セルタとの壮絶な打ち合いを制したセビージャが上位を追走!《ラ・リーガ》

2021.04.13 06:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは12日、ラ・リーガ第30節でセルタとアウェイで対戦し4-3で勝利した。前節、首位アトレティコ・マドリーとの上位対決を制した4位セビージャ(勝ち点58)は、その試合から先発を1人変更。L・デ・ヨングに代えてエン=ネシリが最前線で起用された。

前節3試合ぶりの白星を飾った10位セルタ(勝ち点37)に対し、セビージャは早い時間に先制する。7分、アクーニャの左CKからボックス中央のクンデがヘディングシュートをゴール右に突き刺した。


幸先良く先制したセビージャだったが、19分にピンチ。ノリートのパスでボックス左に抜け出したサンティ・ミナをクンデが後ろから倒してしまいPKを献上。このPKをアスパスに決められ、試合は振り出しに戻った。

さらにセビージャは、24分にもロングカウンターを受けると、デニス・スアレスのパスでDFの裏に抜け出したアスパスにゴールネットを揺らされ、勝ち越しを許した。

連続失点で逆転を許したセビージャたが、すぐに反撃に転じると35分に中央を持ち上がったフェルナンドがミドルシュート。これがアイドの足にディフクトすると、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。

このまま前半終了かと思われたが、ホームチームが43分にカウンターから勝ち越しに成功する。中盤でボールを奪ったブライス・メンデスが前線のデニス・スアレスにボールを預け、前線へ駆け上がるとボックス右で再びパス受けたブライス・メンデスがゴール前まで切り込み冷静にゴールネットを揺らした。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのは1点を追うセビージャ。60分、スソのパスでボックス左横まで上がったエン=ネシリがダイレクトクロスを供給。これをニアに走り込んだオカンポスの落とすと、最後は走り込んだラキティッチが冷静にゴール右にシュートを突き刺した。

再び試合を振り出しに戻したセビージャは、64分にジョルダンとエン=ネシリを下げてL・デ・ヨングとオリベル・トーレスを投入。さらに67分にスソを下げてパプ・ゴメスをピッチに送り出した。

するとセビージャは76分、アイドのクリアミスを敵陣でカットしたパプ・ゴメスがそのままボックス内まで持ち上がりゴール左へシュートを突き刺した。

結局、これが決勝点となりセビージャが4-3で勝利。セルタとの壮絶な打ち合いを制したセビージャが上位追走に成功し優勝争いに踏みとどまっている。
関連ニュース
thumb

エン=ネシリ弾でバレンシアに競り勝ったセビージャが3戦ぶりの白星! 逆転優勝へわずかな望み繋ぐ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節、セビージャvsバレンシアが12日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが1-0で勝利した。   前節、2位のレアル・マドリーとの上位対決を土壇場の失点によって2-2のドローで終え、逆転での優勝が大きく遠のいた4位のセビージャ(勝ち点71)。それでも、可能性が残る限り全力を尽くすアンダルシアの雄は、自力での残留に向けて1ポイントを残す13位のバレンシア(勝ち点39)を相手に勝利を狙った。   ベンチ入り禁止処分が解けたロペテギ監督は、3試合ぶりの白星を狙う一戦に向けて先発5人を変更。アクーニャに代えてエスクデロを左サイドバックに置いたほか、ラキティッチとフェルナンドに代えてグデリとオリベル・トーレス、前線はパプ・ゴメスとオカンポスに代わってエン=ネシリ、オスカルがスソと3トップを組んだ。   マキシ・ゴメスを最前線に残す[5-4-1]の守備的な布陣を採用したバレンシアを相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けていくセビージャ。   相手陣内でボールを動かすものの、なかなか相手の守備ブロックを揺さぶり切れずにいる中で16分にはボックス左に抜け出したエン=ネシリにシュートチャンスもニア下を狙った左足のシュートはサイドネットを叩く。   以降も攻め手が乏しいホームチームは22分に相手の背後に飛び出したスソが冷静にGKとの一対一を制すが、これは惜しくもオフサイド。さらに、ボックス付近でボールを引き出すスソが再三のフィニッシュに繋げていくが、相手の粘り強い守備を前に前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。   迎えた後半、押し込まれる入りとなったセビージャは立ち上がりにバジェホに続けて際どいシュートを許すなど、難しい入りとなる。これを受けてロペテギ監督は59分、エスクデロとグデリ、オリベルに代えてアクーニャ、フェルナンド、パプ・ゴメスを投入。   すると、この3枚替えがすぐさまゴールをもたらす。66分、ボックス手前でルーズボールを回収したフェルナンドのショートスルーパスに反応したエン=ネシリがDFフェッロと完璧なタイミングで入れ替わると、冷静にGKとの一対一を制した。   主砲エン=ネシリの今季18点目でようやく先制に成功したセビージャは、攻撃的なカードを切って前がかるバレンシアの攻撃を受け止めながらカウンターから相手を仕留めにかかる。ただ、先制後はなかなか決定機まで至らず、最少得点差の痺れる状況が続く。   その後、ウノセロのまま試合は最終盤に突入し、セビージャ側には土壇場で追いつかれたマドリー戦の悪夢がよぎるが、バレンシアの攻撃が迫力不足ということもあり、何とかこのまま試合をクローズした。   この結果、3戦ぶりの白星を手にしたセビージャがわずかながらも逆転優勝の可能性を残した。 2021.05.13 03:59 Thu
twitterfacebook
thumb

優勝への望みをつなぐため、セビージャ指揮官「シーズンは終わっていない」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、バレンシア戦に向けての意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 現在ラ・リーガで4位につけるセビージャは、前節3位レアル・マドリーとの上位対決で土壇場で追いつかれ2-2のドローに終わり、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差「6」を詰められずに終わっていた。 残り3試合での逆転優勝は厳しい状況だが、12日に行われるラ・リーガ第36節のバレンシア戦についてロペテギ監督は諦めた素振りを見せず、下位に低迷するバレンシア相手でも「非常に高まるものがある」と試合に対する高揚感をうかがわせた。 「1週間で3試合を行うということで、ワクワク感もあり、良い感じだ。規範と幻想を持って、バレンシアのようなライバルチームと戦う。彼らは残留を決めクリアな状態にあり、代表選手など、本当に優秀な選手が多く在籍している。(残留争いの)プレッシャーから解放された状態では、バレンシアは良いチームであることを示すはずだ」 「我々は3ポイントを獲得する準備をしている。他のシナリオは考えず、先を見据えている」 シーズンの残り試合に関しては「タフなゲームが続くだろう」と前置きしつつ、改めて目の前の試合に焦点を当てることを強調した。 「終わるべき場所で終えたいと思う。残り3試合で、最初はスコアの点で改善したい。それぞれが難しい試合になるだろう」 「我々は自分のことをしなければいけない。野心と熱意を持って仕事をしている」 「カレンダーは、我々にバレンシアについて考えるようになっている。常に敬意を示さなければ、集中力と野心を求めることはできない」 「我々は非常に要求の高いゲームから別の厳しいゲームを迎える。彼らはラ・リーガで最速のチームであり、カウンターアタックに最も優れたチームで、質の高い選手が揃っている。我々は良い準備をしなければならない」 また、過密日程を受けて選手のターンオーバーについても示唆。良い状態の選手を並べたいと語った。 「自分たちにとって、最も貢献できる選手を選ぶことになる。1週間に3試合もあるのだから、選手の状態を見極めて代案があるかを考える。ずっと同じメンバーで臨むわけではない。この試合でも、他の試合でも、いつでもプレーできる選手はいる」 2021.05.12 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

土壇場で追いつかれたセビージャ、落胆の指揮官「ここで勝っていたらと思うかもしれない」

セビージャのフレン・ロペテギ監督は、レアル・マドリー戦の結果に落胆しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ラ・リーガ4位のセビージャは9日、第35節で3位レアル・マドリーと対戦。終盤まで1点のリードを保っていたものの、終了間際に失点を許し、2-2と土壇場で追いつかれた。 この引き分けでリーグ戦3試合を残して、首位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差が「7」となり、優勝がかなり難しくなってしまったセビージャ。試合後の会見に出席したロペテギ監督は、苦しい結果になったと振り返っている。 「(ヤシン・)ブヌのセーブや、相手の明確なチャンスはあまりなかったと記憶している。マドリーの選手たちをゴールに近づけてしまえば、このようなことが起こると思っていた。だから、あまり引き過ぎないようにしたかった」 「苦しい想いが残るのは間違いない。選手たちのメンタリティが重要だった。私にとっても、彼らにとっても悲しいことだ。この1年を振り返り、ここで勝てたら非常に重要な勝利になっていたと思うだろう」 「選手たちの試合に対する誇りを、非難することはできない。首位を争うレアル・マドリーとの、とても難しい試合だった。我々は勝利に値すると思う」 「 ミドルシュートからディフレクションが生まれ、最後にゴールを許してしまったし、後半は何度も後手に回らされた。攻守の切り替えもできていたが、緻密さに欠けていた。最後のプレーで2ポイントを失ってしまったのは、とても悲しかったね」 2021.05.10 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 2-2 セビージャ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、レアル・マドリーvsセビージャが9日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210510_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 クルトワ 5.5 2失点共にノーチャンス。前がかりなチームの背後をミリトンらと共にしっかりとケアした   DF 19 オドリオソラ 5.5 最後に同点ゴールの起点となったが、攻守両面でクオリティ不足を露呈。バルベルデのサポートを受け、縦への意識は高かったが、空回りの印象   3 ミリトン 5.5 PK献上場面はやや軽率だった。ただ、前半から追う展開となったことで、相手のカウンター対応などリスク管理に腐心   6 ナチョ 5.5 前半は捕まえづらいパプ・ゴメスの対応に苦戦し、不用意にポジションを空けてしまう場面が散見。後半は守備改善も攻撃面では効果的なプレーを見せられず   12 マルセロ 4.5 攻守両面でプレー強度が足りず。期待された崩しの場面での精度、アイデアも物足りず   (→ミゲル・グティエレス 5.5) チームが押し込んだ中でリスク管理を意識。無難にまとめた   MF 10 モドリッチ 5.5 シーズン最終盤を迎えてさすがに疲労からパフォーマンスレベルが大幅に低下。イメージと実際のプレーに乖離が見受けられたが、交代直前の時間帯は良いプレーも見せた   (→アセンシオ 6.5) 投入直後に見事なフィニッシュで同点ゴールを奪取   14 カゼミロ 5.5 失点はやや不用意な形で与えた自身のFKからでフェルナンドにも振り切られる。以降は中盤で強度の高いプレーを見せ、アセンシオのゴールシーンの貢献は大きかった   8 クロース 6.5 1アシストに加えて、劇的同点ゴールに関与。正確なミドルレンジのパスで相手守備を揺さぶった   FW 15 バルベルデ 5.5 オドリオソラの守備力を考慮してバランス重視のプレーを見せたが、ややどっちつかずのプレーに。ただ、後半途中からインテリオールに移ってからは攻守両面で持ち味を出せた   9 ベンゼマ 6.5 前線の起点役として機能。幻のゴールに幻のPK奪取となったが、試合を通しての貢献度は非常に高かった   20 ヴィニシウス 5.5 連戦の中で守備への貢献と個での打開で見せ場は作ったが、ゴール前での絶好機を逸するなど課題も出た   (→アザール 5.5) 禊のゴールとはならなかったが、劇的同点ゴールに関与   監督 ジダン 5.5 アセンシオ投入が完璧に嵌ったが、バルベルデの右サイドバックで右ウイングに別の選手を起用するプランがベターだった感も…   ▽セビージャ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210510_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 ブヌ 6.0 失点はいずれもノーチャンス。再三相手のシュートを浴びたが、的確なゴールキーピングを見せた   DF 16 ヘスス・ナバス 5.5 先制点の起点に。守備に追われる時間が長かったが、身体を張ったプレーで大きな穴は空けず   12 クンデ 5.5 コンディションに問題を抱えていたこともあり、全体的に無理が利かなかった。それでも、要所を締める守備でチームを助けた   20 ジエゴ・カルロス 5.5 不運な形でオウンゴールに。試合を通して押し込まれる時間が長かったが、粘り強い対応で相手の猛攻を撥ね返し続けた   19 アクーニャ 5.5 前半は攻守両面で存在感を示したが、後半は守勢を強いられて我慢のプレーが続いた   MF 8 ジョルダン 5.5 中盤でハードワークを見せたが、1失点目は自身のパスをカットされたカウンターから…   (→グデリ -)   25 フェルナンド 6.5 ストライカーさながらの見事なフィニッシュで先制点を奪取。中盤の防波堤として身体を張った対応を90分間継続   10 ラキティッチ 6.5 プレッシャーがかかるPKを決めるなど、1ゴール1アシスト。自身の交代後にチームは追いつかれてしまい、ヒーローにはなれなかった   (→オリベル・トーレス -)   FW 7 スソ 6.0 持ち味のキープ力や的確なパスで前半は攻守面での貢献度が高かった。後半は守備でチームを支えた   (→オスカル -)   24 パプ・ゴメス 5.5 前半はファルソ・ヌエベ役としてチームに流れを持ってきたが、時間を経るごとにやや不用意なボールロストが増えた   (→エン=ネシリ 5.5) 前線で攻守に身体を張ったが、コンディションの問題もあって普段の躍動感は出せず   5 オカンポス 5.5 幾度かカウンターチャンスがあったが、全体的にプレーが消極的だった。それでも、試合を通して一定水準の仕事はこなした   (→L・デ・ヨング -)   監督 ロペテギ 5.5 ベンチ入り禁止処分を受けてスタンドからリモートでの采配に。パプ・ゴメス起用はまずまず機能も、逃げ切りに失敗…   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ラキティッチ(セビージャ) 劇的同点劇に導いたクロースの活躍も見事だったが、交代後に追いつかれて最終的にヒーローになり損ねた元バルセロナMFをMOMに選出。先制点に繋がる冷静なアシストに加え、守勢の中での献身的な守備やクレバーなプレーは見事だった。   レアル・マドリー 2-2 セビージャ 【レアル・マドリー】 アセンシオ(後22) OG(後49) 【セビージャ】 フェルナンド(前22) ラキティッチ(後33[PK]) 2021.05.10 06:40 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーvsセビージャの上位対決は劇的ドロー決着! 前日の首位攻防戦に続く痛み分けでアトレティコが2pt差で首位を維持《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第35節、レアル・マドリーvsセビージャが9日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、2-2のドローに終わった。   5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でチェルシーに敗れ、3シーズンぶりのビッグイヤー奪還の夢が潰えた失意のマドリー。しかし、今回の一戦の前日に行われた首位アトレティコ・マドリーと、3位バルセロナの首位攻防戦が0-0のドローに終わったことで、アトレティコとの当該成績で優位に立つ昨季王者は、自力でのラ・リーガ連覇の可能性が復活した。ロンドンでの激戦から中3日での一戦に向けては、負傷再発で招集外のセルヒオ・ラモスとメンディに代えてオドリオソラとマルセロ、アザールに代えてバルベルデを起用し、[4-3-3]に布陣を戻した。   一方、現在4位のセビージャは前節、アスレティック・ビルバオ相手の敗戦によって連勝が「5」でストップ。1945-46シーズン以来、2度目のプリメーラ制覇から大きく後退した。それでも、マドリー同様に前述の首位攻防戦の結果、わずかながら逆転の目が出てきた。ロペテギ監督は古巣対戦に向け軽傷を抱える主砲エン=ネシリの代役にパプ・ゴメスを“ファルソ・ヌエベ”で起用した以外、ベストメンバーを揃えた。   試合は立ち上がりからフリーロールのパプ・ゴメスが局面で数的優位を作り出し、ボールの循環をスムーズにするアウェイのセビージャが押し込む入りを見せる。しかし、焦れずにカウンターからチャンスを窺うマドリーが、両チームを通じて最初の決定機を作り出す。   12分、相手陣内中央でボールを持ったヴィニシウスのスルーパスに抜け出した右サイドのオドリオソラのクロスをファーに流れたベンゼマが頭で合わせてゴールネットを揺らす。しかし、VARのレビューの結果、オドリオソラの飛び出しの場面でオフサイドを取られてしまい、ゴールは認められず。   以降はマドリーが押し返し、しばらく拮抗した展開が続くが、セビージャがこの試合最初の決定機をモノにする。22分、相手陣内中央右で得たFKの場面でキッカーのスソが変化をつけて右サイドに張るヘスス・ナバスにショートパス。そして、ヘスス・ナバスが折り返したボールをラキティッチが冷静にボックス右で浮いたフェルナンドに繋ぐと、絶妙な切り返しでカゼミロを外したフェルナンドの左足シュートがゴール左下隅に決まった。   ホームで先にリードを奪われたマドリーは、前半のうちに同点に追いつくべく全体を押し上げて攻勢を強めていく。コンパクトな陣形で中央を締める相手の守備に対してサイドバックとウイングのコンビプレーを交えながら揺さぶりをかける。その流れの中でカゼミロ、ヴィニシウス、ベンゼマとミドルシュートを続けて枠に飛ばすが、いずれもGKブヌに難なくセーブされる。   その後はマイボール時の押し込みに加え、背後へのリスク承知で高い位置での即時奪回を狙うマドリーが優勢に試合を運ぶが、41分のカゼミロの際どいミドルシュートが枠の左に外れるなど、最後のところでセビージャの守備を上回れず、アウェイチームの1点リードでハーフタイムに突入した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半、開始直後には高い位置での攻撃参加を見せたアクーニャが武骨なルーレットから際どいミドルシュートを放つなどセビージャが良い入りを見せたかに思われたが、以降は前半終盤と同様にマドリーが相手陣内でハーフコートゲームを展開。52分にはモドリッチが強烈なミドルシュートでGKブヌを脅かした。   前半のようにボールを握れず、相手の守備の網にかかる場面が目立つセビージャは56分、パプ・ゴメスを下げて切り札のエン=ネシリを投入。前線の基準点を作ると共に、前がかりな相手に対してカウンターの脅威をちらつかせる。   一方、自分たちの時間帯に同点ゴールを奪い切りたいマドリーは65分に絶好機。左CKの流れからモドリッチの浮き球パスに反応したクロースがボックス左で絶妙な折り返しを入れると、これにヴィニシウスが飛び込んだがうまくミートできず、当たり損ねのシュートは左ポストを叩いた。   この決定機逸の直後の66分にマルセロとモドリッチを下げてミゲル・グティエレス、アセンシオを同時投入。すると、この選手交代が即同点ゴールをもたらす。67分、ハーフウェイライン付近でジョルダンのパスを引っかけたカウンターからベンゼマが見事なドリブルでの持ち上がりからボックス右に走り込むアセンシオに通す。アセンシオは一度スピードダウンさせられるも、マイナスに戻したボールをカゼミロ、クロースと繋いでボックス右のアセンシオにリターンパスが出ると、これを見事な左足のダイレクトシュートでゴール右隅に突き刺した。   ジダン采配的中で試合を振り出しに戻したマドリーがこのまま逆転まで持っていく勢いを見せたが、数分後に勝敗の行方を大きく左右する場面が訪れる。   74分、セビージャの左CKの場面でルーズボールの競り合いを制したヴィニシウスが完璧なスルーパスを背後に飛び出したベンゼマに通す。そして、相手陣内を独走したベンゼマがボックス内でGKブヌに倒されてPKを獲得し、絶好の逆転機が訪れる。だが、PKを与えたセビージャ陣営が主審へ猛アピールを行うと、雲行きが怪しくなる。   リプレー映像を確認すると、アクーニャのCKに対してDFミリトンが大きく広げた腕にボールが当たっていた。そして、オンフィールドレビューの結果、マドリーはPK奪取から一転して痛恨のPK献上となった。この重要なPKをキッカーのラキティッチが冷静にGKクルトワの逆に決めて劣勢のセビージャが勝ち越しに成功した。   ショックが残る形の失点によって苦しくなったマドリーは79分にヴィニシウスを下げてチェルシー戦後の振る舞いで物議を醸したアザールを投入。これに対して、逃げ切りを図るセビージャはグデリやルーク・デ・ヨングといったベテランをピッチに送り出した。   試合はこのままセビージャが逃げ切るかに思われたが、最後の最後にドラマが待っていた。6分が加えられた後半アディショナルタイムの94分にボックス手前でフリーとなったクロースがやや苦し紛れにミドルシュートを放つと、ゴール前にいたアザールとDFジエゴ・カルロスにディフレクトしたボールがGKブヌの逆を突く形でゴールネットに突き刺さった。   最終的にジエゴ・カルロスのオウンゴールという形で再び振り出しに戻った試合は、ラストプレーでマドリーに逆転のチャンスが訪れたが、カゼミロの地を這うミドルシュートはわずかに枠の右に外れて試合はこのまま2-2のスコアでタイムアップを迎えた。   この結果、白熱の上位対決は前日の首位攻防戦と同じドローという結果に終わり、首位アトレティコが2ポイント差を維持して残り3試合の戦いに臨むことになった。 2021.05.10 06:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly