【CLプレビュー】PSGが昨季決勝のリベンジ完遂か、野戦病院化のバイエルンは窮地《PSG vsバイエルン》

2021.04.13 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、パリ・サンジェルマン(PSG)vsバイエルンが13日28:00にパルク・デ・プランスでキックオフされる。敵地での1stレグを3-2と打ち勝ったPSGが昨季決勝で敗れたバイエルンにあと一歩でリベンジ完遂となる一戦だ。先週行われた1stレグではバイエルンの攻勢を受けながらもカウンターで牽制することで主導権を渡さなかったPSG。FWムバッペの2ゴール、FWネイマールの2アシストと、千両役者2人の活躍で敵地での初戦をモノにした。アウェイゴール3つを獲得して大きなアドバンテージを手にした中、0-1、1-2の敗戦でも勝ち抜けとなる中、バルセロナ戦同様にホームでしっかりと逃げ切ることができるか。

一方、FWレヴァンドフスキを筆頭に負傷による欠場者が多数いたバイエルンは、レヴァンドフスキの代役を務めたFWチュポ=モティングがゴールを挙げる活躍を見せたものの及ばず。新たにDFジューレとMFゴレツカが1stレグで負傷し、野戦病院化が止まらない緊急事態だが、この逆境を跳ね除けてPSGに再び苦杯を舐めさせることができるか。


◆パリ・サンジェルマン◆
【4-2-3-1】

▽PSG予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケイロル・ナバス
DF:ダグバ、ダニーロ、キンペンベ、バッカー
MF:ゲイエ、パレデス
MF:ディ・マリア、ネイマール、ドラクスラー
FW:ムバッペ
負傷者:DFマルキーニョス、ベルナト、クルザワ、FWイカルディ
コロナ陽性者:DFフロレンツィ、MFヴェッラッティ
出場停止者:なし

フロレンツィとヴェッラッティがコロナ陰性となったとの報道があり、出場できる可能性がある。一方で1stレグで負傷したマルキーニョスとディアロに欠場の可能性がある。マルキーニョスの代役には本職中盤のダニーロが、ディアロの代役にはバッカーがそれぞれ務めるものと思われる。両者、1stレグで彼らの代役を務めており、スムーズに適応できるはずだ。

◆バイエルン◆
【4-2-3-1】

▽バイエルン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ノイアー
DF:パヴァール、J・ボアテング、アラバ、A・デイビス
MF:キミッヒ、ミュージアラ
MF:サネ、ミュラー、コマン
FW:チュポ=モティング
負傷者:DFジューレ、MFトリソ、FWレヴァンドフスキ、ドグラス・コスタ
コロナ陽性者: FWニャブリ
出場停止者: なし

こちらは新たにジューレがケガ人リストに加わり、先発できる頭数自体がぎりぎりの状態に陥っている。直近のリーグ戦で負傷し、前半のみの出場となったコマンの出場が厳しければミュラーがウイングに回り、中盤センターにはハビ・マルティネス辺りが入るか。ゴレツカに関しては起用できる可能性があるようだ。

★注目選手
◆PSG:FWキリアン・ムバッペ
Getty Images

ネイマールと共に1stレグ勝利の立役者となったムバッペに注目したい。爆発的なスピードと卓越した決定力で昨季王者から2ゴールを奪ったムバッペ。手数をかけないカウンター戦術を可能にさせるムバッペはバイエルン撃破においてキーマンとなる存在だ。2ndレグでも広大なスペースを突けることが予想されるが、1stレグ同様にゴールチャンスをしっかりとモノにし、昨季のリベンジ達成に導けるか。

◆バイエルン:GKマヌエル・ノイアー
Getty Images

一方、バイエルンの注目選手には守護神のノイアーを挙げたい。1stレグでは取り立てて好守のなかったノイアーだが、2ndレグではチームが前がかることが予想されるため、多くのピンチを迎えることが予想される。そのピンチを凌ぎ、味方の追撃弾を待ちたいところだ。
関連ニュース
thumb

PSG、今季限りで退団の噂されたドラクスラーと2024年まで契約延長

パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(27)との契約延長を発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 PSGとの契約が今季限りとなっていたドラクスラーには、今夏にレンタルバックするブラジル代表FWドグラス・コスタの後釜を探すバイエルンが関心を示していたが、パリでの生活に満足している同選手はクラブが新たな契約延長オファーに合意したようだ。 2017年1月にヴォルフスブルクから加入したドラクスラーだが、トーマス・トゥヘル前監督(現チェルシー監督)の下では、途中出場が多く、本職ではないセントラルMFでの起用など、便利屋としての扱われ方が目立ち、完全に脇役に甘んじていた。 しかし、今年1月に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下では出場機会を増やしており、今季はここまで公式戦34試合の出場で4得点7アシストを記録。PSGでは通算で公式戦172試合に出場し、24ゴール39アシストの数字を残している。 2021.05.18 07:40 Tue
twitterfacebook
thumb

熾烈極める優勝争いは首位リールがPSGに1pt差で最終節に! 植田所属ニームの降格が決定…《リーグ・アン》

リーグ・アン第37節が16日に一斉開催で行われた。 昨シーズンはコロナ禍でシーズン途中の打ち切りも、近年は3連覇中のパリ・サンジェルマン(PSG)の独走が続いたリーグ・アン。 しかし、今シーズンは2節を残して首位のリール(勝ち点79)、2位のPSG(勝ち点76)、3位のモナコ(勝ち点74)、4位のリヨン(勝ち点73)の4チームに優勝の可能性がある大混戦に。 一斉開催となった今節の注目カードとなった首位リールと11位のサンテチェンヌの一戦は、0-0のドローに終わった。試合を通して主導権を握ったホームチームだったが、前後半に訪れたアラウージョ、デイビッドの決定機は決まらず。 さらに、試合終了間際には猛攻に打って出た90分にはヤズジュの直接FK、ボックス中央でフリーとなったブラク・ユルマズが決定的なシュートを放つが、それぞれ左ポストと相手DFのゴールカバーに阻まれて勝ち点1を積み上げての首位キープにとどまった。 そのリール相手に逆転優勝を目指す2位のPSGは13位のスタッド・ランスとのホームゲームを4-0の圧勝で制した。前半序盤にボックス内でのハンドによってPKを獲得すると、これをキッカーのネイマールが決めて幸先よく先制に成功。さらに、前述のPK場面では決定機阻止で相手DFが一発退場となったことで、以降は余裕の試合運びが可能となった。 24分にムバッペ、68分にマルキーニョスと主役が揃ってゴールを奪うと、試合終了間際にはケアンがダメ押しのゴールを挙げてホーム最終戦を大勝で飾り、1ポイント差に迫った最終節での逆転優勝を目指すことに。 また、レンヌとの接戦を2-1で制した3位のモナコは数字上で逆転優勝の可能性を残したが、上位2チームの取りこぼしに加えて、大量得点での勝利が必須と、最終節ではチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が最大の目標に。 同じくニーム相手に5-2の大勝を飾ったリヨンは優勝の可能性は潰えるも、モナコとの1ポイント差を維持して逆転でのCL出場権獲得に望みを繋いだ。 なお、そのリヨンに大敗したDF植田直通擁するニームは、最下位のディジョンに続き、最終節を前に19位での自動降格が決定した。 また、DF酒井宏樹とDF長友佑都を擁するマルセイユはアンジェとの接戦をミリクのハットトリックとなった試合終了間際のPK弾によって3-2で競り勝って、最終節を前にヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位をキープした。 ◆リーグ・アン第37節結果 ボルドー 3-0 RCランス ディジョン 0-4 ナント リール 0-0 サンテチェンヌ ロリアン 2-1 メス マルセイユ 3-2 アンジェ モナコ 2-1 レンヌ モンペリエ 0-0 ブレスト ニース 0-2 ストラスブール ニーム 2-5 リヨン パリ・サンジェルマン 4-0 スタッド・ランス 2021.05.17 06:11 Mon
twitterfacebook
thumb

「メチャクチャだ」ネイマール、カップ戦決勝の出場停止にブチキレ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがブチギレた。 フランス・プロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会は14日、ネイマールに対して、モナコとのクープ・ドゥ・フランス決勝の出場停止処分を発表した。 13日の準決勝でモンペリエと対戦したPSG。この試合にネイマールは86分に途中出場。しかし、90分にイエローカードを提示されていた。 退場したわけではないネイマール。クープ・ドゥ・フランスでも通算で1枚しかイエローカードをもらっていない状態だったが、リーグ・アンでの出場停止処分に付随していた執行猶予が消滅してしまったのだ。 ネイマールは4月3日に行われたリーグ・アン第31節のリール戦で退場処分。その際に2試合の出場停止処分に加え、執行猶予で1試合の出場停止処分が下されていた。 ストラスブール戦、サンテチェンヌ戦で2試合の出場停止を消化したネイマール。その後リーグ戦3試合に出場していたが、モンペリエ戦での要らぬイエローカードで執行猶予中の1試合の出場停止が発動。これが19日に予定されているクープ・ドゥ・フランスの決勝に適用されることとなった。 すると、この処分についてネイマールが自身のインスタグラムで不満を爆発。ストーリーズを更新し、ブチキレていた。 「フランスで処分のルールを作った人が考えていることを理解したい!これは拍手喝采に値するよ。メチャクチャだ」 2021.05.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがモハメド・サラーをリストアップ? ムバッペの去就次第で本格的に動くか

パリ・サンジェルマン(PSG)がリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(28)を獲得リストに入れているようだ。『ESPN』が報じている。 情報によると、現在フランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)に2022年以降の契約延長を申し出ているPSGだが、良い返事がもらえなかった場合に備え、プランBとしてスポーツ・ディレクター(SD)のレオナルド氏がサラーをリストアップしているという。 サラーは2017年夏に移籍金4200万ユーロ(現レートで55億6500万円)でローマからリバプールへ加入し、同年度にはエジプト人としてアフリカ最優秀選手賞を初受賞。2017-18、2018-19シーズンと2季連続でプレミアリーグの得点王に輝き、2019-20シーズンには30年ぶりとなるリバプールのリーグ優勝に大きく貢献した。 今季もここまで公式戦で42試合に出場し27ゴールを記録。リバプールとの契約期間は2年残っているものの、クラブから新たな契約についての話はないという。 もしもリバプールが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合、PSGはより大きなチャンスになると期待しているようだ。 しかしながら選手本人は以前、スペイン行きを望む旨のコメントを残しており、レアル・マドリーからの関心も噂されていることから、難しいタスクになることが予想される。 2021.05.14 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがセルヒオ・ラモスに2年契約オファーか マドリーを“遥かに凌ぐ”年俸とも

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(35)に、パリ・サンジェルマン(PSG)からオファーが届いているようだ。『Fichajes.com』が伝えている。 2005年の加入から今夏で丸16年の在籍となるセルヒオ・ラモス。数え切れないほどのタイトルを獲得してきたレジェンドだが、それも今シーズン限りで終わりを迎えるかもしれない。 現行で6月30日までの契約となっているキャプテンは、クラブから延長の打診を受けているとの噂はあるものの、ここまで具体的な情報は出回っていない。一方でそのオファーに満足していないとも言われており、現状では退団の色が濃くなっている。 そんなセルヒオ・ラモスの移籍先として有力視されているのがPSGだ。先日にはFWネイマールをはじめ、GKケイロル・ナバス、DFティロ・ケーラー、MFラフィーニャといったPSG所属選手をインスタグラムで次々とフォローしたことが話題を集め、パリ行きの布石かと推測された。 そして、『Fichajes.com』によると、クラブ自体も具体的な動きを見せている模様。同選手の代理人である兄のレネ氏に、1年の延長オプションが付いた2年契約を申し出たという。加えて、800万ユーロ(約10億円)のボーナスを含む巨額年俸を用意しているとのこと。詳細は不明だが、マドリーが送ったとされるオファー額を“遥かに凌ぐ”ものとなっているようだ。 決断はシーズン終了後になるとのことだが、レジェンドの去就はいかに。 2021.05.13 21:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly