ニューカッスルMFアルミロン、願望隠さず 「もっと戦えるチームでプレーしたい」

2021.03.27 11:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(27)が将来的なステップアップ願望を認めた。メジャーリーグサッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドでの活躍を受け、2019年1月にニューカッスル入りしたアルミロン。これまでも複数有力クラブからの関心が取り沙汰されるドリブル突破が魅力のアタッカーだ。

今季もここまで公式戦30試合の出場で5得点3アシストと不動の地位を築くアルミロンだが、代理人であるダニエル・カンポス氏は昨秋に「パンデミックがなかったら、ほかの場所にいただろう」と述べ、移籍をほのめかた。


そうしたなか、アルミロンが26日に母国のラジオ局『ABC Cardinal』に出演すると、将来について自身のスタンスを明確に。「もっと戦えるチームでプレーしたい。ここで幸せで、居心地も良いんだけどね」と話した。

また、ニューカッスルでの日々についても「僕や家族は元気で、あまり外出しないようにしている。健康であるのを感謝しないとね。精神的にも元気で、ラ・アルビロハでプレーしたいよ」と語っている。

なお、ニューカッスルは今季のここまで7勝7分け15敗の17位に位置。直近の6試合で白星がなく、降格圏内の18位フルアムとわずか2ポイント差と残留争いを強いられている。
関連ニュース
thumb

4失点敗北レスター、CL権揺らぐ指揮官「多過ぎるミスの代償」…残り3試合は“ビッグ6”との連戦

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が嘆きつつ、切り替えの必要性を説いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 佳境のプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位につけるレスターは7日に行われた第35節で残留争い真っ只中の17位に沈むニューカッスルをホームに迎え撃ったが、73分までに4失点。終盤に2点差まで詰め寄ったが、及ばず、2-4で敗戦した。 これで2試合未勝利となり、今節の戦いを残す4位チェルシーの結果次第で3位からの転落危機に直面した上、勝ち点5差の5位ウェストハムにも詰め寄るチャンスを許したレスター。ロジャーズ監督は試合後、今季最多4失点の大敗劇を振り返り、次節からの立ち直りを求めた。 「分析するのは簡単。我々は多くのミスを犯した。そんなことをやっている余裕なんてない。失点の形もらしくないものだった。望みを叶えたいのであれば、シーズンのこの時期はより集中しなければ。今日は集中力がなかった。優秀なチーム、優秀な選手たちを相手にあのようなプレーをすれば、罰せられることになるものだ」 「戦い続けた選手たちに関しては誇らしく思う。ときどき責任の押しつけ合いなったりもするが、最後まで戦い続けてくれた。多過ぎるミスの代償を払うことになってしまったがね。若い選手たちによくあることで、最初の失点にしてもお粗末なミスであるのがわかる。ほかにもミスがあったが、それもフットボールだ」 「若い選手たちがいれば、そういうことも起こる。私のもとにいる選手たちは非常に正直で、心底がっかりしてもいるが、気を取り直して火曜日の試合に再び臨んでいかなければならない」 なお、レスターは残り3試合でビッグ6との3連戦となり、11日の次節は2位マンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦。それが終わると、18日の第37節で4位チェルシーとのアウェイ戦に臨み、23日の最終節で6位トッテナムをホームに迎え撃つ。 2021.05.08 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

3位レスター、下位ニューカッスルに4失点惨敗《プレミアリーグ》

レスター・シティは7日、プレミアリーグ第35節でニューカッスルをホームに迎え、2-4で惨敗した。 前節、10人となったサウサンプトンに引き分け止まりとなった3位レスター(勝ち点63)は、ヴァーディとイヘアナチョの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 勝利すればほぼ残留が決まる17位ニューカッスル(勝ち点36)に対し、前がかる入りとしたレスターだったが、16分にピンチ。カウンターを受けた流れからウィルソンのラストパスをボックス中央のサン=マクシマンにシュートされたが、GKシュマイケルがビッグセーブで凌いだ。 しかし22分、ソユンクの不用意なボールロストからジョー・ウィロックにゴールを許し、先制されてしまう。 追う展開となったレスターは25分、右サイドからのティーレマンスのFKをフォファナがヘディングで合わせるも、シュートはGKの正面を突いた。 すると34分、右CKからダメットのヘディングシュートで失点し、2点を追う展開となって前半を終えた。 迎えた後半も前がかったレスターだったが、チャンスを作れずにいたことから63分にエンディディに代えてアジョセ・ペレスを投入。 しかし2分後、決定的な3点目を許す。ロングカウンターに転じられると、カスターニュがウィルソンに競り負けて独走を許し、そのままゴールを決められた。 さらに74分にもウィルソンにゴールを許したレスターはオルブライトンが一矢報い、87分にはイヘアナチョも続いたが、2-4で惨敗。下位相手に勝ち点を積み上げることができなかった。 2021.05.08 05:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦で一発退場のDFシェアは判定覆らず、3試合の出場停止に

ニューカッスルは6日、アーセナル戦で退場したDFファビアン・シェアに対する異議申し立てが認められなかったことを発表した。 シェアは、2日に行われたプレミアリーグ第34節のアーセナル戦に72分から途中出場。しかし、90分にガブリエウ・マルティネッリに対して後ろからタックルを見舞っていた。 このファウルに対し、マイク・ディーン主審はレッドカードを提示。VARの介入などもなく、そのまま処理されていた。 ニューカッスルはこの判定に対し、イングランドサッカー協会(FA)に対して異議申し立てを行なったが、検証の結果、判定は覆らなかった。 この結果シェアは、レスター・シティ戦、マンチェスター・シティ戦、シェフィールド・ユナイテッド戦の3試合で出場停止に。シーズン残り4試合のうち3試合を欠場することとなった。 2021.05.06 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

エルネニーのプレミア初弾にオーバが今季リーグ10点目! アーセナルが公式戦連敗ストップで運命のELビジャレアル戦へ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、ニューカッスルvsアーセナルが2日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのアーセナルが0-2で勝利した。   前節、エバートンに敗れてリーグ戦の戦績においては自力でのヨーロッパコンペティション出場が絶望的となった10位のアーセナル(勝ち点46)。ミッドウィークに行われたビジャレアルとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグでは敵地で1-2の敗戦を喫するも、逆転の目を十分に残した。   来週に逆転を目指すホームでの2ndレグを控える中、残留争い中の16位ニューカッスル(勝ち点36)のホームに乗り込んだこの一戦では、ジャカ、セバージョス、ウーデゴールを除く先発8人を変更。GKにライアンが起用されたほか、ダビド・ルイス、オーバメヤンといった負傷明けの選手が復帰した。   オーバメヤンを最前線に置き、2列目に右からウィリアン、ウーデゴール、マルティネッリを並べた布陣で臨んだアーセナルは開始早々にゴールをこじ開ける。   5分、ハーフウェイライン付近の右サイドからD・ルイスが絶妙なフィードを通すと、これに抜け出したベジェリンがボックス右付近で折り返す。ニアに走り込んだオーバメヤンは合わせ切れずも触ってコースが変わったボールに反応したエルネニーがボックス中央からGKの手を弾く強烈な右足のダイレクトシュートを突き刺し、待望のプレミアリーグ初ゴールとした。   伏兵の鮮烈な一撃で幸先よくリードを奪ったアーセナルは相手のウイングバックの背後をうまく突きベジェリン、オーバメヤンと続けて惜しい場面を創出。だが、時間の経過と共に相手に押し返されると、19分にはボックス右でサン=マクシマンが放ったシュートがDFジャカにディフレクトして枠に向かうが、これはGKライアンの見事なワンハンドセーブで阻止した。   このピンチを凌いだアーセナルは気を引き締め直してここからゲームをコントロール。29分にはボックス手前まで攻撃参加を見せたジャカが得意の左足のミドルシュートでGKドゥブラフカにファインセーブを強いると、このプレーで得た右CKの場面ではウィリアンの右足インスウィングのクロスをエルネニーが体勢を崩しながらも頭で合わせて枠の右隅に飛ばす。だが、これはゴールカバーに入ったアルミロンに掻き出されて2ゴール目とはならなかった。   時間の経過と共に攻めあぐねる場面が目立つも1点リードで試合を折り返したアーセナルは、後半も集中した入りを見せる。だが、内転筋を痛めたD・ルイスがプレー続行不可能となり、53分にチャンバースが緊急投入された。   ニューカッスルの拙攻もありリードを維持する一方、ゴールが遠いアーセナルだったが、マラリアから回復したエースが久々のゴールを奪う。66分、中央での細かい繋ぎからウーデゴールが左サイドでフリーのマルティネッリに展開。そして、マルティネッリが左足で上げた高速クロスをファーに飛び込んだオーバメヤンが見事なジャンピングボレーで合わせた。   オーバメヤンの今季リーグ10点目で勝利を大きく近づけたアーセナルは、後半終盤にかけて殊勲のオーバメヤン、ウーデゴールに代えてペペ、トーマスをピッチに送り込む逃げ切り態勢に入る。   その後、マルティネッリへの危険なアフターチャージでニューカッスルのシェアが一発退場となったことで試合の大勢は決し、敵地で快勝を収めたアーセナルが公式戦連敗をストップ。ホームで逆転ファイナル進出を目指すビジャレアルとの運命の2ndレグに大きな弾みを付けた。 2021.05.03 00:13 Mon
twitterfacebook
thumb

アラン・シアラーとティエリ・アンリがプレミアリーグ初代殿堂入り! 今年はさらに6名選出予定

プレミアリーグは26日、新たに設立された『Hall of Fame(殿堂入り)』に、アラン・シアラー氏とティエリ・アンリ氏が選ばれたことを発表した。 1992年の創設からすでに約30年の歴史を刻むプレミアリーグは、2月27日に『Hall of Fame』を設立することを発表。これまでの数十年間で同リーグの輝かしい歴史に貢献を果たしてきた偉大なプレーヤーたちを称える最高の栄誉となる。 そして、その初代殿堂入り選手として、同リーグの最多得点保持者であるシアラー氏と、4度のゴールデンブーツ賞を獲得したアンリ氏が選出された。 前者は14シーズンでリーグ最多の260ゴールを記録。その初年度から在籍していたブラックバーンでは4シーズンで138試合に出場し112得点を挙げ、通算100ゴールを達成した最初の選手に。1994-95シーズンには優勝も果たした。 1996年には、当時最高額の移籍金でニューカッスルに移籍。引退する2006年まで10シーズンを過ごし、303試合で148ゴールを記録。ゴールデンブーツを3度受賞しており、2つのクラブで100ゴールを達成した唯一の選手となっている。 アンリ氏は1999年から2007年まで在籍したアーセナルで通算258試合175ゴールを記録。01-02シーズンから05-06シーズンの間、5シーズン連続で20得点を上回り、2度の優勝に大きく貢献した。03-04シーズンに無敗優勝を成し遂げた「インビンシブルズ」は、今でも語り継がれる伝説だ。 また、アンリ氏の評価は得点力だけにとどまらない。02-03シーズンには自己最多の20アシストを記録するなど、8シーズンで74アシストを記録した。 両名はプレミアリーグの公式サイトを通じてコメントを残している。 ◆アラン・シアラー 「毎週、毎年のようにプレミアリーグで活躍する信じられないような選手たちを見ていると、殿堂入りしたことを非常に誇りに思う。当時一緒に仕事をしたチームメイトや監督、コーチたちに感謝しなければならない」 「私はプロのサッカー選手になることだけを考えていた。トロフィーを獲得するのが夢で、セント・ジェームズ・パークで得点するのが夢で、黒と白の9番のシャツを着るのが夢だった。本当に素晴らしかった。常に楽しんでいたよ」 ◆ティエリ・アンリ 「アラン・シアラーと共に、プレミアリーグ最初の殿堂入りをすることをは何よりも特別だ。若い頃は、ただプロになることだけに直向きだったのに、今は殿堂入りの話をしているなんてね」 「私は一生懸命プレーし、目標のために戦っていることを確認したかった。それがファンの見たい姿だったからだ。キャリアの最初の頃に殿堂入りについて聞かれても信じられなかっただろうね。驚くべき名誉だよ」 なお、本来は3月19日に第1回目の表彰式がロンドンで行われ、初代殿堂入りとなる2名の他、ファン投票で選ばれた将来の参加者候補リストも発表される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、中止となっていた。 また、2021年は6名の殿堂入り選手を予定しており、26日から23人の候補者リストが公開され、ファンが投票できるようになる。 2021.04.26 18:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly