レーティング:ポルト 0-2 チェルシー《CL》

2021.04.08 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、ポルトvsチェルシーが7日にサンチェス・ピスフアンで行われ、アウェイのチェルシーが0-2で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽ポルト採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 マルチェシン 5.0
自身のミスではなかったが、失点場面ではポジショニング取り次第で防げる可能性もあったか。ただ、それ以外は危なげないゴールキーピングだった


DF
18 マナファ 5.5
守備はほとんど穴を作らず安定。ただ、攻撃は一度豪快な仕掛けがあったが、左サイドを中心に攻めていたこともあり、効果的な絡みは少なかった

(→フランシスコ・コンセイソン -)

19 ムベンバ 5.5
ヴェルナーやハヴァーツに危なげなく対応。無理の利く守備でピンチを未然に防いだ

3 ペペ 5.5
失点場面を除き最終ラインをうまくコントロール。攻撃時のセットプレーでは制空権を握ってチャンスに絡んだ

12 サヌシ 5.0
失点場面では不用意にボールに食いついてしまい、マウントに出し抜かれた。それ以外では高い身体能力と運動量を生かして精力的なプレーを見せた

MF
17 ヘスス・コロナ 5.o
移籍先として噂が上がった相手に対して持ち味のアジリティや仕掛ける姿勢は見せたが、最後に痛恨のミスで失点に関与

8 ウリベ 6.0
中盤で強度の高い守備を90分間継続。加えて、要所で良いタイミングで攻撃に絡んでいきフィニッシュに顔を出す

16 グルイッチ 6.0
セルジオ・オリベイラの代役としてプレー。球際の強さを生かして相手中盤と五分五分の競り合いに持ち込んだ

25 オタビオ 6.0
スタートは左サイドも途中からインサイドハーフでプレー。正確なプレースキックや気の利いたプレーで攻撃の起点となった

(→トニ・マルティネス -)

FW
11 マレガ 6.0
馬力のあるプレーで相手の脅威に。決定的な仕事こそできなかったが、前線からの守備の貢献を含め及第点の出来

(→ファビオ・ヴィエイラ -)

7 ルイス・ディアス 5.5
スタートは2トップの一角、途中から左サイドでプレー。鋭い仕掛けからフィニッシュに絡んだが、ゴールをこじ開けることはできず

監督
コンセイソン 5.5
2人の主力を欠く中で内容的には善戦もミス絡みの失点で厳しい折り返しに。選手交代のタイミングも微妙だった

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メンディ 6.5
再三の枠内シュートを見事な反応で阻止。クリーンシートの立役者に

DF
28 アスピリクエタ 6.5
あわやPK献上という軽率な対応もあったが、それ以外の場面では安定した対人対応、カバーリングとさすがの存在感

4 A・クリステンセン 6.5
中央の危険なエリアをきっちりとカバー。攻守両面で判断の良さが光った

2 リュディガー 6.5
マレガにやや苦戦も要所を締める守備でクリーンシートに貢献。先日の練習中のケパとの衝突問題を払しょくするパフォーマンスに

MF
24 R・ジェームズ 6.0
前半はサイドチェンジを引き出して攻撃の起点に。守備の局面では3バック同様にハードワークが光った

(→チアゴ・シウバ 5.5)
不運なWBA戦の退場を払しょくする安定したプレーで逃げ切りに貢献

5 ジョルジーニョ 6.0
先制点をアシスト。攻撃では普段ほどのパフォーマンスを見せられなかったが、守備の局面で最後まで強度を保った。ベストではないが、WBA戦での不出来から立て直してきた

17 コバチッチ 6.0
ジョルジーニョ同様に繋ぎや攻撃面への関与は限定的も、持ち味のプレス回避や献身的な守備で貢献

21 チルウェル 6.5
守備に追われる試合展開だったが、機を見た攻撃参加によって値千金の追加点を奪った

FW
19 マウント 7.0
流れが悪い中でチームを救う見事な先制点を奪取。後半もヴェルナーの決定機を演出するなど、不出来な前線の相棒たちをカバーする奮闘

(→カンテ 5.5)
負傷明けも普段通りの仕事ぶりで逃げ切りに貢献

29 ハヴァーツ 5.0
相手の出足鋭い守備に苦戦。ほぼ消されたまま不完全燃焼でピッチを後に

(→ジルー 5.5)
前線の起点役はこなせなかったが、守備は最低限こなした

11 ヴェルナー 5.0
ハヴァーツ同様に存在感が希薄。後半立ち上がりのビッグチャンスも逃した

(→プリシッチ 5.5)
攻守に無難な出来。ポスト直撃の決定機は決めたかった

監督
トゥヘル 6.0
ドローでもおかしくない試合内容だったが、WBA戦から立て直した堅守に加え、アウェイゴール2つを奪う望外の結果を手にした

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
マウント(チェルシー)
守護神メンディを中心に守備陣の粘りが勝利の要因だったが、ゴールの匂いが全くしない状況で戦局を一人で変えた仕事はMOMに相応しいパフォーマンスと言える。

ポルト 0-2 チェルシー
【チェルシー】
マウント(前32)
チルウェル(後40)
関連ニュース
thumb

チェルシーが狙うホセ・ヒメネス、アトレティコが値下げ交渉を容認か

チェルシーが移籍市場のターゲットにしているアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(26)だが、今夏にそのチャンスがあるようだ。 2013年4月に母国のダヌービオからアトレティコへ移籍したホセ・ヒメネスは、毎シーズンのようにケガと戦いながらも、シーズンを追うごとにチームの主力に成長。ウルグアイ代表としても不動の地位を築いており、その年齢も相まって、ここ数年はビッグクラブからの関心の噂が絶えなかった。 しかし、アトレティコが契約解除金を1億ユーロ(約130億円)に設定していることから、どのクラブも手が出せない状況で、どれも噂の域を過ぎなかった。 そんな中、スペインのラジオ番組『El Larguero』に出演したジャーナリストのミゲル・マルティン氏によると、アトレティコは値下げ交渉に応じる構えを見せている模様。そこには、やはり新型コロナウイルスによる経営難が背景にあるようだ。 この情報が事実であれば、多くのビッグクラブにとって朗報となるが、中でもチェルシーは、最近もイギリス『アスレティック』が報じるなど、強い関心を持っているようで、移籍する場合の有力候補に挙がっている。 チェルシーは今年1月末にトーマス・トゥヘル監督が就任して以降、その守備力が注目されており、5失点したWBA戦のイレギュラーを除けば、公式戦17試合でわずか4失点という脅威的な成績を残している。すでに完璧なディフェンスを誇っているが、ホセ・ヒメネスが加入すれば鬼に金棒となるかもしれない。 2021.04.14 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

CLの一戦で監督が侮辱? ポルト指揮官が試合後に主張「私はトゥヘルに侮辱された」

ポルトのセルジオ・コンセイソン監督が、侮辱を受けたと発言し話題となっている。 ポルトは13日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでチェルシーと対戦した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、中立地開催となったこのカード。1stレグではアウェイ扱いのチェルシーが0-2で勝利を収めていた。 同じセビージャでの2ndレグとなったが、この試合では2点が必要なポルトが攻勢に出て行く。しかし、チェルシーの堅い守備の前にゴールがなかなか奪えず時間が経過。後半アディショナルタイムにイラン代表FWメフディ・タレミがバイシクルシュートを決めたが、そのまま終了。2戦合計2-1でチェルシーがベスト4に進出した。 その試合の最後、両軍の選手たちがピッチ内で揉め合う状態となっていたが、セルジオ・コンセイソン監督はチェルシーのトーマス・トゥヘル監督から侮辱されたと発言。物議を醸している。 「私の英語は完璧ではなく、それについてここで話しても意味はないが、私はトーマス・トゥヘルに侮辱された」 「私からは言葉のやり取りが何もなかったので、反応に気がつかなかった。試合中は一言も話すことはなかった」 「侮辱的な言葉を耳にした。それは綺麗事ではなく、最後に私がイラついていたこととも関係する。彼に一言も話していない」 「第4審がこれらの侮辱を聞いたと主審に言っていた。それだけだよ」 2021.04.14 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

CLベスト4入りのチェルシー、プリシッチは無得点も「全力で守ることも大切」

チェルシーのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を喜んだ。UEFAが試合後コメントを伝えている。 チェルシーは13日、CL準々決勝のポルト戦2ndレグに臨んだ。1stレグで0-2で勝利しているため、リスクを冒さない守備的な戦いに終始する中で、試合終了間際にFWメフディ・タレミのスーパーゴールで1点奪われたものの、狙い通りにリードを守り切り、準決勝進出を決めた。 プリシッチは、アタッカーとしては満足のいく内容ではなかったとしながらも、守備に徹したチーム全体のパフォーマンスと結果を評価。次の試合に向けた意気込みも語った。 「相手が大きなプレッシャーをかけてくることはわかっていた。1stレグで2失点していたから、彼らが飛び掛かってくることは予想できていたし、それで僕たちもパニックにならずに済んだ。僕はそう思うよ」 「僕たちは安定した守備を築き、相手の大きなチャンスは与えなかった。信じられないゴールを決められてしまったけど、全体としては自分たちの仕事ぶりに満足しているよ」 「僕の強みは攻撃面にあるけど、今日のような試合では、ハードワークをして、全力で守り、できる限りチームを助けなければならない。後半に1点取っておくべきだったかもしれない。でもシュートが全て入るわけではないからね」 「僕たちは素晴らしいチームで自信に満ち溢れている。次の対戦相手が誰であろうと、今日のように勝つために努力を続けていくよ」 2021.04.14 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

7シーズンぶりCLベスト4入りのチェルシー、マウントも喜び爆発「これ以上ない結果」

チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を喜んだ。 チェルシーは13日、CL準々決勝のポルト戦2ndレグに臨んだ。1stレグで0-2で勝利しているため、リスクを冒さない守備的な戦いに終始する中で、試合終了間際にFWメフディ・タレミのスーパーゴールで1点奪われたものの、狙い通りにリードを守り切り、準決勝進出を決めた。 クラブとして7シーズンぶりのベスト4入りに、『BT Sport』のインタビューに応えたマウントも「これ以上ない結果」と喜びを爆発。また、準決勝の対戦相手はレアル・マドリーvsリバプールの勝者となるが、同選手はどちらでも構わないとの見解を示した。 「これ以上の結果はないよ。もっと上手くプレーできたと思うけど、パフォーマンスよりも準決勝に進むことを最優先したんだ」 「チームは活気に満ちているよ。良いポジションにいて、上手くやっている。どの試合も100%の集中力で臨んでいる。勝つ自信を持ってね。シーズン後には素晴らしい結果が待っていると良いね」 「どちらでも構わないさ。僕たちの準備はできている。腰を据えて試合を分析するよ。ベストチームが先に進めるんだ」 マウントはまた、シーズン途中の就任でベスト4へ導いたトーマス・トゥヘル監督に関しても言及。当初から良いフィーリングを持てていたという。 「彼はチームに大きなインパクトを与えた。シーズン途中の就任は難しいことだけど、僕たちは初日から彼が臨むことを理解できたし、全員がそれを試合で実戦したんだ。トレーニングからハードワークし、高いレベルのパフォーマンスができている。これを続けていかなければならない」 2021.04.14 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「テレビで見るには最高ではなかった」守勢を語るチェルシーのトゥヘル監督は選手を称賛「密かに多くのハードワークが行われた」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、ポルト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 チェルシーは13日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでポルトと対戦した。1stレグはチェルシーがアウェイ扱いの試合で0-2と勝利して迎えた一戦。1stレグと同様に中立地のセビージャで行われた。 ゴールが必要なポルトが立ち上がりから押し込む展開となっていたが、チェルシーが守備で奮闘。互いに枠内シュートなしで前半を終える。 後半も同様の展開で進む中、スコアが動かないまま進んだが94分にメフディ・タレミがバイシクルシュートを決めてついにポルトガ先制。しかし、そのままタイムアップとなり、0-1でポルトが勝利したものの2戦合計2-1でチェルシーがベスト4進出を決めた。 試合を振り返ったトゥヘル監督は「我々は今夜必要なものを受け入れ、勝ち進むのにふさわしいと思う」と語り、守勢に回るも勝ち上がりにふさわしいとコメント。タフな試合だったと語った。 「タフな試合で、テレビで見るにはおそらく最高ではなかった。で、私はとてもスピーディで激しい試合を目の当たりにした」 「厳しい戦いだった。そして我々は、プレッシャーから逃れるためにハードワークもしなければなかった。彼らはとても流動的で、攻撃的にプレーしていた」 「彼らは常にポジションを変え、オーバーラップしたかと思えば、次の瞬間にはアンダーラップができることを示していた。それにより、我々は彼らの多くの動きに適応する準備ができていなければならなかった」 「毎分、我々はそれをうまく対応し、全体としてこの難しい試合を守り、コントロールしたやり方にとても満足している」 「称賛できないやるべきこともたくさんあった。タックルをしても応援してくれる人は誰もいなかった。密かに多くのハードワークが行われたので、私は幸せだ」 また、相手の良さを消しに行くこともパフォーマンスの1つだとし、チームが見せたものを評価した。 「ポルトと最高の試合をするのはとても難しい。相手にパフォーマンスをさせないこともパフォーマンスの一部だ。これは相手がしていることであり、我々もしている」 「今日は我々が必要としていた努力とインテンシティ、そしてチームスピリットを示すことができた」 2021.04.14 11:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly