2連勝の磐田が暫定4位浮上! エジガル・ジュニオ2発の長崎も今季初連勝【明治安田J2第7節】

2021.04.10 18:13 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
10日、明治安田生命J2リーグ第7節の5試合が各地で行われた。

8位の磐田はホームで松本と対戦。13分に前のFK、27分に外山のシュートでゴールを脅かされたが、迎えた37分、右サイドからグラウンダーのクロスが入ると、ニアの大津がスルーし、背後のルキアンがポストプレー。最後は松本昌也のシュートがブロックに入った橋内の腕に当たってPKを獲得。これをルキアンが決めて先制に成功する。

一方、先制された松本は後半立ち上がりに押し込むも、52分の鈴木のヘディングシュートはGK三浦が好セーブ。水際でピンチを凌ぐ磐田は56分、松本が左サイドからグラウンダーのクロスを入れると、飛び込んだ大津が相手のオウンゴールを誘い追加点。ワンチャンスをものにした。

内容と結果が伴ってこない松本も60分に、左サイドの篠原のクロスを鈴木が頭で押し込んで1点を返す。しかしその3分後、磐田は右のショートコーナーから山本がクロス。ファーサイドの中川が頭で折り返したところを山田が押し込んで、再び2点差に。

さらに90分にも、途中出場の伊藤がダメ押しの4点目を決めた磐田が4-1で勝利。2連勝で暫定4位に順位を上げた。

正田醤油スタジアム群馬で行われた一戦は開始2分、長崎のCKをはね返した群馬がカウンターを発動。ボールを持った田中がピッチ中央を一気に駆け上がりゴール前まで運ぶと、最後はプレゼントパスを受けた加藤が押し込んで、幸先の良い立ち上がりを見せる。

先制したホームチームは、17分には内田のヘディングシュートがGKを強襲。その右CKでは、内田の折り返しを頭で合わせた畑尾のシュートがクロスバーを叩く。

一方、劣勢だった長崎もハーフタイムにかけて流れを押し戻すと、68分にフレイレが最終ラインから出したロングボールをエジガル・ジュニオが絶妙なトラップで収めて一気にゴール前に。最後は飛び出してきたGKを嘲笑うループシュートで試合を振り出しに戻した。

これで勢いがついた長崎はさらに75分、ボックス左で後ろ向きにパスを受けたエジガル・ジュニオが、振り向きざまに右足を振り抜くと、これがゴール右隅に決まり逆転。

エジガル・ジュニオのファインゴール2つで試合をひっくり返した長崎は、その後は相手に流れを渡すことなく逃げ切りに成功。今季初の連勝を収めた。

◆第7節
▽4/10(土)
ブラウブリッツ秋田 0-0 大宮アルディージャ
ザスパクサツ群馬 1-2 V・ファーレン長崎
ヴァンフォーレ甲府 1-1 ギラヴァンツ北九州
ジュビロ磐田 4-1 松本山雅FC
東京ヴェルディ 3-1 レノファ山口

▽4/11(日)
モンテディオ山形 vs アルビレックス新潟
水戸ホーリーホック vs FC琉球
栃木SC vs SC相模原
FC町田ゼルビア vs 京都サンガS.C.
ツエーゲン金沢 vs ジェフユナイテッド千葉
愛媛FC vs ファジアーノ岡山

関連ニュース
thumb

岡山のMF石毛秀樹がデビュー戦で負傷、7月末に清水から期限付き移籍

ファジアーノ岡山は4日、MF石毛秀樹の負傷を発表した。 クラブの発表によると、石毛は2日に行われた天皇杯3回戦の名古屋グランパス戦で負傷した。 検査の結果は、右大腿部肉離れと診断。4〜6週間とのことだ。 石毛は7月25日に清水エスパルスから期限付き移籍で加入。名古屋戦がデビュー戦だった。 2021.08.04 16:18 Wed
twitterfacebook
thumb

京都の選手1名が新型コロナ陽性、接触した知人が発熱

京都サンガF.C.は3日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は7月31日(土)に接触した知人が発熱し、PCR検査を受ける予定だと連絡を8月2日(月)に受けたとのこと。当該選手は無症状だったが、クラブ判断で3日(火)にPCR検査を実施し、陽性判定を受けたとのことだ。 管轄の保健所からは濃厚接触者はいないとの連絡があったとのこと。また、当該選手以外の全選手、スタッフはPCR検査の結果、陰性と診断されたとのことだ。 同選手は7月31日から2日までのチームトレーニングに参加していた。 2021.08.03 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎で選手3名が新型コロナ陽性判定、2人は発熱などの症状あり

V・ファーレン長崎は2日、トップチームの選手3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、2日にPCR検査を実施。3名が陽性判定で、他の選手は陰性。また、トップチームスタッフ、クラブスタッフは結果待ちの状態ということだ。 また、保健所からの連絡は現時点ではな意図のことだ。 7月23日に3選手ともトレーニングに参加。Jリーグ公式PCR検査を受け、同26日に陰性が確認されていた。 7月28日はチームがオフだったが、選手1名(A)が咳の症状を訴えると、29日には37.5度の発熱。また、同日に2人目(B)が倦怠感を訴え、37.4度の発熱があったとのことだ。 30日にAとBは抗原検査を受けて陽性判定。Jリーグに報告し、PCR検査を受けたが陰性となった。なお、この時点から2名は隔離されている。 しかし、2日にPCR検査を受けた際の検体を医療機関が再確認したところ要請の判定に。別の医療機関でチーム全員のPCR検査を実施したところ、3人目(C)が陽性判定を受けた。 2021.08.02 18:43 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球がサンパウロ州3部クラブからFWヴィニシウスをレンタル! 「期待に応えられる様に努力」

FC琉球は1日、ブラジルのサンパウロ州3部リーグに属するナシオナルからブラジル人FWヴィニシウス(21)の期限付き移籍加入内定を発表した。 背番号は「34」。7月31日に入国しており、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間(Jリーグバブル)を経て合流するという。 ヴィニシウスは身長184cm、体重82kgのFWで、2019年にナシオナルでプロデビュー。今季はパラナ州1部リーグのマリンガでプレーしていた。 クラブを通じて意気込みを語っている。 「この素晴らしい国、クラブでプレーできる事をとても嬉しく思います。個人・団体に関わらず良い成果を出せるようがんばります」 「この大きな機会を与えて下さったクラブにとても感謝していますしその期待に応えられる様に努力します。ありがとうございます!」 2021.08.01 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

京都退団の服部航平、新天地は東海社会人2部リーグに

京都サンガF.C.は1日、昨季まで所属したFW服部航平(20)が東海社会人2部リーグのFC.Bomboneraに加入すると発表した。 服部は京都下部組織出身地で、2019年にトップチーム昇格。ブラジルのロンドリーナECへのレンタルに続き、昨年10月から12月までテゲバジャーロ宮崎への武者修行も経験したが、昨季を最後に京都を契約満了で退団した。 服部はFC.Bomboneraの公式ツイッターで活躍を誓った。 「初めまして! この度、FC.Bombonera に加入する事になりました! 加入に関わってくださった全ての方々に感謝し、1人でも多くの方に夢や感動を与えられるようにします!」 「僕のストロングポイントはゴールを決め切る事なので、歓喜の瞬間を皆様に届けられるように日々精進して参りますので、ご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します!」 2021.08.01 16:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly