富山を下した宮崎がJ3初勝利! 連勝の岐阜は首位浮上【明治安田J3第3節】

2021.03.28 16:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J3リーグ第3節の7試合が21日に各地で行われた。開幕2連勝を収めた富山はJ3初参戦の宮崎と対戦。なかなか攻撃の形が作れない中で迎えた19分、自陣でボールを奪われると、ボックス内で今瀬が前田を倒してしまいPKを献上。これを藤岡に決められ、先制を許してしまう。


一方、これで勢いに乗った宮崎は42分、左サイドから上がったクロスがワンバウンドしたところを、ボックス右の徳永がボレーシュート。これがブロックに入った相手DFの爪先に当たると、シュートはGKの頭上を越えるループシュートのような形でゴールに吸い込まれた。

その後、後半に入って次々と選手交代で策を講じる富山の反撃を1点に留めた宮崎が、本拠地ユニリーバスタジアム新富で2-1の勝利。サポーターの目の前でJ3初白星を挙げた。

讃岐をホームに迎えた岐阜は大勝を収めた。まずは11分、敵陣右サイドのFKで吉濱が上げたクロスを三ッ田が頭で合わせて先制。25分には相手GKのミスパスを奪った川西が、ペナルティアークからループシュートを流し込みリードを広げた。

川西はさらに57分にも右から入ったクロスを頭で合わせて追加点。これで試合を決定付けた岐阜は、64分に舩津のグラウンダーのクロスを村田がダイレクトで合わせてダメ押しの4点目。これで2連勝とした岐阜は、上述の富山と、同日引き分けた長野を抜いて首位に浮上した。

◆第3節
▽3/28
ヴァンラーレ八戸 1-0 アスルクラロ沼津
いわてグルージャ盛岡 0-0 AC長野パルセイロ
Y.S.S.S.横浜 0-0 ロアッソ熊本
FC今治 2-0 ガイナーレ鳥取
鹿児島ユナイテッドFC 2-0 福島ユナイテッドFC
FC岐阜 4-0 カマタマーレ讃岐
テゲバジャーロ宮崎 2-1 カターレ富山
関連ニュース
thumb

鳥取DF石井光輝が左大腿二頭筋肉離れで離脱…復帰まで6週間

ガイナーレ鳥取は21日、DF石井光輝の負傷を報告した。 石井は18日に行われたトレーニング中に負傷。左大腿二頭筋肉離れで復帰まで6週間を要する見込みだ。 関西大学から加入して5季目の石井はここまで明治安田生命J3リーグ全4試合に先発している。 2021.04.21 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

代表合宿にも参加経験ある元熊本MF相澤祥太が南葛SCに加入「南葛SCのJリーグ入りという目標のために」

ロアッソ熊本は21日、昨シーズン限りで退団していたMF相澤祥太(25)の移籍先が決定したことを発表した。 相澤は関東サッカーリーグ2部の南葛SCへと完全移籍することとなる。 相澤は流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。在学中の2016年3月にはロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のアフガニスタン代表戦に向けた日本代表の練習にトレーニングパートナーとして参加した経歴を持っていた。 大学卒業後はサウスウエスト・クイーンズランド・サンダーFC(オーストラリア)や鎌倉インターナショナルFC(当時神奈川県社会人サッカーリーグ2部)でプレー。2020年2月に熊本へと加入し、Jリーグに挑戦した。 2020シーズンは明治安田生命J3リーグで15試合に出場したものの、1シーズンで契約満了を迎えていた。 相澤は南葛SCを通じてコメントしている。 「このたび、南葛SCに加入することになりました相澤祥太です。自分の生まれ育った葛飾に、魅力あるクラブがあり、自分も南葛SCや葛飾区の発展に力になりたいと思い加入させていただきました」 「また、南葛SCは『キャプテン翼』のチームということで、「ボールは友だち」というコンセプトのチームなので、自分も技術的な部分でもチームに貢献して、南葛SCのJリーグ入りという目標のために少しでも力になれるように頑張ります」 2021.04.21 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

福島が選手2名の新型コロナ陽性を報告

福島ユナイテッドFCは19日、トップチーム所属選手2名の新型コロナウイルス陽性判定を報告した。 当該選手Aは17日に37.4度の発熱症状があり、医療機関で抗原検査を受けたところ、陽性を確認。18日に受けたJリーグ公式PCR検査でも陽性判定が下ったという。当該選手Bは症状なしの状況が続くが、18日のJリーグ公式PCR検査と抗原検査でいずれも陽性判定を受けたようだ。 両選手は自覚症状も軽度であり、保健所指導のもとで隔離、体調回復に専念。18日から全カテゴリーの選手およびスタッフ全員に自宅隔離措置を敷き、保健所指導のもとで今後の活動再開を検討している。 なお、福島は25日にホームで予定する明治安田生命J3リーグ第6節でいわてグルージャ盛岡と対戦。その試合の開催可否については決まり次第、知らせるとしている。 2021.04.19 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜のクラスターは「ロッカールームとマッサージ」、専門家チームはマスクなしの気の緩みを指摘

Jリーグと日本野球機構(NPB)は19日、「第30回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 今回の対策連絡会議では、大阪府を中心に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が全国的に広がっていること、特に変異株が猛威を振るっていることなどが専門家チームから報告された。 また、JリーグではFC岐阜で発生したクラスターについても議論がなされ、一定の原因が判明したことが報告されたとのことだ。 岐阜の件について村井満チェアマンは「3名の陽性判定が出ており、ご家族から2名出て合計5名となっている。3名の選手は、6日前にお互いに2人の選手がトレーニングを一緒にしたとしていた」とコメント。選手同士が直接的に関わっていたことが判明したとのことだ。 それでも「3人の外側がどういう感染ルートかははっきりしていないが、選手間のところでは2人の選手が一緒にトレーニングをしていた。また、選手間でロッカールームでマスクを着用しないで会話をし、濃厚接触が認定されたとのこと。マッサージを受ける選手がマスクをしていなかったことが注意事項としてあった」とし、これまでにも指摘されていたマスクの着用がやはり大きい要因だとした。 村井チェアマンは「Jリーグではガイドラインにロッカールームで全員マスク着用のことが記載されているが、それが守られていなかった」とコメント。「改めて今日は、どんな状況であれマッサージ受けるのであればマスクを着用しなければいけないということが指摘された」とし、「基本中の基本が徹底されていなかったことが発覚した。実行委員会で周知徹底していきたい」と、各クラブへ改めて通達することを明かした。 専門家チームの三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「その中で明らかになってきたことはロッカールームのマスク、マッサージ時のマスクなど、基本的なところが欠如したために起きたという事例があるということがわかっている」とし、「こういったことを見ると、すでにプロ野球、Jリーグもキチッとしたマニュアルを作られているので、コロナ慣れ、少し綻びが出ると感染が出ることに加え、変異株の感染力があるということが指摘された」とし、ちょっとした気の緩みが一気に感染を広げる可能性があると指摘した。 また、感染拡大を抑制することについては「最近の報道を見ているとイギリスでマスクを外しているのを報道している。半数がマスクをしていないのを見ると、大丈夫なのかな?と」とコメント。「どうしても国民の努力が必要だと思う。プロ野球もJリーグもスポーツをやっていく上では、国民が望んでいることでもあるので、みんなが協力していかなければいけない。日本国民の文化を醸成することが必要じゃないかと思う」と語り、それぞれがしっかりと感染防止対策をすることが、感染拡大を抑えるために必要だとした。 2021.04.19 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

第101回天皇杯、J3の岩手ら7県で代表チームが決定《天皇杯》

日本サッカー協会(JFA)は18日、5月22日に開幕する「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会」の都道府県代表7チームが決定したことを発表した。 記念すべき第100回大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、大会方式が大幅に変更。都道府県代表チームに加え、J1はリーグ戦1位と2位の2チーム、J2、J3はリーグ戦1位の1チームのみが参戦するという形になった。 2年ぶりに県予選が行われ、J3リーグクラブにとっては2年ぶりのチャンス。18日に、7県で決勝戦が行われ、出場7チームが決定。岩手県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、福岡県で決定した。 県予選には明治安田J3のクラブも参加するが、岩手県ではいわてグルージャ盛岡が富士大学と対戦し、3-0で勝利。岩手は2019年以来、14回目の出場となった。 島根県では、松江シティFCとE-WING出雲が対戦し、2-0で松江シティFCが勝利。7大会連続8回目の出場となった。 岡山県では、三菱水島FCとENEOS 水島が対戦し、6-0で三菱水島FCが勝利。2年連続 14 回目の出場となった。 広島県では、福山シティFCとSRC広島が対戦し、4-1で福山シティFCが勝利。前回大会で準々決勝まで勝ち上がった福山シティFCが2年連続2回目の出場となった。 山口県では、FCバレイン下関と徳山大学が対戦し、FCバレイン下関が2-0で勝利。2年連続2回目の出場となった。 徳島県では、FC徳島とN.Jが対戦し、7-1でFC徳島が勝利。6年連続6回目の出場となった。 福岡県では、福岡大学と九州共立大学の大学勢同士の決勝隣、4-1で福岡大学が勝利。2年連続34回目の出場となった。 ◆出場決定チーム 【アマチュアシード】ヴェルスパ大分[5年連続11回目] 【秋田】猿田興業[2年連続2回目] 【岩手】いわてグルージャ盛岡[2年ぶり14回目] 【鳥取】ガイナーレ鳥取[第99回(2019年)大会以来 【島根】松江シティFC[7年連続8回目] 【岡山】三菱水島FC[2年連続14回目] 【広島】福山シティFC[2年連続2回目] 【山口】FCバレイン下関[2年連続2回目] 【徳島】FC徳島[6年連続6回目] 【福岡】福岡大学[2年連続34回目] 2021.04.18 18:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly