岡崎欠場のウエスカが残留圏内を争う直接対決で完勝し今季初のリーグ戦連勝!《ラ・リーガ》

2021.04.10 06:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
岡崎慎司の所属するウエスカは9日、ラ・リーガ第30節でエルチェと対戦し3-1で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。前節のレバンテ戦で5試合ぶりに白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点24)が、17位エルチェ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。岡崎は7試合連続のベンチスタートとなった。

残留圏内を争う両者の一戦は、開始早々にスコアが動く。ウエスカは3分、ショートコーナを受けたフェレイロの右クロスをゴール前のラファ・ミルが頭で合わせると、これがゴール右に吸い込まれた。


しかし、リードしたのも束の間、ウエスカはその2分後に同点を許す。5分、細かなパスワークで右サイドを崩されると、ボックス右から侵入したバラガンのクロスがブロックに入ったヴァヴロの足に当たりゴールに吸い込まれた。

一進一退の展開が続いたが、ウエスカは23分に勝ち越しのチャンスを迎える。ドリブルでボックス左から侵入したサンドロ・ラミレスの折り返しをボックス中央に走り込んだペドロ・ロペスがモヒカに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARの末に判定が覆り、PKは取り消された。

それでもウエスカは30分、敵陣バイタルエリア左でパスカットに成功したサンドロ・ラミレスがカットインからミドルシュート。GKバディアがこのシュートに触れるも弾ききれずにゴール左隅に吸い込まれた。

ウエスカのリードで迎えた後半は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その後も互いに決定機の作れないまま試合は終盤に突入。すると86分、ウエスカはスローインをボックス右深くで受けたミケル・リコのクロスがモヒカのハンドを誘いPKを獲得。

ラファ・ミルのPKは、GKバディアにコースを読まれたがボールは右脇下を抜けてゴールマウスに吸い込まれた。

結局、試合はそのまま3-1でウエスカが勝利。今季リーグ戦初の連勝となったウエスカは、暫定ながら16位まで順位を上げた。
関連ニュース
thumb

サンドロ・ラミレス弾でウエスカが残留へ大きな勝ち点3を獲得!久保途中出場のヘタフェは3連敗…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節が12日に行われ、岡崎慎司の所属するウエスカはビルバオと対戦し1-0で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 ラ・リーガ残留へ望みの繋ぎたい18位ウエスカ(勝ち点30)が、9位ビルバオ(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。ウエスカの岡崎は5試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから試合をコントロールするウエスカは20分、自陣ハーフライン付近で獲得したFKからヴァヴロがロングシュートで直接ゴールを狙うと、これがクロスバーを直撃した。 さらにウエスカは34分にも、ガランの左CKからラファ・ミルのヘディングシュートでビルバオゴールに迫ったが、これはGKウナイ・シモンの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も積極的な入りを見せたウエスカは、61分にボックス右角付近でパスを受けたサンドロ・ラミレスが右足一閃。強烈なシュートはGKウナイ・シモンの手を弾き、そのままゴールネットに突き刺さった。 結局、これが決勝点となり1-0でウエスカが勝利。残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 また、久保建英の所属するヘタフェはアウェイでセルタと対戦し0-1で敗戦した。久保は60分からプレーしている。 久保がベンチスタートとなった一戦は、立ち上がりから一進一退の展開が続く中、セルタが24分にスコアが動かす。アルパスのパスで右サイドを抜け出したデニス・スアレスのクロスがファーサイドまで流れると、これを受けたノリートがゴールエリア左からシュートを流し込んだ。 先制を許したヘタフェは43分、ロングフィードを前線のウナルが頭で繋ぐと、これを受けたアンヘルがうまくDFと入れ替わりゴール前まで侵攻したが、シュートはGKビジャールに阻まれた。 迎えた後半も膠着状態が続く中、ヘタフェは60分にウナルとイグレシアスを下げてマタと久保を投入。すると76分、アレーニャの左クロスのセカンドボールをバイタルエリア中央に走りこんだチェマ・ロドリゲスがダイレクトボレーで合わせたが、これはGKビジャールの好セーブに弾かれた。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。ホームで痛恨の3連敗となったヘタフェは残留争いから抜け出すことに失敗した。 2021.05.13 05:03 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組対決に敗れたウエスカは降格圏を脱出できず…岡崎は2試合ぶりの途中出場《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは8日、ラ・リーガ第35節でカディスと対戦し1-2で敗戦した。岡崎は85分から出場している。 前節のソシエダ戦で4試合ぶりの白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点30)が、12位カディス(勝ち点40)のホームに乗り込んだ一戦。ウエスカの岡崎は4試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、カディスが28分にゴールに迫る。アカポの左クロスがDFに当たり中央へ流れると、これをボックス中央で拾ったアレホが落とすと、イサ・カルセレンがボックス外からダイレクトで狙ったが、シュートは枠の左に外れた。 一方のウエスカは、ポゼッションでこそカディスを上回ったが、決定機を作るには至らずに時間が経過。するとカディスは、43分にセットプレーからスコアを動かす。右CKをニアサイドでロサーノがフリックすると、最後はファーサイドに走りこんだマウロが頭でゴールに流し込んだ。 先制を許したウエスカだったが、前半アディショナルタイム1分に敵陣左サイドでラファ・ミルがパスを受けると、相手GKの位置を確認しロングシュート。GKレデスマも必死に戻ったがわずかに届かず、シュートはそのままゴールネットに突き刺さった。 このまま前半終了かと思われたが、その1分後にカディスが勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファリのロングフィードでボックス中央左に抜け出したマルバシッチが飛び出したGKを引きつけラストパス。これをロサーノがゴールに流し込み、カディスが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、1点ビハンドのウエスカはモスケラとヴァヴロを下げてセルヒオ・ゴメスとペドロ・ロペスを投入。さらに59分には、マフェオを下げてエスクリチェをピッチに送り出した。 すると64分、ガランのロングスローからボックス中央左のサンドロ・ラミレスがオーバーヘッドシュートを狙うもこれはミス。さらにこのこぼれ球を拾ったシオバスのシュートは右ポストに嫌われた。 その後も膠着状態が続く中、ウエスカは85分にガストン・シルバを下げて岡崎を投入。89分には中盤からのロングフィードをボックス手前の23が頭で繋ぐと、ボックス中央右の岡崎がハーフボレーで狙ったが、ミードがズレた力のないシュートはGKにキャッチされた。 結局、ウエスカは最後までゴールをこじ開けることはできず。カディスとの昇格組対決に敗れたウエスカは、降格圏を脱出することができなかった。 2021.05.09 03:33 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司の同僚、ベテランMFミケル・リコがウエスカと契約延長

ウエスカは4日、スペイン人MFミケル・リコ(36)との契約延長を発表した。新契約は2022年夏までとなる。 ミケル・リコは、過去2度に渡ってウエスカに所属。その後、グラナダ、アスレティック・ビルバオと渡り歩き、2019年7月に3度目のウエスカ加入を果たしていた。 昨シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で42試合に出場し7ゴール5アシストを記録し、チームの1部昇格に大きく貢献。今シーズンはラ・リーガでここまで28試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 チームは現在降格圏の18位に位置。しかし、残留圏のレアル・バジャドリーとは勝ち点差1の状況であり、まだまだ残留は可能な状況。残り4試合で1部残留を目指して戦う。 2021.05.04 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

サンドロ・ラミレスのFK弾でウエスカがソシエダから金星! 岡崎は3試合ぶりの欠場《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは1日、ラ・リーガ第34節でレアル・ソシエダと対戦し1-0で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 3連敗中の19位ウエスカ(勝ち点27)が、来季のヨーロッパリーグ出場権の獲得を狙う5位ソシエダ(勝ち点53)をホームに迎えた一戦。岡崎は2試合連続のベンチスタートとなった。 試合は開始30秒でソシエダに決定機が生まれる。ボックス左でパスを受けたポルトゥのクロスを走りこんだゲバラがダイレクトボレーで合わせたが、これはGKアルバロ・フェルナンデスのセーブに防がれた。 対するウエスカは19分、右サイドを突破したフェレイロがボックス右まで持ち上がりシュート。しかし、このシュートはル・ノルマンのスライディングブロックに当たりゴール左に逸れた。 ウエスカは39分にも、セオアネのスルーパスで抜け出したラファ・ミルがボックス手前から右足を振りぬいたが、シュートはGKレミロが右手一本ではじき出した。さらに、この流れで得た左CKからニアサイドのシオバスがヘディングシュートを放ったが、これも枠の上に外れ、ゴールレスで試合を折り返すことになった。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ソシエダは58分にバレネチェア、65分にシルバとサルドゥアを投入。対するウエスカは、68分にセルヒオ・ゴメス、75分にペドロ・ロペスとモスケラをピッチに送り出した。 その後も互いに決定機のないまま試合は終盤へ。するとウエスカは87分、セルヒオ・ゴメスの左クロスがサルドゥアのハンドを誘いボックス左横でFKを獲得。このFKからサンドロ・ラミレスが直接ゴールを狙うと、エルストンドの頭をかすめたボールがゴールネットに突き刺さった。 結局、このゴールが決勝点となり、ウエスカが1-0で勝利。4試合ぶりの白星を飾ったウエスカは、逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2021.05.02 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ウナルのドブレーテでヘタフェが8戦ぶり白星! 岡崎は途中出場も久保出番なしで日本人対決は実現せず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第32節、ウエスカvsヘタフェが25日にエスタディオ・エル・アルコラスで行われ、アウェイのヘタフェが0-2で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は77分から途中出場。一方、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会なしに終わった。   18位のウエスカ(勝ち点27)と、15位のヘタフェ(勝ち点31)による残留争い直接対決。前節、共に久々のスタメン出場を飾るも、アトレティコ・マドリー、バルセロナという強豪相手に見せ場を作れずに敗戦した岡崎と久保はこの試合ではベンチスタートとなった。   互いに慎重な入りを見せた中、中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。それでも、時間の経過と共に球際の勝負で優位に立ったアウェイチームが先にゴールをこじ開ける。20分、右サイドでダミアン・スアレスが入れた正確なクロスをハイメ・マタがヘディングシュート。ニア下を捉えたシュートはGKの好守に遭うも、こぼれ球に反応したウナルが冷静に押し込んだ。   堅守速攻スタイルの相手に与えたくない先制点を献上したウエスカは失点以降、リスクを冒して前に出る。右サイドのフェレイロらを起点としたピッチの幅を使った攻めからチャンスを窺うと、ボックス内で最終ラインと駆け引きをするラファ・ミルを狙った際どいクロスから幾度かヘディングシュートでゴールに迫るが、相手の寄せもあってシュートを枠に飛ばすことができず、前半を1点ビハインドで終えることになった。   迎えた後半、1点ビハインドのウエスカはヴァヴロ、セオアネに変えてシオバスとエスクリチェをハーフタイム明けに投入した。   一方、後半も同じメンバーで臨んだヘタフェは前半同様にファーストチャンスを生かして追加点を奪う。52分、ボックス手前左からカットインしたウナルが豪快に右足を振り抜くと、DFの足の下を抜けたシュートがゴール右下隅の完璧なコースに決まり、ドブレーテを達成した。   以降もヘタフェペースで試合が進み苦境が続くウエスカは後半半ばを過ぎて積極的に交代カードを切り、77分にはサンドロ・ラミレスに代わって岡崎が投入される。そして、2トップに入った岡崎はラファ・ミルの周囲を精力的に動き回り、攻撃を活性化させようと腐心する。   その後、試合終盤を迎えた完全に逃げ切り態勢に入ったヘタフェは3回の交代機会に4枚の交代カードを切っていったが、殊勲のウナルに代えてセンターバックのチェマ・ロドリゲスを投入するなど守備固めの采配をみせ、久保は出番なしとなった。   結局、試合はこのままヘタフェの2-0でタイムアップを迎え、ウナルのドブレーテの活躍と持ち味の堅守光ったヘタフェが8戦ぶりの勝利を挙げて残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。一方、3連敗のウエスカは19位に転落している。 2021.04.25 22:51 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly