと思いますし、無理やり使って疲労度を高めてケガが起きるということも今やる必要もないので、いろんな選手を試すという方法寄りでメンバーを考えていこうかなという風には思います」 今回が最後のテストマッチとなるが、選考の基準に関してはわかりやすい結果に限らず多岐にわたるとし、普段の振る舞いですらも気にかけているとのことだ。 「みんな力が拮抗してますし、毎日選手のトレーニングも、試合でのパフォーマンスというところも注意してみてますけども、自分たちが主導権を握る試合になってきているので、その中でできたプレーであっても例えば得点という形であっても、それぐらいはやれて当然という部分もあったり、逆に非常に見えにくい場面であっても、ポジショニングであったりボールを奪い返す場面であったり、そのオフの部分で危機を察知して危ない場面の芽を摘んでいるというプレーがあるので、その辺は評価の対象にはなっています」 「何よりも集まって感じたのは、選手のオリンピックに対する思いであったり、自分自身がサッカーに対する思いというのを強く感じる選手もいますし、もちろん表現方法は個人個人違うのでみんなが持ち合わせた中ではありますけど、チームが僅差になった時にパワーをもたらす選手ってどういう選手なのかなということを、練習でもそうですし、オフのちょっとした立ち振る舞いや会話の中でも私自身は汲み取ろうという風に思って選手とは接するようにはしているので、総合的な部分での判断にはなってくると思います」 2021.06.12 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

日本の中心選手を目指したいと語るなでしこジャパンMF木下桃香「世界を経験して成長のきっかけにしたい」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのMF木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 10日のウクライナ代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。次回のメキシコ戦が東京オリンピックに向けての最後の試合となるなか、ウクライナ戦では出番のなかったチーム最年少の木下は「試合に絡むためにいい準備をしてます」と出場へ向けて抜かりはないようだ。 「(自分の良さは)ゴールに絡むことだと思っていて、自分のところで1つチャンスメイクができたらいいアピールにつながると思いますし、結果的にアシストだったりゴールという形で結果を残せればベストかなと思います」 2018年のU-17女子ワールドカップ(W杯)ではメキシコ相手にゴールを奪っている木下。当時は「自分たちが主導権を握れていたなかでカウンターを受けた」と振り返るが、今回は相手のレベルも上がりスピード感も上がる。それを踏まえたうえでの戦い方もイメージはできているようだ。 「相手もフィジカルのところ、一対一の個人のところはすごい強いと思うんで、そこは日本の良さでもあるコンビネーション、短いパス交換で崩していくこともそうですし、ときには裏に1本の長いパスで展開が変わってくることもあると思うので、相手と状況を見てやっていけたらいいなと思ってます」 東京五輪へのサバイバルについては「自分自身オリンピックを経験したいという気持ちがすごくありますけど」と前置きをしたうえで「それ以上に少しでも世界を経験して成長のきっかけにしたいというのが1番大きい」と自身の糧にしたいという思いが強いようだ。 「明日の試合もアピールしてオリンピックに絶対入っていこうというのはもちろんなんですけど、それ以上に自分の成長につなげたいというのが、今回の合宿自体もそういう思いで臨んでいるので、今後の自分の成長につながる経験にしたいというのが強いです」 「もちろん将来的にはワールドカップだったりオリンピックで自分が日本の中心選手として世界一に導くっていうのが1番の目標ですし、今回のオリンピックでそれができるかというと自分はすべての面で成長が必要だと思っているので、将来的に成功するために今このチャンスを少しでもつかみにいけたらいいなという思いです」 2021.06.12 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

およそ1年ぶりの代表のピッチでなでしこジャパンDF土光真代「楽しむ気持ちというのを忘れないように」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのDF土光真代(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 10日のウクライナ女子代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。次回のメキシコ戦が東京オリンピックに向けての最後の試合となるなか、大ケガを乗り越えておよそ1年ぶりの代表招集となった土光は「楽しみな気持ちと、また久しぶりに一緒にサッカーができて楽しいなという感覚です」と、状態の良さをうかがわせた。 先日のウクライナ戦では83分に宝田沙織(ワシントン・スピリット)に代わって出場した土光。なでしことして久しぶりのピッチに立った際には仲間から「お帰り」と声をかけられ、リラックスして試合に入れたようだ。 「1年ぶりぐらいにピッチに立てたのは本当に良かったですけど、久しぶり感というのがあまりなくてすんなり試合に入っていけたかなとは思います」 「ケガをする前もしてからも同じ1試合というのには変わりはなくて、目の前の1試合1試合というのはいつも大事にやっていたので、ケガをして復帰したからという変な感情はあまりなくて、代表の1試合、目の前の1試合というのはこの間も変わりなくやれたかなと思います」 また、東京オリンピックに向けたメンバー18枠へのサバイバルについては、アピールよりも自らがプレーを楽しむことがより大事だと力説。ポジティブな気持ちで臨むことが、結果的にはアピールにつながると考えいるようだ。 「アピールに向けて最後の場なのでその面ではもちろんですけど、自分としては楽しむことで見てる人も楽しんでもらえると思いますし、その中で良いプレーもたくさん出てくるので、楽しむ気持ちというのを忘れないようにしつつ、代表というのはアピールしなきゃいけない場なので、そこはしっかり出していきたいなと思っています」 「ビルドアップだったり、相手を引き付けて味方の選手をうまく使ったり、ロングフィードというのは持ち味としているので、この間は少ない時間でしたけど何本かパスも出せたので、それは継続してやっていくのと、守備では一対一で粘り強くする、球際で負けないとか、当たり前のことをしっかりやっていきたいなと思っています」 2021.06.12 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「五輪だろうが、選考がかかっていようが…」仕事を全うしたい上田綺世「1点取れたから良かったわけでは」と課題を口に

U-24日本代表のFW上田綺世(鹿島アントラーズ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。 U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。 さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。 ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。 この試合は後半から出場となった上田。試合に臨むにあたっては「相手がA代表ということもあり、フィジカル的にも強度が高いということで、前半からアグレッシブに行こうと前向きな姿勢で試合に入りました」と、立ち上がりからしっかりしようとチームとして入ったと語った。 ベンチで見ていた上田だが、自分として試合に入るイメージはしないとコメント。「サブで試合に出ることもそれなりにあるので、そういう質問をよくされるんですが、あまり自分が入ったらこうしようという考え方よりは、味方のコンディションだったり、相手のスタイルを見ているだけです」とし、「自分がこうしようと考えて入ってもできるものではないので、相手の特徴を理解したり、上手くいってない、引っかかっているなとかは試合ごとに違うので、その違う部分を見て、それを自分なりに感じて、動き出しとか変えたりしています」と、味方のプレーでいつもと違うところを確認して、ピッチに入るとした。 この試合では三笘の絶妙なスルーパスをループシュートで決めた上田。ゴールシーンについては「(三笘)薫くんとはある程度理解していて、ドリブルは理解できないことの方が多いんですけど、最後もう1枚剥がしてくることも分かっていたので、動き出しは独特というか、僕の中ではあまりしないんですが、薫くんだから出せたのかなと」と語り、三笘からのパスが良かったとコメント。「薫くんと縦に並んだ時に、縦にまっすぐ走って足元に出してもらう。パスの難易度も相当高いんですが、薫くんだからできる動き出しの1つかなと思います」と、三笘を信頼してのランニングだったと語った。 法政大学と筑波大学でプレーしていた両者。世代別代表やユニバーシアードなどでも一緒にプレーしていたが「大学の頃からやっていますし、薫くんがどういうパスを出してくれるか。基本的にあのシーンでゴールに直結する走り方をしたらそこに出してくると思っていました」と、昔からの信頼関係があるとし、「自分が繋がりやすくて点を取りやすい形を選べる選手だなと僕は思っています」と、コンビネーションも確立されていると語った。 シュートをループにした理由については「顔を上げた時にGKが出てきているのは分かっていたので、そこまで来ないと分かっていて逆を取ることができました」とGKを見たといい「逆に突っ込んできたら抜くか、ワンタッチ外にして打つイメージでしたが、中途半端なところで止まってくれたので、ループを選びました」と、しっかりと見えていたことを語った。 シュートのバリエーションが増えている上田だが「練習をしてきたというか、シュートの幅。ループがなければ、あのシーンはゴロで打つか、GKをかわすの2つに選択肢が絞られますが、ループがあるだけで守備も簡単にかいくぐれますし、川崎フロンターレ戦のゴールもそうですが、1つ違うシュートの形を作るだけでFWとしての余裕が全く違います」とし、色々な形でゴールを狙えるようになることを目指していると語った。 また「簡単なシュートは思った以上に少なくて、どのゴールも簡単に見えて難易度が高いので、だから1つの1つのゴールが重いと言っていますが、1つを取るためにより多くの選択肢があった方が良くて、それこそ伊藤翔くんとかエヴェラウドとか、同じチームでやった選手から色々なことを盗んでいますし、自分の中ではループという選択肢は今までなかったですが、選択肢をちょっとずつ増やせているのかなと思います」と周りにいるFWが持っているものを盗んで、自分が吸収していっていると語った。 オリンピック代表のメンバー選考前のラストゲームとなったが、上田はその考えはあまり持っていないという。 「僕らは選手なので、1つのチームに属して、そのチームの1ポジションを担って試合に出ていて、そのポジションを争うことはありますけど、試合に対する形は代表だろうが五輪だろうが、選考がかかっていようが、クラブだろうが、そこは変わらないです」 「そのためのプレーを僕は選んでいますし、今日であれば、あのタイミングで点を取れたのは良かったと思いますけど、もっともっとチャンスを作らないといけないですし、クロスからのシーンも決められたと思うし、当たり前の課題で、FWがゴールを目指し続けるのは当たり前なので、それができなかった」 「1点で止まったなら2点目が取れなかった。2点目を取ることが課題になるのは定石なので、そこは個人的な課題がありつつも、今日1点取れたから良かったわけでもないです」 どんな状況でも、ストライカーとしてやる仕事は1つであり、試合に出れば貪欲に得点を目指すと語った上田。五輪出場なるのか注目だ。 2021.06.12 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly