フライブルクMFグリフォが新型コロナ陽性…イタリア代表活動で感染か

2021.04.05 16:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは3日、イタリア代表MFヴィチェンツォ・グリフォの新型コロナウイルス陽性判定を発表した。先日まで代表活動に参加したグリフォはチームに合流した後に検査を受検。そこで数値として低濃度ながら陽性反応が確認され、隔離措置に入っているという。3日に敵地で行われたブンデスリーガ第27節のボルシアMG戦はメンバー外だった。


3月のイタリア代表メンバーからは他にもパリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェラッティやユベントスのDFレオナルド・ボヌッチも感染。イタリアサッカー連盟(FIGC)は3月31日に代表スタッフ4名の陽性判定を報告していた。

ドイツ育ちのイタリア移民であるグリフォはホッフェンハイムで2012年にプロデビューし、2019年冬からフライブルクに復帰。2018年からはイタリア代表にも選出され、3月25日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第1節の北アイルランド代表戦にも出場していた。

なお、フライブルクはグリフォを除くその他の選手に関して、全員が陰性判定を受けたことも明らかにしている。
関連ニュース
thumb

奥川の誘ったOG弾で逃げ切ったビーレフェルトが3試合ぶりの白星で降格圏脱出!《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは9日、ブンデスリーガ第28節でフライブルクと対戦し、1-0で勝利した。ビーレフェルトのMF堂安律は91分までプレー、奥川雅也はフル出場している。 降格圏内の17位に沈むビーレフェルト(勝ち点23)が、10位フライブルク(勝ち点37)をホームに迎えた一戦。 堂安と奥川が4戦連続同時スタメンとなった。 堂安のファーストシュートで幕を開けた一戦は、前線にボール集めるシンプルな攻撃でシュートまでつなげると、14分には、左CKからの二次攻撃からボックス内のボグルサマーに決定機が生まれたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 良い入りを見せたビーレフェルトは17分にピンチを迎える。スローインを右サイド深くで拾ったサンタマリアがダイレクトで折り返すと、ニアのR・サライが右足で合わせたが、シュートはゴール左に逸れた。 その後は膠着状態が続く中、ビーレフェルトは28分にクロスのヒールパスでゴール前に抜け出した奥川がシュート。さらに39分には、堂安のパスでボックス右深くまで侵入したクロスがシュートを放ったが、共にGKミュラーのセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の攻防が続く。するとビーレフェルトは68分、ショートコーナーの戻しを受けたアルネ・マイアーのパスをボックス右で受けた奥川が縦切り込みシュート。ゴール前のサンタマリアにディフレクトしたボールがそのままゴールネットに突き刺さった。 さらにビーレフェルトは、74分にもコーナーキックの流れからニルソンがゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビーレフェルトは86分にデ・メディナのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると奥川のラストパスをゴール前のボグルサマーが右足で合わせたが、これはゴール左に外れた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。3試合ぶりに白星を飾ったビーレフェルトは、暫定ながら残留圏内の14位まで順位を上げた。 2021.04.10 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フライブルク、主力のハンガリー代表MFサライと契約延長

フライブルクは9日、ハンガリー代表MFロランド・サライ(23)と契約延長したことを発表した。延長した期間は明かされていない。 2018年夏にアポエルからフライブルクに加入したサイドハーフ兼攻撃的MFのサライは、昨季後半から主力に定着。今季はブンデスリーガ19試合の出場で5ゴール4アシストを記録し、8位と好位置に付けるチームの主力として活躍している。 そのサライは契約延長について「フライブルクでの生活はとても心地よく、ここでさらに成長できると思っている」とコメントした。 2021.03.10 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

3発快勝のライプツィヒ、バイエルンにプレッシャー《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは6日、ブンデスリーガ第24節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節ボルシアMG相手に2点のビハインドをひっくり返す劇的な試合を演じた2位ライプツィヒ(勝ち点50)は、首位バイエルンとの2ポイント差をキープした中、Y・ポウルセンとセルロートの2トップで臨んだ。 8位フライブルク(勝ち点34)に対し、 ライプツィヒが押し込む展開で立ち上がっていくも、決定的なシュートシーンは生み出せない。 それでも41分、ライプツィヒが先制する。GKミュラーのパスミスをカットした流れから、Y・ポウルセンのラストパスを受けたエンクンクが蹴り込んだ。 迎えた後半も主導権を握るライプツィヒは64分に突き放す。ショートカウンターの流れからエンクンクがスルーパスに抜け出し、最後はボックス右のセルロートが押し込んだ。 余裕の展開としたライプツィヒは79分に勝負を決める。セルロートのポストプレーから、ペナルティアーク左のフォルスベリがダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 このまま3-0で快勝としたライプツィヒがこの後ドルトムントと試合を行う首位バイエルンを暫定でかわし、プレッシャーをかけている。 2021.03.07 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太途中出場のウニオンが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは20日、ブンデスリーガ第22節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。ウニオンのMF遠藤渓太は76分から出場している。 前節シャルケ戦をゴールレスドローで終え、5戦勝ちのない9位ウニオン(勝ち点30)はシャルケ戦で出番のなかった遠藤がベンチスタートとなった。 8位フライブルク(勝ち点31)に対し、カウンターで揺さぶるウニオンはゴールレスで迎えた64分に先制する。イングヴァルトセンの右クロスをプロメルがヘッドで押し込んだ。 ウニオンが1点をリードした中、76分に遠藤が左サイドに投入される。終盤にかけ、守勢に回ったウニオンだったが、83分に追加点のチャンス。遠藤のボールカットからムサがGKと一対一に。しかし、シュートはGKにセーブされてしまう。 それでも1-0のまま逃げ切ったウニオンが6試合ぶりの勝利を飾っている。 2021.02.21 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがお得意様フライブルクに11年ぶりの敗戦…16歳ムココの今季2点目も及ばず…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第20節、フライブルクvsドルトムントが6日にバーデノーヴァ・シュタディオンで行われ、ホームのフライブルクが2-1で勝利した。 前節、アウグスブルク相手に4試合ぶりの白星を手にした6位のドルトムント(勝ち点32)は、ミッドウィークに行われたDFBポカールでは2部パーダーボルン相手に延長戦まで持ち込まれたが、きっちり勝ち切って公式戦連勝。9位のフライブルク(勝ち点27)のホームに乗り込んだこの一戦では、ポカールから先発4人を変更。モレイ、ピシュチェク、ベリンガム、シュルツに代えてフンメルス、ラファエウ・ゲレイロ、レイナ、ロイスが起用された。 この試合、[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に布陣を変更したドルトムントは右サイドバックで起用されたジャンがいきなり魅せる。5分、右サイドからボックス手前にドリブルで切り込んで強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 この決定機をキッカケに試合に動きが出始めると、9分にはチョン・ウヨンのミドルシュートのこぼれ球に反応したデミロビッチ、12分にセットプレーからゴール前で折り返しに反応したホフラーとホームチームが続けてゴールに迫る。 一方、ドルトムントも13分に得意の高速カウンターからボックス右でレイナが折り返したボールにファーのハーランドが飛び込み角度のないところから左足のボレーを枠に飛ばすが、GKミュラーのビッグセーブに阻まれた。 序盤に決定機を作り合ったものの、以降は互いに攻め切れない膠着状態に陥る。とりわけ、ボールの主導権を握ったドルトムントはフライブルクのコンパクトな守備とボールホルダーに対する激しい寄せに苦しみ、ビルドアップの場面で引っかけられる場面が目立ち、自慢の攻撃陣になかなか良い形でボールが入らず。比較的プレッシャーが少ない両センターバックの持ち上がりを起点に局面の打開を図ったが、相手の守備を揺さぶり切れぬまま前半終了を迎えた。 ブラントに代えてベリンガムをハーフタイム明けに投入したドルトムントだったが、フライブルクの勢いを止められず悪夢の後半立ち上がりに。 まずは49分、相手陣内左サイドでボールを受けたグリフォから横パスを受けたチョン・ウヨンが見事な左足のブレ球シュートをゴール左隅に突き刺し、フライブルクが先制に成功。続く52分にはグリフォのシュートのこぼれ球をボックス手前右で回収したシュミットが右足アウトにかけた強烈なミドルシュートをニア上に飛ばすと、GKヒッツの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 いずれも相手のファインゴールも寄せ切れない守備で一気に2点のビハインドを負ったドルトムントは、60分にロイスとデラネイを下げてムココとダフードを同時投入。そのムココは投入直後のファーストプレーで強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。 その後も攻勢を仕掛けるドルトムントは76分、高い位置でのボール奪取からハーランドが中央をドリブルで運んでボックス右のムココにラストパスを通すと、16歳の怪物FWが強烈な右足のシュートを突き刺し、反撃の狼煙を上げる今季2点目とした。 その後、フライブルクが守備的な交代カードを切って逃げ切り態勢に入ると、ドルトムントが猛攻に打って出る。試合最終盤にはフンメルスを前線に残して力業でゴールをこじ開けにかかるも、ハーランド、ムココとボックス内でのシュートチャンスを決め切ることができなかった。 この結果、得意とするフライブルク相手に2010年5月以来、11年ぶりの敗戦を喫したドルトムントはトップ4が遠のく痛恨の敗戦となった。 2021.02.07 01:33 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly