予選2連敗のジョージア、指揮官は終盤の失点に嘆き「選手たちに悲しい思いをさせた」

2021.03.29 16:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョージア代表のウィリー・サニョル監督が、終了間際の失点で勝ち点を逃したことを悔やんでいる。スペイン『アス』が伝えた。

ジョージアは28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第2節で、スペイン代表と対戦。格上相手に前半先制に成功すると、後半同点にこそ追い付かれたものの粘り強く守り、勝ち点1を獲得できるかに思われた。しかし、後半アディショナルタイムに失点を喫してしまい、1-2のスコアで敗れている。

この結果、前節のスウェーデン代表戦でも敗れていたジョージアは予選2連敗。グループ4位に沈んでいる。

試合後のインタビューに臨んだサニョル監督は、結果に失望しつつチームが勝ち点獲得まであと一歩のところまで迫ったことを強調した。

「選手たちにとても悲しい思いをさせてしまった。極限の状況で素晴らしいチームを見せられたと思う。残念なのは、最後の15分でエネルギー不足に陥ったことだ。もう一度試合を見てミスを分析したいが、私としてはこの試合にとても満足している」

「チームにはクラブでほとんどプレーしていない選手もいるが、素晴らしい試合をしてくれたと思う。努力がものすごく伝わってきた。我々はいくつかの場面において解決策を欠いていたが、自信を深めることもできたはずだ」

「日程についてはUEFAの決定事項だ。非常に厳しいものではあるが、このような舞台で試合ができることを嬉しく思う。我々の今の目標は、次節のギリシャ代表戦で勝利することだ」

また、サニョル監督は対戦相手のスペインについても言及。グループで良い位置につけていると称えつつ、ルイス・エンリケ監督に対しての感謝も語っている。

「スペインは予選通過のため非常に良い位置にいる。新型コロナウイルス(COVID-19)の時代では驚くようなことが起こるが、既に4ポイントを獲得しているスペインのポジションはとても良いと思うよ。ルイス・エンリケが我々に良い言葉をかけてくれたことにも感謝したい」

関連ニュース
thumb

カバーニがカタールW杯後の代表引退示唆 「もうひとつの夢を実現し、身を引きたい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が2022年カタール・ワールドカップ(W杯)後の代表引退を示唆した。『ESPN』が伝えている。 カバーニは2008年のフル代表デビュー以降、歴代3位の118試合に出場し、歴代2位の51ゴールを記録。長らくFWルイス・スアレスと共にラ・セレステの攻撃をけん引し続けている。 しかし、今年2月に34歳となったエル・マタドールは、来年に控えるカタールW杯が自身にとって最高の引き際になると考えているようだ。 「すべての人間の人生というものは、目的に基づいていて、ある場所に到達するための欲求、目標、目的があるものなんだ」 「フットボールの場合、代表チームでの僕の目標は、カタールでのワールドカップ出場になる。そのもうひとつの夢を実現し、その後は身を引いて家族や仲間、自分のことに専念したいと思っている。僕らはすでにそのラストダンスに参加している状態だね」 また、先日にユナイテッドとの契約延長にサインしたカバーニだが、依然としてボカ・ジュニアーズ行きの可能性が伝えられている。その点について34歳のベテランストライカーは、南米でキャリアを終える可能性を否定していない。 「いつかは南米に戻って、この地で戦うことになるだろうけど、今はその時ではないね」 なお、自身最後の参加となるコパ・アメリカに参戦中のカバーニは、18日にグループA初戦のアルゼンチン代表戦に挑む。 2021.06.15 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ初戦を前に…スペイン代表の選手層を誇るアルバ「誰もがスターターのよう」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバがスウェーデン代表戦に向け、意気込みを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 スペイン代表は14日、ユーロ2020グループE第1節でスウェーデン代表と対戦する。ユーロ2012以来、2大会ぶりの優勝を目指して初陣に臨む。 試合を前に、アルバはスペイン代表の選手層の厚さを絶賛。レベルの高い大会を戦うとしながらも、チームの完成度に自信を見せた。 「これは常に考えていたことだけど、このコンペティションは非常にレベルが高く、素晴らしい。盛り上がりは他の大会の決勝と同じくらいだ。このような大会では、選手1人1人の質が重要になってくる」 「何か大きなことをしたいと思っているよ。決勝まで7試合あり、運の要素も影響してくると思うけど、僕らはとてもよく鍛えられたチームだと思っている。誰もがスターターのように感じており、それはチームにとっても良いことだね」 また、中3日という過密日程の中で大会が行われることについても「僕らは中3日のプレーに慣れているし、準備はできている。チーム全員を助けたい」と問題視しなかった。 さらに、新型コロナウィルス陽性のため、離脱したバルセロナのMFセルヒオ・ブスケッツについても言及。代理としてキャプテンを担うものの、「キャプテンはブシ(ブスケッツの愛称)だ。彼の復帰を楽しみにしているよ。彼はサッカーの面でも、人間性の面でも欠かせない存在なんだ」とリスペクトを欠かさなかった。 2021.06.14 18:06 Mon
twitterfacebook
thumb

両国を愛するが故?リベリがフランスvsドイツを展望「5-5の決着がいい」

フィオレンティーナの元フランス代表MFフランク・リベリが、注目の一戦を展望している。 ユーロ2020グループF第1節のフランス代表vsドイツ代表は、15日に予定されている。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)王者と2014年のブラジルW杯王者がぶつかり合う両者の一戦に大きな注目が集まっている。 試合を前に、ドイツ『キッカー』のインタビューを受けたリベリは「この一戦、僕の胸には2つのハートが動いているんだ。バイエルンには12年もいたからドイツを愛しているけど、僕はこれからもずっとフランス人だ。だからこそ、僕は0-0の引き分けを希望する。いや、ファンがゴールを見られるように1-1、あるいは5-5がいいかな」とコメント。両国に所縁ある38歳のドリブラーは、複雑な心境のようだ。 また、フランス代表については、「カリム(・ベンゼマ)は非常に重要な存在になるかもしれない。彼は僕と同世代の素晴らしいストライカーなんだ。カリムのフランス代表への復帰はとても嬉しいよ」と5年ぶりの代表復帰を果たしたベンゼマを注目選手に推した。 さらに、ドイツ代表についても言及。2年ぶりの代表復帰となったバイエルン時代の同僚ミュラーを絶賛した。 「僕にとって、彼ほどドイツサッカーを体現している選手はいない。トーマス(・ミュラー)はこのチームのイメージにとって重要な存在だ」 「彼は最高レベルで多くのタイトルを獲得しており、膨大な経験をチームにもたらすことができる。また、同僚をリードすることができ、常にポジティブな人物なんだ。彼の代表チームへの復帰は当然のことであり、ドイツにとっても幸運なことだと思うよ」 2021.06.14 15:47 Mon
twitterfacebook
thumb

日本戦では「ベストを尽くす」と語ったキルギス代表監督、濃厚接触で不在だったGKも追加招集「プラン通りに進んでいる」

キルギス代表のアレクサンデル・クレスティニン監督が、15日に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本代表戦に向けて、前日記者会見に臨んだ。 キルギスは今回の日本での集中開催で3試合を戦うこととなった中、来日後に選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を示した。 さらに、この濃厚接触者としてGK3名を含む5選手が認定されていた。 厳しい状況下での試合をこなしてきた中クレスティニン監督は、「コロナの問題は確かにあったが、最近の選手に対するコロナの検査では陽性の選手はいなかった」と現在は問題を抱えていないとコメント。「日本戦では良い試合ができるようにベストを尽くす」と語り、明日の日本戦に向けて意気込んだ。 また、これまでの2試合は、DFが本職のアイザル・アクマトフをGKとして起用せざるを得ない状況に。そんな中、日本戦に向けてはベテランのGKパベル・マティアシュを追加招集。「GKに関しては我々のプラン通りに進んでいる」とコメントした。 ここまで予選7試合を終えてグループ2位につけるキルギス。各グループ2位の上位4チームに与えられるW杯最終予選への切符は手にできないものの、2位をキープすれば2023年の中国アジアカップ予選で3次予選からの出場となる。 3位のタジキスタン代表とは勝ち点で並んでいる状況であり、日本戦で勝ち点を奪わなければ3位に転落する可能性もあるが、日本戦については「明日の試合は非常に興味深い」とコメント。「日本については多くの情報があり、日本に来てからたくさんの情報を得てきた。我々の計画、分析に基づいて試合をしたいと思う」と語り、チームとして強い意気込みを持っているようだ。 2021.06.14 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

イギリス心臓専門医、エリクセンのピッチへの復帰について「答えはノー」

イギリスの心臓専門医が、試合中に倒れたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに対しての見解を示した。イギリス『ミラー』が伝えている。 エリクセンは12日、ユーロ2020グループB第1節のフィンランド代表戦に先発するも、43分にスローインのボールを受けにいった際に、そのままピッチへと力なく倒れ込み、一時は心肺停止状態に。しかし、チームドクターの適切な処置により一命を取り留め、現在では会話もできる状態まで回復している。 そんなエリクセンについて見解を述べたのは、イギリスの心臓専門医であり、イングランドサッカー協会(FA)でもドクターを務めるサンジェイ・シャルマ氏。一命をとりとめたことを喜びつつも、再びプレーすることは難しいと語った。 「私はとても嬉しい。状態が安定しており、目を覚ましているということは、彼の見通しは非常に良いものになるだろう」 「彼が再びプレーできるかどうかはわからない。あまり大げさな言い方をしなくても、彼は今日、数分間とはいえ心臓が止まっていたんだ。医療関係者は、彼が再び倒れるリスクがあるようなことを許すだろうか。答えはノーだ」 「良いニュースは、彼が生きているということ。そして、悪いニュースは、彼のキャリアが終わりに近づいているということだ。彼が再びプロの試合に出場できるかどうかは、明言はできないがね」 「イングランドならプレーするのは無理だろう。我々はそういったケースに対して厳格だからだ」 また、『ミラー』は2012年3月に、エリクセンと同じく、試合中の心肺停止で病院に運ばれた当時ボルトン所属のファブリス・ムアンバ氏の一例も紹介。同氏は医師からの勧告もあり、その後1度もプレーすることなく、現役を引退している。 2021.06.14 11:14 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly