アタランタ、PK弾でフィオレンティーナに競り勝ち4位死守《セリエA》

2021.04.12 05:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは11日、セリエA第30節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。前節ウディネーゼ戦をコロンビアン2トップのゴールで逃げ切り勝利とした4位アタランタ(勝ち点58)は、5位ナポリが今節勝利しているため、暫定ながらチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退。4位死守のためには勝利が必須の中、前節に続きサパタとムリエルの2トップで臨み、4バックを採用した。

監督交代のあった14位フィオレンティーナ(勝ち点30)に対し、立ち上がりからアタランタが攻勢に出ると、13分に先制した。右CKからサパタのヘディングシュートが決まった。


先制後も主導権を握っていたアタランタだったが、26分にピンチ。FKからカセレスのヘディングシュートでゴールに迫られた。

それでも30分にマリノフスキーのパスを受けたサパタがGK強襲のシュートを浴びせて追加点に迫ると、40分に突き放した。マリノフスキーの浮き球パスに抜け出したサパタがGKとの一対一を制した。

迎えた後半、アタランタは57分に失点する。サイド攻撃で揺さぶられ、カセレスのヘッドでの落としをヴラホビッチにボレーで叩き込まれた。

さらに67分、アタランタは同点に追いつかれてしまう。スルーパスに抜け出したクアメにディムスティが入れ替わられ、ラストパスを受けたヴラホビッチに決められた。

それでも1分後、アタランタがすかさずPKを獲得する。イリチッチの仕掛けを起点にボックス内のクアルタのハンドを誘った。このPKをイリチッチが決めて勝ち越したアタランタが3-2のまま逃げ切り。4位の座を死守している。
関連ニュース
thumb

「DFがおもちゃに」衰え知らずリベリの“あり得ない”ドリブルテクに脚光「何回抜いたんだ?」

38歳を迎えた元フランス代表MFフランク・リベリのキレは未だ衰えを知らないようだ。 2019年まで在籍したバイエルンでは元オランダ代表アリエン・ロッベンと両翼を担い、左ウイングのポジションでレギュラーとして12シーズンにわたってプレー。細かいステップと爆発的なスピードで相手ディフェンスをきりきり舞いにしてきた。 フィオレンティーナでは、ケガこそあれど出場すれば輝きを見せるリベリだが、16日に行われたセリエA第37節のナポリ戦では、驚異的なドリブル突破を見せた。 0-1と1点ビハインドで迎えた58分、得意の左サイドでボールを持ったリベリは、相手ディフェンス2人に囲まれながらも、細かいステップでボックス内に侵入。カバーに来たDFも足を出せない巧みなドリブルでゴールエリアまで突破してしまった。 フィニッシュは相手DFのシュートブロックに遭い、ゴールとはならなかったものの、衰え知らずのドリブルには、ファンからも「DFがおもちゃみたいだ」「何回抜いたんだ?」「笑っちゃう」など、リベリの称賛する声が溢れている。 試合には敗れたものの、強烈な印象を残したリベリ。4月に38歳を迎えたが、まだまだ現役を続けそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】38歳リベリのDFがおもちゃに見える“あり得ない”ドリブル突破</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">38-year-old Franck Ribery making the Napoli defence look silly <a href="https://t.co/R4gmXHn1vb">pic.twitter.com/R4gmXHn1vb</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1393952512848236547?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.17 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェ&ジエリンスキ弾でフィオレンティーナを下したナポリが4連勝!暫定3位へ《セリエA》

ナポリは16日、セリエA第37節でフィオレンティーナと対戦し、2-0で勝利した。 インテルのスクデットは決まったものの、2位以下のチャンピオンズリーグ出場権争いは熾烈を極めるセリエA。ナポリを含む4チームが3つの枠をかけて争っている。 ナポリは前節終了時点で4位。すでに前日に5位のユベントスがインテルを下し勝ち点を積んでいるため、負ければCL圏から外れてしまう中、序盤はオシムヘンを中心にゴールに迫る。 12分に味方のスルーパスを受けたオシムヘンのサイド突破から、折り返しを受けたジエリンスキがダイレクトシュート。惜しい場面だったがここはGKに弾かれ、畳みかけたファビアン・ルイスのシュートはGKの正面に飛んだ。 その直後、一瞬の隙を突いたフィオレンティーナが、左サイドからのクロスをヴラホビッチが頭で合わせてネットを揺らす。しかし、ここはオフサイド。ナポリは胸を撫で下ろした。 ナポリはその後も攻めあぐねる時間が続き、30分過ぎのFKではインシーニェのシュートがクロスバーを直撃するなど、なかなか攻撃のギアを上げられない。 ゴールレスで迎えた後半立ち上がりにポリターノがドリブルからシュートを狙うも、GKテラッチアーノが好セーブ。だが、その直後のCKでラフマニがミレンコビッチにユニフォームを引っ張られたとして、オンフィールドレビューの結果、ナポリにPKが与えられることに。 この判定に猛抗議したベンチのGKドラゴウスキがレッドカードを提示され退場に。一方PKでは、キッカーのインシーニェのシュートはGKテラッチアーノに止められてしまうものの、こぼれ球をインシーニェ自ら押し込んで先制点を挙げた。 これで流れが傾いてきたか、その後にインシーニェがポスト直撃のシュートを放つなど、にわかにナポリが攻勢を強めていく。 すると67分、速攻から右サイドに開いたオシムヘンが逆サイドに展開。ボックス左でボールを受けたインシーニェの折り返しをジエリンスキがペナルティアーク付近からダイレクトシュートを流し込み、リードを広げた。 その後は完全にナポリペースに。ゴールチャンスこそないものの、相手にも隙を見せない戦いで試合をクローズ。2-0で勝利し、4連勝で暫定3位に浮上した。 2021.05.16 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴラホビッチのドッピエッタに沈んだラツィオ、CL出場権争いから一歩後退《セリエA》

ラツィオは8日、セリエA第35節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 前節スペツィアに4-3と逃げ切ってここ8戦で7勝と絶好調の6位ラツィオ(勝ち点64/1試合未消化)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ミランを5ポイント差で追う中、ベストメンバーで臨んだ。 残留争いに巻き込まれている14位フィオレンティーナ(勝ち点35)に対し、ラツィオがボールを持つ流れとなると、11分に決定機。 ラドゥの左クロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチがヘッドで折り返し、ゴール前のコレアがダイレクトで合わせたが、シュートはGKドラゴウスキの好守に阻まれた。 すると先制したのはフィオレンティーナ。33分、カストロヴィッチのスルーパスでボックス左ゴールライン際まで進入したビラギのクロスをヴラホビッチが合わせた。 失点したラツィオはハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず1点ビハインドのまま後半へ折り返した。 迎えた後半もラツィオがボールを持つ流れとなったが、チャンスを生み出すには至らない。 63分には3枚替えを行いアンドレアス・ペレイラらを投入するも、やはり決定機を作れず時間が過ぎていく。 そして75分にはDFのラドゥを削ってFWのムリキを投入したラツィオだったが終盤の89分に終戦する。CKからヴラホビッチにヘディングシュートを決められた。 ヴラホビッチのドッピエッタに沈んだラツィオは上位陣にプレッシャーをかけることができず、CL出場権争いから一歩後退している。 2021.05.09 05:46 Sun
twitterfacebook
thumb

死から3年…アストーリの担当医師に懲役刑、過失致死の容疑

心肺停止で急逝した元イタリア代表DFダビデ・アストーリの死について、担当医師に判決が下った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2018年3月4日、セリエAのウディネーゼ戦を前に宿泊先のホテルで心停止状態で発見され、そのまま31歳の若さでこの世を去ったフィオレンティーナのキャプテン、アストーリ。生前はピッチ内外で人格者として知られており、突然の死に世界中が悲しみに暮れた。 しかし、急逝から9カ月が経った2018年12月、衝撃の疑いが浮上。過去にアストーリの身体検査を行ったところ、運動負荷試験中に脈に異常が見つかっていたにもかかわらず、異常なしと判断した担当医師であるジョルジョ・ガランティ氏に、過失致死容疑がかけられていた。 そして死から3年、今月2日に裁判が行われ、担当医師には執行猶予のついた懲役1年の判決が言い渡された模様。だが、医師の弁護士は裁判終了後「無罪の条件が揃っていると信じていただけに、驚きと同時に苦い想いが残る。これからはもっとアピールしていきたい」と語っており、控訴に出る可能性が高そうだ。 2021.05.04 17:53 Tue
twitterfacebook
thumb

39歳パラシオがセリエA最年長のトリプレッタ達成! 冨安復帰のボローニャがヴィオラと壮絶ドロー!《セリエA》

セリエA第34節、ボローニャvsフィオレンティーナが2日にスタディオ・レナート・ダッラーラで行われ、3-3のドローに終わった。なお、ボローニャのDF冨安健洋は先発し76分までプレーした。   ボトムハーフに沈む12位のボローニャ(勝ち点38)と、14位のフィオレンティーナ(勝ち点34)による一戦。3戦ぶりの白星を目指すボローニャは4月3日のインテル戦で負傷交代して以降、4試合連続で欠場していた冨安が3バックの右で先発復帰を果たした。   立ち上がりから拮抗した展開が続く中、冨安は守備時に中央のスペースをきっちり埋めながら攻撃時はウイングバックのオルソリーニとの連携からオーバーラップ、インナーラップを交えた攻撃参加でアクセントをつける。   互いに決定機まであと一歩という場面が目立ったが、アウェイチームが意外な形から先手を奪う。22分、ボックス手前でプルガルが放ったミドルシュートをボックス内のDFスマオロが手を使ってブロックし、フィオレンティーナにPKが与えられる。これをキッカーのヴラホビッチが冷静に右隅へ突き刺し、3戦連発となる今季18点目とした。   先にゴールを許すも、相手のルーズな最終ラインの背後を効果的に突くボローニャは31分、右サイドから味方とのワンツーで中央に切り込んだヴィニャートからの絶妙なスルーパスに抜け出したパラシオがゴール前でGKとの一対一を制して、早い時間帯に試合を振り出しに戻した。   これで流れを掴んだボローニャは35分にもヴィニャートからのスルーパスに抜け出したバロウがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはヴィオラの守護神ドラゴウスキの勇敢な飛び出しに阻まれ逆転ゴールとはならず。その後、前半終了間際にかけてはフィオレンティーナが押し返すも、1-1のイーブンでの折り返しとなった。   互いに選手交代なしで臨んだ後半は睨み合いの状況が続く。相手陣内の深い位置まで運んでクロスやラストパスを狙うが、精度を欠きなかなかフィニッシュの数が増えていかない。   それでも、64分には相手陣内右サイドでヴェヌッティが入れた柔らかなクロスに飛び込んだボナヴェントゥーラが右足を懸命に伸ばした見事なスライディングボレーで合わせ、両チームを通じて後半最初のシュートを勝ち越しゴールに繋げた。   しかし、すぐさま反撃を見せるボローニャは71分、ボックス手前右でヴィニャートが上げたクロスをパラシオがダイビングヘッドで合わせ、ドッピエッタを達成。スコアを2-2のイーブンに戻す。   だが、直後の74分にはプルガルの左CKをファーに飛び込んだヴラホビッチが泥臭く押し込んでこちらもドッピエッタを達成し、ヴィオラが三度リードを手にした。   ホームで負けられないボローニャは76分、病み上がりの冨安を下げてアタッカーのスコフ・オルセンをピッチに送り出す。そして、ここから攻勢を強めると、20歳の新鋭と百戦錬磨のベテランストライカーが三度魅せる。   84分、ボックス左でボールを持ったヴィニャートが1点目と似たような形から絶妙な斜めのスルーパスをゴール前に走り込むパラシオに通すと、元アルゼンチン代表FWが冷静にGKとの一対一を制した。なお、39歳86日でのトリプレッタ達成となったパラシオはセリエA最年長でのトリプレッタ達成者となった。   3-3の壮絶な打ち合いとなった中、試合終盤にかけても4点目を目指して白熱の攻防を見せた両者だったが、試合はこのままタイムアップ。ヴラホビッチ、パラシオと両チームの主力アタッカーが輝きを放った一戦は痛み分けのドローとなった。 2021.05.03 00:49 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly