終盤の失点で痛恨ドローのエバートンがEL争いから一歩後退…《プレミアリーグ》

2021.04.06 04:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンは5日、プレミアリーグ第30節でクリスタル・パレスと対戦し1-1の引き分けに終わった。公式戦3連敗中の7位エバートン(勝ち点46)が、11位クリスタル・パレス(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。

2トップにキャルバート=ルーウィンとリシャルリソンを据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだエバートンは7分、中盤でミリボイェビッチからアンドレ・ゴメスがボールを奪うと、パスを受けたリシャルリソンがボックス右から侵入。相手GKを引きつけ中央へ折り返したが、キャルバート=ルーウィンのシュートは守備に戻ったDFのブロックに阻まれた。


その後は一進一退の攻防が続く中、エバートンは20分にホルゲイトの絶妙なロングフィードに抜け出したキャルバート=ルーウィンが決定機。さらに23分にもカウンターからリシャルリソンにチャンスが生まれたが、共にGKグアイタの好守に防がれた。

立て続けのチャンスを逃したエバートンは、30分にアクシデント。右足を痛めたアンドレ・ゴメスがピッチに座り込むと、そのままシグルドソンとの交代を余儀なくされた。

ハーフタイムにかけても攻勢を続けるエバートンは、43分に左サイドでFKを獲得すると、ハメスのクロスからリシャルリソンがヘディングシュートを放ったが、わずかに枠の上に外れた。

ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりはクリスタル・パレスに押し込まれたエバートンだったが56分、リシャルリソンとのワンツーでボックス左から侵入したディーニュのクロスをシグルドソンが右足で合わせたが、これは相手GKがブロック。

さらにエバートンは、このこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、ボックス右深くで拾ったコールマンがマイナスにパスを送るとが走り込んだハメスがニアサイドのシュートを突き刺した。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、クリスタル・パレスは86分にシュラップのラストパスをボックス左で受けたバチュアイがゴール右隅にシュートを流し込み、同点に追いつく。

痛恨の失点を喫したエバートンは88分、シグルドソンのパスをボックス右手前で受けたキャルバート=ルーウィンが反転からラストパス。ボックス内に走り込んだリシャルリソンのシュートはGKグアイタのファインセーブに阻まれた。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。終盤の失点で勝ち点3を逃したエバートンは、来季のヨーロッパリーグ争いから一歩後退となった。
関連ニュース
thumb

欧州カップ戦出場に黄信号…ビラとドローのエバートン指揮官アンチェロッティ「3連勝が必要」

アストン・ビラ戦をドローで終えたエバートンだが、カルロ・アンチェロッティ監督は内容に満足しているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ8位のエバートンは13日、第36節でアストン・ビラと対戦。来シーズンの欧州カップ戦出場権獲得のため勝利が欲しい一戦は、両チーム攻め手を欠き、ゴールレスドローで終了している。 エバートンはこれで、5位リバプールとは4ポイント差。そして、4位チェルシーとは1試合消化試合数が少ないながらも、8ポイント差まで広げられてしまい、アンチェロッティ監督が目標として掲げていた欧州カップ戦出場が厳しい状況となった。 しかし、アンチェロッティ監督は試合後、「勝つためにできる全てのことをやろうとしていた。後半も良かっし、全力を注げたと思う」とコメント。無失点に終わった一戦を振り返り、パフォーマンスに満足感を示した。 「前半はよりバランスを保ち、後半は多くのチャンスを作ることができた」 「ボックス内から何本かシュートを打てたが、少し運に恵まれなかった。それでもパフォーマンスには満足しているよ」 また、リーグ戦残り3試合に向けても言及。全勝でシーズンを終えたいと意気込んだ。 「我々はベストを尽くしたと思う。そしてまだ3試合ある。戦いは続いているよ。最後の3試合は全て勝てるよう努力しなければならない」 「我々はアウェイで2試合を行い、4ポイントを獲得した。我々はまだ戦いの中にいる。ホームゲームが2試合もあるからね。ヨーロッパの舞台へ行くためには、3連勝して9ポイントを獲得する必要があるだろう」 2021.05.14 17:20 Fri
twitterfacebook
thumb

エデルソンがリシャルリソンの頭をバリカンで刈る!見事な"大五郎カット"に変貌

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが大きな変貌を遂げた。ブラジル『UOL』が伝えている。 10日に24歳の誕生日を迎えたリシャルリソンは、記念に断髪式を敢行。マンチェスター・シティに所属する同胞のGKエデルソンがバリカンを手にブラジル人ストライカーの髪を刈った。 エデルソンは器用に前髪だけを残す奇抜な髪型にデザイン。元ブラジル代表FWのロナウド氏が2002年の日韓・ワールドカップ(W杯)で見せた“大五郎カット”を彷彿とさせた。 しかし、リシャルリソンの別のインスタグラムの投稿をみると、残した前髪部分も剃った状態でバースデーケーキを渡されている写真もあり、どうやらピッチで“大五郎カット”を見ることは叶わないようだ なお、2人は23日に行われるプレミアリーグ最終節で相まみえる。 <span class="paragraph-title">【写真】見事な“大五郎カット”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Can&#39;t get enough of Ederson giving Richarlison the R9 haircut <a href="https://t.co/5iHFxHTKyf">pic.twitter.com/5iHFxHTKyf</a></p>&mdash; ESPN UK (@ESPNUK) <a href="https://twitter.com/ESPNUK/status/1392059525138636804?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.12 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州カップ戦出場を狙うアンチェロッティ、プレミアの難易度実感「競争力は最高潮に達している」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、大きな白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 9日に行われたプレミアリーグ第35節で、エバートンはウェストハムと対戦。来シーズンの欧州カップ戦出場権獲得のため勝利が欲しい一戦は、前半FWドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで先制に成功。その後はリードをしっかり守り抜き、1-0で勝利した。 この結果、エバートンは順位こそ8位のまま変わらなかったが、上位との勝ち点差を詰めることに成功している。 試合後のインタビューに臨んだアンチェロッティ監督は、欧州カップ戦の出場権を巡る争いに生き残れたとコメント。チームが正しい姿勢を示したことを喜んだ。 「ここで勝たなければ、欧州カップ戦を懸けた戦いから脱落してしまうところであり、そういう意味でも重要な勝利だった。ここでは、結果を出さなければならなかったんだ」 「試合ではプレッシャーがあったが、我々はうまくコントロールできたと思う。守備面ではトップチームを相手に非常に優れたプレーを披露できただろう。そして、カウンターでは危険なプレーを見せられた」 「態度、精神、集中力、モチベーションは非常に高かった。選手たちは次節が極めて重要になると知っている。我々は準備を整え、試合を感じるため準備をしなければならない。今日も、この試合がいかに重要であるかを感じることが重要だった」 また、アンチェロッティ監督はプレミアリーグの競争力の高さにも言及。残り4試合に全てをかけていきたいと語った。 「敗戦の後でも、我々は良い反応を続けてきた。今は、ただ反応するのではなく行動していきたい。アストン・ビラとの重要な試合に向け、準備する必要がある。自分たちの試合に集中しており、できるだけ多くのポイントを獲得することだけ考えるよ」 「我々は4つの難しいゲームを残している。他チームの結果がどうなるかは気にしていない。プレミアリーグの競争力は最高潮に達しており、これは最終節まで続いていくだろう」 2021.05.10 12:59 Mon
twitterfacebook
thumb

キャルバート=ルーウィン2戦連発のエバートンがハマーズ撃破! 2位ユナイテッドの来季CL出場が決定!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、ウェストハムvsエバートンが8日にオリンピック・スタジアムで行われ、アウェイのエバートンが0-1で勝利した。   来シーズンのヨーロッパコンペティション出場を狙う5位のウェストハム(勝ち点58)と、8位のエバートン(勝ち点52)による直接対決。前節、バーンリーに競り勝って連敗をストップしたウェストハムは、今節の敗戦で4位に転落したレスター・シティ(勝ち点63)とのポイント差を縮めるため、難敵相手のホームゲームで連勝を狙った。   ウェストハムが前節と同じメンバーで[4-2-3-1]の攻撃的な布陣を採用したのに対して、エバートンはより守備的な[3-5-2]に布陣を変更して敵地での一戦に臨んだ。   立ち上がりからホームチームがボールを握り、アウェイチームがカウンターで応戦する形の攻防が続く。エバートンが得意のセットプレーで幾度か相手ゴールに迫るも、ウェストハムも身体を張った守備できっちり撥ね返していく。   以降はしばらく膠着状態が続くが、アウェイチームが見事なコンビプレーで先にゴールをこじ開ける。24分、3バックの右に入ったゴッドフリーがハーフウェイライン付近まで持ち上がって最終ラインの背後を狙うキャルバート=ルーウィンへ絶妙なスルーパスを通す。そして、DFドーソンを振り切ったキャルバート=ルーウィンがボックス右から右足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。   キャルバート=ルーウィンの2試合連続ゴールによって先手を奪ったエバートンは畳みかける攻めで追加点を目指す。28分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのシグルドソンが枠の左隅へ飛ばすが、これはGKファビアンスキの好守に遭う。さらに、35分にはリシャルリソンが馬力のある仕掛けでボックス内まで持ち込んで左足を振り抜くが、これもファビアンスキにファインセーブで防がれた。   一方、ビハインドを追うウェストハムはリスクを冒して前に出る。左サイドのベンラーマを起点にボックス付近までスムーズにボールを運ぶが、最後の場面で身体を張るエバートンの守備にことごとくシュートをブロックされる。38分にはボックス手前右でフォルナルスが上げた絶妙なクロスをファーで完全に浮いたベンラーマが頭で合わすが、これを枠に飛ばすことができない。その後、前半終了間際には内転筋を痛めたランシーニがプレー続行不可能となり、ボーエンをスクランブル投入するアクシデントにも見舞われた。   結局、エバートンの1点リードで折り返した試合は、後半もウェストハムが押し込む展開となる。だが、59分には足を痛めたクレスウェルがプレー続行不可能となり、フレデリックスをスクランブル投入。2枚目の交代カードも負傷者のために使うことに。それでも、直後の61分には後半最初の決定機。ボックス右でフォルナルスからパスを受けたコウファルが右足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩いた。   後半に入ってなかなかカウンターを繰り出せず、守勢が続くエバートンは、さらにミナが筋肉系のトラブルでプレー続行不可能となり、62分にホルゲイトを投入することに。それでも、コウファルに与えた決定機以降は前半同様のソリッドな守備をみせ、決定機を作らせない。   後半半ばから終盤にかけて互いに交代カードを切っていき、試合の流れに変化を加えようと試みる。その流れの中で84分には直前にリシャルリソンに代わって投入されたばかりのジョシュア・キングに絶好機も、キャルバート=ルーウィンの浮き球のクロスに合せたヘディングシュートは右ポストに阻まれた。   その後、逆転でのトップ4フィニッシュに向けてあとがないウェストハムが得意のパワープレーでゴールをこじ開けにかかるが、最後までエバートンの集中した守備をこじ開けることはできなかった。   この結果、エバートンが来季EL出場権獲得に望みを繋いだ一方、ウェストハムは4位レスターとの勝ち点差5を縮めることができず、厳しい勝ち点逸となった。また、2位マンチェスター・ユナイテッドの4位以内が確定した。 2021.05.10 02:34 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルとエバートンがノルウェー代表MFに興味? 降格で移籍金が15億円減額に

シェフイールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(23)に対して、アーセナルとエバートンが興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ベルゲは、2020年1月にヘンクからシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍で加入。ノルウェー期待の若手として注目も集めており、すでにノルウェー代表で24試合に出場し1ゴールを記録している。 今シーズンもシェフィールド・ユナイテッドで中心選手としてプレー。プレミアリーグで14試合に出場し1ゴール1アシストを記録していたが、昨年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦で負傷。以降はハムストリングのケガから復帰できず、その間にチームはチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格が決定してしまった。 注目を集めていたベルゲだが、シェフィールド・ユナイテッドとの契約は3年間残っており、契約解除条項として4500万ポンド(約68億3300万円)がかかるため、どのクラブも二の足を踏んでいた。 しかし、チームが2部に降格したことを受け、その条項が3500万ポンド(約53億1500万円)に減額。そのため、興味を持つクラブが増えたとのことだ。 特にアーセナルは強い関心を示している上、ヘンクで監督を務めていたアルベルト・スタイフェンベルフ氏がアシスタントマネージャーとして在籍。ベルゲとも1年間仕事をしており、高く評価している。 スタイフェンベルフ氏は「彼はすでに非常に成熟している。頭が良く、ゲームをよく読み、主導権を握レル。彼は将来のリーダーになる可能性がある」とコメントしており、元指揮官に引っ張られてアーセナルにやってくるだろうか。 2021.05.07 21:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly