今季初の多摩川クラシコは川崎Fが快勝!家長さすがの2ゴールで勝利に導く【明治安田J1第9節】

2021.04.11 16:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第9節、FC東京vs川崎フロンターレが11日に味の素スタジアムで行われ、2-4で川崎Fが勝利した。6位FC東京と首位の川崎Fによる今季最初の多摩川クラシコ。ホームに迎え撃つFC東京は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦は渡辺剛が前半で退場するアクシデントに見舞われたものの、相手にも退場者が出た後にディエゴ・オリヴェイラが2ゴールを決めて勝利。ここ3試合で2勝1分けとした。

一方の川崎Fは相変わらずの強さを誇る。開幕5連勝の後にヴィッセル神戸と引き分けたが、その後は3連勝と再び軌道に。前節は堅守が自慢のサガン鳥栖相手に最少得点となったものの、途中出場の遠野が値千金の決勝ゴールの活躍を見せた。

そんな好調同士の一戦。FC東京の前節からのスタメン変更は3人。退場の渡辺剛や田川、アダイウトンに代わり、青木、東、永井が起用された。川崎Fは4人。登里、脇坂、小林、長谷川が外れ、車屋、遠野、家長、三笘が入った。

互いのプライドがぶつかる今節屈指の好カードだが、試合はほぼ一方的な内容となる。5分に左サイドから仕掛けた三笘が枠内シュートに持ち込んだ川崎Fはその3分後、敵陣でのパスカットから素早い攻撃を展開。ジョアン・シミッチからボックス手前のレアンドロ・ダミアン、さらにボックス右へとパスが繋がると、最後は家長が頭で合わせて先制点を挙げた。

幸先の良い立ち上がりとなったアウェイチームはさらに17分、連動したプレッシングから高い位置でボールを奪い速攻へ。三笘からパスを受けたL・ダミアンがボックス右へ送ると、家長が今度は劇術的なコントロールシュートを決めて、リードを2点に広げた。

この間、相手にチャンスを作らせず完璧な試合運びを見せる王者。23分には敵陣中央で得たFKを素早く再開させ、L・ダミアンのスルーパスを受けた三笘がネットを揺らすも、ここはオフサイドの判定。35分にはセンターバックのジェジエウが右サイドの深い位置まで持ち上り、ボックス右の家長へ鋭いパス。最後は家長の落としをL・ダミアンがシュートに持ち込んだが、DFの決死の守備に阻まれた。

2点を追うFC東京は、後半から安陪を下げてアダイウトンを投入。この交代が功を奏す。59分、右サイドバックの中村拓海から一気に最前線の永井へ。ボックス右の永井がワンタッチで折り返すと、ニアで潰れたディエゴ・オリヴェイラの背後に飛び込んだアダイウトンがシュート。相手に当てながらも力強く押し込んだ。

これで反撃の狼煙が上がるかに思われたその2分後、川崎Fは右サイドを突破した山根が早いタイミングでクロスを供給。これは相手の中村拓海に渡ってしまうものの、背後から迫った三笘が一瞬で奪い返し、そのままゴールに流し込んだ。

喜びも束の間となったFC東京は、64分に一挙に3枚替え。三田、永井、中村拓海を下げて高萩、田川、内田をピッチへ送り込んだ。一方の川崎Fも給水タイム明けに初めての交代カード。遠野に代えて脇坂を投入した。

その後、得点のチャンスもあったFC東京だが、75分にトドメを刺されてしまう。敵陣中央でFKを獲得した川崎Fは、田中がボックス右へボールを供給。これを谷口が頭で折り返し、L・ダミアンが押し込んだ。

だが、FC東京もホームのサポーターの前で意地を見せる。84分、左サイドを上がったアダイウトンからボールを貰った高萩がボックスの角から右足で柔らかいクロス。これをファーサイドの内田が地面に叩きつけるお手本の様なヘディングシュートでゴール。これがJ1初得点となった。

しかし、結局試合はここで終了。圧倒的な強さを見せた王者が快勝を収め、リーグ戦4連勝とした。一方のFC東京は4試合ぶりの黒星となった。

FC東京 2-4 川崎フロンターレ
【FC東京】
アダイウトン(後14)
内田宅哉(後39)
【川崎F】
家長昭博(前8)
家長昭博(前17)
三笘薫(後16)
レアンドロ・ダミアン(後30)
関連ニュース
thumb

G大阪が逆転勝利&降格圏脱出!大分は連勝ならず【明治安田J1第3節】

24日、明治安田生命J1リーグ第3節のガンバ大阪vs大分トリニータがパナソニックスタジアム吹田で行われ、2-1でG大阪が勝利を収めた。 G大阪はホームに鹿島アントラーズを迎えた前節、0-1で惜敗。試合の消化数が少ないとはいえ、降格圏を脱出できない状況が続いている。ケガ人を抱える中での連戦だが、残留に向けてホーム3連敗は避けたいところ。 同じく降格圏に沈む大分は、前節の浦和レッズ戦から17日ぶりとなる実戦。今節から新戦力の呉屋と古巣復帰となる梅崎が起用可能となり、早速ベンチに入った。余裕のある日程と層が厚くなった攻撃陣を活かして、連勝を目指したい。 [5-4-1]の守備ブロックを組んでショートパスでのビルドアップを警戒する大分に対して、G大阪は中盤から一気にロングボールで押し込んでいく。一美やパトリックがタイミングよく裏に抜け出し、起点を作っていく。27分にはパトリック、30分にはウェリントン・シウバがペナルティエリア内でクロスに合わせるが、どちらもゴールには結びつかなかった。 一方の大分は、カウンターに活路を見出す。192cmの長沢にロングボールを送り、セカンドボールをシャドーやボランチの選手が拾って二次攻撃につなげる。前半途中からはボールを持つ時間が増え、右サイドを中心に攻撃を展開。ウィングバックの井上、前節ゴールを決めた町田、1トップの長沢のコンビネーションでG大阪の守備陣をかく乱していく。 すると40分、右サイドでボールを受けた町田がクロスを上げると、マークを外した長沢がペナルティエリア中央でヘディングで合わせる。しかし、ボールは枠の上に飛んでいき先制点とはならず、ゴールレスドローで試合は後半へ。 後半に入って10分と経たないうちにG大阪に決定機。左サイドからのクロスに途中出場の高尾、右サイドからのクロスにパトリックが頭で合わせるも、どちらもGKポープに阻まれてしまう。 その後もG大阪優位の時間が続いたが、先制したのは大分だった。60分、野村の蹴ったCKのこぼれ球にエンリケが反応し、思い切り右足を振り抜いてGK東口の牙城を崩した。 試合が動いてからはG大阪がボールを握る時間が続く。宇佐美と矢島と倉田を同時投入や、パトリックとレアンドロ・ペレイラの強力2トップを並べ、攻撃的な布陣で点を取りに行った。 その後も相手陣地に押し込むものの、なかなかゴールが遠いG大阪だったが84分に追いつく。矢島のミドルシュートがブロックされ、そのこぼれ球をレアンドロ・ペレイラがダイレクトシュート。ペナルティエリアの外から強烈な一撃を突き刺し、試合を振り出しに戻した。 アディショナルタイムに入りこのまま試合終了かと思われたが、94分に劇的な結末が待っていた。G大阪が後方からロングボールをパトリックに送ると、そのこぼれ球は宇佐美の元へ。途中出場の39番が冷静にゴール右に決めてスコアをひっくり返した。 試合はそのまま終了し、G大阪が3試合ぶりの勝利。暫定順位で降格圏から脱出することに成功している。 ガンバ大阪 2-1 大分トリニータ 【G大阪】 レアンドロ・ペレイラ(後39) 宇佐美貴史(後49) 【大分】 エンリケ・トレヴィザン(後15) 2021.07.27 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ担当審判員が新型コロナ陽性

日本サッカー協会(JFA)は27日、Jリーグを担当する審判員1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 JFAの発表によると、当該審判員は22日(木)にPCR検査を実施。24日(土)に陽性が確認されていた。なお、当該者は無症状で管轄する保健所の指示に従って療養しているという。 当該者は、7月11日(日)を最後にJリーグ試合会場への訪問はなく、Jリーグ関係者に濃厚接触者がいないことも確認されている。 2021.07.27 18:04 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。 熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。 ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。 なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。 また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。 2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが飲水タイムの継続を発表、来季は再検討

Jリーグは26日、飲水タイムに関して、今シーズン中は継続して実施していくことを発表した。 2021シーズンは2020年から続く新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、選手の飲水ボトルの共有を認めていない。 これまではゴールの脇やピッチサイドに飲水用のボトルが置かれて、選手が試合の合間に自由に水分補給していたが、コロナ禍においては禁止。飲水タイムやケガなどで中断した際に、ベンチから選手個々にボトルが渡されて、水分補給をしていた。 なお、原則として前半に1回、後半に1回の飲水タイムを設けるとのこと。WBGT値(気温、湿度、日射・輻射などの周辺熱環境を総合して計測する暑さ指数)の基準を下回っている場合、両チームの合意があれば飲水タイムは無しとすることも可能となる。 2022シーズンに関しては、その時点の状況を鑑みて再検討されるとのことだ。 2021.07.26 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】鳥栖戦で警告のC大阪DF松田陸が中断明けの仙台戦で出場停止に

Jリーグは26日、出場停止選手の情報を更新した。 東京オリンピック開催中につき、しばらく中断期間に入っているJリーグ。だが、J1ではAFCチャンピオンズリーグ参加組の未消化試合など一部の試合がこの間に行われており、今回の更新ではJ1から追加されることになった。 今回新たに出場停止となったのは、セレッソ大阪のDF松田陸。24日に行われた明治安田J1第22節のサガン鳥栖戦で警告を受け、累積警告により出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DF森重真人(FC東京) 第23節 vsサガン鳥栖(8/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田中聡(湘南ベルマーレ) 第23節 vs鹿島アントラーズ(8/9) 今回の停止:1試合停止 DF松田陸(セレッソ大阪) 第23節 vsベガルタ仙台(8/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF嶋田慎太郎(ツエーゲン金沢) 第24節 vsV・ファーレン長崎(8/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡) 第16節 vsヴァンラーレ八戸(8/28) 第17節 vsAC長野パルセイロ(9/5) 第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11) 今回の停止:3試合停止 2021.07.26 14:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly