リシャルリソンがリバプールを煽る?CL敗戦のタイミングで“ある選手”との2ショットを投稿

2021.04.08 21:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがリバプールサポーターの神経を逆なでした。リバプールは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでレアル・マドリーと対戦。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに2ゴールを決められ、3-1で敗れた。


そんな中、リシャルリソンは自身のインスタグラムに、かつて撮影したヴィニシウスとの2ショット写真を投稿。メッセージはなかったものの、たくさんの目の絵文字をつけ、明らかに敗れたリバプールサポーターを煽っているようなものだった。

エバートンとリバプールはともにリバプール市に本拠地を置く宿敵であるが、中でもリシャルリソンは昨年10月に行われたダービーでリバプールのスペイン代表チアゴ・アルカンタラにアフターチャージを見舞い一発退場。チアゴは、その後2カ月の離脱を余儀なくされた。

リシャルリソンは3月、この件についてSNSを通じてチアゴに謝罪したものの、相手側からの返答はなく、「彼はピジョン(リシャルリソンの愛称、鳩の意)を無視したのさ」と語っていた。

ただでさえ良く見られていなかったリシャルリソンだが、この一件でライバルチームのサポーターとの確執はさらに大きなものとなっただろう。

1 2
関連ニュース
thumb

ミラン、依然として冨安健洋に関心か エバートンやレバークーゼンも

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋(22)に対する関心は続いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2019年夏にシント=トロイデンからボローニャにステップアップした冨安は、今シーズンも負傷欠場した試合を除けば全ての公式戦にフル出場しており、チームに欠かせない選手となっている。 すでにボローニャでの1年目から評価を高めていた日本代表DFには、昨夏の時点でミランからの関心が伝えられていた。しかし、イタリア『カルチョメルカート』によれば、1500万ユーロ(約19億5000万円)のオファーをボローニャは拒否。2000万ユーロ(約26億円)を要求したと言われている。 その後、一度は手を引いたと思われていたミランだが、どうやら冨安への熱は冷めていないようだ。しかし、そんなミランの障害となるのは移籍金だけではない。 伝えられるところによると、エバートンとレバークーゼンも関心を持ってるようで、今夏の争奪戦が予想されている。中でもエバートンは放映権料が高騰しているプレミアリーグにおける豊富な資金力で、ミランの大きなライバルなると言われている。 だが、ボローニャとしても2024年夏まで契約を残す冨安を易々と手放すつもりはなく、2000万ユーロはあくまで最低希望価格。今季も市場価値を伸ばし続ける冨安の獲得にはさらなるオファーを提示しなければならなそうだ。 2021.04.08 21:06 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ戦3試合未勝利のエバートン、アンチェロッティ監督も「今日はもっとうまくできたはず」と嘆く

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、勝ち切れないチームに落胆している。クラブ公式サイトが伝えた。 エバートンは5日に行われたプレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスと対戦。トップ4を狙うためにも白星が欲しい一戦では、後半にMFハメス・ロドリゲスのゴールで先制に成功。しかし、終盤に失点を許すと勝ち越すことはできず、1-1のドローとなった。 この結果、エバートンはリーグ戦3試合未勝利となり、トップ4争いから一歩後退。試合後のインタビューに応じたアンチェロッティも、チームがチャンスを活かせないことを嘆いた。 「今日勝てなかったのは、チャンスがあったにもかかわらず試合を終わらせることができなかったからだ。最近の試合に比べ、今日我々には多くのチャンスがあった。しかし、そのチャンスをものにする準備ができていなかったと思う。今日はもっとうまくできたはずだ」 「先制点の後にもチャンスはあり、試合を終わらせられたと思う。最後の失点については、起こり得るものだろう。ラスト10分間はしっかり守る必要があるが、エネルギーがなければちょっとしたミスが結果に影響するものだ」 「欧州カップ戦出場に向け、我々のポジションはまだ残っている。我々は戦いの中にいて、(未消化試合を)1試合を残しているからね。しかし、勝利に値する試合のときには勝たなければならない。このような状況を避けるため、もっと集中する必要がある」 「不運ではなく、ミスから2ポイントを落としてしまった。このポイントは、他の試合で補わなければならない。次の試合ではもっと集中して、今夜失った2ポイントを取り戻せるように頑張りたい」 また、アンチェロッティ監督は先制点を決めたハメス・ロドリゲスを称賛。同時に、79分で交代させた理由についても明かしている。 「ハメスは素晴らしい努力をしてくれたと思う。彼は(負傷で)プレーしていない時間が長かったが、素晴らしいプレーを見せ、ゴールを決め、チームを助けてくれた。ただ、終盤にはエネルギーが残っていなかったので、問題を避けるため交代させたんだ」 2021.04.06 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤の失点で痛恨ドローのエバートンがEL争いから一歩後退…《プレミアリーグ》

エバートンは5日、プレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスと対戦し1-1の引き分けに終わった。 公式戦3連敗中の7位エバートン(勝ち点46)が、11位クリスタル・パレス(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。 2トップにキャルバート=ルーウィンとリシャルリソンを据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだエバートンは7分、中盤でミリボイェビッチからアンドレ・ゴメスがボールを奪うと、パスを受けたリシャルリソンがボックス右から侵入。相手GKを引きつけ中央へ折り返したが、キャルバート=ルーウィンのシュートは守備に戻ったDFのブロックに阻まれた。 その後は一進一退の攻防が続く中、エバートンは20分にホルゲイトの絶妙なロングフィードに抜け出したキャルバート=ルーウィンが決定機。さらに23分にもカウンターからリシャルリソンにチャンスが生まれたが、共にGKグアイタの好守に防がれた。 立て続けのチャンスを逃したエバートンは、30分にアクシデント。右足を痛めたアンドレ・ゴメスがピッチに座り込むと、そのままシグルドソンとの交代を余儀なくされた。 ハーフタイムにかけても攻勢を続けるエバートンは、43分に左サイドでFKを獲得すると、ハメスのクロスからリシャルリソンがヘディングシュートを放ったが、わずかに枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりはクリスタル・パレスに押し込まれたエバートンだったが56分、リシャルリソンとのワンツーでボックス左から侵入したディーニュのクロスをシグルドソンが右足で合わせたが、これは相手GKがブロック。 さらにエバートンは、このこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、ボックス右深くで拾ったコールマンがマイナスにパスを送るとが走り込んだハメスがニアサイドのシュートを突き刺した。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、クリスタル・パレスは86分にシュラップのラストパスをボックス左で受けたバチュアイがゴール右隅にシュートを流し込み、同点に追いつく。 痛恨の失点を喫したエバートンは88分、シグルドソンのパスをボックス右手前で受けたキャルバート=ルーウィンが反転からラストパス。ボックス内に走り込んだリシャルリソンのシュートはGKグアイタのファインセーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。終盤の失点で勝ち点3を逃したエバートンは、来季のヨーロッパリーグ争いから一歩後退となった。 2021.04.06 04:05 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州カップ戦出場権を狙うエバートン、アンチェロッティ「あと6勝必要」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が欧州カップ戦の出場権獲得に向けて意気込みを語っている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 アンチェロッティ体制2年目のエバートンは28試合を消化して勝ち点46の8位。1試合未消化分を残すなか、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位トッテナムを3ポイント差で追いかけ、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位チェルシーとも5ポイントの開きしかない。 そのトッテナムやチェルシーが今節の戦いで揃って躓いたなか、5日にクリスタル・パレスとのホーム戦に臨むエバートン。目標の欧州カップ戦出場獲得に向けて大事な一戦となるアンチェロッティ監督は先駆けた会見で、残る10試合であと6勝が必要だと述べた。 「昨年はロッグダウンの後、リバプールとのダービーマッチが再開初戦となり、ノリッジに勝ち、トッテナムとの大事な一戦を迎えたと思う。その試合で敗れ、欧州に対するモチベーションを失ってしまった」 「そんなことは残りの10試合で起こらない。今は最終節の残り1分までファイトできる集団だからだ。我々のモチベーションは非常に高い。勝ち点がもっと必要だ。最低でもあと18、19ポイントね。戦わねば」 「しかし、我々がそれだけのポイントを必要としているということは他のチームもそうだということ。我々からすれば非常にエキサイティングな挑戦であり、多くのチームが絡むエキサイティングなレースだ」 「すべての試合がエキサイティングなものになるだろうね」 「うまくやり、欧州カップ戦の出場権を手にできる自信がある。もちろん、どの試合でも戦う必要がある。残る10試合のなかで、クリスタル・パレス戦を皮切りに良くないホームでの戦いも改善していかないとね」 2021.04.05 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ移籍の可能性があったと明かすハメス「シメオネと話もしていた」

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがかつてアトレティコ・マドリーに移籍する可能性もあったと明かした。スペイン『アス』が伝えている。 ハメス・ロドリゲスは2014年夏にレアル・マドリーに加入して以来、公式戦125試合37ゴール42アシストを記録。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督から信頼を得られず、2017-18シーズンからはバイエルンに2年間のレンタル移籍となった。 昨シーズンからマドリーに復帰したが、結局はジダン監督からの評価は変わらず、公式戦14試合の出場に留まり、本人も退団願望を公に。そして今シーズン、恩師カルロ・アンチェロッティ監督が率いるエバートンに完全移籍で加入している。 ここまでエバートンで公式戦21試合5ゴール8アシストを記録するなど活躍を見せているハメス・ロドリゲスだが、『ESPN』に出演した際、過去にアトレティコ移籍をマドリーに阻止されたと明かした。 「昨シーズン、マドリーではほとんどプレーできなかった。僕はバイエルンを離れると決めた際、すでに他クラブと接触しており事実上移籍が完了しようとしていたんだ。それがアトレティコさ」 「でも、マドリーは僕を放出しようとしなかった。ディエゴ・シメオネと話もしていたんだけどね。彼は僕がチームで非常に重要な選手になれると言ってくれた。だから、フロレンティーノ・ペレスにはなぜ僕の移籍を許可しなかったのか聞きたいね。なぜこんなことになったか、僕にはわからないのだから」 また、ハメス・ロドリゲスは現在のエバートンでのプレーについても言及。恩師であるアンチェロッティ監督の存在が非常に大きいと語っている。 「ジダンの下では、僕はあまり出番がないと最初から分かっていた。(昨シーズンは)良くない1年だったよ。エバートンにいる今、僕は自分が無傷であることを示したい。コンディションが良ければ、高いレベルにあると思っている」 「カルロがここにいなければ、僕は移籍しなかったと思う。彼の存在は僕にとって最優先事項だった。それから、クラブやここで働く人々、野心を知るようになり、僕もまた勝ちたいと思えるようになったんだ。それでもやはりカルロの存在が僕にとって移籍の必須条件だった。彼はマドリーでもバイエルンでも、僕に良くしてくれたからね」 2021.04.02 12:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly