オーバメヤンが第2のエジルになる可能性を指摘するキャラガー「投資した金額に見合っていない」

2021.04.06 17:48 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの状態を危惧した。イギリス『ミラー』が伝えている。オーバメヤンは2018年1月にアーセナルに加入して以来、公式戦141試合出場84ゴール16アシストを記録。エースとしてチームを牽引するだけでなく、昨シーズンからはチームのキャプテンも務めている。


しかし、今シーズンはプレミアリーグ25試合9ゴールと物足りない成績に。また、第28節に行われたトッテナムとのノースロンドン・ダービーでは規律違反によってチームから外されるなど、ピッチ内外で問題を抱えている。こうした状況を受け、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演していたキャラガー氏も、今シーズンのオーバメヤンの低調ぶりを批判した。

「彼はスーパースターだよ。だが、今シーズンの彼のパフォーマンスは何と言うか、時に怠惰に感じられる」

「彼は過去に得点王を獲得したほどの選手だが、今はゴールを決めなければチームに何ももたらさない選手になっている。これは大きな問題だろう。先週のウェストハム戦だけでなく、今シーズンに入ってから4、5回は彼を見て『君にはより多くが必要だ』と思っていた。そして、それは土曜日(リバプール戦)にも見られたことだ」

「ノースロンドン・ダービーで遅刻した彼に対して、監督はメンバーから外すという大きな決断をした。そしてそれが功を奏したと思う。私はオーバメヤンの反応に期待したが、その後ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)でも、いくつかのチャンスを逃していた。彼は欧州カップ戦でもベストな状態を発揮していない」

「ウェストハム戦の彼は今シーズン私が見た中で最悪のパフォーマンスと言っても良かった。得点シーンでラカゼットと一緒に祝っている姿が、今シーズンの彼の中で最もエネルギッシュだったように思う」

また、キャラガー氏はオーバメヤンがチーム屈指の高給を受け取りながら構想外となり、今年1月にチームを去ったMFメスト・エジルと同じ道を辿る可能性に言及。クラブやアルテタ監督もそれを恐れているはずだと語っている。

「アーセナルやミケル・アルテタは、オーバメヤンがメスト・エジルのような状況になるのではと心配しているようだ。大きな契約が正当化されないような事態になることをね」

「今、オーバメヤンが生み出しているものは十分とは言えないだろう。彼が優れた選手であることを考え、アーセナルが彼に投資した金額を考えると、とても十分ではない」
関連ニュース
thumb

チーム支える働きのファビーニョを称賛するチアゴ「最高の形で自分の役割を果たしている」

リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、チームメイトであるブラジル代表MFファビーニョを称賛した。『ESPN』が伝えている。 2018年夏にモナコからリバプールに加入したファビーニョは、ここまで公式戦114試合出場3ゴール7アシストを記録。その影響力の高さを受け、ペップ・リンダースアシスタントコーチからは「リバプールの灯台」と呼ばれるなど、絶大な信頼を得ている。 また、今季はDFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスが長期離脱となったことから、ファビーニョはセンターバックとしても多くの試合でプレー。本職ではないにもかかわらず安定したパフォーマンスを発揮し、チームを大いに助けている。 『ESPN』のインタビューに応じたチアゴも、ファビーニョを絶賛。与えられた役割を完璧にこなすブラジル代表MFを称えている。 「ファビオ(ファビーニョ)は彼の長所である守備の能力を生かして、ディフェンダーとしても頼りになる存在だね。彼は守備的MFとしてプレーしていたときから、すでに今のようなプレーをしていた。そして屈指の選手がいなくなったことで中盤は弱点を抱えていたが、今は彼が戻ったおかげで一貫性を示せている」 「そして、彼はより多くのプレーを自由自在にできるようになった。僕たちは皆、与えられた役割をこなすことができると思っているけど、ファビオは最高の形で自分の役割を果たしている」 また、チアゴはリバプールの持つ力についても言及。チームが持つ反発力を武器に、これから勝利を重ねていきたいと意気込んだ。 「このチーム最大の特徴についてはプレーする前から話していたけど、かつて経験したものを毎年克服してきたことだと思う。この克服により進化したおかげで、より多くのタイトルを獲得できた。今年も同じようにしたい」 「ファンがスタジアムにいないなか、チームはタイトルを獲得するためより一層の努力をする必要がある。それでも、チームはゴールを決めて勝ち続けたいと思っているんだ。このハングリー精神を保ったまま、継続していきたい」 2021.04.13 17:22 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールで掴んだ手応えを語るフィリップス「自分自身への期待が高まっている」

リバプールのイングランド人DFナサニエル・フィリップスが、リーグ連勝を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズン開幕前は放出候補に挙げられていたフィリップスだが、リバプールのセンターバックに負傷者が相次いだこともあり、出場機会が増加。ここまで公式戦14試合に出場すると、3月にはファンの選ぶ月間最優秀選手賞に選出されるなど周囲からの評価も高まっている。 10日に行われたプレミアリーグ第31節のアストン・ビラ戦でも先発フル出場を果たし、ホーム9試合ぶりの勝利に貢献したフィリップスは、クラブ公式サイトのインタビューで喜びを語った。 「僕らはトライを続け、必ずチャンスはやってくると信じて最後までやり遂げる必要があった。同時に後ろではしっかりとした体勢を保ち、隙を作らないようにする必要があったが、それができていたね。僕らはひたすらプッシュし続け、信念を貫いた。今日は本当に良いチームの雰囲気があり、それが試合の醍醐味になったと思う」 「僕たちは後れをとってから好転させるのに苦労した。でも、最終的に成し遂げたことを知り、ピッチを後にしたときは良い気分だったよ。たくさんの個性、たくさんのハードワークがあり、お互いに協力し合うことが必要だったがそれをやり遂げた。とても嬉しく思っている」 「順位を気にしないようにするのは難しい。でも、最終的には試合に勝てなければそんなことはどうでもよくなる。今日は上にいるチームにプレッシャーをかけることが目標だった。何が起こるかは分からないけど、最終的には自分たちが勝つことに集中しなければならない。そうすれば、良いチャンスが生まれると思う」 また、フィリップスは試合に出場し続けている現在の状況に言及。徐々に自信が芽生えていると語り、これを続けていきたいと意気込んだ。 「試合を重ねるごとに安心感が増し、自分自身に少しずつ期待が持てるようになってきた。とても誇りに思っている。これから行われるすべての試合で、自分自身への期待が高まっているよ。今日の失点については不満を感じているが、試合に勝ち、物事をタイトに保てたことは嬉しいね」 2021.04.13 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがリバプールとの2ndレグに向けた招集メンバー発表!《CL》

レアル・マドリーは12日、2日後にアンフィールドで行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのリバプール戦に向けた招集メンバーを発表した。 ホームでの1stレグを3-1で先勝したレアル・マドリーは、直近のバルセロナとの“エル・クラシコ”でゴールを挙げたFWカリム・ベンゼマやMFトニ・クロース、MFルカ・モドリッチなど主力を順当に選出した。 一方で、全体練習に参加しているFWエデン・アザールは今回も招集外となった。また、クラシコで負傷したFWルーカス・バスケスや負傷中のセルヒオ・ラモス、新型コロナに感染したDFラファエル・ヴァランらは引き続きメンバー外となっている。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆レアル・マドリー招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK ティボー・クルトワ アンドリー・ルニン ディエゴ・アルトゥーベ DF エデル・ミリトン ナチョ・フェルナンデス マルセロ アルバロ・オドリオソラ フェルラン・メンディ ビクトル・チュスト・ガルシア MF トニ・クロース ルカ・モドリッチ カゼミロ フェデリコ・バルベルデ イスコ セルヒオ・アリーバス FW カリム・ベンゼマ マルコ・アセンシオ ヴィニシウス・ジュニオール マリアーノ・ディアス ロドリゴ・ゴエス マルビン・パク</span> 2021.04.13 02:15 Tue
twitterfacebook
thumb

多数のケガ人抱えるリバプール…OBは控え選手に苦言「自分が主役だと言う選手は出てこなかった」

リバプールのレジェンドであるグレアム・スーネス氏が、古巣の控え選手に苦言を呈している。イギリス『ミラー』が伝えた。 リーグ王者として今シーズンを迎えたリバプールだが、数多くの負傷者が発生したこともあり早々にタイトルレースから脱落。現在はトップ4争いの最中であり、第30節のアーセナル戦と10日に行われたプレミアリーグ第31節のアストン・ビラ戦で勝利したチームは、リーグ6位の位置につけている。 一方で、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのレアル・マドリー戦では、力の差を見せ付けられ1-3のスコアで完敗となった。こうした不安定な状況に陥る古巣に対して、イギリス『スカイ・スポーツ』でスーネス氏は、チームがビッグマッチを迎えられるような体制になっていないと語った。 「アーセナル戦の彼らには説得力があった。しかし、今のアーセナルは11位(現在は9位)であり、リバプールがどの位置にいるかを正確に測るのは難しかっただろう。ミッドウィークのマドリー戦、素晴らしいとまではいかないが非常に良いチームと対戦して、彼らの位置は良く分かったと思う」 「以前から言われているように、大事な試合では最高の選手が出場しなければならない。ナサニエル・フィリップスとオザン・カバク、2人の若いセンターバックは力量を見抜かれてしまったのだ。マドリーとの対戦である以上、しっかりとしたセンターバックが必要だった。しかし、この夜の彼らは挑戦に耐えられなかった」 「今シーズンのリバプールは確かにケガが多く、大きな痛手になっているのは間違いない。一方で、この状況に対応できていない選手がいる。今のチームは、ビッグプレーヤーがいないことに対していまだに対応できていないんだ」 また、スーネス氏はユルゲン・クロップ監督が口には出さないものの、チームの何人かの選手には失望しているだろうとコメント。ケガ人の多さをチャンスと捉える選手が不足していたことを指摘している。 「監督として物事がうまくいっていないとき、ドレッシングルームを見て、そこにいる選手たちを見て、言いにくいかもしれないがある個人に対しては失望しているだろう」 「何人かの選手は『これからは自分が主役だ』と言って立ち上がらなかった。複数の主力選手がケガで抜けたのは分かっているが、自分が代わりを務める、皆に自分を信じさせて困難な時期を乗り越えるという気持ちの選手がいなかった。今年はそれが十分ではなかったね」 2021.04.12 16:24 Mon
twitterfacebook
thumb

「みんなが望んでいたこと」9戦ぶりにホーム白星のリバプール、クロップ監督が勝利に安堵

リバプールのユルゲン・クロップ監督がアストン・ビラ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは10日、ホームのアンフィールルドでプレミアリーグ第31節のアストン・ビラ戦を戦い、2-1で勝利した。 トップ4圏内と3ポイント差の7位に位置するリバプールは前半はなかなかゴールを奪えないでいると43分に失点。前半アディショナルタイムには華麗なパスワークからロベルト・フィルミノが押し込むが、VARの結果オフサイドと判定されてしまい、1点ビハインドで試合を折り返す。 後半に入ってもチャンスこそ作るがゴールを奪えないリバプール。それでも57分にはシュートのこぼれ球をFWモハメド・サラーが頭で押し込み同点とすると、終盤にかけても攻撃に出ると、後半アディショナルタイムにトレント・アレクサンダー=アーノルドがこぼれ球を押し込み逆転に成功。ホームで9試合ぶりの勝利を収めた。 試合後、クロップ監督は勝利を喜ぶとともに、難しい試合になったとコメント。それでも、最後まで攻めて逆転となるゴールが最後に決まったことを喜んだ。 「みんなが望んでいたことだ!明らかに、アーセナル戦は本当に本当に良かったし、今日は少し同じような感じだった。我々は上手くプレーしたが、1つのミスを犯した。これは世界最大のミスではないが、相手に得点のチャンスを与えるには十分大きいものだった。そして、その通りになってしまった」 「次の瞬間には同点に追いつき、素晴らしいゴールとなった。素晴らしいパス、素晴らしいプレー、全てが揃ったがオフサイドになってしまった」 「ハーフタイムが明けると同じような展開となったが、我々はずっと前から今シーズンは波乱万丈のシーズンであることを受け入れ、何度も反撃しなければいけないと決めていた」 「得点するまでに時間がかかったが、本当に素晴らしいゴールを決めることができた。言ってみれば、モー(モハメド・サラー)のヘディングで無理矢理決めたようなものだ」 「我々も似たような状況であり、リスクを増やす必要があった。センターハーフを1人下げて、シャック(ジェルダン・シャキリ)を入れ、2-1となる素晴らしいゴールが決まった」 「感情的にも最高のゴールだったので、勝ち点3を獲得できて本当に良かったと思う」 2021.04.11 13:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly