アルゼンチンの天才司令塔、パストーレがズラタンとの見事な連携で相手ディフェンスを切り裂く/2014-15【スーパーゴール図鑑/PSG編】

2021.03.29 12:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
ハビエル・パストーレ(当時24歳)
国籍:アルゼンチン
所属:パリ・サンジェルマン
ポジション:MF
身長:187cm2009年に加入したパレルモでブレイクし、一躍欧州トップクラブの若手選手となったパストーレ。そのエレガントなプレースタイルから、“アルゼンチンのカカ”とも呼ばれたパストーレは、次なる活躍の場として2011年にPSGに移籍。2018年1月にローマに移籍するまで、公式戦269試合45ゴール61アシストを記録した。

【試合詳細】
日程:2015年3月7日
大会:リーグ・アン第28節
対戦相手:ランス
時間:後半38分(3-1)


◆パストーレがズラタンとの連携から決めたゴール

3-1とPSGリードで迎えた83分、センターサークル右でボールを持ったパストーレは、相手がプレッシャーに来ないことを見ると、一気に加速してドリブルを開始。ボールをボックス手前まで運ぶとFWズラタン・イブラヒモビッチに一旦ボールを預け、自身は裏へと走り込む。イブラヒモビッチはそれを見て絶妙なループパスを出すと、これを受けたパストーレがダイレクトボレーをゴール左に沈めた。

これでダメ押しの4点目を奪ったPSGは4-1で勝利している。
関連ニュース
thumb

PSG、今季限りで退団の噂されたドラクスラーと2024年まで契約延長

パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(27)との契約延長を発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 PSGとの契約が今季限りとなっていたドラクスラーには、今夏にレンタルバックするブラジル代表FWドグラス・コスタの後釜を探すバイエルンが関心を示していたが、パリでの生活に満足している同選手はクラブが新たな契約延長オファーに合意したようだ。 2017年1月にヴォルフスブルクから加入したドラクスラーだが、トーマス・トゥヘル前監督(現チェルシー監督)の下では、途中出場が多く、本職ではないセントラルMFでの起用など、便利屋としての扱われ方が目立ち、完全に脇役に甘んじていた。 しかし、今年1月に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下では出場機会を増やしており、今季はここまで公式戦34試合の出場で4得点7アシストを記録。PSGでは通算で公式戦172試合に出場し、24ゴール39アシストの数字を残している。 2021.05.18 07:40 Tue
twitterfacebook
thumb

熾烈極める優勝争いは首位リールがPSGに1pt差で最終節に! 植田所属ニームの降格が決定…《リーグ・アン》

リーグ・アン第37節が16日に一斉開催で行われた。 昨シーズンはコロナ禍でシーズン途中の打ち切りも、近年は3連覇中のパリ・サンジェルマン(PSG)の独走が続いたリーグ・アン。 しかし、今シーズンは2節を残して首位のリール(勝ち点79)、2位のPSG(勝ち点76)、3位のモナコ(勝ち点74)、4位のリヨン(勝ち点73)の4チームに優勝の可能性がある大混戦に。 一斉開催となった今節の注目カードとなった首位リールと11位のサンテチェンヌの一戦は、0-0のドローに終わった。試合を通して主導権を握ったホームチームだったが、前後半に訪れたアラウージョ、デイビッドの決定機は決まらず。 さらに、試合終了間際には猛攻に打って出た90分にはヤズジュの直接FK、ボックス中央でフリーとなったブラク・ユルマズが決定的なシュートを放つが、それぞれ左ポストと相手DFのゴールカバーに阻まれて勝ち点1を積み上げての首位キープにとどまった。 そのリール相手に逆転優勝を目指す2位のPSGは13位のスタッド・ランスとのホームゲームを4-0の圧勝で制した。前半序盤にボックス内でのハンドによってPKを獲得すると、これをキッカーのネイマールが決めて幸先よく先制に成功。さらに、前述のPK場面では決定機阻止で相手DFが一発退場となったことで、以降は余裕の試合運びが可能となった。 24分にムバッペ、68分にマルキーニョスと主役が揃ってゴールを奪うと、試合終了間際にはケアンがダメ押しのゴールを挙げてホーム最終戦を大勝で飾り、1ポイント差に迫った最終節での逆転優勝を目指すことに。 また、レンヌとの接戦を2-1で制した3位のモナコは数字上で逆転優勝の可能性を残したが、上位2チームの取りこぼしに加えて、大量得点での勝利が必須と、最終節ではチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が最大の目標に。 同じくニーム相手に5-2の大勝を飾ったリヨンは優勝の可能性は潰えるも、モナコとの1ポイント差を維持して逆転でのCL出場権獲得に望みを繋いだ。 なお、そのリヨンに大敗したDF植田直通擁するニームは、最下位のディジョンに続き、最終節を前に19位での自動降格が決定した。 また、DF酒井宏樹とDF長友佑都を擁するマルセイユはアンジェとの接戦をミリクのハットトリックとなった試合終了間際のPK弾によって3-2で競り勝って、最終節を前にヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位をキープした。 ◆リーグ・アン第37節結果 ボルドー 3-0 RCランス ディジョン 0-4 ナント リール 0-0 サンテチェンヌ ロリアン 2-1 メス マルセイユ 3-2 アンジェ モナコ 2-1 レンヌ モンペリエ 0-0 ブレスト ニース 0-2 ストラスブール ニーム 2-5 リヨン パリ・サンジェルマン 4-0 スタッド・ランス 2021.05.17 06:11 Mon
twitterfacebook
thumb

「メチャクチャだ」ネイマール、カップ戦決勝の出場停止にブチキレ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがブチギレた。 フランス・プロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会は14日、ネイマールに対して、モナコとのクープ・ドゥ・フランス決勝の出場停止処分を発表した。 13日の準決勝でモンペリエと対戦したPSG。この試合にネイマールは86分に途中出場。しかし、90分にイエローカードを提示されていた。 退場したわけではないネイマール。クープ・ドゥ・フランスでも通算で1枚しかイエローカードをもらっていない状態だったが、リーグ・アンでの出場停止処分に付随していた執行猶予が消滅してしまったのだ。 ネイマールは4月3日に行われたリーグ・アン第31節のリール戦で退場処分。その際に2試合の出場停止処分に加え、執行猶予で1試合の出場停止処分が下されていた。 ストラスブール戦、サンテチェンヌ戦で2試合の出場停止を消化したネイマール。その後リーグ戦3試合に出場していたが、モンペリエ戦での要らぬイエローカードで執行猶予中の1試合の出場停止が発動。これが19日に予定されているクープ・ドゥ・フランスの決勝に適用されることとなった。 すると、この処分についてネイマールが自身のインスタグラムで不満を爆発。ストーリーズを更新し、ブチキレていた。 「フランスで処分のルールを作った人が考えていることを理解したい!これは拍手喝采に値するよ。メチャクチャだ」 2021.05.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

モナコが新エンブレムを発表! 色がわずかに変化

11日、モナコは「RISE、RISK、REPEAT」という新たなブランドを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 今回の新ブランドについてモナコは「長年にわたり、モナコは若さ、大胆さ、ヨーロッパの素晴らしいスポーツに挑戦する能力を通じて、クラブの地位を確立してきました」と声明を発表。「このような新たなブランドは、モナコのアイデンティティ、歴史、そして未来への展望を、モナコ公国の国際的な背景の中で明確に表現しています」とその意図を説明した。 「RISE」はどんな挑戦からも遠ざかることのないクラブの戦いと大胆な精神、「RISK」はリスクを冒すクラブの意欲と若い才能を育成する能力、「REPEAT」はモナコが軌道に戻り、ピッチ内外で最高のパフォーマンスを構築して未来をより良いものにし、再び戦う能力を表しているという。 また、これに伴いクラブのエンブレムのデザインもわずかに変更。形は変わらないものの、グラデーションや影がなくなったシンプルなものとなる。 モナコは16日にリーグ・アン第37節でスタッド・レンヌとホームで対戦するが、そこでは新ブランドにインスパイアされた特別ユニフォームを着用すると合わせて発表している。 <span class="paragraph-title">【写真】違いが分かる?モナコの新旧ロゴ比較</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/ha7pcgfq8n">pic.twitter.com/ha7pcgfq8n</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1392127947230912512?ref_src=twsrc%5Etfw">May 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.13 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが6季連続のクープ・ドゥ・フランス決勝進出! PK戦で辛勝もポチェッティーノ「勝利に値する内容だった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がモンペリエ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは12日、クープ・ドゥ・フランスの準決勝でラ・モッソンに乗り込み、モンペリエと対戦した。10分にFWキリアン・ムバッペのゴールで先制するも、45分にFWガエタン・ラボルドの得点を許し、同点で試合を折り返す。 後半も立ち上がりに再びムバッペがネットを揺らしリードを得たが、終盤に痛恨の失点。勝負はPK戦にまでもつれ込んだ。 互いに5本ずつを決めて迎えた6本目、先行のモンペリエが失敗したのに対し、PSGはFWモイゼ・ケアンがきっちりと決め、決勝への切符を勝ち取った。 指揮官はPK戦までもつれたことに不満を抱きつつも、全体としては勝利に値する内容だったと、試合を振り返っている。 「我々はこの資格に完全に値すると思う。PK戦に至ったことは残念だったが、パフォーマンスは本当に良かった。選手たちに満足しており、全体的には決勝に進む価値があると思う」 「ゴール前でもっと積極的にプレーすべきだった。我々は多くのチャンスを作ったが、時にはふさわしい機会を得られないこともある。今度は日曜日(16日)のリーグ・アンの試合や、水曜日(19日)の決勝に向けて準備しなければならない。難しい試合になることは間違いない」 「木曜日(13日)に何が起こるか見なければならないが、どちらが勝ち上がってきても(決勝は)難しい試合になるだろう」 大会2連覇を目指す決勝戦は、13日に行われるGFAリュミリー・ヴァリエール(フランス4部)vsモナコの勝者と対戦する。 2021.05.13 15:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly